Review

『ファークライ ニュードーン』核戦争後のサバイバル生活を生き抜け!

『ファークライ ニュードーン』核戦争後のサバイバル生活を生き抜け!

2018年3月に発売された『ファークライ5』の核戦争による世界崩壊という衝撃的なエンディングから17年後の世界を描いた作品、『ファークライ ニュードーン』がリリースされました。前作同様オープンワールドのFPSである本作では、核戦争後の荒廃した世界で少ない物資をめぐる他勢力との抗争や過激なサバイバル生活をしつつ、仲間たちと力を合わせ平和を求めて戦うことになります。個性的なキャラクターたちや多彩な乗り物、ストーリーの本流だけでなく豊富に用意されているサブコンテンツなど、おなじみのお楽しみ要素は本作も健在。以前と同じく、架空の町・ホープカウンティの世界で繰り広げられるストーリーとあって、前作をプレイした人ならニヤリとする展開も多々ありますが、初めてプレイする人でも問題なく世界に入っていくことができます。今回から2回にわたり、その内容に迫っていきましょう。

文 / 内藤ハサミ

新たな脅威“ハイウェイマン”との戦い

世界の崩壊を予言し、その驚異的なカリスマでカルト宗教を率いていた“ファーザー”こと、ジョセフ・シード。彼の予言どおりに核爆弾が落とされ、少なくともホープカウンティを含めたかなりの広範囲が壊滅してしまいました。そして17年後、なんとか生き残った人々は地下シェルターから地上に出て、コミュニティを再建するために奔走しています。プレイヤーは生存者を救うために外部からやって来た警備グループのリーダーで、前作の主人公とは所属も目的も違います。警備グループが、孤立している生存者に鉄道を使って物資を届けるミッションに従事しているシーンから、ゲームは始まります。

▲まずは性別を選択します

攻略、特にアクションにかかわる難易度設定もここで行います。選べるのは、ストーリーやオープンワールドの探索を楽しみたい人向けの“エクスプローラー”、チャレンジ精神旺盛な人向けの“タフ”、とにかく全力で戦いたい人向けの“ハードアス”の3種類。今回は、“タフ”を選択しました。

▲冒頭から派手なトラブルです。なんと、主人公と物資を運んでいた列車が派手に脱線、そして大炎上……

▲まずはここから抜け出さないと。頼りになる警備グループのメンバー、ラッシュが倒れた主人公(キャプテン)を起こします

何者かに列車が襲われたようです。ラッシュともうひとりの若手メンバーであるバーンズを護衛しながら、安全なところまで逃げることになりました。この道中が本作のチュートリアルにあたります。とはいえ、適当に歩いているだけではすぐに追っ手が来て殺され、ゲームオーバーとなってしまいますから、気を抜かずに武器の装備方法やアイテムの使いかたなどの操作を確認。途中に遭遇する敵との戦いで、ある程度戦闘の感覚を掴みつつ道を急ぎます。武器を取り換えながらの通常攻撃、R1ボタンで使うことのできる投擲、ガンフォーハイヤー(傭兵)への命令など行えることはとても多いです。各操作を使いこなし、思うような立ち回りができるようになると、楽しさもグレードアップするでしょう。

▲登場人物たちが書いた日記やメモがあちこちに残っており、ストーリーを読み解く助けになったり、謎解きのヒントになったりします

▲必死に逃げましたが、崖に追い詰められてしまいました

主人公のキャプテンを含む警備隊を襲ったのは、“ハイウェイマン”というタチの悪い盗賊たちのようです。上の写真の女性たちは、ハイウェイマンを率いる双子の姉妹。頭脳派のミッキーと力に優れたルーはカリスマを持ち合わせ、持ちまえの知力と行動力でホープカウンティ中の資源をかき集めています。前作の『ファークライ5』ではカルト教団のシード家と戦いましたが、今作は主にこのハイウェイマンたちとの縄張り争い、そして資源(主に燃料となるエタノール)の取り合いをしていくことになります。

▲まずはあらゆる手を使って資源を集め、スペシャリストと呼ばれる技術者を仲間に引き入れ、プロスペリティという拠点を再興すること。その使命を遂行するうち、ストーリーは前作に登場したカルト教団エデンズ・ゲートの残党や、カルトのリーダーのジョセフ・シードとも繋がっていくこととなるのです……

『ファークライ』ならではの楽しみを味わい尽くす

“これぞファークライ”という要素のひとつが、本流以外にいくつも用意されているサブコンテンツの数々。ゲームのやり込み要素が増えるだけでなく、ホープカウンティに暮らしている人々の生活様式や現在の状況についての考えかたが垣間見えたり、どこかで起こった小さな事件がストーリーの本流に繋がっていたりして、プレイヤーが感じる世界に更なる深みを持たせています。

▲サイドミッションは、クリアするとガンフォーハイヤー(傭兵)やアイテムが手に入ります

▲探検を解放すると、以後はプロスペリティからだけでなく、メニュー画面の日誌から選択可能。いくつかのミッションが用意されていて、クリアするごとにひとつずつ解放されていきます

特に今回登場した“探検”は、生きるか死ぬかの緊迫した立ち回りを味わえる歯ごたえのあるコンテンツなので、ぜひプレイをすすめたい要素です。拠点であるプロスペリティの設備にある“探検”の項目をレベル1にアップグレードすると出かけられるようになります。最初に解放される“HMSマカブリー”を例にとって流れを紹介しましょう。

▲右方に大きな船が見えるでしょうか。この船のどこかに、お宝(パッケージ)があるのです

探検開始後、専用のマップに移動するとミッション開始。行うことは、クラフト素材が満載のGPS付きパッケージを見つけ、それを持って迎えに来たロジャーのヘリコプターまで無事に戻ってくること。言うだけなら簡単ですが、ハイウェイマンがうようよいる施設に忍び込んでパッケージを盗み、それに搭載されているGPSを目印に出現するハイウェイマンを振り切りながらヘリの着陸地点まで到達しなければなりません。しかも、ヘリが来るまでにはGPS作動から2分強の時間がかかるということで……ええと、ちょっと条件がキビシくないですか?

▲あらゆる方向から4人の敵に撃たれています。常にどこかから撃たれ続けているため、体力ゲージがすぐゼロに……

無限に出現し追いかけてくるハイウェイマンを倒し続けながら生き延びるのは、思った以上に大変でした。HMSマカブリーでの脱出地点には身を隠せるようなオブジェクトこそあるものの、それだけで四方八方から現れるハイウェイマンに対抗し続けるのは難しいのです。常に場所を変えながら的確に敵を倒し続けることが必要となるので、ロジャーがヘリで現れるまでの2分間が長く感じることといったら! でも、ゲットできる報酬は苦労に見合うだけの豪華さですし、なにより、前半のステルス行動と後半の派手な撃ち合いというメリハリのある流れが新鮮な面白さですから、チャレンジする価値は十分です。

1 2 >