Interview

大人計画同期の近藤公園と平岩 紙による二人芝居『あたま山心中~散ル、散ル、満チル~』

大人計画同期の近藤公園と平岩 紙による二人芝居『あたま山心中~散ル、散ル、満チル~』

強烈な個性派ばかりが揃う大人計画の中にいながら、キラリと光る存在感をしっかりと示してきた、近藤公園と平岩 紙。特にここ最近は舞台だけにとどまらず、映像作品でも大いに活躍している実力派だ。実は初舞台が共に2000年に上演された松尾スズキ作・演出の『キレイ─神様と待ち合わせした女─』(初演)だった“同期”でもある彼らが、このたび二人芝居に初挑戦する。選んだ演目は、竹内銃一郎作、寺十 吾(じつなしさとる)演出による『あたま山心中』。兄と妹のようで、本当のところは違うような不思議な関係の男と女を、互いに信頼の厚い近藤と平岩がそれぞれの魅力を発揮しつつ果たしてどう演じるのか、興味は尽きない。そこで作品のこと、お互いのこと、いろいろと語ってもらった。

取材・文 / 田中里津子 撮影 / 田中亜紀

大人計画を好きで僕らに興味を持って来てくださった人を、いい意味で裏切れたら面白い

この二人芝居の企画を立ち上げたのは、片桐はいりさんからの言葉がきっかけだったとか。

近藤 実は、そうなんですよ。

平岩 ちょうど私たち二人と久しぶりに共演していただいたとき、「コンビ感があるし、同期なんだから、一緒に何かやったらいいじゃん!」と言われて。はいりさんはその場の思いつきで言ったくらいの、軽いタッチだったんですけどね。

近藤 その時点では二人芝居に限定してはいなかったし、僕ら発信で何かやれればいいかなという案で、最終的には「二人でやってみますか!」という流れになったわけです。

平岩 最初から「心中ものも、いいね」って話もなんとなくは出ていたけど、だからといってべつに心中ものを探していたわけでもなかったのに、たまたま『あたま山心中』になったというね。

近藤公園&平岩 紙インタビュー

戯曲は、ご自分たちで探したんですか。

近藤 はい。男女の二人芝居の戯曲って、たぶんあまりないんですよ。海外の作品もいくつか読んだんですが、やっぱり日本人の書いた日本語の戯曲をやりたいなということで。だけど「これ面白そうだな」と思えた候補が2本あって。

平岩 どっちにするか、とても迷いました。

結局『あたま山心中』にした、決め手は?

平岩 2本とも、声に出して読んでみたんです。そうしたら『あたま山心中』のほうがしっくりきて。繊細で、とてもセリフが綺麗なんですよ。あと今回の演出をお願いした寺十さんにも読んでいただいて、意見を聞きました。

その、寺十さんに今回演出をお願いしたきっかけは。

平岩 以前から、寺十さんの作品や演出が好きだったんです。

近藤 僕も、寺十さん主宰の劇団“tsumazuki no ishi(つまづきのいし)”を何度か観に行っていたので。「なんだこれ!?」みたいな感覚があるんですよね。

平岩 少しクセになる感じでね。アングラっぽくもあるし、選曲する音楽も本当にカッコいいんです。

近藤公園&平岩 紙インタビュー

二人芝居自体も初挑戦なんですね。

平岩 でもこれが初めてで良かったかなと思います。やったことがあると比べるものが出てきてしまうので、今回に関してはまっさらなほうが飛び込みやすい気がして。しかも近藤さんとなら舞台デビューのときからずっと一緒にやらせてもらってきたので、とても安心感がありますし。

現時点で、楽しみと心配の割合は?

近藤 楽しみのほうが圧倒的に大きいです。

平岩 心配はあまりないですね。

近藤 怖いことは怖いですけどね(笑)。なにしろ稽古をしてみないとわからないことが多いので。

平岩 穴を掘っていく感覚があります。何が出てくるかわからないけど、とりあえず掘ってみよう!というか、これから掘るために、とっても良いスコップは用意したぞ!という感じかな(笑)。

近藤 いきなりでっかい岩に突き当たるかもしれないけど。

平岩 ガーン!ってね。

近藤 すぐ折れちゃったりして(笑)。ま、そんなことにはならないでしょうけど。

平岩 ともかく、あまり煮詰まりたくはないですよね。ぶつかったとしても、また違う方向から掘ればいいので。そういう柔軟さは持っていたいです。寺十さんも「三人で一緒に探っていきたい」とおっしゃっていましたし。

近藤公園&平岩 紙インタビュー

ちなみに同期だと、他の劇団員のメンバーとは違う関係性があったりするんですか。

近藤 先輩より、本音で話しやすいかも(笑)。

平岩 ここだけで話せる内容はたしかにありますね。

近藤 でも厳密に言うと、僕らは同期というわけでもないんですよ。初舞台が一緒だっただけで。

平岩 近藤さんのほうが劇団には2年早く入っていたんですよね。

近藤 当初は演出助手をやっていたので、劇団にいる時間は僕のほうが長いんです。

じゃ、先輩でもあり、同期でもあり。

平岩 私にとってはそうですね。劇団に入りたてで目が回りそうだったとき、いろいろ教えてもらいました。ちょっと戸惑っていると、近藤さんがすぐ気づいてフォローしてくれていたので。

近藤 ああ、それは完全に演助体質だから。

平岩 今でも“演助の目”、残ってる感じはありますよ。スタッフワークを理解したうえで提案するところとか。

近藤 もう、身についているんでしょう。ちょっと引いた目線になったりね。それも善し悪しだと思うけど、体質なんで仕方がない。あと、僕らってそれぞれ性質が違うところがあると思います。

自己分析するとどういう感じですか。

近藤 どうだろう。僕のほうが、そうやって俯瞰して見たりしている気はするけど。

平岩 近藤さんのほうが細かくちゃんと見ていますし、計算が早い(笑)。私はどんぶり勘定なので、パパパってなんでも先に電卓でやってもらっている感じです。

近藤 そこは、そろばん一級なんで(笑)。

平岩 私がぼんやり考えている間に、近藤さんが全部計算して「それは単純にこういうことでしょ」ってわかりやすく数字を出して教えてくれるんです。

得意分野がきっと違うんですね。

近藤 そうかもしれない。

平岩 考え方が違うぶん、こっちが行き詰まったときは的確にまた別の考え方を提示してくれるので「なるほど、そういう考え方もあるんだ!」と、道が開けたりすることが多いです。

編集部のおすすめ