連続テレビ小説『なつぞら』冬季・十勝ロケ特集  vol. 3

Interview

松嶋菜々子と藤木直人が感じた広瀬すずの“成長”とは!? 4月放送朝ドラ『なつぞら』十勝ロケ便り

松嶋菜々子と藤木直人が感じた広瀬すずの“成長”とは!?  4月放送朝ドラ『なつぞら』十勝ロケ便り

2019年度前期、本年4月より放送される通算100作目の連続テレビ小説『なつぞら』の冬季ロケが、報道関係者に公開された。

『なつぞら』は、戦後の1946年が舞台。戦災孤児になった広瀬すず演じる“奥原なつ”を受け入れたのは酪農一家・柴田家。北海道・十勝の広大な大自然と、開拓精神にあふれた強く、優しい大人たちの中で、たくましく成長していく。やがてなつは、十勝で育まれた豊かな想像力と根性を生かして、アニメーションの世界にチャレンジする物語だ。
冬季ロケは1月22日(火)よりスタートしており、26日(土)に報道陣に撮影の模様が公開された。同日、短いながらも取材に応じたキャスト陣のインタビューを4回に渡ってお届け。今回は広瀬すず演じるヒロイン・奥原なつの養母となる柴田富士子役の松嶋菜々子と、戦友だったなつの亡き父との約束を守り、なつを引き取る富士子の夫・柴田剛男役の藤木直人が登場!

取材・文 / 平田真人 撮影 / 荻原大志

雪の中に閉じ込められるからこそ、新しい息吹の力にみんな感謝するのかなということを感じました。

一面雪景色の中で行っているロケの感想をお願いします。

松嶋 マイナス何十度という気温は体験したことがないので、むしろ楽しみにして十勝へ来たんですが、なっちゃん(広瀬)や天陽くん(吉沢亮)の方が雪の中でのシーンが多いので、私たちよりも大変だろうなと思います。私はちょっとずつの撮影だったので、そこまで寒い思いをしなかったんですけど、この時期にパウダースノーを体験できることはそうないので、ちょっと心が躍っています(笑)。

藤木 僕も…全国の天気予報では札幌の天気についても報じていますけど、そんなに気にして見たことがなかったんです。でも、今回十勝にやってきて、週間天気予報を見てみたら、予想最低気温マイナス15度とか、すごい数字が並んでいて、「これはなかなか見ない数字だな」とビックリしました。こんなに寒い中でも生き抜いてきた人たちを演じているわけですが…今にして思うのは、夏ロケ(昨年6月に行われた十勝ロケ)の前に来ておきたかったな、と。そうすれば、より夏の温かさのありがたみがわかったんじゃないかなと思ったりしています。

今回の十勝ロケを通じて、役柄への理解をさらに深めたということは…?

松嶋 十勝で暮らす人々は、あまり長時間外に出ないようにしていること、出る時はたくさん着込むことを今回学びました。なので、窮屈と言うと語弊があるかもしれないですけど…どうしても動きを制限されてしまうので、どうやって冬の間を過ごしていたのかな、といったところに興味がわきましたし、そういう日常にも慣れてくるということもわかりました。マイナス5度くらいだと「あ、今日はちょっと暖かいな」と思えたりして(笑)。それと、先ほど藤木さんがおっしゃったように、雪の中に閉じ込められるからこそ、新しい息吹の力にみんな感謝するのかなということを感じましたね。

撮影の合間も和気あいあい

藤木 頭でいくら「寒い帯広でのロケは大変だ」って考えたところで、実際に来てみて体感しないとわからないことがたくさんあるんですよね。マイナス十何度と聞くと、「えっ!」と思いますけど、意外と平気に感じたり…でも、やっぱり何分かすると「あれ、耳がちぎれちゃったかな?」と感じるようにもなってきますし──。ただ、さっきオープンセットで撮った、なつを迎えに行った照男(清原翔)が転んだ後の、みんなで家の中に入るというシーンは、もう先に東京のスタジオで撮り終わっちゃっているので、今回体感した寒さと屋内の温度のギャップを芝居に反映させられないのが残念です(笑)。

今回のロケであらためて感じられた十勝の良さは、どういったところでしょうか?

松嶋 空気が冷えているからこそ、ビールがおいしいと感じました。屋外でキンキンに冷えたままビールを飲み続けられるというのが…あれ、これは十勝じゃなくてもそうなのかな?

藤木 いえいえ、大丈夫ですよ。それくらい十勝が寒いということですから。

松嶋 よかった〜。あの、今回、撮影がないメンバー何人かでワカサギ釣りに行ったんです。その場で釣ったワカサギを天ぷらにして揚げていただいて、ピクニックをした時にちょっとビールもいただいたんですけど、「こんなにおいしい缶ビールは飲んだことがない」と思ったくらいおいしかったです。

藤木 僕も一緒にワカサギ釣りに行かせてもらいました。もともと釣りが好きなんですけど、ワカサギ釣りは初めてだったので新鮮でした。湖の上にいるということを忘れてしまうという感じで、だけどテントの中にいてストーブも点いていて、快適に釣りが楽しめるという。ただ、行った時間が朝の9時くらいで、常連さんいわく「もう釣れる時間じゃないよ」と。7時から9時が釣れる時間らしくて、9時から12時くらいだと釣れないよ、と言われてしまって(笑)。なので、もしまたワカサギ釣りができるチャンスがあれば、朝の7時から来たいですね。

撮影に入ってすでに長いですが、なつ役の広瀬すずさんの印象はどう変わってきているのでしょうか?

松嶋 10月から本格的に「なつぞら」の撮影が始まったんですけど、年末から「紅白歌合戦」(の司会を務める)あたりまでは、やっぱりすごく大変そうでした。ただ、彼女もベテランさんなので、体調管理はできていると思うんですけど、疲労が少しずつ蓄積されてきているんじゃないかなって、少し心配になることがあります。ご本人も「身体は正直ですね〜」なんておっしゃっていたんですけど、顔には出ないし、また出してもいないのかな…。とにかく、頑張り屋さんですし、現場でも明るくて、「疲れた」という顔を見せないですし、何よりかわいらしくて。私は先に東京へ戻るので、何だか娘を残していくような気持ちで心配なんですけど、「がんばってね」って言って、現場をあとにしました(笑)。

藤木 広瀬さんはすでに何作も主演として背負ってきた人なので、女優として確立されていると思います。なので、僕らが「成長云々」言うのはおこがましいなと思うんですけど、昨年の春に顔会わせをして、6月に帯広でロケをして、長い間ずっと一緒にいるので、何と言うかもう「柴田家」の家族としてコミュニケーションがとれていますし、結束も高まっているんじゃないかなと感じています。あと、6月の十勝ロケの時に、ちょうど20歳の誕生日をこっちで迎えて、その夜に「なつぞら」のみんなでお祝いできたんですけど、今回もみんなで一緒にご飯へ行ったとき、お酒が飲めるようになっていたのが、強いて言えば成長なのかなと思います(笑)。

松嶋 その間、全然お酒を飲んでいなかったそうなんですよ。なのに、おいしく感じるようになったと言っていて(笑)。

藤木 「あれ、お酒がおいしい!?」って(笑)。

松嶋 本人が一番ビックリしていましたよね(笑)。6月の時にみんなで飲んだのと同じお酒を飲んだんですけど、その時はひとくちでしかめっ面になっていたのが、今回は「おいしい」って。

藤木 大人になったなぁ〜、と思いましたね(笑)。

エンタメステーションの本特集では今後もキャストの方々からうかがった十勝ロケのことを中心としたインタビューの模様をお届けします。
次回は、草刈正雄と清原翔が登場。公開をお楽しみに。

2019年度前期 連続テレビ小説『なつぞら』

©NHK

放送予定:4月1日(月)〜全156回
作:大森寿美男
語り:内村光良
出演:広瀬すず、松嶋菜々子、藤木直人 /
岡田将生、吉沢 亮 /
安田 顕、音尾琢真 /
小林綾子、高畑淳子、草刈正雄 ほか

制作統括:磯 智明、福岡利武
演出:木村隆文、田中 正、渡辺哲也 ほか

Twitter(@asadora_nhk)
Instagram(@natsuzora_nhk)

©NHK

フォトギャラリー
vol.2
vol.3
vol.4