LIVE SHUTTLE  vol. 56

Report

X4 LIVE TOUR 2016 -Funk,Dunk,Punk- @ZeppTokyo 2016.8.26

X4 LIVE TOUR 2016 -Funk,Dunk,Punk- @ZeppTokyo 2016.8.26

昨年10月にメジャー・デビューして以降、甘いルックスも手伝ってじわじわと人気上昇中のボーカル&ダンス・グループ、X4。彼らは、この10月からスタートするNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』に出演するなど俳優としても活動するYUYAこと松下優也を中心に2015年に結成された5人組だ。今年5月にメジャー・1stアルバム『Funk, Dunk, Punk』をリリースし、7月から全国ツアー<X4 LIVE TOUR 2016 -Funk,Dunk,Punk->をスタート。当初全21公演の予定は機材トラブルにより横浜の1公演が中止となってしまったが、約2ヵ月におよんだツアーのファイナル公演はサプライズも飛び出した一夜だった。

取材・文 / 猪又 孝 写真 / スズキ シンノスケ


「いままでで一番ヤバい盛り上がりにしたいので、みんなの声を聴かせてください!」

オープニング・アクトは後輩の5人組DREAM MAKER。元気ハツラツなステージングで会場を温めたあと、まばゆいバックライトに照らされて主役のX4のシルエットがステージ上に浮かび上がると、瞬時に黄色い声が飛び交った。ライブの開幕を告げる曲は、新作アルバムのオープニングを飾る「Funk, Dunk, Punk」。力強いヒップホップ・ビートに合わせて、YUYAとKODAIが伸びのあるフェイクを決め、JUKIYAがヒューマンビートボックスを繰り出して観客のテンションを上げていく。続けて、ド派手な「Dive into your love」、爽快な「Party Up!!」、シンガロング系の「声にしたなら」とタイプの違うEDM系のダンス・ナンバーを連続ドロップ、会場の熱気が天井知らずに高まっていく。

img_0004_thum_X4

序盤から一気に沸いた会場に、この日最初のMCでは、開口一番「ヤバイ、ヤバイ」と口を揃えたメンバー。改めて5人はそれぞれに自己紹介し、今日のライブへの意気込みを語った。YUYAは前回のツアーから1ヵ月も空けずに今回のツアーが始まったため、「今日は2つのツアーのラストという感じがするから楽しんでいきましょう!」とメッセージ。また、今年2月に新規加入したSHOTAとJUKIYAは、前回が初のツアーだったことにも触れ、「2人が2つのツアーで成長した」とアピールして、この日のライブの成功を誓った。

img_1130_thum_X4

スタンドマイクを使った振り付けが印象的だった「YOU」から始まった中盤は、ミッド〜スロー曲で構成した“聴かせる”セクション。「DISTANCE」では美しいハーモニーで場内をロマンチックに染め、ジャズ調の「Heaven」では小粋な4ビートでセクシーな一面を披露。R&B濃度の高い「obsession」ではアダルトな色香を振り巻き魅了していく。続く「薬指」はステージにYUYAとKODAIだけが残ってパフォーマンス。繊細でシルキーなYUYAの歌声と、野性的でビタースイートなKODAIの歌声。2人の対称的な歌声で切なさがこみ上げるバラードをエモーショナルにつづれ織り、しっとりと酔わせた。このセクションのラストはシンコペーションするリズムが気持ちよい「欲望」。バラードで静まった会場にアーバンなミッド・グルーヴを届け、観客の体に再びゆっくりと熱を注いでいく。

img_0737_thum_X4

その後のMCではSHOTAが、「YOU」の振り付けをT-MAXが、「欲望」の振り付けをKODAIが担当したと紹介。KODAIは人生初の振り付けで不安だったそうだが「メンバーと相談しながら作ったフリなので、かっこいいフリになったんじゃないかなと思います」と語ると賛同の拍手が大きく沸き起こった。

img_0477_thum_X4

続けてYUYAが「前回のツアーでX4に歌って欲しい曲というアンケートをとって作った」と紹介し、グループ初のウェディング・ソングとなる新曲「Pride」を披露。ハートウォーミングなラブ・ソングを5人はコーラス・グループのように一列に並び、丁寧にハーモニーを重ねながら歌唱。パフォーマンス後は、この曲が10月に発売される彼らのニュー・ミニ・アルバム『4 MY BABY』に収録されていることがアナウンスされた。

img_1675_thum_X4

ひと呼吸置いて、KODAIが「今日は20公演分のパワーを全部ぶつけたいと思ってるし、いままでで一番ヤバい盛り上がりにしたいので、みんなの声を聴かせてください!」とシャウトし、ラストスパートに向けてコール&レスポンスで気合いを注入。ギアを一段上げたパフォーマンスで「FIRE」から「Killing Me」「Bang A Gone」とエネルギッシュなダンス・ナンバーを畳みかけ、会場のボルテージを高めていった。続く「♯musicoverdose -X4 ver.-」ではフロアにタオルを振り回す花が咲き、金銀テープも噴射され、盛り上がりは最高潮に。熱狂渦巻くなか、ハッピーダブステップと呼びたい「Rainbow Road」がパフォーマンスされ、多幸感に包まれ本編は終了した。

img_1540_thum_X4

アンコールは1990年代R&Bテイストのミッド曲「Little Longer」からスタート。MCでは今回のツアーの道中で起こったメンバーの珍エピソードが次々と暴露され、会場に笑いが広がった。その後はオーガニックな「LOVE COST」が披露され、場内がピースフルな雰囲気に。歌唱後、5人はこの日の感想と今後の抱負を語り、続けてステージ中央に集まり手を繋いで横一列に整列。ライブのオーラスでよく見る流れに……と思いきや、この日はここからもう一曲「Future, Super Duper, Nova」をプレゼント。嬉しいサプライズにフロアの熱気は再びピークに達し、「ずっとこのまま楽しんでいたい!」という同曲の歌詞がメンバー5人と集まったファンの胸を駆け巡るなか、ライブは大盛況で幕を閉じた。

X4 LIVE TOUR 2016 -Funk,Dunk,Punk- @ZeppTokyo 2016.8.26 セットリスト

 01. Funk,Dunk,Punk
02. Dive into your love
03. Party Up!!
04. 声にしたなら
05. YOU
06. DISTANCE
07. Heaven
08. obsession
09. 薬指
10. 欲望

11. Pride
12. FIRE
13. Killing Me
14. Bang A Gone
15. ♯musicoverdose -X4 ver.-
16. Rainbow Road
EN01. Little Longer
EN02. LOVE COST
EN03. Future,Super Duper,Nova

リリース情報

Mini Album『4 MY BABY』』

2016年10月5日発売

HyperFocal: 0

【初回限定盤(CD+DVD)】

HyperFocal: 0

【通常盤(CD)】

【初回限定盤(CD+DVD)】
TECX-1004 / ¥2,963+税
【通常盤(CD)】
TECX-1005 / ¥1,667+税

【収録曲】
01. Higher than your cloud
02. Pride
03. Future, Super Duper, Nova
04. Little Longer
05. そばにいてよ
06. Will You Marry Me

【初回限定盤DVD収録内容】
「Pride」Music Video
「Future,Super Duper,Nova」Music Video
「Little Longer」Music Video
「Will You Marry Me」Music Video
ハワイ撮影メイキング映像

ライブ情報

X4主催ライブイベント<HEAVY RHYTHM 2016>

9月2日(金) 心斎橋 FANJ twice
9月5日(月) 代官山 UNIT
9月29日(木) 福岡 INSA
10月3日(月) 名古屋 ell.FITSALL
10月4日(火) 柏 PALOOZA
10月5日(水) 仙台 MACANA
10月6日(木) 神戸 SLOPE

HEAVY RHYTHM 2016 -KODAI(X4)Solo Live-

9月21日(水) 梅田 AKASO
9月23日(金) 渋谷 duo MUSIC EXCHANGE

プロフィール

X4


YUYA、KODAI、T-MAX、SHOTA、JUKIYAからなる、関西発ボーカル&ダンス・グループ。2015年に結成し、シングル「Killing Me」でメジャー・デビュー。2016 年 5 月にはメジャー1stアルバム『Funk,Dunk,Punk』をリリース。メンバーは俳優としても活動しており、YUYA(松下優也)は10月よりオンエアされるNHK連続テレビ小説『べっぴんさん』への出演も決定。KODAIは11月30日より上演される舞台『クロノステージVol.3 鏡の中のAuftakt』(村上大樹 演出)に出演する。

オフィシャルサイト:http://xxxx4.jp/

vol.55
vol.56
vol.57