Review

【放送は終了したけど…】今からでも観るべきおすすめ&隠れた良作アニメ3選(2018年10月~12月編)

【放送は終了したけど…】今からでも観るべきおすすめ&隠れた良作アニメ3選(2018年10月~12月編)

毎クール、多彩なTVアニメが目白押しのなかで、本誌ライターが個人的にハマった「リアルタイムでは見逃していたかもしれないが、これはぜひ観ておいてほしい」と感じた作品をご紹介。今回は2018年10月~12月にかけ放送されたTVアニメをピックアップ! 未見の方は、DVD/Blu-rayや各種サブスクリプションサービスでぜひチェックを。

文 / 阿部美香


アニメだからこそ実現した魔法とリアルの共存

『色づく世界の明日から』(全13話)

思春期の多感な少年少女たちを、丁寧な心情描写と美しい作画で魅せることにかけては天下一品のアニメスタジオ・P.A.WORKS。そのP.A.WORKSと『凪のあすから』など印象的な作品群でタッグを組んできた篠原俊哉監督が、贈ったオリジナルアニメ『色づく世界の明日から』は、アニメーションでしか実現できない、ハートフルでファンタジックな現代の“おとぎ話”を実現した。

ストーリーにもワクワクする要素が詰め込まれている。今から数十年後の世界に生きる魔法使い一族の末裔である17歳の主人公・月白瞳美(CV:石原夏織)。幼い頃に色覚を失ってしまった彼女は心を閉ざす。そんな彼女の将来を憂いた大魔法使いの祖母・月白琥珀(CV:本渡楓)は、時間魔法で瞳美を琥珀自身が17歳の高校生だった2018年に送り込む。そして瞳美は、若き日の琥珀、写真美術部の友人達とともに、学園生活を送ることになるのだ。

タイムトリップを扱ったアニメは数多いが、本作のキモはそれが“魔法”と共に描かれていることだ。だからこそ本作は、ファンタジックなおとぎ話として成立する。魔法の描かれ方も、ファンタジー内のリアルを追求しているところが面白い。2018年の現代と変わらない日常に、まるで伝統技術を伝える職人のように、魔法使いが一部に存在。街には「まほう屋」があって、魔法使いが調製した星砂を買えば、一般人でも「懐かしい夢が見られる」など、日常を少しだけ幸せに彩る魔法を使うことができるのだ。

この世界での魔法は、例えれば健康にいい漢方薬やサプリに近い。人を傷つけたり、世界を救うための万能薬ではない。その自然な魔法の在り方が、日常との地続き感を見事に演出し、あくまでも物語のメインが瞳美の成長と再生、学園の仲間達との青春(&ほのかなラブ)ストーリーであることを際立たせている。同様に、日本文化と西洋文化が混在し、坂の多い街並みが美しいエキゾチックな長崎を、“ちょっと不思議な”本作の舞台にしたのも巧みな設定だ。

もちろんタイトルにもあるように、色のない世界にいた瞳美が“色づく世界”を取り戻していく演出も巧みだ。60年の時を超えて2018年に飛ばされた瞳美が、ボーイ・ミーツ・ガール的な遭遇を果たし、瞳美と同じように“自分自身を閉じ込めてきた”葵唯翔(CV:千葉翔也)が描く絵と出会う。唯翔、そして唯翔の絵、部活仲間との触れ合いの中で、彼女は幸せや喜びを感じられる女の子へと変わっていく。その幸せが昂ぶると、それまでモノクロだった瞳美視点の風景がパートカラー化し、鮮やかに色づいていく。そんな丁寧で鮮烈な映像演出に、じつにハッとさせられる。クライマックスは、第12話に登場する仲間達とともに見る花火のシーン。画面いっぱいに打ち上がる花火。最初はモノクロだった瞳美視点の花火は、大輪の花の先から徐々に色づき出すと、瞳美は嬉しさに涙を浮かべ、その目に花火が映り込む。そして再び瞳美視点に切り替わると、画面いっぱいの鮮やかな花火の輪郭は、ぼんやりと大きくにじんでいるのだった。

篠原俊哉監督×P.A.WORKSタッグの代表作『凪のあすから』も、キャラクターの心情変化に伴った色彩表現、色彩演出には相当こだわりを見せていた。『凪のあすから 設定資料集 デトリタス』(ピーエーワークス発行)で篠原監督は、「いわゆる“リアルな表現”とはまた違うのかも知れませんが、画で説明できるものは画で説明したほうがいい」と言い、「レイアウトやキャラクターの配置、光の当たり方による小物の質感の違いなども人物の感情に結びついていて、『凪のあすから』という作品全体の中で、ちゃんと位置づけされているのが理想」と語っていた。そのアニメーションならではの映像演出のこだわりは、本作でもあらゆるところに息づいている。そんなところに注目して観ると、『色づく世界の明日から』の味わいと感動は、何倍も深くなるだろう。

TVアニメ『色づく世界の明日から』オフィシャルサイト

Amazonプライム・ビデオで『色づく世界の明日から』を観る

海外のおたくの実情にも触れられる書店員のハードな日常

『ガイコツ書店員 本田さん』(全12話)

『宇宙戦艦ティラミス』でも感じたが、日常系のギャグアニメは30分のフル尺より、ショートサイズが最も観やすいのではないか(笑える作品は、やはり気軽に観たいですよね)。そこでオススメなのが、15分のショートアニメ『ガイコツ書店員 本田さん』。作者名もそのまま“本田”による、人気コミックが原作だ。

『ガイコツ書店員 本田さん』の一番の魅力は、大型書店のコミックフロアで10年間働いた原作者が経験した面白エピソードを、キャラクターの発言や出来事はそのまま、ノンフィクションで描かれていること。とくに海外から来た、日本のマンガファンに対する主人公の本田(CV:斉藤壮馬)の奮闘ぶりが面白い。カタコトの英語を駆使し、肉食系の海外BL好き女子に囲まれておすすめのBLコミックを探し回る「ヤオイガールズフロムOVERSEAS!!!」ほかが楽しめる第1話のインパクトは絶大だ。

当然ながら、“書店あるある”エピソードの豊富さにも感心する。筆者も学生時代に数年間、地方都市の中心街の書店でアルバイトをしていたが、書店員の日常はじつにハードだ。入荷した雑誌の付録作り、コミックのパッキングで必死なバックルームの喧噪。注文された本の人気がありすぎてほぼ入荷せず、お客さんに平謝りした日々……。書店員の忙しさポイントを数えあげるとキリがないが、この作品と同じように「書店員をやってて良かった!」「本好きの人、最高!」と思える出来事も、『ガイコツ書店員 本田さん』を観ていると、たくさん思い出す。息子の大学受験に小論文の試験があるから、いい文章の書き方の参考になる評論やエッセイを一緒に選んでくれと頼んできたお客さんは、そんな出来事があったことも忘れかけていた半年後、わざわざ「大学合格できました、本当にありがとう」と言いに来てくれたっけなぁ。

本田の脳内ひとりノリツッコミを熱演する斉藤壮馬を筆頭に、他キャラクターのキャストにも弾けた芝居に定評のあるメンバーが勢揃いし、面白さを倍増させている本作。気軽に笑いたい時に、ぜひ!

TVアニメ「ガイコツ書店員 本田さん」オフィシャルサイト

Amazonプライム・ビデオで『ガイコツ書店員 本田さん』を観る

dアニメストアで『ガイコツ書店員 本田さん』を観る

Netflixで『ガイコツ書店員 本田さん』を観る

王道ラブコメディの面白さには男も女も関係ない!

『抱かれたい男1位に脅されています。』(全13話)

本作は、『月刊マガジンビーボーイ』(リブレ刊)で連載中の桜日梯子によるBLコミックが原作。単行本が累計250万部を突破する大人気シリーズだ。近年は名作BL『同級生』が原作コミックから10年の時を経て、2016年に劇場版アニメが公開されて高評価を得たり、現在放送中のTVシリーズにもショートアニメ『パパだって、したい』が名を連ねていたり、他にも年に何作かのBL原作がアニメ化されるなど、BLアニメもすっかり市民権を得てきている。

そんな中でTVシリーズ化された『だかいち』こと『抱かれたい男1位に脅されています。』は、また別格。芸能界で活躍するイケメン俳優同士の恋愛が描かれるため、これまでよくアニメ化されてきた学園BLモノとは違い、原作での高評価ポイントである大人の男同士の濃厚なラブシーンをどこまで表現できるかは、ちょっと心配ではあったが(実際、アニメでは、画での描写はギリギリ寸止め状態。だが声優陣の濃厚な芝居の良さのおかげで、納得できる内容になっていたのではと思う)、この作品のミソは、魅力的なキャラクターとラブコメディとしてのドラマの盛り上げ方の面白さにあるのだなと、改めて感心させられた。

5年連続で“抱かれたい男1位”だったクールなベテラン俳優・西條高人(CV:高橋広樹)が、その座を奪った新人俳優・東谷准太(CV:小野友樹)に惚れ込まれる。男には興味のなかったはずの高人が、准太の純粋な愛情表現と情熱的な求愛にほだされて次第に心を開き、いつしか准太なしではいられなくなる様は、少女漫画の王道ラブストーリーを地で行く激甘展開。准太のライバル俳優が高人にちょっかいを出したり、二人の禁断の関係がスキャンダル誌に追われ、別れの危機に陥ったりと、芸能界を舞台にした恋愛ドラマにありがちな、いい意味での“ベタなあるある”エピソードが連発される。芸能界という、日常性のない舞台設定だからこそ高まる“月9ドラマ”感。超ツンデレな年上男・高人と、無心に愛を捧げる“年下わんこ”な准太のコミカルなやり取りも絶妙な割合で、王道ラブコメらしさを構築している。

オープニングテーマ「不完全モノローグ」を歌う佐香智久さんにインタビューをした時に語ってくれていたのだが、本作は意外にも、BLには縁のなさそうな男性からも「面白い」という声が多く挙がっていたのだとか。BLだからと敬遠せず、王道ラブコメ、王道“月9”感覚で、男女問わず、ご覧いただきたい。

TVアニメ「抱かれたい男1位に脅されています。」オフィシャルサイト

dアニメストアで『抱かれたい男1位に脅されています。』を観る