Interview

TEAM SHACHI 新生ガールズユニットとして走り始めた4人の覚悟と自分らしさを詰め込んだ1stアルバムへの思いをたっぷり訊く。

TEAM SHACHI 新生ガールズユニットとして走り始めた4人の覚悟と自分らしさを詰め込んだ1stアルバムへの思いをたっぷり訊く。

笑って歌ってるリップシーンとのギャップが欲しくて。「笑いながら殴って」とか、いろんなパターンを撮って(咲良)

MVでは強烈なパンチをお見舞いしてますね。

秋本 私の解釈としては、目の前に立ちはだかる不安や困難に対して、戦ってるのかなって思ってました。

大黒 負けずに打ち克っていくみたいな。なおはリアル。殴り慣れてる感じがした。

咲良 ファンの方にも「めちゃめちゃ殴るのうまいね」って言われたんですけど、今まで特に殴ったことないんですよ。

秋本 あったら困るよ(笑)。

大黒 生まれつきの才能かな?

咲良 体育の授業でパンチの練習をしたことあったかな? って考えてみたりもしたんですけど、特にやってないよな。じゃあ、天性だなって思って。監督さんから、「もっともっと」ってめちゃくちゃ煽られたんですよ。笑って歌ってるリップシーンとのギャップが欲しくて。「笑いながら殴って」とか、いろんなパターンを撮って。クソ野郎!って思いながら殴ってたら、カメラマンさんが後ずさりしてました(笑)。ちょっと強すぎて。

大黒 あははは。面白い。

咲良 最後に鼻血でずこってなるのも好きですね。隙がなさそうに見えてあるところ。私たちは完璧じゃないので、鼻血を出してるくらいがちょうどいいかなって思います。あと、気になったのは、ハルは音にノリながらやってるんですよね。パンチも音にノッてる。

坂本 自分でも後から見てそう思った。殴ってるというよりは踊ってるみたいだなって。

咲良 それが面白かった。

秋本 パンチにも個性が出てるね。

大黒 私は他のみんなよりハッピーな捉え方なんですけど、彼氏目線を味わえるMVだなって思ってて。最初、ニコニコしてる可愛い彼女がいて。冷蔵庫にとっておいたプリンを食べちゃったか、待ち合わせに遅れちゃったとか。

咲良 それくらいであんなに怒る? やばいよ。

大黒 あはははは。ま、なんやかんやで怒らせちゃって、殴りかかってるんだけど、身長が小さいから届いてなくて可愛い、みたいな。

咲良 その背景が見えるのは、ハルかな。

大黒 他の人は狂気が入ってるからね。

秋本 柚姫が髪をかきあげてるのもカッコよかった。

大黒 ありがとうございます。みんなもカッコよかったよ。

咲良 満更でもないのか!

もともとメンバー紹介曲がずっと欲しかったんですよ。しゃちほこの時からずっと作りたいって言ってて、やっと願いが叶った1曲(秋本)

あはははは。続くミクスチャーロック「Hello,TEAM SHACHI」はメンバーの他己紹介になってます。

咲良 自己紹介と他己紹介、どっちがいいか?っていう打ち合わせをして。4人になってよりグループ感が増してると思うので、メンバーを紹介するとよりグループ感が出るなと思って。

秋本 もともとメンバー紹介曲がずっと欲しかったんですよ。しゃちほこの時からずっと作りたいって言ってて、やっと願いが叶った1曲なので、これは本当にしっかり聴いてもらいたいです。

咲良 ゴリゴリでカッコいいしね。

大黒 ハルのラップパートが終わったあとにブラス民による長めの間奏があって。私たち以外にもブラス民を紹介するパートもあるので、よりチーム感が出る1曲かなと思います。

ハルがほのか、ほのかがなお、なおがゆずき、ゆずきがハルと歌ってる人が紹介文を書いてますが、何か不満あります?

秋本 不満はないですけど、もっといっぱい描きたかったです。全然足りないんですよ。だからパート2、パート3を作りたいです。

じゃあ、これだけは入れたかったっていうのを1ついただけますか?

坂本 ほのかちゃんは見た目からしてアイドルですし、完璧な感じで、おつまみとか食べてないだろうな、ケーキとか食べてて欲しいなって思うんですけど、中身は本当におじさんなんですよ(笑)。休みの日はずっとぐうたらしてるし。それは初めましての方はわからない。私たちもこれだけ長くいて、心を開いてくれてことでわかったことなので、日常生活からもっと面白いんだよっていうことを伝えたいですね。アニメや漫画が大好きだから、常に自分が漫画の主人公の気分でいて。自分で行うアクションに擬音をつけるんですよ。

咲良 一番中2病っぽいので、そういうことも入れたかったね。

秋本 私はなおのつんデレの部分はめちゃくちゃ入ってるんですけど、それ以外に、シャチの頭脳っていうところを入れたくて。単語を提出する時にたくさん入れたんですけど、使ってもらえなくて。打ち合わせや話し合いの時に、私たちの気持ちをちゃんと言葉に変えてくれるのがなおだから、それが入らなかったのが悔しい〜〜。もう1つ描きたいです。

咲良 ゆずきは95パーセントくらい使ってもらったんですけど、もし入れるんだったら、休日は暇ですよってことかな(笑)。一人だけ大学に通ってなくて。<一人だけ学割きかない>とか、いじり要素を入れたい。全部、誉め殺しなので、ちょっといじり系も入れたいな。

坂本 インドアとかね。基本的に誉め殺しだもんね。

秋本 でも、嬉しいけどね。ステージ上で言われる分には。

大黒 テレちゃうよね、この曲。

坂本 周りにはメンバー紹介曲って言ってますけど、実際は褒め合いのご褒美曲です。

咲良 ハルは、マイペースでおっとりというか、意外とぬくぬくしてるっていうことを入れたい。

大黒 湯たんぽ!

咲良 あったかいんです。ポカポカなんです。あと、ハルはおかし作りも好きなのでほっこりエピソードも入れたい。<チョコは毎年、作ってるよ〜>みたいなの。

坂本 ゆるい!

大黒 ここのターンの1/3くらい私情が入りすぎちゃって。私がハルのこと大好きです!っていう感じになっちゃってるから。このラップを通して伝えたかったのは、ラップもダンスもトークも上手だし、運動神経も高いすごい子だと思いきや、なおが言ったようにほんわかしてて、最年少でマイペースで愛嬌があるっていうことなんですよ。

坂本 あはははは、めっちゃ褒められるやん。なんだこれ。

咲良 あと、おじさんを転がすのが上手いから、<おじさんキラー>って入れたい。

秋本 釣り師って入れたら? 魚釣りもするから。2つの意味でいいんじゃん。

今から始まることにワクワクしている気持ちのメロディだなって感じ他ので、パーティーの始まりを想像しながら明るい気持ちで書いて(坂本)

“おじさん”っていう魚もありますしね。そんな坂本遥奈さんが作詞に参加した曲は、インドのお菓子がタイトルになってます。

坂本 そうですね。世界一甘いって言われてるお菓子です。一番最初はハッピーな感じのイントロで、今から始まることにワクワクしている気持ちのメロディだなって感じ他ので、パーティーの始まりを想像しながら明るい気持ちで書いて。そのあと、なんか1つ、インパクトを残したいなっていうことで、世界で一番甘いお菓子であるインドのグラブジャムンっていうワードを入れました。あとは、パーティーということで、ゆずきと東京の宿泊所に泊まった時にチーズダッカルビパーティーをしたんですよ。一緒にホットプレートの買い出しからやって、材料も切って。二人で楽しんだことを入れたいなと思って。そのあとになおが帰ってきた時に、「煙やば」って言われたんですけどね(笑)。

咲良 換気扇をつけてなかったんですよ。

大黒 前のめりすぎて忘れてた。

坂本 言われてから天井見たらモクモクになってて。そういう楽しかったことを入れたりして。そこはゆずきとの思い出なので、ゆずきに歌ってもらってて。あとは、シャチのこれからの曲はこういうサウンドですよって提示するために、サビに<POP POPでLOUD がTEAM SHACHI>って入れました。

秋本 この1行、重要です!

自分の意地やプライドで自分を抑制するのは、1回しかない人生でもったいないじゃん!っていうことで、まずは来てみて、決めようよっていう前向きな感じです(大黒)

「You!」はストーリーを大黒柚姫さんが担当してます。

大黒 この曲は歌詞コンペの時のテーマがメンバーの自由になっていたので、シャチに興味はあるけどライブに行く勇気まではない人の背中を押せるような曲にできたらいいなと思って。シャチのライブは来たら絶対に楽しいし、好きになる。自分の意地やプライドで自分を抑制するのは、1回しかない人生でもったいないじゃん!っていうことで、まずは来てみて、決めようよっていう前向きな感じです。これは、ファンの人と私たちで楽しい雰囲気を出せたらいいなって思ってます。初めてライブに来た人がシャチのライブ、楽しいなって思ってもらえる曲になったらいいなと思います。

秋本 私、この曲がめちゃめちゃ好きで。

坂本 そうなの? 知らなかった。

咲良 なんで言ってくれなかったの?

秋本 めっちゃ好きで! ゆずきからその説明をしてもらった時に、なんて素敵な歌詞なんだろうって思って。<笑顔しかない奇跡を起こそう>とか、ポジティブな言葉に涙が出るし、一番エモい曲なんじゃないかなと思って。楽しい感じの歌詞なんだけど、こういう感じを目指していきたいと思う。楽しくて止まらない涙、みたいな。本当に大好きなんです!

咲良 この人がこんなに語るなんて珍しいですよ。

秋本 いろんな曲があるんですけど、家でちゃんといっぱい聴いたのは「You!」です。

咲良 全部いっぱい聴いてください(笑)。

大黒 そんなに思ってくれてるなんて知らなかった。

ライブで聴きたい曲ですよね。4月6日からは1stツア−2019が始まります。

咲良 初めてシャチとしてフリーライブをしたのがZepp NAGOYAなんですけど、そこでは、特に意味もなく大量のピンポン球を落としたんですね。ライブとしては盛り上げるのは最低条件で、お客さんをびっくりさせるというか、いい意味で「こんなことある?」みたいなサプライズを用意したいなと思ってて。まだ何をやるかは言えないけど、シャチのライブでは思い出に残るなにかが起こると思ってもらえたらいいなと思います。あと、今回のツアーはテーマがあって。このテーマでライブしてる人いるのかなっていうテーマになってます。全部来ても楽しめるし、1個だけでも楽しめるライブになると思います。さらに、アルバム曲はもちろんですけど……。

坂本 それ以上は来てからのお楽しみですね。あと、4月7日がしゃちほこの路上デビュー日だったんですけど、シャチになったから関係ないじゃなくて、昭和天皇の誕生日がみどりの日になってるように、この日限定で、今はやれてないしゃちほこの曲をやれたらいいなと思ってますね。ぜひ、遊びに来てください!

その他のTEAM SHACHIの作品はこちらへ。

ライブ情報

TEAM SHACHI 1st TOUR

4月6日(土)愛知・豊橋市公会堂
4月7日(日)岐阜・不二羽島文化センター スカイホール
4月14日(日)大阪・大阪国際交流センター 大ホール
4月20日(土)東京・かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール
4月21日(日)三重・亀山市文化会館 大ホール
4月29日(月・祝)愛知・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール

TEAM SCHACHI(シャチ)

スターダストプロモーション内スターダストプラネット所属、愛知県出身の秋本帆華、咲良菜緒、大黒柚姫、坂本遥奈からなる女性グループ。前身グループである「チームしゃちほこ」から2018年10月22日夜に改名。「super tough strong energy positive exciting soul from nagoya」を掲げ、翌日10月23日Zepp Nagoyaにてフリーライブを敢行しライブデビュー。

オフィシャルサイト
https://teamshachi.nagoya

フォトギャラリー

電子書籍ストア「Reader Store」の月刊ミュージックマガジン『Reader Store Music』第5号の表紙&特集はTEAM SHACHIです!

『Reader Store Music』独占のQ&Aや撮り下ろし写真も満載!ストア限定無料配信です。2月下旬配信スタートです。お楽しみに!!

Reader Store無料配信ページ

< 1 2