Interview

COLOR CREATION 新作はせつないウインターソング。無我夢中で駆け抜けた一年目と新作について訊く

COLOR CREATION 新作はせつないウインターソング。無我夢中で駆け抜けた一年目と新作について訊く

2018年5月メジャーデビューを果たした注目のボーイズボーカルグループ・COLOR CREATION(以下カラクリ)。「自分達の歌声で、聴く人達の人生に彩りを」という思いが込められたグループ名通り、一人でも多くの人に自分達の歌を届けたいと、ライヴやリリースイベントで全国を駆け回り、まさに怒涛の一年間だった。そんな充実した日々を過ごした彼らから、3rdシングル「Let it snow~会いたくて~」が届けられた。一度聴くと耳に残る、キャッチーかつメロウな、せつないウィンターソングだ。春はもうすぐそこまできているが、まだまだ冷たいこの季節に、5人の歌声が温かく包んでくれる。5人に昨年を振り返ってもらいつつ、2019年第一弾のシングルに込めた思いを語ってもらった。

取材・文 / 田中久勝 撮影 / 荻原大志

メジャーデビューして、たくさんの方から応援していただける環境になって「人に歌うこと」がどういうことなのかを、徹底的に学べた一年でした(KAZ)

走り抜けた……まさにそんな感覚の2018年で、色々思うところがあると思いますが、それを踏まえて、今年はどういう一年にしたいか、聞かせてください。

YUUTO 去年は考える時間もあまりなかったというか、スケジュールに必死についていくのにいっぱいいっぱいでした。2017年からインディーズで活動を始め、素人の自分と、プロにならなければいけない自分の境を、行ったりきたりしている感覚でした。でも去年5月にメジャーデビューして、ワンマンライヴやツアーをやって、自分のキャラクターが明確になって、僕にあってみんなにないところを、自分の個性で埋めることがグループの中での役割だし、そこでこそ輝けるということが見えた一年でした。今年はその個性をもっと伸ばしていきたいと思います。

RIOSKE 新しいことだらけで、頑張ってついていったつもりですけど、自分の強みと弱いところ、自分にしかできないこと、自分にはできないことがハッキリと見えた1年でした。僕はしゃべりがあまりうまくなくて(笑)、でもメンバーみんなも応援してくれて、MCの部分も頑張ったのですが、でも本当にひどくて……。

あまり俺についてこいというタイプではないので、もっとみんなに優しく、愛情を持って接することができる余裕を持ちたいです(JUNPEI

それは自分が思っているだけではなくて?

TAKUYA メンバーの方が思っています(笑)。2ndシングルからみんなでMCを回すようになって、今まさに「Let it snow~会いたくて~」のリリイベをやっていますが、RIOSKEがしゃべるところはほぼないです(笑)。その分RIOSKEは歌で引っ張ってくれています。

RIOSKE しゃべりで足を引っ張っている分(笑)、自分ができることでグループを引っ張っていくとしたら、やっぱり歌だし、ライヴで人一倍楽しんで、それをファンの方に伝えて盛り上げるというのが役割なので、自分にしかできない色々なことを、もっとレベルアップしたいです。

KAZ インディーズ時代から、どれだけ歌を歌えるかということを大切にしてきました。必死に「自分」に向けて歌っていたと思います。でもメジャーデビューして、たくさんの方から応援していただける環境になって「人に歌うこと」がどういうことなのかを、徹底的に学べた一年でした。ありがたいことに忙しくさせてもらい、でもその分、頭がいっぱいいっぱいになる瞬間がたくさんありました。自分の中で歌に集中する時間、向き合う時間が少なくなってしまい、だんだん歌へのパワーが減ってきているな、エネルギーを充電するタンクの中身が減っているな、という感覚が去年はありました。みんなもいっぱいいっぱいで、でも前に進んでいかなければいけないので、本当に5人で手を取り合って乗り切るしかない瞬間がたくさんあり、今年もそんなシーンがたくさんあると思いますが、余裕を持って音楽に向き合う時間を作りたいです。

TAKUYA メジャーデビュー前から丸1年、全国各地でライヴやリリイベをやらせていただいて、その中でメジャーデビューさせてもらい、とにかく慌ただしかったです。そうなると、どうしてもこなしているだけの自分が出てきそうになって、そんな自分との戦いでした。そんな中で学べたこと、一番大事だなと思ったことが、ライヴの中で、その歌に入る前の言葉や、お客さんに伝える言葉の大切さです。ライヴの流れやノリを壊さないよう、さらにグッと歌に入り込んでもらえるような言葉が必要で、言葉が持つ力を痛感した一年でした。場所やその日のお客さんのノリやテンションによって、投げかける言葉をきちんと選んで、歌と僕たちの世界観を、きちんと伝えていきたいです。

JUNPEI 去年は人生の中で一番忙しかったです。毎日ついていくのが必死だったのは、みんなと同じですが、今年は1日1日をもっと大事に過ごしたいと思っています。自分のことで精一杯で、リーダーとして、余裕を持って周りに気を配ったり、人に対する優しさが足りなかったかもしれません。あまり俺についてこいというタイプではないので、もっとみんなに優しく、愛情を持って接することができる余裕を持ちたいです。

声の質がちょっとずつみんな違うので、コーラスありきで考えていって、5人の声が重なった時、広がりもあって、すごくいいなと(TAKUYA

無我夢中で駆け抜けた一年目、そして今年はさらに進化した姿をファンの方は期待していますが、その新年第一弾で、3枚目のシングル「Let it snow~会いたくて~」では、よりカラフルになったカラクリを見せてくれています。

RIOSKE インディーズの時から、3rdシングルには名曲と言われるような曲を持ってこようと話をしていました。でも1st、2ndもありがたいことに良い曲ができあがり、その分ハードルが高くなりましたが、それを超えるような作品ということで、よりJ-POPっぽい、たくさんの人に伝わるような楽曲にしようとこの曲を選びました。

KAZ 1stが全てユニゾン、2ndがユニゾンとソロと、これまでユニゾンを大切にしてきましたが、今回はユニゾンが一か所もなくて、主メロを僕とJUNPEIが歌っていて、主メロ以外はコーラスワークを聴かせているので、よりJ-POP的な仕上がりになっていると思います。そういう意味でも今までと違うCOLOR CREATIONを見せるというところで、3枚目は勝負しました。カップリング曲も「Saturday Night」「Magic!」という、全く違う音楽性の楽曲で、色々なスタイルで歌を表現できたと思います。

TAKUYA もちろんユニゾンはユニゾンでよかったんですけど、声の質がちょっとずつみんな違うので、コーラスありきで考えていって、5人の声が重なった時、広がりもあり、すごくいいなと思いました、「Let it snow~会いたくて~」はそこが注目ポイントかなと。

KAZ 僕たちはゴスペラーズさんのトリビュートアルバム『The Gospellers 25th Anniversary tribute 「BOYS meet HARMONY」』に参加させていただいているのですが、本当にコーラスは難しいなと改めて感じました。

みなさんが歌いやすい楽曲にしようというのも、今回はコンセプトのひとつです(YUUTO)

YUUTO 僕は「Let it snow~会いたくて~」をレコーディングした時に、やっとカラオケで歌える!と思いました(笑)。「CANVAS」と「I’m Here」はキーがすごく高くて、キツくて歌えなかったんです。(笑)だから「Let it snow~会いたくて~」は初めてカラオケで一人で歌える曲きた!と思いました(笑)。カラクリの曲は難しくて、カラオケで歌えないという声もいただいていたので、みなさんが歌いやすい楽曲にしようというのも、今回はコンセプトのひとつです。僕が歌を始めたのはモテたいという願望もあったので(笑)、是非男子にはこの曲を好きな女の子の前で歌って欲しいなと思います。

JUNPEI COLOR CREATIONとしてデビューする前、ソロで活動していた時にこういう曲調のものを好んで歌っていたので、個人的にすごく歌いやすかったです。多和田えみさんが書いてくださった歌詞も、素敵な言葉がたくさん出てきて、韻を踏んでいる部分もあったり、すごく気に入っています。

KAZ この歌詞に共感できる男の人は多いと思います。男の方が女性より女々しかったりするし、過去を大切にしたいのは女性よりも男の方だと思うので、男の人には特に響くと思います。

YUUTO 高校生の時、クリスマスにふられたことがあって、去年のクリスマスにワンマンライヴのファイナルがあって、この曲を歌った時にそれを思い出して、泣きそうになりました(笑)。

KAZ 特に2番のAメロの歌詞がすごく好きで、TAKUYAのパートから僕のパートにかけて、人生というか、自分の過去を思い出すような内容になっていて。自分にとって大切な人があの時は、すごく大切な時期で、それがずっと続く、当たり前だと思っていたけれど、そんなことなかったという内容で、26歳になってこの歌詞の意味をより深く感じることができました。そこの歌詞が良くて、ライヴ中に自分のパートを忘れるくらい、浸ってしまいます(笑)。

TAKUYA この曲を歌うようになって、街で高校生のカップルとか見ると、このまま続くといいけど、なんか儚いなあって見てしまいます(笑)。

KAZ ずっと永遠にあると思うから素敵なんですよね。それを大人になって、そういう時期を遠いところから客観的に見ると胸が苦しくなるというか。

TAKUYA 聴くたびに味わい深い、するめソングになって欲しいです。

クリスマスの時期や、冬になると必ず流れるスタンダードナンバーになってほしいですよね。

KAZ そうなって欲しいです。ちょうどクリスマスの時に、渋谷のセンター街でこの曲が流れていて、それを聴きに行きました。その時にこの曲が流れている中をカップルが歩いているのを見た時に、ライヴやリリイベの時とはまた違うこの曲の感覚を感じて。冬の雰囲気が漂う外で、カップルを見ながら聴くと、違う感じ方ができました。感動したよね?

RIOSKE 感動しました。僕もセンター街に行って、聴きました。ファンの方も来てくださっていたのですが、僕たちのことを知らないであろう女子高生二人組が、この曲を聴きながら浸ってくれているのが伝わってきて、すごく嬉しかったです。

韻にもこだわっているし、色々仕掛けが入っています(RIOSKE)

カップリング曲についても。聞かせてください。

KAZ 今回はテーマカラーが「赤」なので、3曲全部ラブソングにしようということになりました。「Saturday Night」は、男の燃え上がるような赤裸々な気持ちを描いた大人な楽曲で、「Magic!」は女の子を好きになりすぎて、相手から魔法をかけられて妄想するという男の子を描いていて、真逆な世界観になっています。登場人物がそれぞれの「赤」を持っています。

「Magic!」の歌詞には赤信号、夕焼け、真っ赤なオープンカー、赤い糸と、キーワードの赤がたくさん散りばめられています。

KAZ 全員で歌詞を書いてきて、「Magic!」というタイトルはRIOSKEが考えたキーワードで、ここから膨らませていきました。

TAKUYA 全員が持ってきた歌詞を、分解していいと思った言葉をパーツとして並べて、「赤」リストも作って、そこから「Magic!」というテーマに沿って組み合わせていきました。

RIOSKE 魔法にかかった男のコの話にしようとみんなで決めて作っていき、韻にもこだわっているし、色々仕掛けが入っています。

その他のCOLOR CREATIONの作品はこちらへ。

ライブ情報

全国5都市を巡るワンマンツアーCOLOR CREATION“PALETTE TOUR Vol.2”開催決定!!

5月25日(土)  [名古屋] Electric Lady Land
6月1日(土) [仙台] MACANA
6月2日(日)  [大阪] 梅田BananaHall
6月8日(土) [福岡] DRUM SON
6月22日(土) [東京] TSUTAYA O-EAST

COLOR CREATION(カラークリエイション)

RIOSKE、TAKUYA、JUNPEI、KAZ、YUUTOの5人から成る、次世代のボーイズ・ボーカルグループ。
2017年8月にインディーズでリリースしたシングルが3ヵ月で8,000枚以上の売上を記録し、活動開始から10か月後の2018年5月にメジャーデビュー。
デビューシングルは新人としては異例のオリコンウィークリーランキング9位を記録し、2018年10月にリリースされた2ndシングルではそれを上回るウィークリーランキング6位を記録。SNSのフォロワー数合計は既に11万人を超え、ネット上でも彼らの歌声が話題になっている。
そんな彼らの圧倒的歌唱力は、国内外問わず他アーティストからも一目を置かれている。

オフィシャルサイト
http://color-creation.jp

フォトギャラリー