Review

『ファークライ ニュードーン』荒廃した世界を楽しむ方法

『ファークライ ニュードーン』荒廃した世界を楽しむ方法

サバイバルだって楽しくなければ!

奪うか奪われるか、殺すか殺されるか。とにかくホープカウンティでの暮らしは危険がいっぱい。そんななかで、楽しめることや打ち込めることを見つけるのは、生きる意欲にも繋がる、とても有益なことであると筆者は思います。メインストーリーを進めなければ、望むままにサバイバル生活を続けることができます。ミッキー&ルーの襲撃におびえてシェルターのなかで震えているより、あえて外に飛び出して、ワイルドな暮らしを謳歌しようではありませんか。まず、自然をより身近に感じたい方には、野生動物のハンティングに釣りなんていかがでしょう。狩りの場所を見つけるのには苦労しません。そこら辺をブラブラと歩いているだけでシカの群れに遭遇しますし、クズリや狼、グリズリーにも結構な頻度で襲われますから、ピンチをチャンスに変えるとばかりに、迎え撃って皮を剥いでしまいましょう。

▲シカなどのおとなしい動物はこちらに気づくと逃げてしまうので、なるべく遠くから狙撃して仕留めます

▲でたー、アメリカグマ! 並みのショットガン数発ではビクともしない頑丈さと、どう猛さ。拠点襲撃のため森に潜伏しているところを何回も襲われました……

釣りをするためには、パークの“釣竿”を獲得する必要があります。武器ホイールから竿を選択し、水場のほとりでR2ボタンを押してキャスティング。L2ボタンで徐々にリールを巻き、獲物が引っかかったらR2ボタンでフッキング。R3スティックで左右に逃れようとする獲物に抵抗し、釣りあげます。釣りの最中に親切なガイドがあるわけではないのでとっつきにくさはありますが、一度コツをつかんでしまえばこの手間をかけて釣る過程が面白いんですよね。釣り上げた獲物のサイズも表示されますから、大物を狙ってのんびり釣りを楽しめます。これはホープカウンティの生活で、相当に贅沢な時間なのではないでしょうか。

▲わりとすぐに魚がかかりますから、テンポよく楽しめます

▲ピチピチのブルトラウトを釣り上げました! このヌルッとしたテクスチャが何ともいえず良い味わい

獲った獲物の肉は回復薬を作る材料、獲物をおびき寄せるエサになるなど、用途がいくつかあるサバイバルの必需品と言えますし、動物の皮や魚は道を歩いている行商人や拠点の作業台などを経由して、資材と交換することができます。お金の概念がなくなり、物々交換で経済が成り立っている現在のホープカウンティでは、ダクトテープやチタンなどの資材同様、生鮮食品や動物の皮も貴重なものなのです。趣味と実益を兼ねた狩りと釣り。厳しい自然に負けず、仲間のサバイバーたちと持ちつ持たれつやっていきましょう。

▲動物によって交換できる資材の種類、数が違います。やはり大物ほど良い資材と交換できます

忘れてはいけないのが、ビークル(乗り物)です。バギー、トラクター、クーペなど、今回も多くのビークルが登場します。道端や拠点の車庫に停めてあるビークルにはなぜか鍵が全くかかっていないので、壊れていなければ勝手に乗り回す事ができますし、プロスペリティのガレージでクラフトすることもできます。ビークルにも耐久度があり、敵の攻撃を受けた場合や雑な運転でどこかにぶつけたりしていると次第に壊れていき、最後には動かなくなります。“整備工”のパークを取得していれば乗っているビークルが自己修復するので、自分で作った思い入れのあるビークルを長持ちさせたいのであれば、取得しておくといいですね。

▲「目的地が遠いなあ……」と思っていたところ、乗り捨ててあったビークルを発見! いただいちゃいましょう!

▲ハイウェイマンをトラクターから引きずりおろして奪ってみました。林のなかを爆走!

筆者は今回、全然ビークルのクラフトをしていません。運転が雑なのか、どんな乗り物もすぐに壊してしまいますし、ちょっとでも傷つく可能性があるということであれば、自分で作ったかわいいビークルを使う気になれないのです。ということで、もっぱらハイウェイマンから強奪したり、そこらへんに停めてあるものを奪ったりして乗っています。とはいうものの、自分だけのお気に入りビークルを作るのはやっぱりロマンだと思うので、エタノールに余裕ができたらいずれクラフトしてみようかしら。

ストーリーを楽しむだけなら十数時間くらいとメインのボリュームは控えめの本作ですが、サブミッションや基地の解放、トレジャーハントを進めていくと、プレイ時間はその倍あっても足りないくらいの冒険を味わうことができるでしょう。今回紹介したサバイバル生活の楽しみかたは寄り道要素で、ほとんどがクリアに直接かかわることではありませんが、それだけでも長く楽しんでいける魅力を持っています。特に手入れもされていないような自然のなかで野生動物とガチで殴り合ったり、のびのびと釣りをしたりと、とても現実ではできないような刺激的な経験ができるので、プレイヤーの皆さんも積極的に寄り道をしてホープカウンティを隅々まで体験してみてはいかがでしょうか?

ところで、筆者はさらにプレイを進め、ついにストーリーのラストシーンを見届けました! ジョセフ・シードは、やはり今回も大きく話にかかわってきます。前作では人を超越したかのような姿が不気味だったジョセフですが、今作ではジョセフの“人間”らしい姿、その苦悩についても見ることができます。神の啓示を受けちゃうと大変なんだなぁ……と、平凡なサバイバーである筆者は思ったのでした。クリア後もサバイバル生活を続けることはできるので、ジョセフの壮絶な人生を知ることができるストーリー後半からエンディングまで、ぜひ見届けてほしいですね。

フォトギャラリー

【募集終了】抽選で2名様に『ファークライ ニュードーン』PlayStation®4版パッケージソフトウェアをプレゼント!

応募期間

※募集期間は終了致しました。

3月8日(金)~3月15日(金)消印有効

・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・当選の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・ご住所や転居先が不明などの理由で賞品のお届けが出来ない場合は、ご当選を無効とさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。



■タイトル:ファークライ ニュードーン
■メーカー:ユービーアイソフト
■対応ハード:PlayStation®4、Xbox One、PC
■ジャンル:アクションアドベンチャー
■対象年齢:18才以上
■発売日:発売中(2019年2月15日)
■価格:通常版(パッケージ版・ダウンロード版) 各5,400円+税


『ファークライ ニュードーン』オフィシャルサイト

© 2019 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Far Cry, Ubisoft, and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the US and/or other countries. Based on Crytek’s original Far Cry directed by Cevat Yerli. Powered by Crytek’s technology “CryEngine.

< 1 2