Interview

SEKAI NO OWARI 4年ぶりのアルバムは2枚同時リリース。 “より人間的”な内容になったという作品の世界観を4人の最新インタビューから紐解く。

SEKAI NO OWARI 4年ぶりのアルバムは2枚同時リリース。 “より人間的”な内容になったという作品の世界観を4人の最新インタビューから紐解く。

2枚のニューアルバム『Eye』と『Lip』。そのコンセプト、制作過程でのエピソード、そして作品に注いだ想いとは。たっぷりと4人に語ってもらった。


この4年間で自分が隠してきた部分というか、口にしなかった部分が心の中にたくさん生まれていたから、「これは2枚で表現しないとな」と(Fukase)

4年ぶりのニューアルバムとなる「Eye」「Lip」ですが、まず2枚同時リリースということに驚きました。どういう経緯で2枚になったんですか?

Saori 去年の頭ぐらいかな。Fukaseくんから「2枚のアルバムを作ろう」っていう話があったんです。

DJ LOVE 曲が多くできたから2枚にわけたわけじゃなくてね。

Nakajin そう。Fukase発信で「Eye」「Lip」というコンセプトができて、去年の夏に制作が始まったというのがこのアルバムのスタートでしたね。

タイトルも最初からあったんですね。

Fukase そうですね。「目は口ほどに物を言う」っていう言葉がありますけど、目が語るものと口が語るものは違うなあと思っていて。自分の目だけが本音を語るわけではないし、口から出たものが本音になっていく場合もあるし……。どっちが本当のことを言ってるのかはわからないけど、自分のことを語るのは目か口のどっちかだなと思ったので、それをくっつけてアルバムにしようと思って。この4年間で自分が隠してきた部分というか、口にしなかった部分が心の中にたくさん生まれていたから、「これは2枚で表現しないとな」と。

この4年間で人前に立って見せてきた部分の裏側みたいなアルバムができたら面白いのかなぁと思いました(Saori)

ほかのメンバーは「Eye」「Lip」というコンセプトを最初に聞いたときはどう思いました?

Saori 「RAIN」、「サザンカ」、「イルミネーション」とか、この4年間でタイアップのシングルを何曲かやらせていただいたんですけど、タイアップって多少の制約があるから、表現として表に見せられる面が似通ってくる部分もあると思うんです。たとえば、すごく汚い言葉とかは入れられないし――別に汚い言葉を入れたいってわけじゃないんですけど。そんな中、Fukaseくんから「『Eye』『Lip』で表裏一体というようなイメージのアルバムを作りたいんだ」って聞いたので、この4年間で人前に立って見せてきた部分の裏側みたいなアルバムができたら面白いのかなぁと思いました。

Nakajin うん。特に「Eye」はその裏側の部分が出ているよね。

Saori 私自身は「タイアップで自分の言いたいことも言えないよ」って思ってたわけじゃなくて、それを一番思ってたのはたぶんFukaseくんで。Fukaseくんがテレビとかで言えないような気持ちを発散するために、2枚組になったと私は思ってます。

「今の世論に合わない考えをなんでもかんでも叩き潰していく」っていう考え方が嫌いなので、そう思ってることを隠さなくていい時期なのかなって(Fukase)

その指摘については、Fukaseさんいかがですか?

Fukase いや、別に言えなかったわけではないんですけど、適切じゃなかったから言わなかった言葉があったというか。ニュースでコメンテーターの人の話を聞いたり、いろんな世論の話を聞いたりすると、根本的に自分とは意見が違うなと思うので、自分が思ってることは口に出しちゃいけないんだなってことをすごく思った4年間で。結局は人数が多いほうが強い時代だし、芸術のことに関してもガタガタ言う人がいるじゃないですか。でも、ミュージシャンとして、そういうわけにもいかないなって思うようになったんですよね。「今の世論に合わない考えをなんでもかんでも叩き潰していく」っていう考え方が嫌いなので、そう思ってることを隠さなくていい時期なのかなって。今の僕にできることは、世論に合わせてみんなが言って欲しいことを言うんじゃなくて、自分が思ってることを自分なりに真摯に考えて、自分なりに突き詰めて、自分が責任持てる重さになったら、自分で歌にしたり歌詞にしたりするということなのかなぁと思って。

Saori だからやっぱり私の言ったとおりじゃん(笑)。

Fukase まったく言ったとおりですね(笑)。

NakajinDJ LOVE ははははは!

Fukase まあ、「そういう気持ちもありつつ」っていう感じですね。自分は根が真面目なタイプで、全部真面目に考えてしまう部分があって。いろんなことがスルーできないから、それが音になり歌詞になっていくんだと思っているんですけど。

「最近のセカオワ、お利口すぎない?」みたいな声をちょっと耳にしたりすることもあって、「本当はそうじゃないのにな」っていう気持ちもあったんですよね(Nakajin)

なるほど。Nakajinさんはいかがですか?

Nakajin なんていうのかな、「RAIN」とか「サザンカ」とか、シングルではちょっとお利口な曲をずっと作ってきて、世の中の人からも「SEKAI NO OWARIの音楽はそういうもの」ってちょっとずつ思われかけている気がして。既存のファンの人たちの「最近のセカオワ、お利口すぎない?」みたいな声をちょっと耳にしたりすることもあって、「本当はそうじゃないのにな」っていう気持ちもあったんですよね。だから、表裏一体という意味での「Eye」「Lip」はすごくいいな、と。「Re:set」「ラフレシア」は野外ツアー「INSOMNIA TRAIN」でもやった曲ですけど、「RAIN」や「サザンカ」を出したことの反動として出来た曲という感じがするし。「スターゲイザー」は「RAIN」のカップリングだったんで、「RAIN」の反動みたいな形で出てきたし……。

Fukase やっぱり、右に打つと、左に反動が生まれてくるんだよね。

この4年間があっという間すぎて、そんなに時間が空いてた感じがしないんですよね(DJ LOVE)

DJ LOVEさんは、4年ぶりにアルバムが完成した今の心境はいかがですか?

DJ LOVE 皆さんから「4年ぶり」って言われるんですけど、こちらの実感としては、この4年間があっという間すぎて、そんなに時間が空いてた感じがしないんですよね。だから、「Eye」「Lip」のプロモーションが始まって、ようやく「4年ぶりのアルバムなんだな」っていう実感が生まれてきた感じがあります。それだけ濃い4年間だったんでしょうね。

去年Fukaseさんから制作の提案があるまで、アルバムの構想はまったくなかったんですか。

Saori シングルをずっときっていたし、アルバム曲を作るっていう発想はなかったです。

Nakajin そうですね。長いことずっと別の制作に向かっていたんですよ。アルバムリリースと同時に発表した、海外でリリースするEnd of the Worldとしての1stアルバム「Chameleon」を作っていたので、そっちに躍起になっていたんです。本当は「Chameleon」を出してからアルバムのことを考えようと思ってたんですけど、思ったよりも時間がかかってしまって……。

Fukase 毎日やってたんだけどね。気がついたら4年経ってたんだよね(笑)。

Saori 海外のプロデューサーと一緒に作ったりすると、言葉の壁もあるし、レスポンスがなかなか返ってこないから、「じゃあ現地に行って一緒に作ろう」とか。あと、Fukaseくんのボーカルもこの4年間でどんどんうまくなっていったので、「じゃあ、前のあの曲をもう1回やってみよう」って録り直してみたりして。その繰り返しをずーっとやっていたんです。私は途中で妊娠と出産があったりもしたので、主にNakajinとFukaseのふたりが試行錯誤しながら動いていて。

Fukase だから「Eye」「Lip」は4年間ずっと作っていたわけじゃなくて、去年の夏から秋にかけて作ったアルバムなんですよ。「Tree」の3年後にやっとアルバムを作る気になったっていうだけで(笑)。

Nakajin そう。去年のツアー「INSOMNIA TRAIN」が始まった頃にミーティングして、「アルバムを出そう」って話になってから、新曲を14曲作ってますからね。

集中してアルバムを作るって、めずらしいよね(DJ LOVE)

すごいですね!

Nakajin こんなペースは今までないですよ。

Fukase 3年半かけて作ったシングルもアルバムに入れるけど、およそ半年で残り半分の14曲を完成させるっていう。

DJ LOVE しかも集中してアルバムを作るって、めずらしいよね。

Saori これまでは、ツアーに行きながらとか、テレビに出ながらとか、他の仕事の合間を縫ってレコーディングしていて。「この2日とここの3日とこの1日で録ります」みたいな感じで、ずーっとチャンネルを切り替えながら作っていることが多かったので、すごくめずらしいよね。

Nakajin 制作だけに集中したのは初めてかもしれない。

Fukase とにかくホワイトボードに書かないと進まなくて、「どうやって進めようか」「どの曲からやろうか」って。

Nakajin そうそう。ホワイトボードに曲名と進行度を書いて、「これはまだ歌詞がない」「これはアレンジがまだ」「レコーディングは終わってるけどミックスがまだ」って。さすがにこの曲数ですから、分担をしっかりしなきゃいけなくて。

Fukase 家にもホワイトボードを置いて、「今日はこの歌詞を書こう」とか、ずーっと考えてました。「完全にアルバムを作ってるな!」っていう感じがして、僕はすごく楽しかったですね。

Nakajin 楽しかった。自分達だけとひたすら向き合ってるっていう感じがしました。

物語ということにしないで、ちゃんと実在する相手に伝えようとしている人間的な部分が多いなとは思います(Fukase)

これまでのアルバムは「EARTH」「ENTERTAINMENT」「Tree」と大きな意味を内包するタイトルで。今回のアルバムは「Eye」「Lip」というタイトルどおり、人間そのものだったり、ラブソングだったり、パーソナルなことを歌った曲が多い印象です。

Fukase そうですね。より人間的であるし、「人」のことを歌ってるアルバムというか。今までは自分が思ったことや、自分のことを歌ったりとかしてたのに対して、(今回のアルバムは)相手に対する想いだったりを歌にしてることが多いなと。物語ということにしないで、ちゃんと実在する相手に伝えようとしている人間的な部分が多いなとは思います。

以前はファンタジックな物語に乗せたラブソングが多かったのに対して、1対1のラブソングを歌えるようになったのは何故ですか。

Fukase 書こうとしてなかったっていうのが一番大きくて。自分らしさを自分では決めたくないけど、なんとなく「ぽくないな」と思ったからやってこなかっただけで、書いてみたら面白かったし、やってしまえば「らしさ」にもなるから、それでいいのかなって。

特に「YOKOHAMA blues」は大人っぽいラブソングですね。

Fukase 「YOKOHAMA blues」は僕もすごい好きな曲です。ただの恋愛じゃなくて、現代の雰囲気も入れ込めたような感じがして。

Nakajin あるよね。バースがメロウなところとかは、けっこう今の雰囲気が入ってるよね。

Fukase 曲自体は去年の今頃にできたんですけど。

Nakajin アルバムの話が出る前だっけ?

Fukase そう。これもタイアップなんだけど、主題歌用に作ったわけじゃなくて、もともとあった曲がたまたまハマったんです。

Fukaseさんの歌声も色っぽいですよね。

Saori これはもともと(デモから)そういう歌い方をしてたんですけど、「今回のアルバムでは、子どもっぽい歌い方にするのはやめよう」みたいな話を何度もしました。もう33歳だし、新しいFukaseくんの魅力があることもライブを通して知ってたので、「少年みたいな歌声」というよりは、「大人の男の人の歌声」が似合うなと思って。そこは意識してボーカルを録ったところがありますね。

「Tree」以降、Fukaseのボーカルの成長が目覚ましくて、僕もライブでコーラスをしながら「Fukaseのコーラスにふさわしいものにならなきゃ、自分もボーカルを頑張らなきゃ」という気持ちがあったんです (Nakajin)

ボーカルといえば、Nakajinさんも2曲「ドッペルゲンガー」「Goodbye」で歌ってますね。

Nakajin アルバムを作ることが決まったときに、「久しぶりに作れば」って言ってもらえたんですよね。その前に、僕が歌ったデモのボーカルを褒めてくれるようになっていたんです。特にSaoriちゃんが「デモのNakajinのボーカルいいよね」みたいな。

Saori うん。

Nakajin 「Tree」以降、Fukaseのボーカルの成長が目覚ましくて、僕もライブでコーラスをしながら「Fukaseのコーラスにふさわしいものにならなきゃ、自分もボーカルを頑張らなきゃ」という気持ちがあったんですけど、ひそかに意識をしていたところを認めてもらえたからか、「書いてみれば」と言われて。最初はアレンジが大変になるなあと思ったんですけど。今回は全曲自分でアレンジしたわけじゃないんですよ。シングルだと1曲のアレンジに1~2ヵ月平気でかかるけど、アルバム全部でそれをやるのは無理だと思っていたし、みんな「アレンジはいろんな人の手を借りるしかないよ」と言ってくれたので、自分の曲を作ることもできました。だけど、歌録りがすげえ大変でしたね。

Saori 7~8時間近くいろんな方法を探りながら歌い続けてもらいました。Nakajinから「俺はいくらでも歌うから妥協しないでほしい」というオーラをずっと感じていたし、私も本当に良いって思うまで歌ってもらおうと思ったら、すんごい長くなっちゃったんですけど。

DJ LOVE Fukaseのボーカルを録ってる合間も、Nakajinは別ブースで他の曲のアレンジをし、同時進行で進めていたので、大変そうでしたね。

「人間の歴史の中で、自分たちが今ここに立っている」っていうことを、僕はちょっと意識した部分があったかな(Fukase)

「Tree」では花火や汽車から音を録ったりするなど、様々なチャレンジをされていました。「Eye」「Lip」で音に関してこだわったところは?

Fukase 今回は、ロックシーンが作ってきた伝統的な音が多くない?

Nakajin そうだね。「Tree」ではファンタジックな世界観を実現するための手段として、楽器じゃないものを楽器として使ったりしたんですけど。「Eye」「Lip」は生命力の強い音が多いかなと思いますね。

Fukase 新しいもの……キメラみたいなものを生み出したというよりは、靴で言うと「コンバース」や「エアジョーダン」みたいな。

DJ LOVE 歴史のあるもの。

Fukase そう、歴史のある王道中の王道を多用したなって。「Tree」のときは、「王道を履くぐらいだったら、自作で靴作っちゃったほうがいいよね」っていうスタンスだったんですよ。でも、4年ぐらい前からオーソドックスなスーツを着るようになって、やっぱり人間が歴史の中で作り上げてきた王道の素晴らしさがあるなと思って。どんなに新しくても黒板を爪でギーッてやる音は嫌われる音だし、人間が感じる黄金比的なものとして「この音がとにかく心地いい」って音があると思うんです。だから、すごく人間(の生理)に合っていて、長い歴史の中で愛され続けているものを大切に入れ込んだアルバムでもあるなっていう。Nakajinが言う「生命力が強い」っていうのは、要するに今でも生き残ってる音や楽器たち。

Nakajin そうだね。そういう生命力をいただいたなっていうのはあります。それに、「Tree」までは「誰もやってないようなことをやらないと、自分たちらしさが出ないんじゃないか」って思ってた部分もあったりしたけど、今なら「スタンダードなものでも自分たちの色がちゃんと出せるし、増長できる」って思えるようになったんだと思う。

Fukase そういえば、今回のアルバムを作ってるときに「中古とヴィンテージってどう違うんだろうね」っていう話をよくしてたんですよ。

DJ LOVE 「中古」と「ヴィンテージ」って、言ってることは同じなのに……。

Nakajin ネットショッピングのカテゴリーには、「中古」と「ヴィンテージ」って両方あって(笑)。

DJ LOVE 年代も同じぐらいだったりするのに、値段が全然違うんだよね(笑)。

Fukase そして「ヴィンテージ」って書いてある楽器のほうが音がいいんです。だから、「生命力が強いほうがヴィンテージなんじゃないか」って話になって。

DJ LOVE で、消費されちゃってるものが「中古」なんじゃないかって。

Fukase それは僕らの価値観じゃないですけど、楽器屋さんはそう思ってるんだな、と。そう思ったときに、「ヴィンテージ・サウンド」というのは生命力が強くて、時代を超えて“なお”愛されているもの、“より”愛されているものであると。そういう意味があるんだなって思ったんです。

Nakajin うん。今回のアルバムに関してはそういう音になっているよね。

Fukase だから、「人間の歴史の中で、自分たちが今ここに立っている」っていうことを、僕はちょっと意識した部分があったかな。

アレンジに小林武史さん(「RAIN」「サザンカ」「イルミネーション」)や斎藤ネコさん(「夜桜」「千夜一夜物語」)などが参加されていますが、音楽的な広がりにつながったと思いますか?

Saori 音楽的な広がりにつながったというよりは、今までやらなかったのは、外から人が入ってくると自分たちの良さを消されるんじゃないかって考えていたからなんですよね。最初は例えばライブの音響スタッフのことも信頼できなくて、この人たちは本当に自分たちがやりたいことをわかってこの音を出してくれてるのか?って思いながら、疑いの目をもって接していたし。でも今は、小林さんとやっても、斎藤さんとやっても、自分たちの良さを残したまま一緒にやることができるだろうっていう気持ちになってきたんだなって。

今はSEKAI NO OWARIというものがちゃんとあるし、相手を信頼しても、自分たちの魂を売ることとは違うってことがわかったから、楽しんでやることができるようになれたかなと思います(Saori)

年月を重ねてきたからこそできたことなんでしょうか。

Saori 年月を重ねて作品を作って、「SEKAI NO OWARI とは何か」をちゃんと作ってこれた結果かなと思います。でも、最初の頃に誰に対しても疑ってかかるという姿勢は正しかったなと思っていて。SEKAI NO OWARIが何かっていうことを、私達でもはっきり言えない状態で、経験があるからって理由で相手のことを信頼するのは全然信頼じゃないなと思うから。今はSEKAI NO OWARIというものがちゃんとあるし、相手を信頼しても、自分たちの魂を売ることとは違うってことがわかったから、楽しんでやることができるようになれたかなと思います。

では、SEKAI NO OWARIにとって「Eye」「Lip」はどんなアルバムになると思いますか?

Saori SEKAI NO OWARIにとってどんなアルバムになるかは、出してからきっと1年後ぐらいにわかると思うんですよね。「EARTH」も「ENTERTAINMENT」も「Tree」もどんなふうに受け入れられるか意図して出したものじゃないので。でも、もちろんたくさんの人に届いたらいいなと思うのは毎回同じなので、「Eye」「Lip」もたくさんの人に届けばいいなと思ってます。

Nakajin なかなか予想はつかないですからね、どういう届き方をするかは。生まれたての赤ちゃんみたいなものだから、人格がまだあんまりできてないし。

Saori そう。どういう性格ですか?って言われても、まだわからないというか。

Nakajin でも、特に「Eye」に入ってる曲を聴いて、「セカオワってこういう曲もやるんだ」って思ってもらえたらいいのかもしれないよね。

Saori テレビとかでは見なかった部分をね。

Nakajin うん。それに、アルバムを2枚同時に出すことってあんまりないから、こういう形で26曲出す意味とか、曲そのものがちゃんと伝わったらいいなって思いますね。

Fukase ファンの人にはもちろん、ファンじゃない人にも、もっともっと届いて欲しいっていう気持ちはこれまでと変わらないです。

DJ LOVE そうだね。

そして、海外リリースするEnd of the Worldとしての1stアルバム「Chameleon」も完成間近なんですよね。

Nakajin はい。「Eye」「Lip」とも全然違います。ちゃんと伝わる形になってからリリースしたかったので時間はかかりましたけど、思い返してみれば、日本でデビューするときの最初のアルバム「EARTH」を出したときも、それはそれは時間がかかったので。一番最初の名刺となる盤はやっぱり時間がかかるものですし、End of the World という新しいバンドとして作っているところがあるので、「EARTH」のときと同じ感覚で作ってる感じがありますね。

End of the Worldとして、もう一度デビューし直す気持ち?

Nakajin そうですね。「EARTH」のときも、同じ曲を何回もリアレンジしたり、ひたすら納得いくまでこねくり回してたので、あのときと似てると思います。

わかりました。「Chameleon」も楽しみにしています。

4人 ありがとうございました。

*2月27日発売「Eye」「Lip」オフィシャルインタビューより

その他のSEKAI NO OWARIの作品はこちらへ。

ライブ情報

SEKAI NO OWARI TOUR 2019「The Colors」特設サイトオープン!!
詳しくはhttps://sekainoowari-tour.jp/thecolors2019

SEKAI NO OWARI

2010年、突如音楽シーンに現れた4人組バンド「SEKAI NO OWARI」。
同年4月1stアルバム「EARTH」をリリース後、2011年8月にTOY’S FACTORYよりメジャーデビュー。
圧倒的なポップセンスとキャッチーな存在感、テーマパークの様な世界観溢れるライブ演出で、子供から大人まで幅広いリスナーにアプローチ、「セカオワ現象」とも呼ばれる加速度的なスピード感で認知を拡大する。
2015年アルバム「Tree」をリリース、同年7月18日、19日には日本最大規模の会場日産スタジアムにて「Twilight City」、2016年アリーナツアー「The Dinner」、2017年ドーム・スタジアムツアー「タルカス」を完遂。
2018年、その圧倒的なスケールで彼らのライブエンターテインメントを世の中に知らしめた野外ライブの全国版「INSOMNIA TRAIN」を開催することを発表。また、同年2月平昌オリンピック・パラリンピックNHK放送テーマソング「サザンカ」を担当。
2019年、約4年振りのアルバムを3枚リリースすることを発表。
SEKAI NO OWARI として、「Eye」と「Lip」を2枚同時リリース、またEnd of the Worldとしての1stアルバム「Chameleon」を新春にリリース。
名実ともに、日本を代表するグループとなったSEKAI NO OWARI。
新しい音楽シーンの最前線の旗手として、止まることなく、攻め続ける新世代の才能である。

オフィシャルサイト
https://sekainoowari.jp