Interview

THE ORAL CIGARETTESが「ワガママで誤魔化さないで」で見せた、バンドの新たな可能性とは?

THE ORAL CIGARETTESが「ワガママで誤魔化さないで」で見せた、バンドの新たな可能性とは?

“ピュアなワガママってどういうものなんだ?”

早い段階から“ワガママ”という言葉があったそうですけど、これは最初のインスピレーションと関係あるんですか?

山中 オーラルは基本的に等身大なんです。そのときに僕の身の回りで起こっていること、そのときの自分の状態がそのまま歌詞になることが多いので、これを作っているときがそういう心境だったんだと思います(笑)。それがアニメの主人公ともリンクしていて変えずに大丈夫だったというのと、“ワガママ”っていう言葉について考える時期だったというのもデカいかもしれない。一昨年の年末ぐらいから「もっと自由にしていこうか」っていう話がメンバー内にはあって。ライヴもそうで、あれこれ決めごとがあるのもカッコよさに繋がるけど、音楽ってそういうものなのかなって思ったんです。自分たちが好きなロックスターってどうだったろうって考えると、ピュアなワガママを出せる人がロックスターだなっていうのを感じて。ただ自分勝手な“ワガママ”は本当のワガママじゃなくて、“ピュアなワガママってどういうものなんだ?”っていうのを考える時期でした。

もっとスケールの大きなワガママを実現させるため?

山中 ワガママって本来悪いものじゃなくて、自分の道を行けばいいよってことだと思うんですよ。そこに濁りさえなければ、そのままやっていい。だってそれを表現するために俺たちは音楽をやっているわけだし。というのを忘れかけていて。それをもう一回、問いただせるシングルにできたらなというのもありました。

普通に考えるとワガママっていう言葉はネガティブに捉えられがちですけど、実は最もピュアな想いっていうのはそこかもしれない。

山中 と、僕は思いました。

過去の自分の曲が今の自分に跳ね返ってきて、なおかつ作品とリンクする。すごくいい道筋ができていますね?

山中 ありがたいことに、オーラルの曲ってすべて、自分たちが書いた曲がそのまま自分たちに返ってきて、僕ら自身が成長できているんです。そこには感謝しかないですし、曲にちゃんと向き合って書いて良かったと思えるタイミングが何度もあるので。もちろん、リスナーの背中を押してあげられる楽曲であって欲しいですけど、それ以前に、自分たちが感じられるものがあることが大前提な気がして。そこは後悔なく毎回、曲を作れていると思います。

「あのときの曲って、今のオーラルの伏線だったんだ」って思われるような曲

曲を作っている時間、思い悩む時間に意味があるんでしょうね。そして、カップリング曲がまた全然違うタイプの曲が並んでいて。「Color Tokyo」はかなり複雑ですね?

山中 これからのオーラルにとってすごく重要な曲になる気がしています。何年後かに、「あのときの曲って、今のオーラルの伏線だったんだ」って思われるような。今やりたいことを全部詰め込んだので、鍵を握っているのは、実はこの曲です。ダークホース的な役割かな。

実験的な曲ですね、後半にテンポが変わったり。

山中 ひたすらサウンドで何かを表現することに力を入れました。ただ面白いからというより、東京のカオス感とか混沌とした状態を何をもって表すかということで、歌詞だけじゃなく、サウンド構成を使って表していくとああなったということです。

雑踏の感じがあって。ファンキーな感じも最初から意図していて?

山中 そうです、全部通してファンキー。Aメロ、Bメロ、サビもギターソロも、そこに入れたサウンドの影響を受けた年代も、ロックの種類の要素とかも、全部異なっているんです。コラージュしている感覚ですね。東京ってコラージュ感があって、一貫していないんです。始まりは古い感じで、映像ならモノクロみたいな。そういうコラージュで一曲にしていった感じです。

今までより一層、ソングライターとしての拓也の存在をリスペクトできた

これはやりがいがありますね?

山中 ありました、大変でしたけど(笑)。

中西 この曲は全体的にシンプルな音数にしつつ、どれだけ良さを出すかを考えました。拓也が作ってきたときにイメージが明確にあって、それを具現化していく作業のなかで、テンポが変わってからのヒップホップなノリは、シンプルにしていくことでかっこよさが出るので、ドラマーの我を出すのを抑えました。この曲はどちらかというと、音の勉強というより、外国人ドラマーが叩いている映像を観て勉強しました。音数が少ないのにカッコいい、そういう内側からのモチベーションも大事かなって。シンプルにやっていくと、だんだんわからなくなるんですよ、これでいいのかって。そこで、外国人ドラマーの映像から、僕が欲しいグルーヴ感をイメージして作りました。

映像で違うんですか?

中西 ドラマーって不思議なもので、ドラマーの映像を観るだけで変わるんです。頭でイメージしているよりも見たほうが早いというか。見ただけでその人になれるわけじゃないので、最初は体の使い方とか動きのマネにはなるんですけど、音源だけ聴いていてもわからないものがわかってきますね。

あきら この曲は、拓也がこだわった状態のデモを渡してくれて見えやすかったし、その中で自分がどれだけ遊べるか、変えていけるかっていうことを考えました。わりと原型を残した形なので、フレーズ的にはそのデモに近いんですけど、拓也がそのフレーズで出したいノリとか休符のタイミングとか細かく会話して作っていったので、お互いに任せられる場所が今までとは違った曲になったという印象があります。自分も、最近は我を出すという感覚はなくて……我って勝手に出てしまうものなので、それよりも拓也とどうシンクロして同じ気持ちで持っていくのかという作り方をしているし、ベースに限らず、ほかのサウンドも一緒に作っていく感覚でやれているので、よりバンドらしいと思います。それと、歌詞を見たときに感動したんですよ。絵が見えるというか。拓也は「絵をイメージしてサウンドを作る」ってよく言ってるんですけど、絵を伝えることって抽象的だったりしてなかなか難しいですけど、これは聴いて具体的に絵が見えるので、歌詞を書く人としてもスキルが上がっているのが嬉しかったし、今までより一層、ソングライターとしての拓也の存在をリスペクトできた楽曲ですね。

鈴木 テンポが遅くなってからのパートも、もとはギターが入っていたんですけど、プリプロの段階でギターを切って聴いてみたら「こっちのイメージだよね」っていうことになって。今までだったら意外に感じたと思うんですけど、そういうことなんやって理解できて。だから、ベースとドラムでAメロがあって、Bメロはギターがほとんど聴こえなくていいやって思いながらフレーズを考えました。サビが一番のびやかに弾いてますね。

相当凝った曲ですけれど?

鈴木 凝っているけど、うるさくないっていうのがすごくいいなと。実際、音数は結構な量あるんですけど、それがスマートに聴こえるようになっています。

4人のストロングポイントをどう伸ばすか、どう曲に反映させるか

もう一曲の「Like the Music」はパワフルな曲ですね?

山中 これぞバンドサウンドですね。メンバーがどういうフレーズを弾いたらカッコいいかということを考える面積が自分の中に増えてきて。「Like the Music」は「シゲ、いけいけ~」って思いながら作ったら、予想どおりに裏切らない、いいフレーズを入れてもらったし。“もっと君ならいける”みたいな、4人のストロングポイントをどう伸ばすか、どう曲に反映させるか。「ワガママで誤魔化さないで」は雅哉にフォーカスを合せたくて、雅哉の良さをどこまで引き出せるかを考えて作ったし、「Color Tokyo」はあきらがファンクベースがうまいので、そこを想像して作ったし。今まではお客さんを想像して作っていたところが大きかったけど、そういうメンバーの理解を曲作りにうまく落とし込めようになりました、8年目にしてようやく(笑)。でも、それでよりバンド感が増している気がするんです、他の音が入っていても。

今回は意図的にその3パターンの曲を入れたということですか?

山中 いや、意図的ではないですけど、曲を作るときにそういうイメージが出るようになったという感じですね。

鈴木 そもそもデモの完成度が上がってきているんです。ガイドとしてギターが入っているときもあれば、入ってなくて「どうぞ、ご自由に」っていうときもある。僕が好きそうなところに隙間を作ってくれているので、気持ちよく弾けました。

あきら 「Like the Music」は雅哉が頑張ったな。シゲを立たせる裏で僕らが演奏する細かい作業があって。ダッダッダダダっていうのがずっと続いていくんですけど、それを雅哉は足(ペダル)でやらないといけない。僕も休符が多くて難しかったけど、レコーディングが終わって、自分がうまくなったなって気づける楽曲で、成長できた気がします。

中西 拓也と作っている段階で、なるほどねと思える難しさでしたけどね(笑)。でも、妥協はしたくないし、拓也がイメージしているサウンドをより良くしていくのが僕らの作業なので、自分なりにかなり挑戦する楽曲だなと思いながら制作をしてて。しかも、プリプロのときに、さらに音数を増やして、さらに難しくしてきたんですよ(苦笑)。6連符のはずが9連符になっていて、「いけるか? いけるのか? これ!!」って思いました(笑)。

あきら レコーディングまでずっと練習してきて、本番で雅哉の右足が動かなくなったんですよね。何のための練習だったのか(笑)。

中西 そう。やり過ぎて、レコーディング当日に全然動かなくなって。「もう左足でやるしかない!」って、イントロは左足で踏んでます(笑)。ドラムってトレーニングなので、イメージしてるだけではできないんですよ。だからテンポが上がったら、それに合った体づくりをする、みたいな。けど、左足も動かせることを発見したので良かったです(笑)。

『Kisses and Kills』の裏テーマを突き付けるツアー

アスリート並みの特訓ですね(笑)。そして、アリーナツアーのファイナル、横浜アリーナが近づいていますが、どんな内容になりそうですか?

山中 今回のアリーナツアーは、ライブハウスツアーから始まっているんですけど、一貫して伝えたいことがひとつあって。アルバム『Kisses and Kills』は “Kiss”と“Kill”を対比してわかりやすく伝えているんですけど、裏テーマというのがあって。それを突き付けるツアーになるので、それをお客さんに持って帰ってもらう、考えてもらうところに重点を置いています。俺たち4人だけじゃなく、何百人というスタッフも関わって、ひとつになっていないとクリアできないライヴですし、今、みんなで一丸となってアリーナツアーを回れているので、その集大成が横アリで見せられたら、オーラルというチームがカッコいいねというのが見せられたら、それがゴールという気がしています。ちなみに裏テーマはここでは言わないので、ライヴに来たお客さんが見つけて帰ってください!

鈴木 アリーナツアー1発目のガイシホールをやったときに、お客さんからの寄せ書きが、僕らだけじゃなくてスタッフへ向けて書いてあったんですよ。それを見たときに、僕らのことを見に来てくれているだけじゃなく、そこまで見てくれて本当に嬉しいなって思いました。横浜アリーナはよりブラッシュアップされた形で、バントもそうですけど、チームとして見ていただけたら嬉しいですね。

中西 ライヴ自体はもちろん目の前のお客さんに向けてやってるんですけど、その向こう側に一緒にライヴを作ってくれるスタッフがいっぱいいて。そのスタッフも含め全員で最高だったなっていう日にしたいです。スタッフとメンバーが最高だったっていうライヴは、きっとお客さんにとっても最高だと思うので。ウチのファンは本当にいい奴らが集まってるし、拓也が言うことも守ってくれる。でも、ファンとアーティストという関係を考えると、僕らは伝える責任、夢を与える責任も持ち続けないとアカンなと思うんです。そこを再確認したいし、そこを目指すために最高のライヴにして、みんなで次はもっと上に行きたいというのが見えるステージにしたいです。

あきら アルバム『Kisses and Kills』を昨年6月に出して、9月にツアーが始まって半年間回ってきて。当然のようにアリーナツアーをやれていることも嬉しいですけど、ずっとツアー中だった日常が終わる寂しさがありますね。もちろん、もう次の目標もメンバーは見つけているし、それに向けての準備も始めないといけないんですけど。そういう意味でも横浜アリーナは集大成ではあるんですけど、これが次へ向けてのきっかけになっているし、ここから新しい扉をまた開けられるので、ワクワクしています。

Kisses and Kills Tour 2018-2019
Arena series 〜Directly In a wide place〜

3月17日(日)横浜アリーナ 〈SOLD OUT〉

THE ORAL CIGARETTES主催 泉大津フェニックス2daysイベント(仮)

9月14日(土)・15日(日)泉大津フェニックス
※詳細は後日発表

<チケット情報>
FC「BKW!! Premium Party」会員先行:3月19日(火)12:00〜3月24日(日)23:59
詳細はこちら

BKW!!カード(「ワガママで誤魔化さないで」ver.)先行:3月29日(金)12:00〜4月7日(日)23:59
詳細はこちら

TVアニメ『revisions リヴィジョンズ』

フジテレビ「+Ultra」にて毎週水曜日24:55~オンエア

オフィシャルサイト

©リヴィジョンズ製作委員会

THE ORAL CIGARETTES(ジ・オーラル・シガレッツ)

山中拓也(vocal, guitar)、鈴木重伸(guitar)、あきらかにあきら(bass, chorus)、中西雅哉(drums)。2010年に奈良県にて結成。2012年に〈MASH A&R〉にて初代グランプリを獲得。2014年、シングル「起死回生STORY」でメジャーデビュー。2017年6月に日本武道館公演、2018年2月に大阪城ホールでのワンマンライヴを成功させる。2018年6月に4thアルバム『Kisses and Kills』をリリース、9月からアリーナ4公演を含む全国ワンマンツアー〈Kisses and Kills Tour 2018-2019〉をスタート。2019年3 月17日に横浜アリーナでファイナル迎え、9月には泉大津フェニックスにて初の野外主催イベントを2daysで開催する。

オフィシャルサイト

< 1 2