黒川文雄のエンタメ異人伝  vol. 26

Interview

稀代のゲームプロデューサー「シブサワ・コウ」襟川陽一氏(中)ゲーム作りの大原則

稀代のゲームプロデューサー「シブサワ・コウ」襟川陽一氏(中)ゲーム作りの大原則

音楽、映画、ゲームなどを総称するエンタテインメントは、人類の歴史とともに生まれ、時代に愛され、変化と進化を遂げてきました。 そこには、それらを創り、育て、成熟へ導いた情熱に溢れた人々がいます。この偉人であり、異人たちにフォーカスしインタビュー形式で紹介するエンタメ異人伝。

2017年7月23日から三日間に渡って掲載された「エンタメ異人伝」の6話にコーエーテクモホールディングス 襟川惠子代表取締役会長に登場いただきました。

ビデオゲーム産業界での襟川代表取締役会長の活躍はすでに多くの人の知るところですが、「エンタメ異人伝」のインタビューでは、女史のプライベートな半生を振り返るものとなり、記事として好評を博しました。そこで語られたのは、私人としてのものが多かったことがその理由だと思います。

そして今回、襟川惠子の夫である、「シブサワ・コウ」こと襟川陽一の取材においては、先の「エンタメ異人伝」で語られた陽一との出会いなどを含めて、反証となる部分も大いに聞きたかった部分です。

ビデオゲーム産業界の始まりとともに、ゲームソフト開発にその人生の大半の時間を共にした二人、約40年、夫唱婦随(ふしょうふずい)とは若干色合いが異なりますが、パートナーとしてのお互いの存在があったからこそ、今に至る歴史が紡がれたのではないでしょうか。

今回の「エンタメ異人伝」は、襟川惠子、襟川陽一、このふたりで歩んだ人生を襟川陽一にフォーカスし、彼の目線で語るものです。最後までお付き合いください。

(敬称略)

※本記事は3回にわたってお届けするインタビューの第2回です。第1回(上)はこちら

インタビュー取材・文 / 黒川文雄


通信販売を始めてみたら現金封筒が驚くほどたくさん来ましたからね

パソコンショップもされていたんですか?

襟川 ええ、ショップでパソコンを売っていました。それが「光栄マイコンシステム」です。

「光栄マイコンシステム」ってショップの名前だったんですか。

襟川 ええ、ショップ名だったんです。

てっきりブランド名だと思っていました。これは失礼しました。では、その頃はショップも経営されていたと。

襟川 そうです。ゲーム開発のほうが忙しくなったので、ショップの方は2年ぐらいで止めましたけれども。

そのあと『地底探検』(注10)や『コンバット』(注11)などを手掛けられて、完全にゲームパブリッシャーになられたんですよね。

注10:5人組みのパーティで地底を探索していくRPG風シミュレーションゲーム。1982年発売。

注11:往年の人気海外ドラマ『コンバット』をベースにした戦略シミュレーション。1982年発売。

襟川 染料工業薬品の販売の仕事は止めて、もうゲームが100%になりました。とにかくゲームを作るのが楽しい。遊ぶのも楽しい。しかも、それをお客様に喜んでいただける。そこにすごくやりがいを感じまして、ゲームソフト開発を専業にしたんです。

恵子会長はゲームという新規のジャンルを専業にすることに、あまり抵抗はなかったのでしょうか?

襟川 もしかしたら思うところはあったかもしれませんけど、先ほど申しました通り、通信販売を始めてみたら現金封筒が驚くほどたくさん来ましたからね。二人ともビックリしてしまって。仕事の内容はまったく違いますけど、私は(ゲームに)可能性を感じましたし、会長もそうだったと思います。本業の染料工業薬品の販売のほうも順調にいっていなかったですしね。

『ストロベリーポルノシリーズ』について訊く

いや、すごいお話ですね。当時作られたソフトの中に「ストロベリーポルノシリーズ」(注12)がありましたよね。一部の記事で読んだこともあるので、ちょっとお聞きしたいのですが、大丈夫ですか?

注12:1980年代前半に光栄がパソコン向けに発売していたアダルトゲームのレーベル。

襟川 ええ、最初に作ったのは『ナイトライフ』ですね。これは実用的なソフトでして、当時の長崎大学医学部の先生から褒めていただいたものです。今も不妊治療はありますけども、当時もなかなかお子さんができないとか、そういう話があったんですよね。で、「オギノ式」(注13)という妊娠しやすい周期を計る方式をうまくプログラムにすれば、世の中の役に立つんじゃないかと考えました。そこに48手の表とか裏とか、100年分セーブできますとか、ちょっとしたエンタメ性を入れたわけです。ソフトがスタートすると、ああしろこうしろと色々指示が出てきて、充実したナイトライフが過ごせますよという(笑)。

注13:女性の月経周期に基づいて妊娠しやすい時期や妊娠しにくい時期を計算する方式。医学博士の荻野久作氏が提唱した学説であることからこのように呼ばれる。

アハハハハ、いいですね。遊び心があって。

襟川 これがすごく売れたんですね。それがきっかけになって、もっとゲームっぽくできないか、エンタメの世界にならないかっていうので作ったのが『団地妻の誘惑』です。コンドームのセールスマンが主人公なんですけど、ヤクザとか、きれいなお姉さんとか、妖艶な人妻とか、いろんな人が出てきまして。越ケ谷の団地で、そういう人たちと交渉しながらコンドームを売っていくっていうロールプレイングゲームでした。

面白いですよね。

襟川 これもすごく好評を博しまして、2番目に作ったのが『オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか?』。ダッチワイフが男どもに「いいかげんにしろ」って反乱するゲームです。

フィリップ・K・ディックの小説(注14)がベースですよね。

注14:SF映画の傑作『ブレードランナー』の原作である『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』のこと。『オランダ妻~』はこの作品のパロディ的内容になっている。

襟川 そう、そうです。これも非常に好評でした。

なぜ、こういったものを作ろうと思われたのでしょうか。

襟川 新ジャンルにどんどん挑戦していこうということで、ロールプレイングゲームやアドベンチャーゲームやアクションゲームなど、シミュレーション以外の作品もいろいろ作っていたんです。そのひとつとして艶笑落語的といいますか、大人のちょっとした楽しみがゲームになるようなものを作ってみようかなと。ほかの会社はそういうものをあまり作っていなかったですから。でも、ちょうど会社が急成長している時期で、そういうソフトを出していると上場審査で問題になる恐れがあると、中止したほうがいいというアドバイスをいただきまして、そこで止めました。

1 2 3 4 >
vol.25
vol.26