Interview

THE BEAT GARDEN ニュー・アルバムのストレートなタイトルは、彼らのどんな変化を象徴しているのか?

THE BEAT GARDEN ニュー・アルバムのストレートなタイトルは、彼らのどんな変化を象徴しているのか?

「僕たちはこういう者です。やりたい音楽はこれです」という想いの詰まった1stアルバム『I’m』から、「僕たちが届けたいものはこれで、伝えたい人は君です」という、4人の強い意思をカタチにした2ndアルバム『メッセージ』へ。1年半で積み上げたいろいろと、削ぎ落としてきたいろいろ。等身大の気持ちを露わにしたことで生まれた3枚のシングルを経て、THE BEAT GARDENはさらに一歩踏み込み、聴き手の内側に寄り添おうとしている。応援歌、家族、親友のウエディングソング……普遍的ながらグループ初の題材に挑んだ新曲を中心に、アルバムへの想いを語ってもらった。

取材・文 / 山本祥子 撮影 / 高木博史

ちゃんと伝えたい相手が見えているから、こんなにもストレートなタイトルが付けられたと思うんです。

前作『I’m』から考えると思いきったというか。2枚目のアルバムを『メッセージ』と名付けたことだけでも、THE BEAT GARDENの1年半の変化が伝わってきます。

U 確かに。前は音に自由に乗って欲しいのが第一だったから、音の邪魔をしない言葉っていう意識だったんですけども。Beemer(註:THE BEAT GARDENを支持するファンの呼び名)のみんなと触れ合う度に、歌・言葉をちゃんと伝えたいという方向へシフトしていって、その先に生まれたアルバムなので。今回の制作では、REIがずっと「言葉の邪魔をしないトラックを作る」っていうふうに言ってくれてたしね。

REI うん。ちゃんと伝えたい相手が見えているから、こんなにもストレートなタイトルが付けられたと思うんです。

U わかりづらい表現はもういらないんじゃない?っていうのはあったよね、歌詞でも、メロディでも。前は「これ、渋いねー」とかって喜んでたけど、今は伝わる喜びのほうが強くて。楽しく踊ってくれたらもちろん嬉しいけど、今日のライブは届いたかな?ってところにより焦点が当たっている。順位がちょっと変わったような感じがします。

U(vo)

今作の一番の原動力は、ライブやフェスやリリースイベントで顔を合わせてきたファンだったと。

U そうです。前作の頃も自分らしくいたんですけど、それはステージに立った時の僕というか。今はもうステージの上も下もなく、本当の等身大で歌わせてもらってて、それを受け入れてくれたファンの存在がすごく大きくって。いつもTHE BEAT GARDENを大事にしてくれるみんなの背中を、今度は僕らが少し押してあげられるような、大丈夫だよって寄り添ってあげられるような曲=応援歌を作ろうっていうのがまずあって。REIがメロディを上げてくれて、その曲のタイトルが「メッセージ」だったという。

今まで「歌を伝えたいんだ」という想いをUさんやMASATOさんから聞く機会が多かったけど、「メッセージ」や「いつか」のメロディを聴くと、そこを一番意識していたのは実はREIさんだったのかも?!って思いました。

一同 あぁ、確かにねー。

REI 『I’m』をリリースしてからの1年半って時間がかなり影響していて。ファンと対面する機会が増えて、直にみんなの声を聞けるようになって、こういうものを求めてるのかな?っていうことをいろいろ考えていくと、自分はこういう音楽を作って届けたいんだというのが鮮明に見えてきて。個人的に応援歌はずっと作ってみたかったんです。いろいろな時間を経た僕たちだから伝えられる言葉があって、今の僕たちだからこそ歌う意味があるんじゃないかなぁと思って。THE BEAT GARDENの応援歌とはなんぞやって深く深く考えて、このタイミングでリリースした感じですね。

自分たちが歌われたい応援歌でもありますね。頑張っている自分たちを肯定してくれる応援歌が一番響くんで。

具体的に、「メッセージ」のメロディはどんなふうに作っていったのでしょう?

REI 最初は違う曲を出してたんです。けど「メッセージ」のメロディが年明けに生まれて。こっちのほうが、メンバーが歌っている絵が見えるし、歌詞ものせやすいんじゃないかなと思ったので、急遽入れ替えることにして。

年明けってことはギリギリというか、それがタイトル曲になるなんて、すごい!

REI 今回は作ってはレコーディングして、作ってはレコーディングして、1か月で4曲くらい録りました。信じられないよね。

REI(vo)

新曲5曲のうち4曲を1ヶ月で? あれ、1年半振りのアルバムじゃなかったですか?

SATORU あははははは。僕らはテスト前日追い込み型なんで。追い込んで、追い込んで、気持ちを爆発させるっていうね。

MASATO だから曲が完成した後のハイタッチが清々しくて。今回はもうやりきった感がありましたもんね。

しかし年明けにメロディが上がったら、歌詞はそれから書くわけですよね?

U そうなんですよ! だから毎回必死、マジでギリギリでしたよ。ただ「メッセージ」で一度書き直し以外、リテイクしてなくて。「One」も「横顔」も「いつか」も、まぁ「ダンシング・マン」はちょっとあれですけど(笑)。いつもなら、こういう感情になって欲しいからとか、この言葉は音にはまらないからやめようとか、いろいろあるんだけど、今回は4人の中で伝えたいことがはっきりしてたから、歌詞も時間がかからなかったんですね。

1行目の〈なんでも出来そうな気がした あの頃の自分も〉でいきなり、出会ってすぐに上京してきた3人の姿が浮かんだし。経験を重ねるごとに〈臆病な僕〉が顔を出す葛藤もそのまま描かれていて。

U 夢を追い続けているから言えることってきっとあって。いつ叶うかわかんないけど、日本武道館や東京ドームのステージに立った後だったら間違いなく生まれなかった曲ですし、そう話せるのも正直なれた証拠というか。

MASATO 自分たちが歌われたい応援歌でもありますね。「諦めないで」とか、「まだまだいける」とかじゃなく、「僕らは諦めないぞ」っていう闘志の燃やし方でもなくて。頑張っている自分たちを肯定してくれる応援歌が一番響くんで(照)、そのためにも自分たちのリアルを書いていて。

明らかに自分へも歌ってますよね。だって〈未来がある〉じゃないもん。〈未来があるはずだから〉なんだもん。

MASATO ククク。しかもその後に〈きっと〉って、まだわかんないんですもんね。

REI そう考えたら〈きっと、きっと〉って結構言い聞かせてるよね(笑)。

U 僕たちも含めて、今、何かを必死で頑張っている人に届いてくれたら、それでいいんだと思います。

初の応援歌の歌入れはどうでしたか?

MASATO どうだろう、時間で言ったらいつもよりかかった気がするけど。

U やっぱりこう、うまければいいわけじゃないというか。今までの歌入れは、他のメンバーがその場にいなくても進んでいってたんです。けど今回はそれぞれがメロディを書いていて、ここはこういうニュアンスで伝えて欲しいっていうのがいっぱいあったから、かなり意見を出し合ったよね、遠慮なく。その分、時間がかかりましたね。

「メッセージ」でこだわった部分、意見がぶつかった場所というのは?

U 僕が言わせてもらったのはラストの部分。最初は全部ユニゾンだったんですけど、下、上って入ってきたりするほうが前向きに聴こえるんじゃないかって。歌詞がど・ポジティブではないんで、なるべく明るくなるようにハモやコーラスもこだわりましたし。「子音をもっと強く」とか、相当細かいディレクションをし合って録ってましたね。

REI Uさんが話してたラストは、3ヴォーカルだから表現できることだし、あのフレーズを入れたことで「メッセージ」の強さをライブで感じてもらえるんじゃないかなぁと思っていて。だからコーラスはブースに入ってから作ったんです。ユニゾンでロングトーンだったところを、3声にしたほうが響くんじゃないかってっていう議論が生まれて、そこから練っていった感じで。

1 2 >