Interview

SaToA 注目の女の子3人組が織りなすポップ・サウンドは、なぜ定型にはまらない広がりを感じさせるのか?

SaToA 注目の女の子3人組が織りなすポップ・サウンドは、なぜ定型にはまらない広がりを感じさせるのか?

東京のインディー・シーンで、そのメロディー・センスや3声のコーラス・ワークを生かしたアレンジが話題を呼んでいる注目の3人組。メンバー3人の名前の頭文字を並べてバンド名にしたというエピソードが伝える通り、彼女たちの音楽は一見さりげないが、しかしその描かれた世界はある種の毒さえ感じさせる、不思議な奥行きを持っている。東京インディー・シーンで活躍するayU tokiO、そしてやなぎさわまちこをゲストに迎えた新作『scrambled eggs』では、その個性がいっそうの広がりを見せている。
ここでは、バンド結成のいきさつから始めて、今回の新作の制作を振り返ってもらいながら、その音楽の個性の秘密についてメンバー3人にゆっくり語ってもらった。

取材・文 / 兼田達矢 撮影 / 田中和彦

最初からこの形でした。この3人でやったら、こうなるよねっていう感じで。

まずは結成のいきさつからお聞きしたいんですが、きっかけとしてはTOMOKOさんとAMIさんが同じ学校だったんですよね?

TOMOKO はい、そうです。

そこで「映像演劇」という勉強をしていたそうですね。

AMI そういう学科があって…。

TOMOKO もうなくなっちゃったんですけど。

そこで音楽をやっていた、と?

TOMOKO そうですね。

それは、演劇につける音楽を作ったり演奏したりしていたということですか。

TOMOKO そうです。

そこでは、どんな楽器をやってたんですか。

TOMOKO ドラムを叩いてた時もあったし、ギターを弾く時もあったし。

映画音楽を一人で作るようなことをイメージすればいいですか。

TOMOKO そうですね。

そういう二人がどうして一緒にバンドをやることになったんですか。

TOMOKO 曲を作るようになって、私の家にあみちゃんが来ることが多くなって、そこにさっちゃんと一緒に住んでいるので、それでさっちゃんも仲良くなって、さっちゃんも曲を作れるから、学科の課題をやるのにさっちゃんも入り込んできた感じだったんです(笑)。

TOMOKO(Ba & Vo)

(笑)。ただ、それならバンドという形にならなくてもいいような気がしますが、バンドという形になったことには何かきっかけがあったんですか。

TOMOKO このバンドの前に、もう一人の人と4人でバンドを結成して始めたんですけど、そのバンドはそのもう一人の人が言い出したバンドで、でも私たちはそのバンドの活動にはちょっと納得がいかなかったので、それで3人であらためてバンドを始めたんです。

その時点で、SaToAとしてやりたい音楽のイメージがはっきりあったんですか。

TOMOKO そういうものがはっきりと見えていたわけではないです。

この3人で一緒に音楽を作るようになったきっかけが演劇に付ける音楽を作ること3ったことからすれば、インスト・バンドになっても全く不思議ではないと思いますが。

TOMOKO とりあえず3人とも歌うのが好きだというのははっきりしていたので、最初から歌のある音楽で、特に最初の頃に作った曲はみんなで歌ってることが多かったりしましたね。

編成も最初からこの形だったんですか。

TOMOKO そうです。この3人でやったら、こうなるよねっていう感じで。

初めて曲ができた日があまりに楽し過ぎたので、今までやってきてるという感じはあります。

バンドを始める時の一つのパターンとして、憧れているバンドのコピーをすることから始める形がありますが、そういうことは考えなかったですか。

TOMOKO それは、頭に全くなかったですね。

では、オリジナル曲はどんなふうに作っていったんですか。

TOMOKO 作り方…。

AMI とりあえずスタジオに入って…。

TOMOKO さっちゃんが新しい曲をギターで弾きながら歌うのをみんなで聴いて…、それに合わせてアレンジを考えていくっていう。

SACHIKO でも、一番最初はともちゃんでしょ。「こういうメロディを歌いたいんだよね」みたいな感じで歌って…。

その時は、TOMOKOさんがギターで弾き語ったんですか。

TOMOKO その時は、あみちゃんがギターを弾いたんだよね(笑)。

AMI そうだっけ?

TOMOKO コードを2つくらい弾いて、それで私がメロディを歌ったんです。そこに、さっちゃんがギターでコードをどんどん付け足していって、あみちゃんがドラムを合わせていって、その日のうちに奇跡的にできたのが「sprout」という曲です。

自分たちとしても「奇跡的」だと思うんですか。

AMI あれ以来、あんなことはないですから(笑)。

AMI(Dr & Vo)

TOMOKO (笑)。それでも、その日があまりに楽し過ぎたので、今までやってきてるという感じはあります。

ただ、「あれ以来、あんなことはない」と、気持ちが挫けそうになることはなかったですか。

TOMOKO なかったですね。それは、どうしてだろ? やっぱり3人で始める時に、「もうちょっと真面目にやりたいんだ」みたいなことを言ったし…。

それで、試行錯誤の日々が始まったわけですね。

TOMOKO そうです。それが、今も続いています(笑)。

(笑)。今回のミニアルバムには6曲入っていますが、今回の曲についてはどんなふうに作ったんですか。

TOMOKO 今回は…、どんな感じだったかなあ?

AMI ともちゃんが何曲かデモを作ってきてくれたんですよ。

TOMOKO そうだったね。私がGarageBandである程度作ったものを聴いてもらって、それに沿って合わせていくというやり方だったと思います。ayU(tokiO)さんにお願いした曲もそういう感じでしたね。でも、さっちゃんが作ってきた曲は、スタジオでみんなでアレンジしていきました。本当は、もうちょっと曲数があったんだよね。

AMI ああ、そうだったね。

TOMOKO 他の曲もアレンジしてたんですけど、途中で意味がわからなくなって(笑)、ボツになってしまいました。

前作を出したことで、手伝ってくれる仲間というか、気にかけてくれる人がすごく増えたのは大きかったです。

今回が2枚目のミニアルバムになるわけですが、昨年1月に『スリーショット』というミニアルバムを出したことはどんな経験でしたか。

TOMOKO どうだったかなあ…? “とにかく発売しなきゃ”ということに「必死で…、それでもライブに来るお客さんのなかには今までとはちょっと違うお客さんも来るようになったりして、いろんな人に聴いてもらえてるんだなということは思いました。

そういう励みになることばかりでしたか。ネガティブな反応はなかったですか。

SACHIKO 「もうちょっと次は曲作るの、がんばって」みたいなこと言われたよね。

TOMOKO そうだっけ?

SACHIKO それは、悔しかったですよ。

そういう反応に触れた時に、“そんな勝手なことを言われるんだったら、もう3人だけでやってればいいや”というふうには思わなかったですか。

SACHIKO それはなかったです。

TOMOKO 前作を作って、楽しかったけど、でも“上手くいった!”みたいな感じがあるわけではないので…。“完璧だ!”という感じにはずっとならないんだろうなとは思うんですけど。

前作が上手く言ったわけじゃないという話にAMIさんとSACHIKOさんもすごくうなずいていましたが、例えばどういうところに満足できていないですか。

AMI アレンジを、もうちょっと考えられたんじゃないかなあって。

SACHIKO アレンジもそうだし、ミックスも自分でやったんですけど、音質ももうちょっと良くならないかなあと思って。やっぱり詳しい人に頼んだほうがいいのかなと思って、今回はそういう方にお願いしました。

SACHIKO(Gt & Vo)

ちなみに、前作のミックスを自分でやったのは、“自分たちの作品なんだからミックスも自分で”という気持ちだったんですか。

TOMOKO 他に仲間がいなかったということもあるんですけど、まず私たちは何をやりたいのかということを、私たちだけで一度作ってみてちゃんと整理しなきゃいけないと思って…。それで、前作は録音からミックスまで完全に3人だけでやろうと決めて始めたんです。

それで、やってみると音質の部分についてはやっぱり専門の人に任せるのがいいかな、と?

SACHIKO 自分たちだけでやると、気持ちの部分ではすごく楽にやれたんですけどね。

TOMOKO 前作を出したことで、手伝ってくれる仲間というか、気にかけてくれる人がすごく増えたんです。それは大きかったですね。だから、“次は、気にかけてくださる方に「手伝ってください」と言ってみよう”ということで、今回ayUさんにお願いしたりしたんです。

ここまで話を聞いていて思うのは、3人に共有された鳴らしたい音楽のイメージがはっきりあるんだなということです。ただ、そこにたどり着く道筋がわからないから、今回はガイドをお願いできる人の力を借りたということなんでしょうね。

TOMOKO そういうことなのかもしれないですね。だって、『スリーショット』が出来上がった時も、どういう作品なのかよくわかってなかったもんね?

SACHIKO とりあえず出来た、という感じだったよね。

TOMOKO お客さんの反応とかで、“こういうアルバムになってたんだ”ということがわかってきたというか、そのおかげで『スリーショット』のイメージを作ることが出来た感じかも。

AMI そうだね。

TOMOKO 今回も、どういう作品なのか、まだ上手く言えないんですけど…。

そのための取っ掛かりとして、具体的な作業を振り返ってほしいんですが、まずは曲を持ち寄るところから始まったんですか。

TOMOKO そうですね。

ayUさんへの依頼は、その時点で決めたんですか。

TOMOKO そうです。ayUさんが録音している写真があって、一緒にやったら楽しいんじゃないかなあと思って、お願いしてみました。

ayUさんはどんな反応でしたか。

TOMOKO 「なんで、僕なんですか?」と言われました(笑)。

それに対しては、どういう話をしたんですか。

TOMOKO いいんじゃないかなあと思って、って…(笑)。

(笑)、それでも引き受けてくれたわけですよね。彼が参加したのは2曲ですが、その2曲についてはエンジニアリングだけでなく、アレンジにも関わっているんですよね。

TOMOKO 本当は、ayUさんにお願いした2曲は録れると思ってなかったというか、それくらいアレンジに不安があったんですけど、ayUさんはまず私たちの気持ちをかなり前向きにしてくれたんです。

AMI そうそう。

TOMOKO 私たちの“どうしよう…?”という気持ちをほぐしてくれて、しかもそのレコーディングの現場で「アレンジはこうしてみたら?」とか「こういう音にしてみる?」とか、いろんな提案をしてくれて…。

AMI “これでいいのかな?”と思ってたアレンジも、「それでいいですよ」と言ってくれたりして。

TOMOKO そうやってると、私たちもどんどん自信が出てきて、それで録れないと思ってた曲が録れちゃったんですよね。びっくりしました。

ちなみに、ayUさんが参加している「Float」という曲のイントロの口笛は、彼の提案ですか。

TOMOKO あれは、私がデモの時点から入れてました。

では、あれはTOMOKOさんの口笛ですか。

TOMOKO それも、録音のその日に…。

AMI 一番吹けてたのがさっちゃんだったから、さっちゃんで(笑)。

SACHIKO (笑)。

SACHIKOさんは、今回の制作を振り返って印象に残っている曲を敢えて1曲選ぶとすれば、どの曲になりますか。

SACHIKO スムーズに作れて気持ちよかったのは「Park」かな。歌詞が全然出来てなくて、歌がその日に録れなくて、家で自分で録ったんですけど、そういうことも含めて、じっくりやれたかなっていう。

TOMOKOさんは、今回の制作を振り返って印象に残っている曲は?

TOMOKO 1曲というのは難しいんですけど、まず「私たちの窓」は録音できるとは思っていなかった曲なので、単純に出来上がったことがうれしいですね。特に、デモを作った時からキーボードを入れたいと思っていたので、それがちゃんと入ったのがむちゃくちゃうれしかったです。

それは、キーボードを入れたいということをayUさんに伝えたんですか。

TOMOKO それは、(やなぎさわ)まちこさんが入れてくれたんです。私たちは本当に受け身になっちゃって、キーボードを入れたいことも言えなくて、それなのに入れてくれている音源が届いた時は本当に感激しました。それから「Remover」の歌は私が歌ってるんですけど、これまでで一番、私の素の声だなと思いました。これまでは重ねまくって、自分の声が加工された感じになっている曲が多かったんで。そういう意味で、印象深い曲です。

TOMOKOさんとしては、その2曲ですか。

TOMOKO あとは、6曲目の「ためいき」がすごく大変でした。

かっこいい曲ですよね。

TOMOKO そうなんです。だから、かっこよく仕上げるのが大変で。

あの曲は、誰の曲なんですか。

TOMOKO さっちゃんです。

SACHIKO あの曲は、全然違うアレンジで別の音源でも出してるんです。ライブでもやってるし。でも、ずっと納得がいってなくて…。

それで、今回はどういうところに手を加えたんですか。

SACHIKO 前はもっとシンプルだったんですけど…。

TOMOKO 前はこんなにロックな感じじゃなかったんですよね。

なるほど。AMIさんが印象に残った曲は?

AMI 「私たちの窓」のドラムは、ayUさんがいなかったら、多分出来てなかったと思います。今まで叩いたことがないフレーズを教えてくれたりして。だから、私も出来上がった時は本当にうれしかったです。

今回は、前作とはちょっと違う感じの作品です。

例えば「私たちの窓」の歌詞はTOMOKOさんが書いて、「Park」はSACHIKOさんが書いたということですが、そういうことを知らないでこのミニアルバムを聴き通してみると、その2曲に通底している心持ちがあるように感じるんです。

SACHIKO それは良かったです。全然違う曲調の曲が出来ちゃったなあと思ってたんで。

TOMOKO 「Park」のさっちゃんの歌詞はすごくいいですよね。

SACHIKO あの歌詞は、初めて曲が出来てから書いたんですよ。

ということは、メロディから浮かぶイメージを言葉にしたような感じでしょうか。

SACHIKO そうですね。空想の部分もあるし、日々感じていることもあるんですけど、そういうことがギターでメロディを弾きながらはめて行くと、いい感じに収まったんです。だから、次に歌詞を書く時も、曲が先のほうがいいのかなあと思っているところです。

そういう意味では、今回の制作を経験して、前作よりも上に上がれた感覚はありますか。

SACHIKO う〜ん…、少し(笑)。

(笑)。作品が出来上がった時にはどんなふうに感じましたか。

SACHIKO 出来たなって(笑)。

AMI 私もそうです。

TOMOKO そうですね。出来たなっていう感じでした。

淡々とした感じなんですね(笑)。さて、今回のミニアルバムはどういう作品でしょうか。

TOMOKO みんな、どういうふうに思うんだろう?

SACHIKO 『スリーショット』とはちょっと違う感じだから、どうだろうね?

TOMOKO だから、前作とはちょっと違う感じの作品です(笑)。

(笑)、最後に今後の目標としてはどんなことを考えていますか。

SACHIKO フルアルバムを出したいですね。

それは、どんどん曲を作れば実現しそうな気もしますが。

TOMOKO でも、その「どんどん曲を作る」というのが大きな壁なんです。

でも、期待しています。ありがとうございました。

その他のSaToAの作品はこちらへ。

SaToA

SACHIKO(Gt & Vo)、TOMOKO(Ba & Vo)、AMI(Dr & Vo)。
東京で活動する、女の子3人のスリーピースバンド。3人ともヴォーカルを務めるという珍しいスタイルで活動中。2014年に結成、翌年に自主制作CD、7inchレコードを立て続けにリリースし、楽曲の持つメロディセンスや音楽の幅の広さから、たちまち話題に。シャムキャッツ主催のイベントをはじめ数々のライブにもバンド/アコースティック編成で場所や人に合わせてライブを披露。MV、ラジオ制作(サトアのなんちゃらラジオ)など興味のあるものに対して追求するDIY精神もあり、音楽活動以外にも積極的に行う。2018年1月24日、kesäkuuta marketを立ち上げ、1st ミニアルバム『スリーショット』をリリースした。

Twitter(@SaToAsta)

フォトギャラリー