Interview

「ヌードの先に見えてきたこと」結城モエ、高尾美有、松井りなが篠山紀信とのセッションで得た確信とは!?

「ヌードの先に見えてきたこと」結城モエ、高尾美有、松井りなが篠山紀信とのセッションで得た確信とは!?

さまざまなエロスがインターネットでかんたんに見られるようになり、ヌード写真集というメディアの在り方が変容しつつある今、あえてヌードに挑んだ女たちがいる。
有名大学のミスコン出身者で結成された女子大生ユニット「キャンパスクイーン」の卒業生で女優の結城モエ、高尾美有、松井りなの3人だ。
昨年12月に、あの篠山紀信撮影のヌード写真集シリーズ『première(プルミエール)』を各自発売。今年1月23日には三人で山梨県の清春芸術村を舞台に撮り下ろした『première ラ・リューシュの館』を発売した彼女たち。そこに収められた写真はどこか寓話的でありながら、ひとりの女性がさまざまな葛藤を経て、これまでの自分を脱ぎ捨て、その本質を露わにしてゆくさまを記録したドキュメンタリーのようでもあり、女という生き物の愛らしさや危うさや淫美さや強さといった多面性をありありと物語るものでもある。
実はこの一連の写真集、篠山氏でもなければ事務所でもなく、彼女たち自身によって企画されたものだそう。彼女たちはなぜ今、ヌードになることを決意したのか? 「篠山紀信に撮られる」という経験は彼女たちに何をもたらしたのか? ひとりの女性としての率直な思いを語ってもらった。

取材・文 / 井口啓子 撮影 / 荻原大志

première special edition 『ラ・リューシュの館 結城モエ 高尾美有 松井りな』(撮影:篠山紀信/小学館)より

ヌードになったからこそ、見えてきたもの

そもそも、篠山紀信さんに撮ってもらおうという発案は松井さんによるものだったそうですが…。

松井りな そうですね。すべての元凶は私といっても過言ではないんですが(笑)、最初からヌードを撮ろうとしたわけではなくて、なにか作品集のようなものを作りたかったんですね。それも私ひとりではなく、個性は違うけれど「もう少し前に進みたい」とか「確固たる何かが欲しい」といった思いを抱えている女の子と一緒に作れたらいいなと思って、どうせだったら篠山紀信先生にお願いしたい!って。言うだけ言ってみようという感じで、まさか実現するとは思ってもいませんでした。

この3人で撮ることになったいきさつは…?

松井 最初はもう何人か候補がいたんですが、やっぱりヌードがあるということで、最終的に残ったのがこの3人だった感じですね。

松井りな

皆さん、ヌードには抵抗があったんでしょうか?

高尾美有 やっぱり怖かったですね。最初に篠山先生に「ヌードになれますか?」って聞かれたときは「なれます」って言っちゃったんですけど、これまでの人生で自分がヌードになるとか考えたこともなかったし、やっぱり無理かなって。でも、母親と妹に相談したら、美大生の妹からは「なんで断るの、ヌードはアートだし、篠山紀信に撮ってもらえるチャンスなんて二度とないよ」って説教されて。母親からも「あなたが女優という道を選んだときから私は覚悟してたよ」って言われて。なんで女優として生きていこうと思った自分が覚悟ができていないんだ!? って、悔しくなって…女優として生きていく覚悟の表明としてやろうと決意が固まりましたね。

結城モエ 3人の中では私がいちばん覚悟が決まっていませんでした。単純に嫌だし、ヌードである理由もわからなかったので、篠山先生に「なぜヌードにこだわるんですか?」って聞いたら「それがいちばん美しいと思うから」という答えが返ってきて。「絶対にあなたが世の中に出したいと思うものを撮ってみせる。写真を見て、出したくないと思ったものは出さないから、とりあえず撮ってみよう」って言って下さったので、撮ることにはなったんですが、撮影当日まで覚悟はできませんでした。撮影中も自分の裸なんか美しく見えるのか?って、ずっと不安でしたが、篠山先生は「葛藤がありながらの撮影だからこそ、その人の中身がどんどん写真にも映っていくから」と言われて。実際に出来上がった写真を見たらヌードの写真は嫌だなー、自信ないなーって思ってたから、顔に弱さが出てて…「作り込んでいない、ありのままの美しさ」ってこういうことなんだなって、初めてわかった気がしました。

結城モエ

松井 私は先生に依頼をした時点でヌードも可能性としてあるとは思っていたので、自発的とは言わずとも抵抗はなかったですね。もともとヌードの写真集とかアート作品が好きで、こういうふうに美しく撮ってもらえたら素敵だなと思っていたので、あの篠山先生に撮ってもらえるなんてラッキーって(笑)。今の自分が持ってる美しさとか感情とかって、日々変わっていくもので本当に尊い瞬間じゃないですか? それを作品として残せるのはすごく幸せだし、この2人も最初は迷っていたけど根底にある強さは感じていたので、きっと大丈夫!と思ってました。

一緒に写真集を出した3人ではありますが、個性も違えば、ヌードへの思いも違うのがおもしろいですね。実際に出来上がった作品も三者三様で、アートブックのような独特の世界観を感じさせます。

結城 たぶん撮影前にお話するなかで個々にストーリーやコンセプトを考えて下さったと思うんです。私の場合は、最初はメイクもしていないピュアな女の子がだんだんメイクも濃くなっていってダークな大人の女に墜ちてゆくというストーリーで。どんな女性でも持ち合わせているものが表現されているなと感じました。

高尾 この写真がきれいに写ってるからこれがいいとかじゃない。私の写真集ではあるけど、これはあくまで篠山先生のストーリーであり作品だなと感じたので、写真のセレクトや構成もほぼお任せしましたね。

高尾美有

松井 私の場合、松井は自由奔放だから自由でいいよって言われて、セッションぽく撮って、先生と相談して一緒に作っていった感じだったんですが、自分というよりは他人を見るような、作り手の感覚でやってましたね。

結城 ソロの本は結果的にそれぞれのパーソナルな部分も出たと思うんですが、3人で撮った『première ラ・リューシュの館』はもっと異質な、本当にアートの世界に3人が閉じ込められたような作品集で。すごくシュールで、同じヌード写真でもこんなに違うんだなって発見がありましたね。

篠山さんの印象はいかがでした? 

高尾 やっぱり「すごい人」というイメージがあって、綺麗な方をいっぱい見てらっしゃるんだろうなーって怖くもあったんですが、想像よりも女性的な方で。今まで何をしてきたとか、どう生きてきたとか、本当にひとりの人間として真摯に向き合って下さって…。自分というものを見透かされた気がしたし、だからこそ取り繕うことなく自然体で身を任せることができた気がします。

松井 撮影に入るまでにひとりひとりと話しあう時間をちゃんと作って、信頼関係を築いて下さったのは大きかったですね。写真家としてすごいだけでなく、人としても素敵な方だなと思ったので、自分も負けないで表現していこう!と思えました。

結城 私の場合は身を任せようとも思ってなかったし、自分を表現しようとも思ってなくて、悩んだ末に考えてもしょうがないって、半ば無心で撮られてた感じで…。実は最初にシャッターを切った写真が、『première ラ・リューシュの館』の3人で私がヌードで手の椅子に座っているシーンなんですが、これもこの場所に来たときに突然、篠山先生に「結城、脱いで」って言われて。周りは凍り付いたらしいんですけど、私は頭が停止していたのでサッと脱いでしまって、家に帰り着いた瞬間、張り詰めていたエネルギーが切れて崩れ墜ちました(笑)。

première special edition 『ラ・リューシュの館 結城モエ 高尾美有 松井りな』(撮影:篠山紀信/小学館)より

「ありのままの美しさ」私たちの生き様が出てる写真集

それは強烈な体験でしたね。撮る前と後でご自分の中で変わったものはありますか?

高尾 自分はヌードという言葉に捕われすぎてたなと思いましたね。エロスだけでなく、女性の強さを表現するようなヌード表現もあるんだと気付かされたし、ヌード以外でも、前はカメラの前に立ったら笑わなきゃ、この笑顔がいちばん自分らしいって思っていたのが、篠山先生に「あなたの笑いの中には悲しみとか怒りがあるね。シリアスな顔もおもしろいよ」って言われて、自分で自分の可能性を狭めてたんだなって気付きました。あと、篠山先生はもちろん、メイクさんもスタイリストさんも、世界で活躍されている一流の方達がいい作品を作るという目標に全力で向かってる姿を目の当たりにして、カッコイイな、自分もそうなりたいなって、仕事に対する意識もガラリと変わりました。

高尾美有

結城 ヌードに対する意識は全然変わってなくて、恥ずかしいのは恥ずかしいし、もうやる気もないけど、自分自身はすごく変わりましたね。私はこれまで人と接するとき、自分を良く繕っちゃって、女優の仕事のときに自分本来の良さをうまく表現できなかったりする葛藤があったんです。でも今回を経て、ありのままでいればいいんだって吹っ切れた気がします。

結城モエ

松井 身体的なコンプレックスはたくさんあるし、人に偉そうに見せられるような存在ではないんですが、今回はあえて身体を作り込んだりはせず、ありのままを曝け出すことで今の自分を肯定することができた気がします。いい意味で欲とか好奇心も出てきて、女優などの表現者としても自己をブラッシュアップしたいし、写真集や映像などの作り手としても本気でチャレンジしていきたいですね。

松井りな

今ってヌードや性の在り方も多様化していますが、これは男性に媚びたヌードではなく、むしろ女性に寄り添ったヌードなので女性にぜひ見てもらいたいですよね。

松井 そうなんですよね。私の男友達はこれを見て「お前カッコイイな。全然エロくないし」って言ってくれて(笑)。男性もそういう見方をしてくれるんだって嬉しかったんですが、やっぱり特に女性には「私もあなたも完璧ではないけど、このままで美しいんだ」っていうメッセージを込めたつもりです。

première special edition 『ラ・リューシュの館 結城モエ 高尾美有 松井りな』(撮影:篠山紀信/小学館)より

高尾 私もビールの売り子をしてたので足の変なところに筋肉がついてるのがコンプレックスだったんですが、篠山先生がそれはあなたが生きてきた証でしょって言って下さって、ヌードってそういうおもしろさもあるんだって感動したし、トークショーでも女性の方がけっこう来て下さったんですが、それはヌード云々ではなく、そこにひとりひとりの生き様が出てるからで、女性の方にはぜひそこを見て欲しいです。

結城 山梨でお菓子づくりをされてる会社の方は、これを見て「ものづくりをしている人には価値がわかるものです」っておっしゃって下さったんです。若いパティシェを育てるとき、まず覚悟を持てと言われるらしいんですが、今は覚悟って何ですか?という子が多いらしくて、「今度からはこれを見せます」と。私自身はこの本はヌードとかアートとか、男性目線とか女性目線とかを超えた、私たちの生き様が出てると思うので、そこに共感してもらえたら嬉しいですね。


追記:エンタメステーション オフィシャルInstagramにて、Instagram限定公開の撮り下ろし写真を掲載しました! そちらも是非チェックしてみてください!

フォトギャラリー

première special edition
『ラ・リューシュの館 結城モエ 高尾美有 松井りな』

撮影:篠山紀信
定価:¥3,800+税
発売:2019年1月23日
仕様:B5判/128ページ
ISBN:9784096822869
発売元:小学館

関連写真集

結城モエ写真集『première moe yuki』
高尾美有写真集『première miyu takao』
松井りな写真集『première rina matsui』

発売中
撮影:篠山紀信
価格:各¥3,800+税
仕様:B5変形 128ページ
発行:小学館

結城モエ(Moe Yuki)

1994年生まれ、福岡県出身。慶應義塾大学法学部卒。ドラマ「脳にスマホが埋められた!」(2017)「探偵が早すぎる」(18)に出演。特技はピアノ、趣味はランニング。
Instagram(@moe_yuki_)

高尾美有(Miyu Takao)

1996年生まれ、岡山県出身。帝京大学経済学部卒。舞台やTV、ラジオなどで活躍。趣味は絵を描くこと。特技はピアノ、スキー、ランニング。
Instagram(@miyu_takao)

松井りな(Rina Matsui)

1993年生まれ、東京都出身。中央大学文学部卒。舞台やTV、ラジオなどで活躍。特技は水泳や英語、歌。趣味は映画鑑賞やスポーツ観戦。
Instagram(@rina_m1116)