Interview

大原櫻子が5年間の“ありがとう”を込めた初のベストアルバム『CAM-ON!~5th Anniversary Best~』

大原櫻子が5年間の“ありがとう”を込めた初のベストアルバム『CAM-ON!~5th Anniversary Best~』

いろんな楽曲を歌ってきたなっていうのは思いました

そして、ボーナストラックとして、デビュー映画の人気ナンバーのリプリーズバージョンが新録されてます。

「ちっぽけな愛のうた」はどこかに声の切なさや素朴さがあったらいいなと思っていたし、「明日も」は声がパツンと抜ける感じが曲の魅力だと思ったので、それは消したくないなと思いながら歌いました。今までになかったようなアコースティックに近い編成でやっているので、5年経って、また別モノ、新たな曲としても楽しめるんじゃないかなと思いますし、オリジナルも入っているので、聴き比べて、5年でこんなに変わるんだって思ってもらえたら嬉しいです。

当時は劇中のヒロインでマッシュルームカットの理子として歌ってましたよね。

特に理子の心情を思い出して歌うっていうことはないですけど、今でも自分の中になんとなく理子が残っていると思います。

ご自身では2枚を全部通して聴いてみてどう感じました?

いろんな楽曲を歌ってきたなっていうのは思いましたね。でも、どれも私らしいというか、当時の年齢らしく一生懸命に歌っているので、いろんな道を踏んできたんだなという感覚があります。「頑張ったっていいんじゃない」は、すごく子供っぽい声をしてるなって感じましたね。ソロというか、ひとりで歌うのはこの曲が初めてだったので、緊張感のある歌声だなって。あとはやっぱり、お客さんがライヴで盛り上がってくれてるときの顔を、聴いていると思い出します。

「サンキュー。」は今に近い突き抜け感がありますよね。

そうかもしれません。「サンキュー。」から変わった感じがあります。自分らしくなったというか。きっと、「カノ嘘」の存在がそこまでは大きかったんだと思います。

映像作品の見どころも教えてください。

「Happy Days」のMVはお客さんと一緒に作ったんですけど、楽しかった思い出がパーッと甦ってきて。またこういうことをやりたいなと思いましたし、映像でも私の5年を振り返れたりするので、ぜひ観て欲しいですね。あと、昨年、大阪と東京でストリートライヴをやらせていただいた映像も入っていて。大阪はマイクを使わずにライヴをやったんですけど、意外と声は届かないし、みんな足を止めてくれなかったりもして、「ストリートライヴをやってる人ってすごいな」っていう尊敬の念を覚えましたし、人に歌を届けたい思いの原点って、こうだよなって。一生懸命になる感じが自分の中にあったので、すごくいい経験になったというか、初心に返るきっかけにもなりました。

ここからがまたスタートだと思う

初のベストアルバムが完成してどんな心境ですか?

ここがひと区切りなのかなっていう感覚です。本当に去年、いろんなことが変わったんですけど、それもいい機会だなと思っていて。ベストが出て、ここからがまたスタートだと思うので、これからも応援してくださってる人に対する精一杯の感謝を届けたいなっていうのがあります。

大学も卒業して、アーティストと役者のみになるわけですね。

もう、楽しみでしかないです。大変なこともたくさんあるんですけど、今は自分がやりたいこと、かつ、納得がいった仕事ができてるので、自信を持ってパフォーマンスができているんです。そのぶん、より責任感は大きくなるんですけど、一個一個が楽しいし、充実しているし、達成感もあります。

現在、主演映画が公開中で、9月からはミュージカル「怪人と探偵」も控えていますが、音楽活動はどう捉えてます?

それこそ、ライヴはファンの方と直接生で触れ合える機会ですし、私の歌を応援してくださってる方には歌でしか表現できない感謝があると思っているので、5月から始まるツアーも楽しいものにしたいですね。きっと、元気で明るいっていう、デビュー当時から皆さんが私に抱いてくださってるイメージはこの先も変わらないと思うし、そこは裏切らないとは思っています。前作『ENJOY』っていうアルバムでポップな楽曲をたくさん詰め込んで、ダラダラ汗をかくようなセットリストにしたツアーを回ったのも、私の根本は20歳を超えても変わらないよっていう意味があったんですよ。そこは、5年間続けてみて、はっきりとわかったことかもしれません。いろんな楽曲に挑戦して引き出しは増えましたけど、明るくて元気な根本は変わらないのかなって。

多くの人にいい作品を届けたいっていう気持ちが強い

10周年に向けては?

……考えたことない、です(笑)。

「明日も」では……。

「10年後の未来のことなんてわかなんいよ」って歌ってますよね(笑)。わからないですけど、海外に触れる仕事をちょっとでもいいから増やしたいなとは思います。海外のスタッフさんと仕事をするとか、海外で歌うとか。

それこそ、ベトナムでライヴをするとか?

やりたい! 私、ベトナムには行ったことがないんですけど、ベトナム料理も好きだし、そもそも、ベトナム戦争を描いたブロードウェイのミュージカル『ミス・サイゴン』に感化されたことがきっかけで、小さい頃から歌うようになったので。2017年にひとりでニューヨークに行ったときも、ブロードウェイでたまたま『ミス・サイゴン』がやっていたので、観に行ったんですよ。私の中では大きい存在の作品だし、私もいつか行ってみたい場所ですね。

では、10周年に向けた目標としては、“世界に触れていく”ということで。

そうですね。私の名前をみんなに知ってもらいたいというよりは、多くの人にいい作品を届けたいっていう気持ちが強いので、その土地その土地の言語で歌えたらいいなと思ってます。

5月からは全国ツアーがスタートします。

先走って最初に言っちゃいましたけど(笑)、「〜FROM NOW ON!〜」で“これからも”っていう意味のサブタイトルが付いているので、未来が見えるパフォーマンスがしたいなと思っています。みんなが楽しめる楽曲はもちろん歌いますし、こういう歌を歌うんだっていう新しい側面も見せられたらいいなと思います。

次の新曲が待ち遠しいです。

私も楽しみです!……これ、何にも決まってない人がいう言葉ですね(笑)。でも、徐々に楽曲も成長していきたいなと思っているので、ひとつひとつ殻を破っていきたいですし、いい報告がたくさんできるように頑張りたいなと思います!

大原櫻子 5th Anniversary コンサート
「CAM-ON! ~FROM NOW ON!~」

5⽉21⽇(⽕)東京 東京国際フォーラム・ホールA
5⽉24⽇(⾦)京都 ロームシアター京都 メインホール
5⽉31⽇(⾦)札幌 わくわくホリデーホール
6⽉4⽇(⽕)名古屋 ⽇本特殊陶業市⺠会館フォレストホール
6⽉7⽇(⾦)福岡 福岡サンパレス
6⽉13⽇(⽊)仙台 東京エレクトロンホール宮城
6⽉27⽇(⽊)岡山 岡⼭市⺠会館
6⽉28⽇(⾦)広島 広島 JMSアステールプラザ ⼤ホール
6⽉30⽇(⽇)大阪 グランキューブ⼤阪(⼤阪府⽴国際会議場)メインホール
7⽉11⽇ (⽊)兵庫 神⼾国際会館こくさいホール

大原櫻子(おおはら・さくらこ)

1996年、東京都生まれ。日本大学藝術学部映画学科卒業。2013年、映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」全国ヒロインオーディションで5,000人の中から抜擢され、スクリーン&CD同時デビューを果たす。2014年、女優として『日本映画批評家大賞 “新人賞”』、歌手として『第56回輝く!日本レコード大賞“新人賞”』を受賞。以降、歌手活動と並行して、数々のテレビドラマや舞台へ出演。2018年には「新感線☆RS『メタルマクベス』disc2 」に出演、2019年2月22日公開映画『あの日のオルガン』(平松恵美子監督)では戸田恵梨香とダブル主演を務めている。また、9月14日よりミュージカル「怪人と探偵」への出演も控えている。

オフィシャルサイト

フォトギャラリー
< 1 2