LIVE SHUTTLE  vol. 62

Report

HY+BIGMAMAのライブツアーがスタート。無限の可能性を感じる圧巻のライブを披露

HY+BIGMAMAのライブツアーがスタート。無限の可能性を感じる圧巻のライブを披露

【LIVE SHUTTLE】 HY+BIGMAMA「Synchronicity Tour 2016」@Zepp Divercity Tokyo 2016.09.16

取材・文 / 岡本 明 撮影 /AZUSA TAKADA・板橋淳一

 “意味のある偶然の一致”から派生したアルバム『Synchronicity』をリリースしたHY+BIGMAMA。両バンドのコラボレーションによって素晴らしい楽曲が生み出され、メンバー10名のコンビネーションは無限の可能性を感じさせてくれた。このアルバムを引っ提げての“Synchronicity Tour 2016”が9月16日からスタート。まだツアーが残っているため詳細は書けないが、数曲をピックアップしてレポートしよう。

HY photo by AZUSA TAKADA

HY photo by AZUSA TAKADA

オープニングアクトのBURNOUT SYNDROMESが終わり、セットチェンジが完了すると、まずはHYの登場。
「HYファンのみなさん、そしてBIGMAMAファンのみなさん、会いたかったよ!“Synchronicity Tour”へようこそ。心を開いてよ、みんなのところに飛び込んでいくからね。最高の日にしていきましょう!」とボーカルの新里英之が叫び、「GOOD DAY」を演奏。明るくはじけたサウンドがステージを一気にカラフルに彩る。優しさと芯の強さを持つ新里の突き抜ける歌声と、仲宗根泉のパワフルかつしなやかな歌声が会場に響き、大きな手拍子で観客もこたえる。ステージ前に出てきて盛り上げるベースの許田信介、揺るぎないドラムの名嘉俊、シャープなギターを奏でる宮里悠平と、全員が笑顔で演奏。新里が何度も「騒げますか!」とあおりながら会場の熱気を高め、コーラスパートを合唱する観客のエネルギーを受け止めて、さらにライブの興奮度を上昇させていく。

HY photo by AZUSA TAKADA

HY photo by AZUSA TAKADA

「この“Synchronicity Tour”でみんなに感じてほしいのは、出会い。出会いに意味を持たせることによって、素敵なものが生まれます。今回BIGMAMAと出会えたし、みんなも人生の中でたくさんの出会いと別れがあると思います。新しい出会いからスタートしていくのはパワーが必要で大変なことだけど、一歩踏み出せばそこにはたくさんの素敵な出来事が待っています。次の曲は今、HYが見つめている空をみんなに感じてもらいたいと思います。空を見上げた時に、何が映りますか?悲しみ、不安、辛いこと、夢、希望…。でも、みんながふと見上げた時に、今日の思い出が背中を押す、そんな素敵な日にしませんか!」と新里が語って始まったのは「僕空」。仲宗根のピアノと新里のボーカルだけで始まり、バンドの音が加わると一瞬で熱量が高まる。ダンサブルなビートに乗せて踊る観客。歌詞に出てくる青く晴れ渡る空に向けて放つように、新里の歌声が爽快に届けられた。
一瞬でHYワールドを作ってしまう安定感と、メンバーのキャラが生む親近感。そして楽曲に込められた感情や表情を見事なまでにきっちりと伝えたライブだった。

そんな充実のライブを終え、セットチェンジを行う間、HYのステージでは恒例の仲宗根のミニアトラクション、“イーズーコーナー”「突撃!仲宗根泉の午後のお供は⁉」が始まる。ゲストに両バンドのベーシスト、HYの許田とBIGMAMAの安井英人を迎え、いくつか質問をして、コメントが面白くない場合は仲宗根が角砂糖を渡していく。その角砂糖はのちほどコーヒーに溶かして強制的に飲まされるという趣旨だ。お客さんをステージに上げて2人に告白させるなど沸かせる場面もあり、一方的に早口でテキパキと進行していく仲宗根の司会ぶりに爆笑が起きていた。結果は、許田が4個、安井が2個で、その模様はライブ後に、仲宗根のインスタに動画でアップされるとのこと。

BIGMAMA photo by AZUSA TAKADA

BIGMAMA photo by AZUSA TAKADA

次はBIGMAMAの登場。「みなさん、準備はいいですか?最高の夜を約束します!」と、金井政人のMCで始まったのは「Weekend Magic」だ。リアド偉武の力強いドラム、柿沼広也の鋭いギターカッティング、東出真緒の印象的なバイオリンのフレーズ、どっしりとしたと安井のベースと、順番にフレーズを加えていくに連れ、胸が高まる。ポップなメロデイを歌い上げる金井のボーカルが会場に響き渡り、バンドのアンサンブルが恋愛のマジックを歌った歌詞をさらに膨らませて届けてくれる。その混じりけのない純粋さと高揚感は、ライブという場でより大きくなって突き刺さってきた。
さらに、ファンタジックな内容に託して切なさを歌う「天国の花は枯れない」は、じわじわと曲の良さが伝わるバラード。シンプルでありながらも繊細な演奏で、ストーリーが浮かび上がってきた。じっくり聴かせる曲であり、感じさせる物語が込められた、彼らの奥深さを再認識させる作品。
他にも、幅広い音楽性と柔軟性を持つ彼らならではのセットリストで、その魅力を余すところなく伝えてくれた。

BIGMAMA photo by AZUSA TAKADA

BIGMAMA photo by AZUSA TAKADA

そして、この日のライブの最大の見どころは、今回のアルバムタイトルでもあり、両バンドの想いがシンクロし、ファンへの想いがシンクロして生まれた曲「シンクロニシティ」。総勢10名によるセッションがスケール感あふれるサウンドで迫り、3人のボーカルがそれぞれの個性を発揮して多彩なカラーを生み出す。何より、出会いをプラスに変えていこうとする彼らのポジティブな姿勢を描いた歌詞が、鮮やかに心に刻みつけられた。

お互いを讃えながらステージを去るHYとBIGMAMAの10名。その背中には、確かな満足感が漂っていた。ツアーを経て、どんなふうに今回の楽曲たちが成長していくのか、楽しみだ。

ライブ情報

HY+BIGMAMA Synchronicity Tour 2016

2016年09月21日(水)愛知:Zepp Nagoya
Open:17:30 Start:18:30 前売:¥5,400 当日:¥6,000 Drink代別
お問い合わせ:ジェイルハウス TEL:052-936-6041

2016年09月23日(金)大阪:Zepp Namba
Open:17:30 Start:18:30 前売:¥5,400 当日:¥6,000 Drink代別
お問い合わせ:グリーンズ TEL:06-6882-1224

2016年10月01日(土)沖縄:ミュージックタウン音市場
Open:17:00 Start:18:00 前売:¥5,400 当日:¥6,000 Drink代別
お問い合わせ:BEA TEL:092-712-4221

リリース情報

【初回限定盤】

【初回限定盤】

【通常盤】

【通常盤】

Synchronicity

【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7165 ¥3,800+税
【通常盤】(CD)
UPCH-2082 ¥3,000+税
初回盤、通常盤、共通特典:HY+BIGMAMA 「Synchronicity Tour 2016」チケット先行予約案内封入

【収録曲】
Disc-1(CD)

01.シンクロニシティ
02.Weekend Magic
03.僕空
04.NIJIKAN TRIP –MAMA TRIP-
05.MUTOPIA in Okinawa
06.アカイト・イズ・ト
07.Good Day
08.風になって花になって
09.天国の花は枯れない
10.Sweet Dreams (bittersweet)
11.愛しあって許しあって貴方と共に

Disc-2(DVD)※初回限定盤のみ
・Synchronicity Project Document
・シンクロニシティ Music Video

ライブフォトギャラリー

vol.61
vol.62
vol.63