Review

『ファークライ ニュードーン』荒廃した世界を楽しむ方法

『ファークライ ニュードーン』荒廃した世界を楽しむ方法

前作『ファークライ5』のラストで起こる核戦争の17年後を描いたオープンワールドのFPS、『ファークライ ニュードーン』。新たな敵・ハイウェイマンを率いるミッキー&ルー姉妹との戦いや、前作で主人公の前に立ちふさがったジョセフ・シードの影など、今作にも得体のしれない強敵が現れます。主人公は、崩壊した世界でサバイバル生活を送りながら、大きな敵に対抗していくことになる……というのが前回の記事でも触れたストーリーの本流ですが、2回目の紹介記事である今回は、ちょっとそこから外れて、「これぞファークライ!」ともいうべきサバイバル生活の楽しみかたを紹介します。

文 / 内藤ハサミ


サバイバルのために強くならなければ!

生き残るために必要なものとは何でしょう。それはずばり、“力”です。力こそすべて。あらゆるものをねじ伏せるパワーを手に入れることができれば、ハイウェイマンたちも、自分の数倍も大きいグリズリーだって怖くないのです! 本作にはレベルの概念はなく、プレイ中にさまざまな条件を満たして得られるポイントを消費して、“PERK(パーク)”というアビリティを取得できます。パークをどんどん取得していけば、自キャラの強化が可能です。強くなれば、気がついたらストーリーそっちのけでサバイバルに没頭してしまうんですよね。

▲弾数を追加できるパークで、長期戦に対応!

パークは、鉤付きのロープを崖などに引っ掛けて昇降ができる“グラップル”、ウイングスーツを着用し高いところから飛び降りたときの落下ダメージを防ぐ“スカイダイバー”など、アクションを補助する役割を持つものが心強いです。また、武器の所持数を増やす“重武装”、回復アイテムの所持数を増やす“医療キット”など戦闘に役立つもので強さを補強できます。そのほかにも、ピッキングで金庫などを開錠できる“ロックピック”など、その種類は多岐にわたり重宝します。

▲パークは、トレジャーハントで取得できる“PERKマガジン”や、特定の武器でハイウェイマンを倒すなど、さまざまな目標を達成する“チャレンジ”で手に入ります

▲グラップルはなにかと使うシーンが多いです

必要ポイント数はパークの種類によって違いますが、ポイントさえあればどのパークからでも取得できるので、個人のプレイスタイルによって取得の順番はかなり変わってくるでしょう。グラップルについては、使わないと行けない場所もあるので、サブミッションなどを漏れなく楽しみたいのであれば早めに取っておいたほうがいいですね。しかし、ストーリーミッションを進めるだけであれば必須ではありません。パークを全く取得せずにクリアする、という挑戦もできそうです。

▲武器をアップグレードして敵に対抗!

強さを底上げする方法は、パークだけではありません。資材の乏しいホープカウンティに現存している、または廃材を利用して作られている、より強い武器を手に入れることも重要です。武器はランク1~3、エリートという4つのランクに分類されています。拠点・プロスペリティにある作業台をランクアップさせるごとに、より高ランクの武器がクラフトできるようになります。敵にも同じようにランクが設定されており、武器のランクが敵のランクよりも低いとなかなかダメージを与えることができず、苦しい戦いになります。戦いを有利にしたいのであれば、プロスペリティの施設のなかでも作業台は優先的に強化するのがいいでしょう。ストーリーの流れで最初にクラフトすることになる武器のブレードランチャーは、発射したギザギザの円盤が床以外の場所で最大3回跳ね返ります。跳ね返ったブレードで複数の敵を攻撃できる場合があるので、狭路や室内に密集している敵に撃つと、とっても楽しいことになります。ぜひお試しあれ。

▲アバンギャルドさを感じる見た目もイカしている、ブレードランチャー

▲遠くで無邪気にじゃれあっているハイウェイマンたちに発射!

▲ちょっと引きの写真になりましたが、右側のハイウェイマンに当てた弾が跳ね返って、隣の敵もダメージを受けました。気持ちいい~

自分を強くするだけでは飽き足らないあなたには、ガンフォーハイヤー(傭兵)の強化なんていかがでしょう。戦闘の援護をしてくれるだけで心強い彼らも、プロスペリティの“訓練所”をアップグレードしていくことで、3段階の強化ができます。また、ガンフォーハイヤー自身が自動進行でキル数による特殊なアビリティを覚えますから、訓練所の強化だけでなく、しばらく連れ歩いて敵を倒させましょう。アビリティはキャラごとに固有のものが用意されており、覚える順番も決まっています。

▲ガンフォーハイヤー(傭兵)がいれば敵からのターゲットも分散しやすいので、有利に戦いが進む場合が多いです

▲この眼光鋭いスナイパーが、筆者イチオシのナナさん!

今回加わったガンフォーハイヤーのなかで、筆者が最高に気に入っているキャラクターが、凄腕スナイパー老女のナナさん。最初からサイレンサー付きの銃を持ち、キル数を重ねれば煙で見通しの悪い場所でも獲物を狙うことができるようになるうえ、最終的には遮蔽物を貫通してスナイプするようになるという超性能のおばあ様です。総合的に見て、ガンフォーハイヤーのなかで一番使えるのは、敵にマーキングするアビリティが優秀な秋田犬のティンバーかなと思うのですが、連れて歩けるガンフォーハイヤーはひとりなので、筆者は基本的にナナさんとふたりで旅をしています。

▲身のこなしも軽いナナさん。かっこいい……。ナナさんはおそらく70歳前後くらいに見えるのですが、とにかく身軽です

「クソガキが一人減ったよ!」、「ヒャー! 鼻の穴をひとつ増やしてやったよ!」、「ちゃあんと頭を使わないから、頭そのものを失うことになるんだよ!」と、戦闘中のセリフがとにかく物騒でテンションが高く最高です。筆者はずっと、こんなアグレッシブな老女キャラを待ってたんですよ! ほかにも、やたらと大きいイノシシのホレーショーや、今回初めてガンフォーハイヤーとして呼べるようになったジェローム牧師など、個性的な6人と2匹が揃っているガンフォーハイヤー。お気に入りを育てる楽しみが味わえます。

▲この世界では、何を強化するにもエタノールという資源が重要。ハイウェイマンたちも、貴重な資源を血眼で探し回っています

やはり強化のポイントは、エタノールでプロスペリティの設備を強化することです。クラフトの物資はあちこちで手に入りますが、エタノールは一番の貴重品。拠点制圧をしたときだけでなく、空から落ちてくるハイウェイマンの補給物資を奪うなどでもゲットできるので、チャンスがあれば積極的に狙っていきましょう。

1 2 >