Interview

『とある魔術の禁書目録』『ダンまち』… 声優・井口裕香、自身ゆかりの2大ヒット作への関わりと最新楽曲を語る

『とある魔術の禁書目録』『ダンまち』… 声優・井口裕香、自身ゆかりの2大ヒット作への関わりと最新楽曲を語る

「おなじ空の下で」は、「また会おうね」って約束するような気持ち。ライブのラストで歌ってもよさそう

そしてもう一作「おなじ空の下で」は、『劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-』主題歌となります。

井口 過去に『ダンまち』の曲をいろいろ歌わせていただいてきて、今度は劇場版という大きな作品での歌なので、すごく責任感はあるなと。

また井口さんとしても劇場版主題歌は初ですよね。

井口 初だ……! 言われてみれば。劇場のいい音響で聴けます(笑)。

そんななか、楽曲はアッパーで爽快感のあるサウンドになりました。

井口 爽やかです。これぞ『ダンまち』という感じ。ベルくんたちが走っている姿も思い浮かぶし、きっといろんなことがあるんだけどまた大きくなるんだろうなベルくん……! という楽曲ですね。

たしかに劇場版ということでエンドロールで聴かれるのでしょうが、そんな大団円にぴったりなサウンドであり、歌詞でもある。

井口 あと『ダンまち』の曲でもあるんですけど、私はライブが想像できました。自分自身でも当てはまる言葉が歌詞にもたくさんあったので、もちろん『ダンまち』主題歌としても歌うし、私の心から出てくる言葉として、同じ熱量として歌えたらなって思って。ベルくんたちも思いつつ、私のライブに来てくれるファンの人たちも思いつつ歌いましたね。

たしかにたくさんの人たちに刺さるような普遍的なメロディというのも、井口さんの『ダンまち』楽曲らしいですよね。

井口 本当に……いいメロディを作ってくださって。一度聴いたらすぐ頭に残って、ライブでもすぐにみんな盛り上がれるようなキャッチーでポップな、一瞬で「好き!」ってなれるような曲ですよね。

自分の心から出た言葉とおっしゃっていましたが、それもあってか井口さんの歌唱も等身大感のある塩梅というか、仰々しくないところがまた素敵だなと。

井口 別れの歌というよりも、「また会おうね」っていう約束するような気持ちですね。同じ空の下でいつでも会えるし、いつも同じ気持ちでいられるから寂しくないというか。そんな温かい楽曲だなと思います。ライブでもラストで歌ってもよさそうだなって。

その光景が目に浮かびますね。

井口 私自身もラジオやライブで、その瞬間瞬間をみんなと共有するのが好きだし大事にしているんですけど、何かそのスタンスとも共通しているような気がします。一緒にいられる時間はもちろん、一緒にいられない時間もおなじ空の下でお互い頑張って、どこかで繋がっていることを信じているような気持ち、というのがしっくりきます。私は歌詞を書いていないですが、Satomiさんとまったく同じくという気持ちです(笑)。

2枚のシングルを、7年目のあらたな一歩としてお祝いの気持ちで聴いていただけたら

「終わらない歌」「おなじ空の下で」と、それぞれ異なるテーマのなかで今の井口さんがしっかり封じ込められている2枚となりましたね。

井口 ちょうど6年前のこの時期にデビュー・シングルを出させていただいたんですね。2017年にアーティスト活動5周年を迎え、「5周年プロジェクト」を1年間やってきたその締めくくりとして、7年目のあらたな一歩としてはいいタイミングかなと思います。皆さんにもそんなお祝いの気持ちとしても聴いていただければと思います(笑)。

ここで区切りをつけるだけではなく、あくまで次に向けての第一歩であると。

井口 5周年がひと段落して、そこで立ち止まらずに進んでいきたいですね。昨年いろいろと経験させていただいたものを、2019年はちゃんと力にして気持ちを整理して整えていく一年にしたいと思います。

整えていくなかで、歌も声優もそうなんですけど、同じようでやっていることがちょっと新しいとか、この役柄はやったことありそうでやったことないとか、2枚同時リリースもそうだし、今までやってきたことも大切にしながらちょっとずつ新しいことにチャレンジしていく一年にしたいと思います。

声優として歌手も気持ちのうえでは同じような目線でチャレンジしていきたいと。

井口 そうですね。今回のシングルも2枚合わせてひとつになるというか、MVもそういう感じで2作がつながっているんですよね。それと同じように、全部まとめてやっとひとりの井口裕香になるんじゃないかなっていつも思っています。

井口裕香オフィシャルサイト

< 1 2