Interview

特撮俳優物語:地球と呼ばれる光の巨人を演じた「吉岡 毅志」の真実

特撮俳優物語:地球と呼ばれる光の巨人を演じた「吉岡 毅志」の真実

“ステージ”にこだわって作り上げたライブ・バー。『ガイア』は一生の財産に

そしてお話を現在に戻します。吉岡さんの現在の活動はいかがでしょうか?

吉岡 芸能活動としては、『ガイア』で共演した高野八誠や仲間たちが映画を撮るというときに出させてもらったり、横のつながりで舞台に出たりもしてますけど。ライブバーの経営をやり始めたのが一番大きいですね。

吉岡さん自身が経営する東京・四谷にあるライブバー「GROTTO」。

Live Bar「GROTTO」

その、お店を出すきっかけとなった経緯は気になるところです。

吉岡 話しは、「ウルトラ8兄弟」の映画(2008年公開の『大決戦!超ウルトラ8兄弟』)があった頃にさかのぼるんですが。僕と仲間の5人組で劇団(演劇集団スプートニク)を旗揚げするんです。劇場も僕が押さえて、自分たちで芝居を作りたかったんですよ。その劇団で、6回ほど舞台公演をやっていたんですが……1つ公演を進めていたのですが、2011年の震災にあたってしまって。予定していたものは『大江戸ハプニング』というタイトルで、3月11日ごろに最終稽古があったのです。劇場にセットまで立てていたんですけど……。いろいろ悩んで考えて、この公演は中止にしたんですよ。

そんなことがあったんですね。

吉岡 で、そのあとに色々あって劇団は解散になっちゃうんです。ちょっとした額ですが借金も背負ってしまい、しばらくは創作意欲がわかずで。「自分でゼロから作り始めるのはちょっと疲れちゃったな」となってしまって……。でもそのあたりに最初の結婚もしているので、食っていかなきゃいけない。そんなときに、飲食店をやりたいという思いもあってはじめることにしました。ただ、そこ(お店)には必ずステージが欲しかったんです。

それは、自分でもステージに立ちたいっていう思いからですか?

吉岡 そうですね。プレーヤーとしてもいられる場所にしたかったんですよ。ここで朗読劇をやったこともありますし。

お店がオープンしてからどのぐらい経ちますか?

吉岡 今年で7年ですね。2012年の春からオープンしていて。

その間、けっこう音楽活動をされてますよね。

吉岡 そうですね。僕のワンマンライブもここで3月10日にやるんですけど。そのときのドラムは元「SEX MACHINEGUNS」のJOEさん。ベースは「Λucifer(リュシフェル)」のTOWAさん。ギターが朝井泰生さんという……ウルトラマンの新しい曲のレコーディングにも参加していたり、僕の曲を編曲してくださる方です。こういう先輩方とのライブをきっかけに、プロのミュージシャンの方もたくさんお店に来てくれるようになりました。

それはすごいメンツですね。

吉岡 あとは、ライブができる場所として“偏りたくなかった”という思いもあります。お店の雰囲気から、よく「ジャズとかやってるの?」って聞かれるんですけど。意外とメタルとかロカビリーとかが多かったりするんですよ。もちろんアコースティックのライブとかもありますけど、例えば僕のライブではやっぱりJOEさんがドラムなので。JOEさんのバスドラがドコドコ響いてます。

すばらしい!(笑)そんなお店で今後目指したいこと、吉岡さんご自身の目標はありますか。今年は『ガイア』が20周年ですが。

吉岡 そうですね。やっぱりウルトラマンに関してはイベントとかもあるでしょうし、体が動く限り、一生の財産として付き合っていきたいです。このお店は、アーティストさんもそうですし、会社経営されてる方とか、今までなかなか会えなかったような人がいらっしゃるので。“人間交差点”じゃないですけど、いろんな人がつながれる場所としてもっともっと目指していきたいです。あとはここで自分の音楽のスキルも上げつつ……僕、演出することが結構好きだったみたいで。過去に舞台でも3本ぐらいは演出を手がけているんですが。お店で貸し切りのライブがあったりすると、自分で照明とPAをやるので、今はそれもすごく楽しいです。

ちなみに吉岡さんは、高野八誠さん監督による自主製作映画『HE-LOW』(注15)の第2弾にも、特撮界隈の仲間のみなさんとともにご出演ということで、期待しています。こちらの感触はいかがですか。

注15:ヒーローがヒーロー映画を撮る。ということで話題となりクラウドファンディング1000%超えを達成して制作された映画。伝説級の特撮俳優が多数出演することでも話題となっている。
『HE-LOW』オフィシャルサイト

吉岡 はい。もう、“八誠ワールド全開”という感じですね。

自主制作だからギリギリ許される……というようなきわどいネタが満載で(笑)。

吉岡 そのきわどさは、第1作目を超えてくるんじゃないかな(笑)と思います。

楽しみにしています!では締めくくりに、記事を読まれるファンの方にメッセージをお願いします。

吉岡 僕のお店では、高野八誠と何年かにわたりトークライブをやっていたりします。僕のワンマンライブももちろんあります。ライブのあとはここで打ち上げをやったりするので、身近に触れ合える場所として遊びに来ていただければ。あくまでバーなので、お酒が飲める方はぜひ、ということになりますが、僕がいるときにはいっしょに乾杯しましょう。

『ウルトラマンガイア』20周年は(2019年)8月で終わってしまいますけど、円谷プロダクションさんが90年代後半のウルトラマン3部作を新たに盛り上げていこうというTDG(ティガ・ダイナ・ガイア)プロジェクトが続きます。ここではグッズ展開などがまだまだありそうなので、ファンのみなさんには楽しみにしていただければと思います。

今日はありがとうございました!


<あとがき>

吉岡さんとは、僕がバンマスを務めるスーパー戦隊出身のレジェンド俳優グループ『ニヤニヤ☆エンタープライズ』のイベント「テキトーナイト9」でお会いしたのが切っ掛け。
その前にも何度かお会いできる機会のお誘いがあったのだがタイミングが合わず。「あら…残念」と思っていたところ、イベントでご一緒できるのを知って「あぁ…そうなる流れだったか」といったご縁。

インタビュー後にもゆっくりとお酒を酌み交わしながら、じっくりお話をさせてもらった。
とても人当りが柔らかく、お話を聞き出すのもうまいので、ついついお互いの個人的な話題まで話し込んでしまう。お仕事をご一緒するときのレスポンスも非常に早く、対応がきめ細かい。そんな方なので、ぐいっとそのお人柄に引きこまれる魅力を持ってらっしゃる。

今回は、『ウルトラマン ガイア』が20周年を迎えていることもあり、ご縁のできたこのタイミングで、彼の人生に触れさせてもらった。快く引き受けていただき感謝しています。
吉岡 毅志…今後、彼がどんな人生を歩んで行くのだろうか…
僕なりに見守っていこう。


【募集終了】抽選で2名様に吉岡毅志さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

※賞品はお選びいただけませんので予めご了承ください

応募期間

※募集期間は終了致しました。

2月28日(木)~3月7日(木)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、エンタメステーションTwitterアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。エンタメステーションTwitter公式アカウント(@essite_official)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


吉岡 毅志(よしおか たけし)

1979年3月22日生まれ。東京都出身。

プロフィール
Twitter(@takeshiyoshioka)

フォトギャラリー

インタビュアープロフィール:市野ルギア

ミュージシャン(ギタリスト)と編集記者の2つの顔を持つ。執筆デビューはペット雑誌の月刊「わが家の動物マガジンAnifa(アニファ)」(2008年休刊)で3年間コラムを連載。その後ゲーム雑誌の「週刊ファミ通」など「ファミ通」グループの専属ライター、編集者を経てプロデューサーへ。オンラインゲームを中心に数々のコラム執筆、ムック本やネット配信番組などを手掛ける。「ファミ通」ではゲーム系のミュージシャンとしても活躍し、数々のゲームタイトルのアレンジ楽曲やオリジナル楽曲を手掛けた音楽ユニット『赤魂』を結成。現在はフリーとして活動。スーパー戦隊出身のレジェンド俳優グループ『ニヤニヤブラザース&シスターズ』の音楽バンドのバンマスを担当。さらに、自身の音楽ユニットとして女性シンガーbamviと『終末のバンギア』を結成し2019年2月9日のお披露目Liveより活動を開始した。
「市野ルギア」Twitter
『終末のバンギア』Twitter
『ニヤニヤブラザース&シスターズ』オフィシャルサイト

< 1 2 3 4 5