『NEW GAME!』とfourfoliumと私  vol. 3

Interview

【vol.3】 fourfolium・戸田めぐみの“エンタメ”イズム

【vol.3】 fourfolium・戸田めぐみの“エンタメ”イズム

新人声優4人が集結した新生ユニット・fourfolium。その4人の声を送る、連載インタビューの第3弾!!

ゲーム会社を舞台に、主にそのグラフィックチームの日常とお仕事を描くTVアニメ『NEW GAME!』。本作のOP & EDテーマを歌うユニット・fourfoliumは、メインキャストを担当する要注目の新人声優、高田憂希、山口愛、戸田めぐみ、竹尾歩美からなる4人組だ。

このfourfoliumは、アニメ作品をきっかけに結成されたユニットである一方で、いちアーティストとしてアニメ放送終了後も活動を続けていくことが決まっている。そこでエンタメステーションでは、4週にわたってfourfoliumの特集を敢行。ソロインタビューを通じ、各メンバーの素顔とユニットに懸ける想いをお届けしていく。

第3回目となる今回は、篠田はじめ役の戸田めぐみ。活発だがおっちょこちょいなところがキュートなはじめだが、演じる戸田めぐみはそれ以上のトラブル体質!? 赤裸々に語ってくれたエピソードの数々から、彼女の作品、そしてfourfoliumへの想いを紐解く。

取材・文 / 須永兼次
撮影 / 能美潤一郎
メイク / 花嶋まき(addmix B.G)


はじめと同様に、日頃から何かとトラブルに
巻き込まれやすい体質なんです(笑)

まず最初に、ご自身の自己紹介をお願いします。

『NEW GAME!』で篠田はじめ役を演じさせていただいております、戸田めぐみです。はじめ同様、私自身もすごくトラブルに巻き込まれることが多いんですが、“調子に乗ってドジを踏む”はじめと違って、私は乗らなくても巻き込まれるんですよね。

例えばどんな巻き込まれ方を?

第5話にはじめが財布を落としてしまうエピソードがあるのですが、音響監督さんに「財布落としたことある?」って聞かれたんです。それで「そうですね……保険証落として50万円勝手に借りられそうになったことがあります」と答えたら、現場の空気が凍りまして(笑)。実際借りられなかったから、私の中ではあんまり大したことじゃなかったんです。でもみんなに突っ込まれて、冷静になったら大ごとだったなと……(笑)。

0803_435

それは……すさまじいですね(笑)。では、はじめについてももう少し細かくご紹介いただけますか?

はじめは彼女たちが勤めるゲーム会社のキャラ班にいるんですが、実際はモーション担当で。性格は結構失礼なこともズバッと言っちゃうタイプなんですけど、それが良くも悪くも許される愛されキャラなんだと思います。なのでお芝居では、そのズバッと言うところが嫌味にならないように心がけました。

そんなはじめに初めてできた後輩が、涼風青葉なんですよね。

そうなんです。これは私の勝手な想像なんですけど、きっとはじめも先輩方にすごく支えられてきたのだと思うんです。それで「自分が先輩にしてもらったことを、後輩に返していこう」と思っているからこそ、頑張り過ぎたり失敗しちゃったりしているような気がして。私もこの作品で初めて“先輩”という立ち位置になったので、みんなと「どう接したらいいんだろう?」って悩んでいる点はすごくはじめとリンクしました。アニメははじめの先輩としての立ち回りがより色濃く描かれていたので、彼女の苦悩とか背伸び感を大切に演じました。

では、その原作の第一印象はどのようなものだったんでしょう?

実際のゲーム会社さんよりはライトな描かれ方とはいえ、女の子メインの作品にしては意外とリアルですよね。青葉ちゃんメインで回ってはいるけれど、各々登場人物には悩みや課題があって、青葉ちゃんと同時に裏で先輩たちの成長も描かれていますし、かわいい女の子が仲良くしているだけじゃない、細かい心理描写とかがある作品だな、と。それと題材が「お仕事」なので、新人さんはもちろん、はじめみたいに今年初めて先輩になった人や、(八神)コウみたいに上の立場にいるけどコミュニケーションが苦手な人、さらにはもうその悩みを解決したような年齢の方でも、それぞれの視点から楽しめる作品なんだと思います。

bamen03

ちなみに、はじめとは性格的にも似ている部分はあるんでしょうか?

ものづくりへのアプローチで、似ているところがひとつありまして。第1話ではじめがモーションの参考に剣を振り回しているシーンがあるのですが、私も演じるときにそのキャラと同じ動きをして、この力の具合だったり体勢だと、どんな音が出るのかな? って試すんです。だから「私とおんなじだ!」と思って、たまらなくうれしかったのを覚えています。それに特撮が好きなところも一緒ですし、現場で音響監督さんに「フィギュアとか剣が好きな気持ちわかる?」って聞かれたときに「はい。フィギュアも剣も、兜も家にあります」と答えて……また現場の空気が止まりました(笑)。

兜!?

私の家系が、上杉謙信の二十八将と言われるうちのひとりにルーツがあるらしくて。元々上杉謙信が好きなのもあり、テンション上がっちゃって。2~3年前に買って部屋に飾っています。白とかピンクが基調で、いちごのクッションとかも置いている部屋なのに、その中に、兜。フィギュアもあるし、もう異質ですよね(笑)。

たしかに(笑)。さて、続いてfourfoliumの活動についてお伺いします。この夏2枚同時にシングルをリリースされたわけですけれども。

「SAKURAスキップ」はリリース後にダウンロードランキングで1位と聞いて……とっ、とっ、とってもびっくりして(笑)。改めて、それだけの数の方々に応援してもらえているんだというのを実感できました。発売日前にイベントで歌ったときも、皆さんとても温かくて。

一発でノリどころを察していて、皆さんすごく楽しそうでした。

そのときはアニメもまだ放送前で、私たちが舞台に立ってもキャラのイメージと私たちがリンクしなかったでしょうし、むしろ各々イメージがあるので、なんか違うな、とか思われてもおかしくなかったと思うのですが、本当に、温かく、優しく受け入れてくださり。皆さんが認めてくださって私たちを温かく受け入れてくださったおかげで、ライブではレコーディングよりももう1段上にいけた気がします。

0803_372

1 2 >
vol.2
vol.3
vol.4