Interview

マッシュとアネモネ 今、最も注目を集める10代バンドは、初の全国流通盤にどんな思いを結晶させたのか?

マッシュとアネモネ 今、最も注目を集める10代バンドは、初の全国流通盤にどんな思いを結晶させたのか?

「未確認フェスティバル2018」でグランプリを獲得し、さらには「RO JACK」優勝を経て「ROCK IN JAPAN FES 2018」に出演した、10代バンドでは今最も注目度の高いバンドと言っていいだろう。昨年6月に現体制となり、その大きな成果を受けて、初めての全国流通盤ミニアルバム『羊の飼い方』をリリースする。
取材当日は、学業のため、ベースの理子は欠席となったが、他のメンバー3人が連続グランプリ受賞の喜びと戸惑い、そして今回の新作に込めた想いなどを語ってくれた。

取材・文 / 兼田達矢 撮影 / 鈴木圭

やりたい音楽のキーワードは「心地良い違和感」

まず、このバンドが生まれたのは、前身のバンドを間下さんが手伝ったことがきっかけということになりますか。

間下 そうですね。もちこが別のメンバーとやっていたバンドに僕がサポートで入ったんですけど、そのバンドも高校の軽音の部活でやっていて、高校卒業となった時に、「バンドをやりたいんだけど、またメンバーを探して一緒にやらないか」という話になって、それで現在のメンバーを集めて今に至っています。

もちこさんは、高校を卒業してもバンドをやろうと考えた時に、どういう理由で間下さんを誘ったんですか。

もちこ 自分がやりたい音楽や曲を作る時にイメージしてるものにいちばん近く仕上げてくれるのが間下くんかなと思ったんです。

もちこ(Vo&Gt)

もちこさんがやりたい音楽とは?

もちこ なんだろう…。

間下 心地良い違和感。

そういう感覚を言葉として言い交わすことがあるんですか。

間下 そうですね。違和感はどこかに残しておきたいって。普通に作ってると、どうしてもスッキリさせちゃうんですけど、“ここ、ちょっとおかしいかな”という部分を敢えて何カ所か作っておくことを大事にしているというか、そういう感じがもちこの曲には合ってるんじゃないかなと思うんです。

間下さんは、もちこさんと一緒にやることにしたのは彼女の音楽に魅力を感じていたからだと思いますが、どういうところに惹かれたんですか。

間下 曲よりも、ステージに立った時の華が普通じゃないと思ったんです。

そのステージに立つための楽曲を整えるコンセプトが「心地良い違和感」だ、と?

間下 そういうことだと思います。

その二人でやることが固まって、その次にヨネクボさんを誘ったのはどういう理由だったんですか。

間下 まず、もちこがやっていたバンドは何度かメンバー・チェンジがあったんですが、ヨネクボくんと一緒にやっていた時期もあるんです。で、「どういうメンバーを探そうか?」という話になった時に、僕らはあくまでも歌モノをやっているので、歌を歌える人が欲しいなと思っていて、彼は自分でも曲を作るし歌う人なので、彼しかいないだろうということで。

今の話の中にあった「自分がやっているのは歌モノなんだ」というのは、はっきりと意識していることですか。

もちこ 私、ピアノは弾けないし、ギターもコードくらいしか弾けないので、そもそも音楽的に高度なことができないんですよね。だから、“歌を重視してやるしかないかな”というのが始めた時からのテーマというか、歌がバンドをやるための手段みたいな感じだったので、だから曲は“歌モノがいいな”と思って作っています。

ヨネクボさんは、誘われた時どんなふうに思ったんですか。

ヨネクボ まず高1の入部したての時に、ちょっとだけもちこと一緒にやってたんです。でも、その時にはしっかり話すこともなく、その後は別々でやってたのに声をかけられたんで、“ウチの学年には他にドラムがいないからだろうな”って。でも、詳しく話を聞いたら、ちゃんと選んでくれたということで…。

それはうれしいですよね。

ヨネクボ うれしいというより…。俺が入る前の“マッシュとアネモネ”は、ウチの軽音部の中ではデカい存在だったんですよ。そこに俺が入って大丈夫かな?という不安に近い気持ちが、最初はありましたね。

現在の体制になる前のバンドも“マッシュとアネモネ”だったんですか。

間下 そうなんです。言ってみれば、今は“第3期マッシュとアネモネ”という感じで、しかもヨネクボくんともちこがちょっとだけ組んでたのはそれとはまた別のバンドなんです。

もちこ 部活でやってたので、学年が上だと途中で引退になったりして…。

間下 僕だけ1コ上なので、それで途中で抜けたりして、そういうメンバー・チェンジが何度かあって第1期、第2期みたいなことになったんです。

間下隆太(Gt&Cho)

なるほど。話を戻すと、3人のメンバーが固まって、次はベース選びということになったわけですか。

間下 ベースを入れようというよりは、女の子の声がもう一人欲しいなと思ったんです。というのも、僕自身コーラスはすごく好きだし、ヨネクボくんも歌えるから、だからもう一人入れるとすれば歌えるベースの女の子がいいなということだったんです。

“「ユートピア」がうまくいったから、またキャッチーに作ろう、ポップな感じの曲にしよう”という意識は、はたらいてるかもしれない。

それで理子さんが加入して“第3期マッシュとアネモネ”の活動が始まった、と。そのプロフィールでまず目を引くのは、活動がスタートしてすぐにコンテストでグランプリを獲得してしまったという事実です。活動を始めてすぐに応募したのは、もうその時点で人に聴かせられる音楽が出来上がっているという意識があったということですか。

間下 いや、そういう意識はまったくなかったです。グランプリをいただいた大きな大会の応募締め切りがたまたまほぼその時期だったんで、「とりあえず出しとくか」っていう。

その話だけ聞くと、すごく自信があるか、すごくいい加減なのか、どちらかだろうなと思ってしまいますが(笑)。

間下 すごくいい加減なんです(笑)。

(笑)。ただ、曲はあったんですよね。第1期、第2期の活動があったから。

間下 そうですね。

応募した「ユートピア」は、そのなかでいちばんの自信曲ということですか。

間下 いや、音源になってたのがその曲しかなかったんです。

(笑)。その結果は、出たらグランプリ、出たらグランプリ、ということになりました。ヨネクボさんは「軽音部の中でデカい存在だった」と言われましたが、そのバンドがさらにメンバーを固めてそういう素晴らしい結果を得た時、“やっぱりそうだよな”という感じはなかったですか。

ヨネクボ いやいや、そこまでデカくなるとは思ってないですよ。それに僕は、それまでの人生で「優勝を発表!」という時に自分が呼ばれたことがなかったですから(笑)。だから、グランプリの発表の時も、サッカーの日本代表が点を取られた時のベンチの反応を真似したりしてふざけてたんですよ。

ヨネクボ隼介(Dr&Cho)

間下 そうそう。だから、“なんで獲っちゃったんだろ?”という感じでしたよ。

その結果は、その後の活動にどんな影響を及ぼしていますか。

間下 自信にはなりましたよね。自分たちが作って、自分たちがアレンジして、それを練習して演奏したのを何千人という数の人たちが聴いてくれて、しかもすごい高い評価をしていただいたわけですから。でも、逆に自信なくなっちゃうところもあるというか…。

もちこ 「ユートピア」はうまくいったけど、他の曲で出てたらどうだったんだろうな?とか。他の曲はどういうふうに聴こえているのかな?とか。そういうふうに不安に思うことのほうが、曲を作っている身としては多いように思います。

曲作りに、その結果が影響している部分はありますか。

もちこ 「ユートピア」というのはキャッチーな曲に分類されると思うんです。だから、“「ユートピア」がうまくいったから、またキャッチーに作ろう”とか“ポップな感じの曲にしよう”という意識がはたらいてるかもしれないなとは思います。

「ユートピア」のキャッチーさやポップ感は、もちこさんのなかではひとつの要素であって、違うタイプの曲もあるということですか。

もちこ そうですね。元々は、もっとヌメッとしたというか…、そういう曲のほうが多いし、そういう曲のほうが得意な人間だったと思うんです。

コンセプトとして、今この瞬間をパッケージしたような音源がいいなと思ったんです。

さて、今回リリースされるミニアルバム『羊の飼い方』の制作はどういうふうに始まったんですか。

間下 これは、これまでの自分たちの持ち曲のなかで今いちばん推している曲たちというか、いろんな角度から楽しんでもらえるような5曲を選んだんですが、そのコンセプトとして、今この瞬間をパッケージしたような音源がいいなと思ったんです。僕らは今、全員10代ですが、人間は時間が流れていくなかでどうしても変わっていくと思っていて、10代の時には10代の曲が書けるし、20代の時には20代の曲が書けると思うので、その瞬間、瞬間をパッケージしていきたいなと思って、これも作りました。

とすると、ここに収録された5曲がそれぞれいつ作られたのかというのが一つポイントになると思いますが、この中でいちばん古い曲はどれですか。

もちこ 「フィッシュレディ」という曲で、高校1年生の夏くらいに作った曲です。

それは、もちこさんのソングライティングの歴史のなかでは、どれくらいの時期なんですか。

もちこ 初めて作った曲です。それが、ヨネクボくんとちょっとだけ一緒にやってた時期で、マッシュとアネモネを始める前に作った曲ですね。

それは、さっき話していたように、メロディと歌詞と簡単なコードとで作り上げたわけですか。

もちこ その頃はまだ簡単なコードも付けられなかったので、メロディと歌詞だけ作って、それにヨネクボくんがコードを付けて、それで出来上がったんです。

メロディと歌詞は、どういうふうに生まれたんですか。

もちこ 部活なので、曲を作らないといけない期限というのがあるんです。その期限が迫ってきて、それで、その時のメンバーで「一人ずつ作ってみよう」という話になって、それで「できました。歌います」みたいな(笑)。

ヨネクボ みんなでスタジオでやってて、「ちょっと休憩しよう」ということになった時に、もちこがいきなり「歌詞、書くわ」と言って、書き始めたんです。その間、俺たち他のメンバーは遊んでたんですけど、「書けた」って歌いだしたら、「なんだ、その曲!?」っていう。

あの歌詞に書かれていることは、もちこさんがその頃、思っていたことでしょうか。

もちこ あれは、私がそういう気持ちだったという歌ではなくて、金魚目線なんですよ。書いたのが大好きな地元のお祭りがある時期で、金魚すくいのことを思い出して…。とにかく期限が迫ってたので、書かないよりは何か書いたほうがいいだろうってくらいの感じだったんですけど。

それ以降も、もちこさんが作る曲の主人公はそういう感じで設定されるんですか。

もちこ あの曲を作った時は時間がない状況だったからそうなりましたけど、それ以降はやっぱり自分のことを書いてることが多いかもしれないです。

今回の5曲のなかで、いちばん最近作った曲はどれですか。

もちこ 「シープマン」です。あの曲は、すごく仲良しの友達が傷心してた時期があって、その様子を見て歌にしようと思ったんですけど、あの曲はなぜか私はすごく好きなんです。

どういう点が気に入っているんですか。

もちこ どういうところなんでしょうねえ…。その友達は、すごくふわふわしてて変わってる人で、ちょっと地に足がついていないというか、そういう感じの世界を生きているイメージだったんです。それでも、傷ついてしまっているのを見て、やっぱり人間というのはどうしても難しい部分があるなと思ったし、それは自分にもそういう部分があるなと感じたので、そのことを忘れないようにと思って作った曲ですね。

その友達を見ていて感じたことをうまく曲にできたな、という感じでしょうか。

もちこ そうですね。自分では、そういう印象ではあります。自分が目にした事実を言葉にして、それがうまくメロディにハマったなって。ただ、事実とは言っても、悩んでることをあまりにも的確に言われたらいい気持ちはしないと思うんです。そういう意味で、違う言葉に上手く変えて歌詞を書けたなと思っていて、例えば♪ひっそりこっそり思ってしまう♪というフレーズも、いちいち小さいことに反応して、周りの人には言えないけどいろんなことを思ったりするのを、使いそうで使わない(笑)、柔らかい言葉に言い換えられたなって。そういうところがいちばんうまくいった曲なので、気に入っています。

題材になるのが、自分であろうと他の人やものであろうと、そういう具合に言葉にする感じがもちこさんの歌詞作りのポイントになりますか。

もちこ そう思います。なるべくフィクション過ぎないようにというか、現実離れしたドラマチックな歌詞にはならないように、うまく言葉を選んで書くようにはしています。

今回の5曲のアンレジについて意識していたことは何かありますか。

間下 アレンジについていつも意識しているのは、最初に話したように僕らの音楽は歌モノであると思っているので、「歌を聴かせるためには周りはどう動くか?」ということですね。全体の大まかな流れを作ったら、細かいフレージングなどはそれぞれに任せる部分も多いんですけど、理子さんは元々すごいラウド・ロッカーだから、自由に弾いてもらうとバチバチに弾くんですね。なので、僕が曲ごとのコンセプトや入れてほしいフレーズをある程度指定して、その上で彼女が思うようにやってもらって、それを繰り返すなかでいいフレーズを決めていくというやり方でやってます。

「マッシュとアネモネ」というブランドというか、ジャンルとして確立させたいです。

『羊の飼い方』というタイトルは、どういうタイミングで、どういうふうに決めたんですか。

もちこ 「タイトルを明日までには決めましょう」というタイミングがあって…。

いつも締め切りがきっかけなんですね(笑)。

もちこ (笑)、そうなんです。それで、クルマで移動中に決めました。『羊の飼い方』でって。

それも、「フィッシュレディ」の歌詞のように、いきなりそのタイトルが浮かんだんですか。

もちこ そうですね。正直、決めた時には脈絡はなかったんですが、ただ全国流通でCDを出すのが初めてなので、いろんな人が手にするかもしれないということを考えた時に、マッシュとアネモネを「どういう状況で聴くのか?」とか「どういう枠で聴くのか?」とか、そういうポジション付けを手にした人一人ひとりにしてもらえたらいいなという、扱い方という意味で“飼い方”という言葉にしたと思います。

間下 「マッシュとアネモネの説明書」的な感じですよね。

最後に、マッシュとアネモネは1年後どうなっていると思いますか。

間下 今よりはちょっとかっこよくなっていたいですね。今はまだ、浮き足立ってるから(笑)。

もちこ いつも慌ててる感があるんですよね(笑)。

間下 だから、経験を積みたいですね。

もちこ そうなんですよ。経験浅い感が出てると思うんです。対バン相手さんを見てても、それをすごく感じるので、それをどうにかしたいです。

間下 地に足をつけたいですね。

では、もう少し長いタイム・スケールで考えた場合の野望は?

間下 「マッシュとアネモネ」というブランドというか、ジャンルとして確立させたいですね。それは、音楽の内容に限った話ではなく、ステージでの佇まいとかバンドの在りようまで含めて、「マッシュとアネモネ」を完成させたいです。

期待しています。ありがとうございました。

その他のマッシュとアネモネの作品はこちらへ。

マッシュとアネモネ

もちこ(Vo&Gt)、理子(Ba&Cho)、ヨネクボ隼介(Dr&Cho)、間下隆太(Gt&Cho)。
2016年、もちこが前メンバーと結成。2018年5月、もちこと前サポート・メンバーだった間下隆太を中心に、メンバー・チェンジを経て、再始動。ユートピアを目指し日々歩く。

オフィシャルサイト
http://mashtoanemone.com

フォトギャラリー