Interview

麻倉もも、雨宮 天、夏川椎菜 「これまで以上の仲良しぶり」をみせるTrySail、3rdアルバムを完成させた人気声優ユニットの現在地

麻倉もも、雨宮 天、夏川椎菜 「これまで以上の仲良しぶり」をみせるTrySail、3rdアルバムを完成させた人気声優ユニットの現在地

TrySailの3rdアルバム『TryAgain』が2019年2月27日にリリースされた。多彩なサウンドアプローチを披露した最新のシングル楽曲群に加え、新曲6曲を収録したフルアルバムには、彼女たちのどんな想いが込められているのか。それぞれソロでの活動も積極的に行っている、麻倉もも、雨宮 天、夏川椎菜の3人に、次回のツアーに対する意気込みを含め、話を聞いた。

取材 / 青木佑磨(クリエンタ/学園祭学園)
文 / 寺田龍太


「みんなが好きでいてくれるTrySail」をイメージしたリード曲「TryAgain」

最近のTrySailの状況はいかがですか?

雨宮 天 昨年のツアーから自分たちで話し合ってセトリを決めたり、より自主性や積極性が出てきていると思います。今回の「TryAgain」も各自が意見を出してリード曲に決まった曲なんです。

夏川椎菜 3人とも今後自分たちをどう見せていきたいか、ファンのみんなが求めているのはどんなものなのかを考えるようになったと思います。だからこそ作品への意見も伝えられるようになって。

麻倉もも あとメンバー同士の仲がいい(笑)。TrySailがそれぞれの帰ってくる場所みたいになっていて、一緒にいて安心する存在ですね。お互いを信頼しているかどうかって、パフォーマンスにも表れますから、ユニットとしてすごく大事なことだと思うんです。

過去と比べて関係性にも変化が?

麻倉 昔とは全く違いますね。平日は学校に通って、休日はレッスンを受けて、と同じことをしていた3人が、今は違う仕事をしながら過ごしていますから。一緒に集まったときに話を聞くと刺激になります。

リード曲に「TryAgain」が選ばれた理由は?

雨宮 今回のアルバムは個性が色んな方向に散らばった、それぞれの挑戦とも言える曲が多いので、そのぶんリード曲は「みんなが好きでいてくれるTrySail」のイメージにしたかったんです。でも、最初に提示されたリード曲が想像と違って。3人で相談し、別の候補として「TryAgain」を提案してもらいました。

夏川 去年出した3枚のシングルは大人っぽい曲や格好良い曲が多く、そうしたシングル曲をまとめるような格好良いリード曲を提示していただいたのですが、今回は原点回帰したTrySailの形を表題曲で見せたいと思ったんです。

雨宮 奇をてらわず、良い意味で安定感がある曲ですよね。そこに私たちが大切にしたいTrySail像があるんだなと再確認しました。

ライブでの様々な挫折と、等身大の想いを込めたレコーディング

挫けそうな人へのエールを込めたような楽曲で、「もう1回 何度でもTryAgain」という歌詞が印象的です。

雨宮 私自身、前回のツアーは想像以上にプレッシャーや精神的な負担が大きくて。楽しかったし達成感もありましたが、良い思い出だけではなかったんです。その印象を次のツアーで良いものに塗り替えられたら、という気持ちはありますね。

そうした悩みをメンバー間で共有されることは?

雨宮 お互いの性格があまりにも違うので、雑談の中でアドバイス程度に意見を交換するぐらいですね。

麻倉 私も最近、ライブの振り付けを間違えがちで悩む部分が多いのですが、ソロライブでは天さんに「私はこんなに間違えた!」とか沢山の話を聞かせてもらって(笑)。ナンちゃんも本番前日にいっぱい話をしてくれて、2人に力強い言葉をもらったから乗り越えられたんだと思います。そういう意味でも、自分の中で2人の存在は大きいなとあらためて思いましたね。

「TryAgain」のレコーディングはいかがでしたか?

麻倉 3人の意見として、キラキラして楽しそうな私たちの姿を表現したいという思いでレコーディングしました。「熱血!」というより、「一緒に頑張ろう」という意識ですね。明るいけど少し泣けるメロディーだと感じたので、「もう1回」の繰り返しには特に力を込めて歌いました。

夏川 「君にしか描けない」とか「君のままでいてよ」とか、歌詞のところどころで“君”に投げかけている曲なんです。その君が誰なのかは解釈次第ですが、私的にはリスナーやファンの人、それと私以外の2人のメンバーのことなんです。落ち込んでいる人を励ます時のように、底抜けに明るく力強く、「こうでいいんだよ」と“君”に伝える歌だと思います。

雨宮 全体を通して、明るくキラキラした声を出せるように努めましたね。ただ、能天気な歌い方ではっちゃければいいというわけではないですから、寄り添うような歌い方を目指して歌いました。

ご自身として、それとも架空の主人公を作っての歌い方でしょうか。

雨宮 半々かもしれないです。大体はキャラクター性を持たせることが多いのですが、こういう等身大の曲に対しては自分も色んな壁にぶち当たりまくりなので(笑)。共感ポイントから感情を生み出して歌うところで、語りかけ方が決まってくる感じですね。

1 2 >