Interview

“大好きっ!” 最高の笑顔で歌う、久保ユリカの夏ソング

“大好きっ!” 最高の笑顔で歌う、久保ユリカの夏ソング

“大好き”“大好き”“大好き”“大好き”——キュートな久保ユリカが詰め込まれた夏の一曲「SUMMER CHANCE!!」が、この8月をキラキラにする。

声優・久保ユリカのニューシングル「SUMMER CHANCE!!」は、タイトルどおりとにかく明るいド真ん中のサマーソングを表題曲に持つ。一方カップリング曲は郷愁を感じさせるナンバーで、歌声も実に穏やか。その楽曲の振り幅に合わせたレンジの広い歌唱表現は、彼女自身、自らが“声優”という存在であるということを大事にしているからこそ成し得たものである。そんな彼女は“夏”をテーマにしたこの一枚に、どんな想いを込めたのか。

取材・文 / 須永兼次 撮影 / 林洋輔
メイク / e-mu


まず、2ndシングルリリースが決定した瞬間はどういうお気持ちでしたか?

とにかく「良いものを作りたいな」という気持ちでした。そもそも先に「2枚目を出せるなら、夏の歌がいいね」というテーマの話をしていて、あとから改めて「8月に出しましょう」と決定的なお話をいただいたんです。なので、またシングルを出せるという純粋なうれしさもありつつ、「せっかくタイミング含めて“夏”をテーマにできるなら、どうやればいちばん楽しいんだろう?」という想いがありました。

そんななか完成したのが、表題曲「SUMMER CHANCE!!」です。

何曲か候補をいただいたうえで、チームみんなで聴いて決めさせていただいたんですが、この曲の冒頭の波の音が、私が漠然と「できたらいいな」と思い描いていたものだったので、まずそこが気になってきまして。それで繰り返し聴いているうちにだんだんと「やっぱり曲自体も素敵だよね」とよりいっそう感じられてきて、「サウンドを詰めて歌詞も加わったら、とても面白い曲になるのでは?」という気持ちがどんどん湧いてきたんです。

なるほど、そこがきっかけであり決め手。

そうですね。一目惚れじゃなくてじっくり聴いていくうちにどんどん気になって好きになっていくところが、個人的にはよかったなと思います。

kuboyurika2nd-6273

その波の音と同じく曲中で特に印象に残ったのが、サビでの同じ言葉の繰り返しでした。久保さんはその部分含め、歌詞の印象はいかがでしたか?

1stシングルのときから「“メロディも歌詞も頭に残るものを”というのを大事にしたい」と希望を出していたんですけど、その“大好き”と繰り返す部分は同じメロディの続くところなので、やっぱり漠然と「そこに合わせるなら、同じ言葉が入るといいなぁ」と思っていたんです。そうしたら完成した歌詞を見て、“大好き”が5回も入っていることに驚かされつつ、すごくしっくりくるところもあったんですよ。“大好き”が恋愛じゃなくて「夏が好きだ!」って意味で連呼されるのも、面白いですよね。

ほかにも“ワーとキャー”など、言葉遣い自体が面白い部分もたくさんあります。

元々私、作詞をしてくださった徳⽥(憲治)さんの書かれる歌詞が好きだったんですよ。字面だけ見ると「これ本当に歌詞?」って一瞬思っちゃうような遊び心が満載で、でも楽曲にもピッタリで。そんなキャッチーさと夏の王道アイドルソング要素とが同居していることで、かわいいだけじゃないポップさやハツラツさみたいなものを感じられるのが、この曲の歌詞の魅力のひとつだと思います。

久保さんの歌声からも、実に楽しそうな印象を受けました。やはり歌詞やサウンドからのインスピレーションがそうさせたんでしょうか?

はい。もちろん部分によっては、歌詞に寄り添ってギュッと頑張ってそうだったりかわいらしく聴こえるように歌ったりもしたんですが、いちばんのテーマは「楽しく元気に!」というものだったので、そう捉えていただけるのであれば安心します。

そしてMVも、さざ波から始まって夏一色という感じでした。

歌詞に寄り添いつつも、1stシングルのときにはなかったダンスシーンがあったり、しっとりした落ちサビの部分では夕方のシーンを撮っていただいたりとメリハリもあるので、フルで観ていて飽きないと思います。「観てたら沖縄の海に行きたくなっちゃったぜ!」って思ってくれたらすごくうれしいですね。

あ、撮影は沖縄なんですね。

そうなんです。梅雨の時期だったので天候への不安もあったんですが、2日間の撮影で必要な画もきれいな青空もちゃんと撮れたという意味では、本当に幸運だったと思います。でも撮っている途中に一気に雨が降ってきて、みんなで車の中で“すんっ(※真顔で着席)”となってる時間もありました(笑)。

kuboyurika2nd-6253

ダンスのシーンだと、久保さんが踊るなか背景だけが切り替わっていく2コーラス目のサビも気になるところです。

あれは……いっぱい撮りました(笑)。1日目はとにかくほとんど踊っていたと思います。よく観ると微妙にズレてるところがあるので、合成だとは思われないとは思うんですが……全部ちゃんと踊ってます!

一方カップリング曲「記憶コロコロ」は、うって変わって夕暮れとかが似合いそうな曲です。

そうですね。あえて雰囲気をふたつに分けるとしたら、「SUMMER CHANCE!!」は夏のビーチで楽しくはしゃいでいる昼間の時間帯で、この曲は夏の終わりの夕方っていう雰囲気かなと思います。

この2曲が揃ったからこその8月17日発売なんだと思いましたし、すごく対比が効いていると思います。

結果として、すごくバランスの取れた2曲になったなと思います。

この曲単体では、最初どのようなイメージを持たれましたか?

歌うのがもったいないなと感じるぐらい、素晴らしいと思いました。だからその分「どうすればこの曲をいちばん活かせるんだろう?」という気持ちも生まれてきまして。自分の中では「こう歌いたい」という気持ちと、それ以上にこの曲の良さを出したいという想いとがあって、好きすぎるからこその難しさも感じました。

となると、曲の完成形としての理想像と久保さんの「こう歌いたい」という理想像との差を埋めるのに力を入れられた?

歌い方を決めるのには時間がかかったかもしれません。いろんなパターンで歌ったんですけど、そのどれもが微妙なニュアンスの差だったんです。でもそれを適当に決めず、いちばん理想に近づけるように現場で皆さんが一緒に悩んでくださったのは、ありがたかったです。最終的にいちばんナチュラルなテイクで「これでいくのがいいんじゃないかな?」と言ってもらえてからは、悩んだ割にはとても気持ちよく歌えたように感じます。

kuboyurika2nd-6256

その穏やかな歌声には、タイトル通りやはり御自身の記憶も込められた部分もあるのかな、と思ったのですが。

歌詞に“コロコロ転がり削れながら”という一節が出てくるんですが、その“コロコロ転がる”という言葉のニュアンスって優しくてふんわりしたものだと思うんです。でも“削れる”って、言葉としては少しマイナスの意味合いがあるじゃないですか。なので、ただ優しいだけじゃないというのも含めて、今までの自分の人生を振り返りまして。割と壮絶な人生だったと思うんですけど(笑)、「そのときの話をしてください」って今言われると、割と懐かしんで微笑むように話せるんですよ。そういうことを含めて今の自分がここにある、と思えているからこそ、この歌い方ができたのかもしれません。

ファンのなかには、これまでのキュートな歌い方に対して新鮮に感じる方もいると思うのですが。

そうですね……個人的にはいちばん歌いやすいテンション感とキー感ではあるので、「実は元々こうだったんですよ」っていうものを、キャラクターソングではなく自分名義の作品でお見せできた部分はあるかもしれません。私がソロ活動をするうえでずっと忘れずに持っていたい気持ちは、自分がソロ活動をさせてもらえるのは自分が役者・声優としてやらせてもらっているうえでだからだ、というもので。歌も歌い上げる系でもなく、だからといってアイドルみたいにすごく踊るわけではない。やっぱり自分が声優だからこそ歌わせてもらっているのであれば、その曲の雰囲気やテンション感に合わせた歌い方のできるアーティストでありたいんです。

kuboyurika2nd-6347

その声の表現の一環という意味合いだと、今まで歌ったことのないテイストの曲も、いずれ表現してみたい?

はい。最近までは冒険はしたくないタイプだったんですけど、ソロをやらせてもらってしばらく経ってから、逆に「できるうちにいろんなことをしないと」と思うようになりまして。だからもしアルバムを作る機会があるなら、テクノポップとかラップ、レゲエとかも入れて……それぐらい「このジャンルを歌ったらこうなる」っていうのを詰め込みたいです。曲自体もその道の人たちに作ってもらったり、それぞれをすべて突き詰めたいですね。

最後に、読者の皆さんへのメッセージをお願いします。

「SUMMER CHANCE!!」はひとつの作品として、楽曲はもちろんパッケージのデザインやMV、さらにはこうしてインタビューさせていただくときの写真も含めてコンセプトを大事に作っています。なのでそういうところをひとつひとつ見逃さずに、皆さんにどんどん好きになっていってもらいたいです。たくさん聴いて、夏を楽しんでください!

リリース情報

【初回限定盤】

【初回限定盤】

【通常盤】

【通常盤】

8月17日発売
シングル「SUMMER CHANCE!!」

【初回限定盤CD+DVD】
PCCG-01538 ¥1,759+税
【通常盤】
PCCG-70325 ¥1,250+税

【収録曲】
01.SUMMER CHANCE!!
02.記憶コロコロ
03.SUMMER CHANCE(Instrumental)
【DVD収録内容】
「SUMMER CHANCE!!」Music Video

プロフィール

久保ユリカ


5月19日生まれ、奈良県出身。2010年より『ラブライブ!』μ‘s(小泉花陽役)としての活動をスタート。そのほか『あまんちゅ』ちゃ顧問役、『琴浦さん』森谷ヒヨリ役、『ハイスクール・フリート』知床鈴役、『最弱無敗の神装機竜』フィルフィ・アイングラム役などで活躍。2016年10月放送予定の作品では『Lostorage incited WIXOSS』御影はんな役に出演予定。2016年2月には待望のソロアーティストデビューも果たし、声優アーティストとしての道を歩み始める。持ち前の明るいキャラクターはTV番組「アニゲー☆イレブン!」(BS11)のメインMCや、ラジオ「超!A&G+『久保ユリカが1人しゃべりなんて胃が痛い。』」メインパーソナリティなどでも発揮。マルチな活動で多大なる人気を獲得している。

公式サイト http://www.shikaco.jp/
Facebook https://ja-jp.facebook.com/Shikaco.Official
Instagram https://www.instagram.com/shi_ka_co/