Interview

たこやきレインボー 3rdアルバムは、メンバーも制作から参加した意欲作。新曲全10曲に注いだ情熱をたっぷり訊く。

たこやきレインボー 3rdアルバムは、メンバーも制作から参加した意欲作。新曲全10曲に注いだ情熱をたっぷり訊く。

関西発の5人組アイドルグループ、たこやきレインボーが「地図のない人生=航海(ボヤージュ)の荒波をタコのように柔軟に(軟体的に)乗り越えていこう」という思いを込めた3rdアルバム『軟体的なボヤージュ』をリリースした。
“等身大”をテーマに、メンバーが制作の段階から関わったという新作は、なんと全10曲が全て新曲という意欲作となっている。果たしてメンバーはどんな依頼や提案をし、何にこだわったのか。エンタメステーションではメンバーによる全曲解説を敢行。各曲に込めたメンバーそれぞれの思いを訊いた。

取材・文 / 永堀アツオ

アルバムの1曲目、幕開けにふさわしい曲だなと思うし、こっから始まるぞ感があって大好きです(清井)

M1 「Rainbow Plane」

メンバーが制作の打ち合わせの段階から関わり、メンバーの思いが詰まったアルバムだということで全曲解説をお願いしたいと思います。まず、1曲目「Rainbow Plane」は、昨年の7月に開催されたスターダストプラネットの大型イベント「夏S 2018 ももクロトリビュート ~みんなで10周年をお祝いしちゃうぞ! ~」でたこ虹がカバーした、ももクロの「BLAST!」を提供したinvisible mannersさんによる楽曲になってます。

清井 もともと「夏S」で「BLAST!」をカバーしたのは、ももいろクローバーZさんの中でも好きな曲ではあるんですけど、昔のももクロちゃんの曲ではなくて、大人になった今のももクロちゃんが歌ってる曲をカバーすることが、自分たちにとっても挑戦になると思ってて。レベルが高い曲なので、めちゃくちゃ練習したんですけど、当日は「しおりん賞」をいただいたり、虹家族さんだけじゃなく、モノノフさんや他のグループのファンの方にも反響をいただいて。自分たちも手応えをつかんだし、この曲で自信がついたので、「BLAST!」を作ったinvisible mannersさんに「たこ虹に向けての挑戦曲を作って欲しい」っていうことでお願いして。届いた曲はめちゃくちゃカッコいい! 超タイプの曲で。私、この曲は一番のお気に入りなんですね。アルバムの1曲目、幕開けにふさわしい曲だなと思うし、こっから始まるぞ感があって大好きです。

春名 ただ、歌うのはかなり難しいですね。

 まだ振り付けも入ってないので、ワンマンライブでどんなパフォーマンスになるのかが自分たちでも楽しみです。

M2「ウエッサイ・ストーリー」

清井 そして、2曲目の「ウエッサイ・ストーリー」は氣志團さんに依頼しました。先輩のももクロさんやエビ中さんとたくさん共演されているので、私たちも曲を作って欲しいなって思って。「氣志團さんぽい曲でお願いします」って依頼したんですけど、氣志團さんらしいセリフがあったり、みんなでクラップできるところがあったり、コールも入っていて。演奏も氣志團さんがやってくれているので、がっつり氣志團さんぽい曲になっているので、氣志團<関西支部>のような曲になったかなって思います。

レンレン(根岸)のセリフも入ってます。

根岸 レコーディングの時に私は滑舌が悪いのでセリフは無理だと思ってたんですよ。でも、思いっきりやってみたら、いいって言ってくれて。自分で後で聞いてみたら、「誰これ?」って思うくらい感情が込もってるなって思いました。

 女戦士みたいでカッコいい。

根岸 嬉しい! 

清井 すごく聴きやすいし、ライブではお客さんと1つになれる曲かなって思うので、一緒にコールとかクラップとかやって欲しいなって思います。

初披露の時ざわざわしてました。恋愛ソングっていうことで(根岸)

M3「私、ただ恋をしている」

そして、問題作なんですが……。もうイベントでも歌ってますよね。

根岸 初披露の時ざわざわしてました。恋愛ソングっていうことで。

春名 しかも、「私たちの実体験を基にした曲です」ってMCでふってから歌うので。

彩木 「聞いてください。<私、ただ恋をしている>」って。ええ、恋してるの!?って。

根岸 ちゃんと落ちサビまで聞けばわかるっていう。

 でも、落ちサビでもざわざわしてました。「え? つまり? つまり?」って。

根岸 前山田さんに書いていただいた大好きな曲ですね。今回のテーマが“等身大”ということで、自分たちの年齢でいうと恋愛は外せないな、と。でも、私たちの経験してきた恋愛とはなんだろう? って考えたら、二次元に対する愛なんですよね!

あはははは。レンレンの好きな「ソード・アートオンライン」のキリトくんが急に出てくる。

根岸 初めて気づいてもらえました! めっちゃ嬉しい。前山田さんなら偏見を持たずに、きっと受け止めてくれると思って、二次元への愛をいっぱいぶつけたら、こんなに素敵な曲にしてくれて。しかも、キリトくん、キリトくんって言ってたら歌詞にも<霧と消えて>って入れてくれて、本当に嬉しいです。ちょっと昭和チックでおしゃれな曲になってて。AメロBメロで恋愛ソングかなと思ったら、落ちサビに<二次元!>っていうズッコケというか、ストーリーがあって。2回目からも楽しめる曲だと思います。

全員の思いなんですよね。皆さんはそれぞれ、誰に向かって何度も「愛してる」と繰り返し、「好きよ」と叫びました?

根岸 私はやっぱり「SAO(ソードアート・オンライン)」のキリトくんなんですけど、今までいっぱいアニメを観てきた中で、一番、長く好きでいるキャラクターなんですよ。だから、レコーディングするときに携帯のロック画面をキリトくんにして、見ながら歌いました。そんなことをしたのは初めてだったんですけど、観ながら歌ったら、すごい感情を入れやすくなって。最後の<あなたを見つめているから>はほんまに泣きそうになりながら歌いました。

 (笑)私はちょっと多いんですけど、今でいうと、「ヒロアカ(僕のヒーローアカデミア)」のデクくん、かっちゃん、轟くん。その前でいうと、『東京喰種 トーキョーグール』の金木くんやったり、その前でいうと……。

春名 前の男、多ない?

彩木 いくつもの恋をしてきたからね。

 「おそ松さん」の一松もやし。<何人の男たち/恋をしてきたでしょう>っていう歌詞もありますけど、それは仕方ないことやなと思いますね。季節は過ぎていくので(笑)。

清井 私も今、ずっと観てるのは「ヒロアカ」なんで、くるみと同じく、デクくん、かっちゃん、轟くんなんですけど、他やったら、「鋼の錬金術師」のエドとか、「青ブタ(青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない)」の咲太も普通に好き。

根岸 あんなに愛してるってすごくない?

清井 そう! 一人の女の子に対して、ずっとずっと思いをね。あと、「ワンピース」のルフィも毎回、カッコいいってなるし、サボもやばい。一緒に戦いです、本当に。

 役に立たないからやめて。

清井 私、ヒーロー系が好きなので。一緒に戦いたいんですよ。仲間になりたい気持ちが強い。

彩木 私は「ワンピース」のサンジくんとか、「おそ松さん」のカラ松とか、「妖狐×僕SS(いぬぼくシークレットサービス)」の御狐神総士くんとか。あと、めちゃくちゃ昔、「アンパンマン」のロールパンナちゃんに……。

 (めっちゃ大声で!)分かる!!!! まじで!!!!!

根岸 ロールパンナちゃん、カッコいいわ。

清井 女の子やんな。

春名 メロンパンナちゃんのお姉ちゃん。

彩木 ロールパンナちゃんに恋をしてたのを思い出しました。

 ロールパンナちゃん始まりの人、結構多い気がするな。

彩木 多いと思う!

清井 あと、あれも多いと思う。「忍たま乱太郎」の先生。

 (手をパチンと叩きながら)わかる!! 土井先生!!!!

清井 土井先生もカッコいいなって思った。あ、あと、思い出した! 「名探偵コナン」の新一! ずっと引っかかっててん。

春名 そこらへんが小さい頃の好きの入り口よね。私は少女漫画をめっちゃ読むんですよ。「つばさとホタル」っていうバスケを題材にした少女漫画の鳥羽くん。主役の女の子とくっつかない男の子なんですけど、メインのカップルのライバルの男の子に恋をすることが多くて。

 かわいそうになっちゃう。

春名 叶わないんですよ。しかも、主人公の子とめっちゃ仲良かったりする男の子やったりするから。私はそっちが好きなんです。ちょっと強引やったりもするから。「良かったら、私もおるで」って思いながら読んだりもします。あとは、「ハイキュー!!」の田中先輩っていう坊主でめっちゃ目つき悪い先輩とか、ライバル校の音駒のキャプテン、黒尾鉄朗。こちらもトサカヘッドでいかつい目の人なんやけど。いかつい人が好きやったりする。

清井 あ、あ、あと、思い出したので言ってもいいですか。「千と千尋の神隠し」のハク、「ハウルの動く城」のハウルも好きです。

 アシタカは?

清井 アシタカもええなー! 

 「ノラガミ」の野良は?

根岸 キリがないわ!

肩で風を切って歩く感じな。ちょいワルなたこやきレインボーが見れちゃいます(春名)

M4「アゲたこノーティーFunk」

(笑)二次元トークがちょっと尺が長くなってしまったので、次に行きますね。「アゲたこノーティーFunk」はオールドスクールのラップと90’s R&Bをミックスしたような曲になってます。

根岸 めっちゃ好きです。ヒップホップ/R&Bのトッププロデューサーの今井了介さんに作っていただいたんですけど、レコーディングのディレクションもしてくださって。この曲、今までに経験したことなかったくらいカッコいい曲なんですよ。レコーディングの時に指導を受けながら、艶感の出るような声とか、Bメロではセクシーっぽく歌ったり、本格的なラップにも挑戦させていただいて。聴いてるだけでも本当に体が勝手に動いちゃったり、モデル歩きをしそうになるくらいのファンキーなアゲアゲ曲になってます。

春名 肩で風を切って歩く感じな。ちょいワルなたこやきレインボーが見れちゃいます。

 本格的なR&Bサウンドで、メロディも難しかったりするので、苦戦した部分はあったなと思いますね。

清井 歌い方がめっちゃ迷ってて。やんちゃでワルな感じで大人っぽいという、ちょっとニヤニヤしながら、見とけよっていう感じの女の人を想像しながら歌いました。

1 2 >