Interview

SF9 アルバムリード曲「Enough」は、ナルシストがモチーフ! シースルー衣装でセクシーさも倍増!

SF9 アルバムリード曲「Enough」は、ナルシストがモチーフ! シースルー衣装でセクシーさも倍増!

SF9の日本2ndアルバム『ILLUMINATE』が完成。つい先日まで活動していた韓国最新曲の日本語バージョン「Enough -Japanese ver.-」がリード曲になっているが、「君を見つめるのは 僕一人だけでいい」と歌うこの曲、男の嫉妬を歌ったものかと思いきや、その愛情の対象はなんと自分自身という<ナルシスト>がテーマ。水面に映る自分の姿に恋い焦がれて命を落としたギリシャ神話「ナルキッソス」がモチーフだという新曲や、アルバム曲にまつわるエピソードを9人がたっぷり語ってくれた。

取材・文 / 坂本ゆかり

「今年1年の日本活動に力を入れて輝きたい」というSF9の意思も盛り込まれています

ヨンビン

日本2ndアルバムがリリースされました! タイトル『ILLUMINATE』にはどんな意味が込められているのでしょう。

ヨンビン まずは、日本のFANTASY(SF9のファン)の皆さんを「もっと明るく照らしてあげたい」という想いがあります。そして「今年1年の日本活動に力を入れて輝きたい」というSF9の意思も盛り込まれています。アルバム『ILLUMINATE』には、韓国活動曲の日本語バージョンを中心に、ファンの皆さんに人気の高い曲を日本語にしたものを収録しました。僕たちのさまざまな姿が見られるアルバムになっています。

つい先日まで韓国で活動していた新曲の日本語バージョン「Enough -Japanese ver.-」がリード曲になっているんですね。

フィヨン はい。「Enough -Japanese ver.-」は、ナルシストの語源になったギリシャ神話のナルキッソスの物語を素材としています。自分のことを愛するという、ちょっと不思議だけどセクシーな曲です。前作シングル「Now or Never -Japanese ver.-」もセクシーがテーマだったけど、それよりもっとディープなセクシーなんです(笑)。

ヨンビン 確かこの曲はメンバー全員が一緒にいるときに初めて聴いたのですが、満場一致で「あ、これいいね」、「気に入った!」って言っていたのを覚えています。韓国語のタイトルは「イエッポジチマ(これ以上綺麗になるな)」なのですが、「どう解釈して表現すればいいのかな…」って悩んだんだです。でも「あぁ、コンセプトになっているナルキッソスを頭に思い描いて表現すればいいんだろうな」って。

ジュホ 個人的には、ひさびさにダンスブレイクがある曲なので、ダンスがポイントになっていると思います。音楽的にも様々なジャンルを取り入れている曲で。

インソン サウンド的には、レゲエっぽいリズムも入っていたり、僕たちも初めてのタイプの曲で。僕たちは、常に何か新しい試みをしようと心がけているんです。皆さんに、新しい姿を見てもらえるように!

そうなんですね。ナルシストは「自分のハマっている人」ですが、皆さんが今、ハマっているものは ?

ダウォン ジェユンくんは、筋トレでしょ?

ジェユン いや、違うって(笑)。ダウォンくんのセクシーさにハマってるかな(笑)。ほら、衣装もシースルーでセクシーだし、目が離せませんよ。

ダウォン 僕はロウンくんにハマってます。ライブのときがカッコいいんですよ! 歌いながら自分に酔って涙を流すんです。まさに「Enough」の世界! あのカッコよさなら、自分に惚れちゃうね。思わず僕も感動で泣ける(笑)。

インソン 僕はフィヨンくんの髪型ですね。ちょっと長めでパーマがかかっていて、本当にカッコいいですよね。手触りもすごくサラサラで柔らかくて、触るたびにカワイイなって思うから。僕もちょっと髪を伸ばしてみようかな? 

ヨンビン う~ん、メンバー一人ひとりが魅力的だけど、今はチャニくんにハマっています。チャニくんの出ていたドラマ『SKYキャッスル』がすごくおもしろくて! ドラマにハマっていたので(笑)。

ジュホ 僕もチャニくんのドラマ、ハマって見ていました。受験戦争や階級社会にミステリーの要素も絡んでいて、韓国では大ヒットしたんです。あと最近のことなんですけれどインソンくんが『覆面歌王』(顔を覆面で隠して、歌の実力だけでバトルする番組)に出たのもすごくカッコいいなって思いました。

ロウン うん、インソンくんの歌声はいいよね。歌の実力があるっていうのはもちろんだけど、インソンくんの歌は、感動を与えてくれるんです。その歌声を聴いたら、涙が出ちゃう。もう泣かせないで欲しい。「感動を与えるのはもうやめてくれ!」って思います(笑)。

チャニ 僕は常に、寝ることにハマっています。寝起きも悪いんですよ…、ハハハ(笑)。

フィヨン 音楽にハマっています。相変わらず、ヒップホップをよく聴いています。

テヤン 僕は、なんだろう…。(フィヨン:服じゃない?)あ、そうだ。最近は服ですね。スタイリッシュで大人っぽい感じが好き。ジェユンくんとダウォンくんもおしゃれなので、彼らの動向もチェックしています(笑)。

リード曲「Enough -Japanese ver.-」は、韓国の最新ミニアルバム『Narcissus』に収録されている曲の日本語バージョンですが、「LIFE IS SO BEAUTIFUL」もこのアルバムに収録されている新曲の日本語バージョンですよね。

フィヨン はい。この曲は、ジュホくんが作ってくれました。「人生は美しい」というテーマを歌っていす。やっぱり生きて入れば、美しいことばかり、幸せなことばかりだけじゃないですよね。時にはキツい1日が訪れたりするんだけど、そんな中でも希望を忘れず生きていこうという歌になっています。

今こうやって活動できていることが「LIFE IS SO BEAUTIFUL」だと思います

インソン

ジェユン

「ポジティブに!」ってことですね。みなさんが「LIFE IS SO BEAUTIFUL」と思った瞬間とは?

ヨンビン 僕もまだ27歳なので、人生を語るほど生きてないような気がしますけれど(笑)。あえて言うならメンバーと出会ってこうやってデビューして、自分たちがやりたいことができている今…、じゃないかと思います。他のメンバーはどうかわからないけれど、今こうやって活動できていることが「LIFE IS SO BEAUTIFUL」だと思います。

ジュホ そうだね、僕もまだそんなに長く生きていないので、人生が美しいと感じるというより、人生は美しくあってほしい、美しい人生だといいな…と思っています。

ジェユン うん、僕もこれからの人生に美しい瞬間がたくさんあってほしい。あえて今までの人生でいうと、やっぱりSF9になれたことかな。

ロウン そうだね、夢がかなったときってことだよね。僕たちでいうと、デビューしたいという願いが叶ったとき、そしてデビューしてからは、たくさんの人に愛されたいという願いが叶ったとき…、ですよね。

ダウォン 僕はただ幸せに生きていければいいな~。それだけで美しい人生なんじゃないかな。

インソン きっと誰にとっても、その人の人生は美しいものだと思います。みんな、自分の人生をより美しく花咲かせるための努力してるじゃないですか。時期は短いかもしれないけれど、全ての人の人生は美しい。今この瞬間も、とても美しい瞬間だと思います。

フィヨン 僕は日々の日課をこなしていく中にも、美しい人生って存在すると思います。僕たちは都会で、毎日いろんな意味での戦いをして、いろんな変化の中で過ごしています。自分もまわりも、すごい速度で変化をしています。でも、ちょっと都会を離れて遠くから街の灯りを見てみると、そこからは大きな変化なんて見えない。俯瞰から見ることの大切さを知るというか…、そう気付いたときに忙しい日々も美しいと思えました。

一同 なんか、詩的だなー、パチパチ(拍手)。

テヤン 僕は朝、太陽が登るとき。それを見るときに美しいと思います。

チャニ テヤンは、韓国語で太陽っていう意味だからね(笑)。僕は逆です。太陽を見ないこと。寝ることが一番美しくて。寝ているときに人生が美しいと思います。僕の安住の地は、ベッドの中です(笑)。

チャートも1作ごとに上がっているので、アルバム『ILLUMINATE』も前作よりも下がらないことを目標にしなきゃ!

ダウォン

ロウン

アルバム『ILLUMINATE』には、これまで日本でリリースされたシングル曲も収録されています。前作のシングル「Now or Never」は、日本のドラマの主題歌になりましたよね。皆さんも出演していた日本の俳優さんにお会いしたんですよね?

ヨンビン はい。『KBOYS』というドラマで、俳優さん達にもお会いしましたかれど、皆さん、カッコよかったですよ。SF9の曲が日本のドラマに使われたことが、すごく嬉しかったな。僕たちは日本でもたくさんの活動をしてきましたけれど、初めての経験だったので。今後の活動の励みにもなります。

「Now or Never」は、オリコンウィークリーランキング3位を記録しました。リリースごとにチャートも売り上げ枚数も上がっていますよね。日本での人気を実感しているんじゃないかと思うのですが。

ロウン まだまだ実感するのは難しいですね。これで満足することなく、この状況に安住することなく、もっと頑張っていきたいし。チャートも1作ごとに上がっているので、アルバム『ILLUMINATE』も前作よりも下がらないことを目標にしなきゃ!

僕たちがこうやって世界で活動ができるのは、今まで先輩方が道を築いてきてくれてからこそです

ジュホ

テヤン

日本だけでなく、アメリカのビルボードで「2019年反響を呼ぶK-POPグループ」に選ばれました。去年はアメリカでもファンミーティングを行いましたし、今年は、アメリカとヨーロッパでツアーも行います。人気もグローバルですね。

ダウォン アメリカのファンの方たちは、すごく情熱的です。 盛り上がって楽しんでくれていましたよ。

ロウン 僕たちがこうやって世界で活動ができるのは、今まで先輩方が道を築いてきてくれてからこそです。僕たちがその後について活動ができているので、本当に感謝すべきことですよね。だから自分たちのためにも、後輩たちのためにも、日本でも世界でも一生懸命努力をしていきたいと思っています。

世界で活躍するSF9のみなさんだから知っている、世界と比べて「日本のここがおもしろい!」っていう部分、ありますか?

ロウン 日本は、自動販売機文化がすごく発達していますよね。パンとか、ポケモンだって自動販売機で売ってるし。本当にいろんな種類があって、見るだけでも楽しいなって思います。

インソン あと、コンビニがレストランみたいなのもスゴイですよ(笑)。何でもあるし、何でも美味しいし。僕は日本のコンビニに行くと、つい焼き鳥を買っちゃいます。でも一番ステキなのは、日本の皆さんがすごく親切だってことです。日本には、いい思い出しかないなぁ。

アルバム『ILLUMINATE』がリリースされた後には、『SF9 2019 ZEPP TOUR“ILLUMINATE”』が開催されます。前回の『MAMMA MIA!ツアー』で印象に残っていることはありますか?

ヨンビン 今回のアルバムにも収録されている「Dear Fantasy」というファンソングを初めて公開したんですよね…。ファンの皆さんもとっても楽しみにしていてくれたみたいで、中には一緒に歌ってくれる方もいたし、そのときの皆さんの笑顔がすごく印象に残っています。

なんでインタビューでネタバレしなかったのかが分かると思うんです。そういうステージをお見せできると思っています

フィヨン

チャニ

もちろん今回のツアーでも、ファンのための曲「Dear Fantasy」を歌ってくれることと思います。でもまだ、SF9のツアーに行こうかどうか迷っている人もいると思うんです。そんな方に最後にメッセージを!

ヨンビン 今回のライブでも、いろいろなスペシャルステージを用意しています。この場でネタバレをすればたくさんの方が興味を持ってくださるとは思うけれど、すごく大事に準備をしている部分なので、あえて秘密にしておきますね(笑)。記事を見て「教えてくれないのか。ちょっと残念だな」って思った方は、その気持ちそのままに来てくだされば、なんでインタビューでネタバレしなかったのかが分かると思うんです。そういうステージをお見せできると思っています。僕たち自身もすごく楽しみにしているツアーです。一緒に楽しみましょう!

その他のSF9の作品はこちらへ。

ライブ情報

4月2日(火)東京 Zepp Tokyo 18:00開場/ 19:00開演
4月4日(木)愛知 Zepp Nagoya 18:00開場/ 19:00開演
4月5日(金)大阪 Zepp Namba 18:00開場/ 19:00開演

*詳細はオフィシャルサイトへ

SF9

2016年10月5日 シングル『Feeling Sensation』で韓国デビュー。9人組韓国ダンスボーイズグループ。
グループ名は「Sensational Feeling 9」の頭文字からとったもので「世界を驚かせる少年たち」を表しており、さらに漢字「久」を数字「9」に形象化し、チームの活動と人気が永遠に続くという意味も込められている。

オフィシャルサイト
http://sf9-official.jp