Report

「悪党」ウィル・スミスとマーゴット・ロビーがファンに囲まれ大興奮!

「悪党」ウィル・スミスとマーゴット・ロビーがファンに囲まれ大興奮!
悪党ばかりなのに、憎めないヤツらが大活躍する映画『スーサイド・スクワッド』の日本公開に先立ち、ジャパンプレミアが8月25日に東京・有楽町の東京国際フォーラムにて行なわれた。 アメリカの漫画会社・DCコミックスのヒーローたちを、同一の世界観で実写映画化していくプロジェクト“DCエクステンディッド・ユニバース”として大ヒットした『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』に続き、今度は悪役たちの活躍を描いた『スーサイド・スクワッド』が公開される。リーダー格のデッドショットを演じたウィル・スミス、世界中に熱狂的なファンを生み出しているハーレイ・クイン役のマーゴット・ロビー、そしてカタナを演じた福原かれんの3名がジャパンプレミアに来日しファンとの交流を楽しんだ。

ファンが多いキャラクターなので、その愛情にこたえる演技をしなければいけない

9月10日の公開前に行なわれたジャパンプレミアの会場は、公開を待ち望んだ4,000人のファンで大歓声と共に埋め尽くされた。作品をイメージしたカラフルなスモークが巻き上がるなか、ウィル・スミス、マーゴット・ロビー、福原かれんがエスカレーターに乗って登場。3人は握手や写真撮影、サインに応じるなどファンとの交流をひとしきり楽しみながら、ウィルは日本語で「ありがとうございます」と挨拶。「最高の夜です! 映画を観たあともこれくらいエキサイトしてほしい」とコメントしながら丁寧なファンサービスに応じた。 sucide_event_7425 レッドカーペットを3人で歩きステージに登壇すると、ウィルは「みなさんにお会いできてとても興奮しています。満杯でホッとしました(笑)」と会場を見渡しながら嬉しさを述べた。彼は本作で特殊部隊“スーサイド・スクワッド”の一員として、百発百中の命中率を誇る冷酷なスナイパーのデッドショットを演じており、「悪役だけど娘に弱く、そこを演じるのがとても難しかった」と苦労を語っていた。3年前に『アフター・アース』で共演した息子のジェイデン・スミスと共に来日を果たしていたが、今回のウィルの隣にもジェイデンくんが。ファンにはたまらない親子競演がこのジャパンプレミアでも実現した格好になった。 sucide_event_7601 初来日となるマーゴットは「ずっと日本に来たかった。とても楽しんでいる」と笑顔でコメント。彼女が本作で演じるのは、アイドル的な存在の悪カワヒロインのハーレイ・クイン。元犯罪者専門の精神科医だったが、ジョーカーに恋したことで悪に堕ちたキャラクターで、その自由奔放な振る舞いがファンに愛されており、「ファンが多いキャラクターなので、その愛情にこたえる演技をしなければいけないと思った」と決意を持って挑んだことを明かした。 sucide_event_7939 また、“スーサイド・スクワッド”のメンバーの一人で、仮面をかぶり素顔を見せない女サムライのカタナを演じた福原は「こんなに会場に人が来てくれてビックリしています。日本の方々にもたくさん応援してもらえて感謝しています!」と、撮影中から日本のファンに多くの声援をもらっていたことを語り、本作が初の映画出演となったことについては「出演が決まって驚きました。ウィルやマーゴットたちとの共演だと知ってナーバスになることもありましたが、スクワッドの一員になれて本当に良かったです」と喜びを伝えた。 sucide_event_8219 そして、ジャパンプレミアでは、公式アンバサダーのダレノガレ明美が花束ゲストとして登場。ダレノガレはアメリカ・ニューヨークにて現地時間8月1日に行なわれたワールドプレミアにも参加しており、それ以来の再会となったウィルは「着物姿がとても美しかった」、マーゴットも「本当にアメージング」と、当時の様子を振り返りながら再会を喜んでいた。 sucide_event_7467 最後にウィルがファンへコメントを求められるも、日本がホームタウンでもある福原に「君が締めたほうがいい」とマイクを渡す。突然のことに福原も戸惑った様子を見せるも少し緊張しながら「6ヵ月間、120パーセント頑張って作った映画です。みなさんに楽しんでいただけると幸いです。よろしくお願いします!」とファンへのメッセージを送った。 会場では「スーサイド・スクワッド!」コールが起こるほどファンからの期待値が高まっている本作。今後も続いていく“DCエクステンディッド・ユニバース”の作品群の中でも重要な位置を締める作品なので、見逃し厳禁といえるかもしれない。

取材・文 / エンタメステーション編集部 撮影 / ハウル沢田

映画『スーサイド・スクワッド』

2016年9月10日公開
sucide_poster
映画『スーサイド・スクワッド』予告2

特殊能力を持つが、その力を悪用したため刑務所に入れられてしまった悪党たち。政府は特殊任務のための使い捨て要員として、悪党だけを集めた特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成する。しかし、悪党たちにはそれぞれの美学や野心があり、そのまま命令どおりに動くとはかぎらない。そこに、世界崩壊の危機が訪れ、人類の希望は “スーサイド・スクワッド”に託されてしまった……。

監督・脚本:デヴィッド・エアー キャスト:ウィル・スミス ジョエル・キナマン マーゴット・ロビージャレッド・レト ジェイ・コートニー カーラ・デルヴィーニュ 福原かれん ほか 配給:ワーナー・ブラザース映画

公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/suicidesquad/

©2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC