Report

崎山つばさ 初主演映画『クロガラス』公開。植田圭輔や最上もがと舞台挨拶に登壇。「先に続いていく作品に」

崎山つばさ 初主演映画『クロガラス』公開。植田圭輔や最上もがと舞台挨拶に登壇。「先に続いていく作品に」

2.5次元舞台で活躍する注目の俳優、崎山つばさの映画初出演にして初主演作『クロガラス』。本作は、新宿歌舞伎町というアンダーグラウンドな世界を舞台に、“解決屋”が持ち込まれたトラブルを解決していくアクションエンターテインメントで、2部作での劇場公開となり、「Episode.1」が3月9日(土)から、「Episode.2」が3月30日(土)より、それぞれ1週間限定レイトショーにて上映される。
劇場公開を記念して、解決屋“クロガラス”のメンバーである崎山つばさ(黒斗 役)、植田圭輔(悠哉 役)、最上もが(日菜 役)の3名が登壇した舞台挨拶が、3月9日(土)の「Episode.1」公開初日、シネマート新宿にて行われた。

取材・文・撮影 / 能一ナオ

並々ならぬ想いがあって……

まず崎山つばさが「僕にとって初主演映画ということなので並々ならぬ想いで撮りました」と挨拶。
そこから淡々と進行するかと思いきや、「入ってくる順番が、本当は崎山さんが一番最初だったのに、植田さんが調子に乗って最初に出て行って。“いやいや、主演じゃないじゃん”と思って(笑)」という最上もがの暴露に、植田圭輔が「並々ならぬ想いがあって(笑)」と返し、一気に会場は笑いに包まれた。

それぞれ印象的なシーンについて尋ねられると、崎山は自身が机を蹴飛ばすシーンを挙げる。「『クロガラス』の黒斗といえば机を蹴る、みたいなイメージがあって、監督ともいろいろ話しながら何回も蹴っていたんですよ。そのたびにスタッフさんが4人がかりでバーン!と机をひっくり返してくれて、蹴るたびに、もがちゃんがビックリしていました」と明かすと、最上が「ビクッとしちゃいけない役なのに、毎回怖くて。本当に人を殺めているんじゃないか、みたいな勢いでやるから、あれはちょっと怖かったです」と崎山の迫力に圧倒されていたことを告白。

一方、植田は「僕は人生で初めてチェーンソーを握ったんですよ。ちゃんと本物だったので、本当に“取扱い注意”でした。夜中の2〜3時くらいにあのシーンを撮っていたんですけど、チェーンソーの機嫌がめちゃくちゃ悪くてなかなか電源が入らないこともあったり、苦労したので、印象深いですね」と撮影時を振り返った。

また、最上は「本当に朝早くから撮影していて、深夜3時くらいになってくると、みんな台詞が噛み噛みになって言えない!(笑)解決屋の事務所でのシーンが多かったんですけど、長回し(ワンカット撮影)も多かったりして、自分の台詞がなくてもその場にいなきゃいけないし、リアクションもしなきゃいけないんです。あるシーンで、植田さんが顔が映っていないところでずーっと寝ていて。だから、もしかしたら寝ている後ろ姿かもしれません。“あ、ここ寝てるかもな”と思って観て欲しいです」と注目ポイントを挙げた。

そんな深夜の眠気に打ち勝つため、ぴょんぴょんとずっと飛び跳ねていたという植田。しかし、「過酷な撮影現場だったのか?」という問いには「僕は、全然平気でしたよ」と軽く返す、すると、「一番寝てたじゃん!」と最上がすかさずツッコみ、崎山も「もう赤ちゃんみたいな人なんですよ。バーッと喋って、気づいたら寝てるみたいな(笑)」と植田のことを表現した。

表の顔と裏の顔が一番あるのは、崎山つばさ・植田圭輔

そして、裏社会の濁流に飲み込まれた人間の本性や隠された欲望があらわになるという本作にちなみ、キャストの本性をあらわにする「裏社会耐性心理テスト」を実施。事前に受けた心理テストの結果が壇上で発表された。

“表の顔と裏の顔が一番あるのは、崎山つばさ・植田圭輔”の結果に「ウソだ!」と植田。実は、崎山と植田の答えは14問中13問全部が同じだったとMCが明かし、会場から驚きの声が上がる。

崎山と植田は「論理的な思考の持ち主です。感情に流されることなく、論理的に自分をコントロールすることができます。どんな状況でもリスクと得られる結果を図り調べながら、冷静に行動ができます。逆にしっかり深く考え込むので、表社会では『話しかけづらい』『冷たそう』と周囲に気を遣わせてしまうことがありますが、弱味を見せることが命取りとなる裏社会では有効な性質のため、裏社会で成果を上げることができるでしょう」という分析結果。これには、「喜んでいいんですか?」とふたりともやや困惑気味。

「結構話しかけやすいタイプだと思う」と自分からアピールした植田に最上は「話しかけやすいというよりは、勝手に喋ってる!」と共演した印象を語り、崎山に対しては「話しかけるなオーラは最初に出ていました。崎山さんは待ち時間は台本を見ながら真剣な顔をしているから、絶対話しかけるなタイプだ!と思って」と撮影現場での印象を述べると、崎山は「集中してたの!」と弁解する場面も。

そんな最上の分析結果はというと、「自由を愛する人です。直感に従って本能的な行動を好み、人生を大きな冒険のような感覚で楽しむことができます。時に、意図せず他人を傷つけてしまうことがありますが、決して悪気があるわけではなく、ただ自分に対して正直なだけなので、周囲が寛容な気持ちで受け止めてくれる、愛されるキャラクターです。その半面、気まぐれで安定感に欠けるようで、人と接する方法にムラがあるタイプです。感情のコントロールがあまり得意ではなく、“ヤダな”というネガティブな感情が湧いてくるとすぐに表情に出てしまいます。なので、理不尽や不条理のある裏社会でのストレスに耐えることが難しいので、裏社会では生きていくことが難しいでしょう」。

この結果が読み上げられると床にへたりこんでしまう最上。植田に「心当たりしかないじゃん」と言われ、「怖いね!(笑)だって、芸能界なんて裏社会みたいなもんじゃん? もう(その中で)生きるのがツライもん! 感情のままに生きる人間なので(笑)」と、心理テストはかなり的中したようだ。

その後、「あんな4択の質問でこんなことがわかるなんてすごい」と感心する3人。ほぼ回答が同じだった崎山と植田に「本当に仲良し!」とMCが言うと、「すごい! 考え方が一緒なんだね。キャラ的には全然違う感じなのに」と最上がツッコみ、崎山と植田も「真逆なのにね」と不思議がるも、「闇が深いってことだ」と笑い合っていた。

最後に崎山から、「『クロガラス』は「Episode.1」が本日から上映され、「Episode.2」が3月30日より上映されるということで、この先、3、4でもいいし、ドラマとかね! 漫画とかゲームとかね! いろんなところに展開していけばいいな、と思っている作品でもあるので、ぜひ皆さんのお力で、先に続いていく作品にしていければいいなと思っております。今日はありがとうございました」と挨拶があり、イベントは締め括られた。

映画『クロガラス 1』

2019年3月9日(土)より1週間限定レイトショー

映画『クロガラス 2』

2019年3月30日(土)より1週間限定レイトショー

来場者特典:映画『クロガラス1&2』限定ブロマイド
※数に限りがあり、なくなり次第終了となります。

監督・脚本:小南敏也
主題歌:崎山つばさ「Re:quest」

出演:
〈Episode.1〉
崎山つばさ 植田圭輔 最上もが
西川俊介 出口亜梨沙 南 圭介/菅田 俊

〈Episode.2〉
崎山つばさ 植田圭輔 最上もが
浅川梨奈 栗林藍希 松林慎司/菅田 俊

オフィシャルサイトサイト
Twitter(@blackcrow2019)

©エイベックス・ピクチャーズ株式会社