Review

『ガルパン』の戦車&主要キャラを網羅!『ドリームタンクマッチDX』がDXたる理由

『ガルパン』の戦車&主要キャラを網羅!『ドリームタンクマッチDX』がDXたる理由

2012年のテレビアニメ開始以来、いまなおさまざまなメディアで拡大を続けているコンテンツ、『ガールズ&パンツァー』。そんな『ガルパン』を構成する2大要素、戦車とキャラクターの魅力を正面から描き切り、多くの『ガルパン』ファンを満足させた『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ』(以下、『ドリームタンクマッチ』)が、”DX”仕様にグレードアップしてNintendo Switch™でリリース(昨年発売されたPlayStation®4版は、有料アップデートで『DX』へのバージョンアップが可能)された。本記事では『DX』になって追加された新要素を中心に、『ドリームタンクマッチ』の魅力を解説。昨年末の記事と若干内容がかぶる面もありそうだが、あらためてチェックしてみてほしい。

文 / マンモス丸谷


“ゲーム”として楽しい戦車の操作と挙動バランス

まず『ドリームタンクマッチ』でなにより素晴らしかったのは、戦車の操作がいい意味でゲームらしくまとめられていたうえで、挙動自体は”『ガルパン』の戦車”らしいリアルさ(?)を備えていた点だろう。戦車の作りには、履帯部分と砲座を別々に動かせる、弾丸を当てた部位や角度によってダメージが変わるといったミリタリーものっぽいテイストを取り入れつつも、移動面のシステムはかなりゲーム寄りにチューニング。方向転換や後退、加速はスムーズで、『ガルパン』世界では絶対に外せない戦車の”ドリフト”もある程度のスピードで移動中にBボタン+左スティックを傾けるだけ、という簡単操作で再現。このおかげか、リアル寄りの戦車を題材にしたゲームでは難しい行進間射撃(戦車を走らせながらの射撃。『ガルパン』劇中でも難しい射撃と言及されている)が比較的容易に行なえ、超人ぞろいの劇中でもひと握りの登場人物しかチャレンジしようとすら思わない、ドリフト中の射撃も(戦車の性能にもよるが)実戦で無理なく狙っていけるレベルのテクニックとして用意されている。個人差はもちろんあるだろうが、少しでもプレイ経験を積めば桃ちゃん(生徒会チームの河嶋桃。めったに射撃が当たらないことで有名)ではなく、主人公の”西住殿”に近いような動きで戦車を操れるようになれるはずだ。

▲『ガルパン』の世界設定を踏まえたうえで”ゲームっぽい”操作感覚にチューンされている『ドリームタンクマッチ』。スタンダードな性能の戦車を操作している際にストレスを感じることは少なく、一部の軽戦車にいたってはドライブゲームのような感覚で操縦できる

▲一方で、戦車の装甲や当たり判定などは細かく設定されている。戦闘ではまず履帯を狙って相手の動きを止め、装甲の薄い部分を狙ってダメージを取っていく……という、本作ならではのセオリーが存在し、オンライン対戦を楽しむプレイヤーも多い

ゲームプレイの大半を占める戦車の基本操作が考えて作り込まれているうえで、操縦している戦車によってプレイ感覚が大きく変わるのも『ドリームタンクマッチ』を語るうえでは外せないポイント。こちらはアニメで描かれたイメージを守りつつも、(対人戦をふくめた)ゲーム内で理不尽なレベルの”キャラ差”が発生しないようなバランスに調整されている。
たとえば劇中や史実での活躍で頭ひとつ以上抜きんでた強さを備えている印象のティーガーⅠやⅡ、センチュリオンといった戦車は、火力や装甲は『ドリームタンクマッチ』でもトップレベルだが、弾丸の装填速度、戦車の加速性能といった部分は平均より低め。さらに装填中にタイミングよくZRを押すと成立する”クイックロード”の成功判定がシビアだったり、履帯を壊された際のボタンの連打量が多いといったデメリットが設定されているため、高い性能を活かしきるにはプレイヤーの腕が必要な戦車になっている。
逆にミリタリーファン界隈では”残念な子”扱いされるチハ(九十七式中戦車)のような戦車には、攻撃力は低いものの挙動にクセがなく弾丸のリロードも早いなど、手数とスピードで相手を翻弄できる戦車という味つけがされている。そのため使い勝手の面では日本の戦車がロシアやドイツの戦車を上回っているという、本作以外ではなかなかお目にかかれない夢のある戦車戦が見られるのも、懐の広い『ガルパン』ワールドを題材にしたゲームならではの魅力といえるだろう。

▲アニメではそろそろ存在が忘れられていそうなⅣ号戦車D型(あんこうチームが最初に乗る戦車)だが、本作では改修後のⅣ号戦車H型より移動スピードや弾丸のリロード性能で上回るなど、ゲームならではの調整が施されている

▲弾丸の装填速度とクイックリロードのしやすさは、戦車の実際の使い勝手に大きく影響する。必ずしも、史実で活躍した戦車が本作においても強いとは限らない

▲ゲーム内でのバランス云々はあえて無視して、『ガルパン』世界に思いっきり寄せた性能の戦車も少なくはない。とくにアンツィオ高校のカルロベローチェ(CV33型快速戦車(L3/33))や聖グロリアーナ学園のクルセイダーMk.Ⅲは移動に特化した戦車になっている

1 2 >