連続テレビ小説『なつぞら』冬季・十勝ロケ特集  vol. 2

Interview

広瀬すずと吉沢亮、十勝で行われたスキーシーン撮影秘話を披露。4月開始朝ドラ『なつぞら』十勝ロケ便り

広瀬すずと吉沢亮、十勝で行われたスキーシーン撮影秘話を披露。4月開始朝ドラ『なつぞら』十勝ロケ便り

2019年度前期、本年4月より放送される通算100作目の連続テレビ小説『なつぞら』の冬季ロケが、報道関係者に公開された。

『なつぞら』は、戦後の1946年が舞台。戦災孤児になった広瀬すず演じる“奥原なつ”を受け入れたのは酪農一家・柴田家。北海道・十勝の広大な大自然と、開拓精神にあふれた強く、優しい大人たちの中で、たくましく成長していく。やがてなつは、十勝で育まれた豊かな想像力と根性を生かして、アニメーションの世界にチャレンジする物語だ。
冬季ロケは1月22日(火)よりスタートしており、26日(土)に報道陣に撮影の模様が公開された。同日、短いながらも取材に応じたキャスト陣のインタビューを4回に渡ってお届け。第1回はヒロイン・奥原なつ役の広瀬すずと、後にアニメーターをめざすなつに絵心を教える青年画家・山田天陽役の吉沢亮が登場!

取材・文 / 平田真人 撮影 / 荻原大志

この地でしか撮ることができない“画”を朝から見ることで、景色の気持ちよさが伝わるんじゃないかと思います。

冬の十勝ロケ、率直な感想をお願いします。

広瀬 6月にも同じ場所でロケをしたんですけど、その時とは全然景色が違っていて。でも、夏と冬それぞれの温度を映像から感じられるんじゃないかと思いますし、この地でしか撮ることができない“画”を朝から見ていただくことで、この景色の気持ちよさが伝わるんじゃないかなと思いました。

吉沢 本当に、なかなか体験することのない寒さと言いますか…「すごいな、北海道の冬は」と思ったんですけど、今すずちゃんも話していたように、こんなに一面真っ白な景色というのは、ふだんは見られないですし、同じ場所でも本当に景色が変わるので、今日ここ(ロケの仕度をする場所)も初めてかと思っていたら、初夏のロケでも来ていたという(笑)。そう思うことが結構あるくらい、夏と冬では景色が変わるので、それもまた面白いなと思いました。

なつに絵心を教える青年画家・山田天陽を演じる吉沢亮

昭和20年代の雰囲気を再現したセットで撮影してみての印象は?

広瀬 とにかく家の敷地が広いので、その中でいろいろな色彩…雰囲気もそうですけど、空間の色みたいなものが、ところどころで微妙に違っているんです。どこが牛小屋で、どこからが家の玄関につながっているのか…映像を見てみないと整理ができないくらい、たくさんセットで撮っているんですけど、牛小屋も現在じゃないような木の造り方がされていて。そういうところから、現場に入るとすぐに空気感がつかめる感覚がありますし、なつとして「あぁ、ここでずっと生きてきたんだなぁ」と思えるような空間だなって感じています。

吉沢 今日は、なっちゃん(広瀬演じる奥原なつの愛称)家のセットで撮っていたんですけど、夏に来た時は「建物の色味がかわいらしいし、広くて素敵なお家だなぁ」と思いながら過ごしていて。でも、冬場にあらためて来てみて、屋根のところに雪が積もっていたり、印象が全然違う景色になっていたので、冬も素敵だなと思いました。

広瀬すず演じる奥原なつ。木製のスキーを履いての撮影に臨んでいた

今日の撮影で、広瀬さんは木製のスキー板を履いていましたが…?

広瀬 現在も、スキー板を履いて実際に滑ったという経験はないんです。なので、初めて本物の雪の上をスキーで歩いたんですけど…一度、東京の室内スキー場で練習をするにはしました。といっても、平らな雪の上を3メートルくらい歩く、というのを2〜3時間だけやった、という感じで…。それ以降、全然スキーを履かないまま、(取材日の)一昨日に歩くシーンを撮りました。スキーを未経験のまま木の板で歩くのは大変だろうな、と思っていたんですけど、昨日、天陽くん(吉沢)と照男にいちゃん(清原翔)がスキーで滑るシーンの撮影を見たら、すごく2人とも上手なんですよ。それを見ていたら、「あ、あのリズムと、ああいうふうに動けばできるんだ」って、何となくつかめて、今日の朝現場に来てから2時間くらい滑っていたら、「東京の室内で練習した時よりも、ずっとうまくなってる」と言われました。なので、撮影でもやっていて楽しかったです。

気温が氷点下という寒い中での撮影ですが、その辺りは?

広瀬 今日はまだ、思ったよりも寒くなかったですね。もっと寒くなると聞いていたので…「意外と大丈夫かも」と思いました。ただ、一昨日はとんでもなかったと言うか…目を開けていられないんですよ(笑)。風が強くて雪が舞ってしまうので、目もそうですけど…口がまわらないからセリフが言えなくて、毎回お芝居をするたびに感情や感覚がちょっと変わってしまったんです。結果的に、1日で数シーンしか撮れなかったんですけど、「あぁ、北海道でロケしているんだな」っていう実感がありました。以前、(映画『三度目の殺人』のロケで)北海道で撮影をしたこともあるんですけど、その時は衣装の下に頑丈なウェットスーツのようなのを着ていたので、実際のところ、どれくらい寒かったのかは正直覚えていないんです。でも、一昨日の寒さは、今まででもトップに来るくらい過酷な撮影でした。

吉沢さんはスキーのシーンを撮ってみて、いかがでしたか?

吉沢 大変でした(笑)。僕はスキー大会のシーンがあると知っていたので、昨年から北海道に2回くらい来て、練習しました。今回も5日くらい前から少し早めに北海道へ来てスキーの練習をして、いざ昨日本番を撮ったわけですが…言い訳みたいになっちゃいますけど、雪が溶けてからもう1回凍っているので、言うことを聞かないんですよ、板が! 練習の時はもっとうまかったんですけどね(笑)。自分としては、本番の滑りに満足していないんですけど、とにかく全力で滑りました。

エンタメステーションの本特集では今後もキャストの方々からうかがった十勝ロケのことを中心としたインタビューの模様をお届けします。
次回は、松嶋菜々子と藤木直人が登場。公開をお楽しみに。

2019年度前期 連続テレビ小説『なつぞら』

©NHK

放送予定:4月1日(月)〜全156回
作:大森寿美男
語り:内村光良
出演:広瀬すず、松嶋菜々子、藤木直人 /
岡田将生、吉沢 亮 /
安田 顕、音尾琢真 /
小林綾子、高畑淳子、草刈正雄 ほか

制作統括:磯 智明、福岡利武
演出:木村隆文、田中 正、渡辺哲也 ほか

Twitter(@asadora_nhk)
Instagram(@natsuzora_nhk)

©NHK

フォトギャラリー
vol.1
vol.2
vol.3