Interview

クリープハイプの最高傑作『世界観』今、改めて「バンド」を歌う。

クリープハイプの最高傑作『世界観』今、改めて「バンド」を歌う。

一番言ってほしかったことだから、俺泣いたんだと思うんですよ

より自由になってる感じがしますね。

尾崎 こうやっていろんな曲をやっているんですけど、今回、一番バンドっぽいアルバムだなって思うんです。ラッパーとやっていたり、打ち込みがあったり、弾き語りもあったりしますけど。そこも不思議ですね。

それはやっぱり、「鬼」というキラー・チューンをはじめたとしたシングル曲の強さに加えて、「手」と「バンド」の2曲の存在も大きいと思います。

小川 たしか「手」の歌入れが最後だったんですけど、曲が徐々に貯まっていくなかで、途中まではバラバラだなというか、やりたいことを自由にやっていたので……。

尾崎 アルバム全体を包み込むような? 「手」だけに(含笑)。

小川 そう! 思ったことを言ってくれました(笑)。この曲がすごいアクセントになるなと思っていて。

尾崎 8ビートで前のめりな曲が欲しかったんですけど、この曲が出来たときから「手と手」みたいな曲だなと思っていて。いろんなことをやりたいと思いながら作っていったなかで、最後にこの曲が出来て、アルバムがちゃんと締まったなと思えたんです。ただ、なかなか歌詞が書けなかったんですよ。でも、「手と手」で別れたあとの話として展開しようって決めてからはすぐに書けました。

creep_sekai4335

「手」というタイトルで「手と手」の続編だというのも繋がりますよね。

尾崎 そうですよね。結局、続編で手の数が減っているというのがいいですよね。出来上がって、ど真ん中に戻ってきた、家に帰ってきたという感じがあって。そこで、アルバムの入り口を開けるにはピッタリの曲だなと思ったし、景気もいいし……なんかヨドバシカメラの「いらっしゃいませ! いらっしゃいませ!」的な感じがするじゃないですか?(笑)

(笑)何かが始まる期待感とかワクワク感がありますね。

尾崎 「愛の標識」にもある、あの始まり感がしますよね。

「愛の標識」は1stアルバムの1曲目で、先のツアーの1曲目でもありました。本作には、「愛の標識」の対になるような「愛の点滅」も入っていますし、聴いているほうとしては新しい1stアルバムと感じちゃいます。

長谷川 今回、こういうまっすぐな8ビートの曲は少なくて。だから、いままでのクリープハイプをイメージするならば、アルバムのどこに置こうかというのが悩みとしてあったんですけど。全体的にいろんなビートを入れていたりするので、少し8ビートを恥ずかしがっているところからアルバムに「いってらっしゃい!」っていうふうにする感じがいいと思いましたね。

小川 いろんな曲調がある中で、この曲は直球というか、いままでのストレートな感じがあって。

小泉 この曲、たしか1テイクOKだったんですよね。そういう意味でも勢いが入ってるんですよ。それが1曲目で、そこからアルバムが始まるというのも景気がいいというか、クリープハイプらしいなと感じてます。

小川 デビュー盤から繋がる部分もあるし、歌もすごく良くて、安心して聴ける曲になっていて。結果的に、最後に出来上がった曲がアルバムの冒頭を飾るっていうので、しっかりアルバムを作り終えた感じがしますね。

creep_sekai3996

もう一曲、アルバムの最後に収録されている「バンド」についても聞かせてください。

尾崎 いや、いいです(苦笑)。これ、ベルトのバンドのことです。画期的なゴムバンドが大ヒットしたことを覚えているっていう歌です(笑)。

あははは。この曲には現メンバーとの出会いや愛、絆というものが描かれてますよね。メンバーの感想が聞きたいです。

小泉 演奏をまず録って、「歌入れには立ち会わないでくれ」と言われて。

尾崎 逆出産ですね。

小泉 立ち会わない出産(笑)。後日、完成したものを聴いたんですけど、俺、泣いたんですよ。カオナシからも「歌詞やばいっす」みたいなLINEがきたりして。一番言ってほしかったことだから、俺泣いたんだと思うんですよ。

creep_sekai4053

小泉さんが言われたかったことっていうのは?

尾崎 もーいいよ、いい! 全部、嘘。嘘なの!(照)

小泉 っていう照れてる感じもいいですよね?(笑)ま、バンドはこんな感じでやってるんだよっていうのがそのまま出ているので、高校生とか中学生が聴いていいなと思ってもらえたら単純に嬉しいし、これでアルバムが締めくくれて、いろんなことが繋がったなと思います。

長谷川 曲によってですけど、普段はよくクリックを聴きながらレコーディングをするんですけど、この曲は聴きながらやったらかっこよくならないだろうというのがあったので、聴かずにやったんです。オケを録ったあとに尾崎さんの歌入れがあったんですけど、テンポが人間らしい感じでぶれていくので苦労したみたいで、結構時間をかけて録っていたんですよね。僕も家に帰ってから聴いたんですが、ファイル名が「バンド」で、「これは仮タイトルかな」って思いながら、バンドは自分のことを苦しめるものでもあるけど、こういうふうに思っているという歌だったので感動しました。

思い出しました? 3人が正式に加入した2009年11月16日を。

長谷川 もちろん。

尾崎 いやいや、思い出してないよ! 結成は2001年だから、2009年は初めてピンサロに行った日ですよ!(笑)

長谷川 あはは! いや、ステージ上でみんなで照れ笑いして、長い拍手が鳴ってる光景は4人とも覚えてますよね。

改めて、尾崎さんにこの曲を作った理由を聞いてもいいですか?

尾崎 AV女優に「なんでオッパイ出してるんですか?」って聞くのと一緒ですよ!

それは聞きたくなりますよね。どうしてオッパイを出してるのかって(笑)。

尾崎 たしかに。そういうことかぁ。自分で自分の首しめちゃった(苦笑)。まぁ、時期的にもちょうどいいかなって思って。たくさんのことを得て、同時に失ってもきたけど、時間が経って、今、いろんなことがいい方向に向いてるんだなっていうことを感じてもらえたらと思いますね。はい、終わり終わり(笑)。

creep_sekai4371

(笑)何度も言いますが、僕は2回目の1stアルバムとしてクリープハイプの傑作が完成したと感じてます。

尾崎 セカンド・ファースト・アルバムですね?(笑)

長谷川 どっちなんだっていう(笑)。そう言っていただけるものが出来たのであれば嬉しいですね。みんなにもそう思ってもらえたらいいな。

小川 1stの前にもインディーズで2枚出してますけど、『死ぬまで〜』から徐々にいろんなことを学んできて、曲数もどんどん増えていくなかで、いい意味でも悪い意味でも自分たちの方式というものが出来つつあって、すでに体に染み込んでいるけど、それをいったん置いて、一曲ずつやりたい曲を自由に作っていこうっていうのが、1stアルバムを出すときのモチベーションに近かったのかなとも思います。

小泉 ホントにいいものが出来たので、ちゃんといろんな人に聴いてもらいたいなって思います。つねに最新が最高だっていう意識ではやってるんですけど、今回それが如実に出てる気がして。すごい力が入ってるわけではないんだけど、バンドとしての、俺たちの正義が溢れ出ちゃってるというか。最高傑作が出来たと思いますね。

あらたなスタートを切る感じだと言えると思います。

尾崎 現時点で身近にいる人たちが「良かった」と言ってくれるのはとにかく嬉しいですね。今の段階でも作って良かったと思っているので。それがスタートなのか、続きなのかは、みんなの反響があってから決まることだと思っているので、それを待ちたいなと思います。

リリース情報

【初回限定盤】

【初回限定盤】

【通常盤】

【通常盤】

2016年9月7日発売
アルバム『世界観』

【初回限定盤 CD+DVD】
UMCK-9860 ¥3,700+税
【通常盤 CD】
UMCK-1551 ¥2,750+税

【収録曲】
01. 手
02. 破花  ※「代々木ゼミナール」CMソング
03. アイニー  ※NHKアニメ『境界のRINNE』オープニングテーマ
04. 僕は君の答えになりたいな
05. 鬼  ※日本テレビ系ドラマ『そして、誰もいなくなった』主題歌
06. TRUE LOVE
07. 5%
08. けだものだもの
09. キャンバスライフ
10. テレビサイズ(TV size 2’30)
11. 誰かが吐いた唾が キラキラ輝いてる
12. 愛の点滅  ※映画『脳内ポイズンベリー』主題歌
13. リバーシブルー  ※明星「一平ちゃん 夜店の焼きそば」CMソング
14. バンド

【初回限定盤 DVD 収録内容】
・短編映画「ゆーことぴあ」
・ミュージックビデオ「鬼」
・メイキング映像「ゆーことぴあ」「鬼」

■クリープハイプ – 4th ALBUM「世界観」全曲トレーラー映像

■「鬼」MUSIC VIDEO & 短編映画『ゆーことぴあ』トレーラー映像

ライブ情報

熱闘世界観

9月10日(土)「熱闘世界観」─1回表 富山─ MARIO
9月11日(日)「熱闘世界観」─1回裏 新潟─ LOTS
9月16日(金)「熱闘世界観」─2回表 岡山─ CRAZYMAMA KINGDOM
9月17日(土)「熱闘世界観」─2回裏 高知─ キャラバンサライ
9月22日(木・祝)「熱闘世界観」─3回表 和歌山─ SHELTER
9月24日(土)「熱闘世界観」─3回裏 鹿児島─ CAPARVO HALL
9月25日(日)「熱闘世界観」─4回表 熊本─ B.9 V1
9月29日(木)「熱闘世界観」─4回裏 高崎─ club FLEEZ
10月1日(土)「熱闘世界観」─5回表 岐阜─ club-G
10月2日(日)「熱闘世界観」─5回裏 浜松─ 窓枠
10月7日(金)「熱闘世界観」─6回表 米子─ AZTiC laughs
10月8日(土)「熱闘世界観」─6回裏 高松─ festhalle
10月10日(月・祝)「熱闘世界観」─7回表 福岡─ DRUM LOGOS
10月15日(土)「熱闘世界観」─7回裏 盛岡─ CLUB CHANGE WAVE
10月16日(日)「熱闘世界観」─8回表 郡山─ HIPSHOT JAPAN
10月23日(日)「熱闘世界観」─8回裏 那覇─ 桜坂セントラル
11月4日(金)「熱闘世界観」─9回表 大阪─ なんばHatch
11月5日(土)「熱闘世界観」─9回裏 大阪─ なんばHatch
11月9日(水)「熱闘世界観」─10回表 東京─ Zepp Tokyo
11月10日(木)「熱闘世界観」─10回裏 東京─ Zepp Tokyo
11月13日(日)「熱闘世界観」─11回表 札幌─ ファクトリーホール
11月17日(木)「熱闘世界観」ー11回裏 名古屋ー Zepp Nagoya
11月19日(土)「熱闘世界観」ー12回表 広島ー BLUE LIVE HIROSHIMA
11月26日(土)「熱闘世界観」ー12回裏 仙台ー PIT

プロフィール

クリープハイプ


尾崎世界観(vo、g)、小川幸慈(g)、長谷川カオナシ(b)、小泉 拓(ds)。
2001年に“クリープハイプ”を結成。2009年に現メンバーとなり本格的にバンド活動を開始。2012年4月にアルバム『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』でメジャー・デビュー。2014年には日本武道館2デイズ公演を開催。2016年8月10日に藤原竜也主演ドラマ『そして、誰もいなくなった』主題歌「鬼」をシングル・リリース。9月10日より全国ツアー<熱闘世界観>を敢行。
オフィシャルサイト:www.creephyp.com/

< 1 2