Interview

シンガーとして覚醒した桐谷健太が込めた音楽への想い

シンガーとして覚醒した桐谷健太が込めた音楽への想い

桐谷健太が初のアルバム『香音-KANON-』をリリースした。2016年上半期最大の配信ヒットを記録した「海の声」、桐谷自身が初めて作詞を手がけた表題曲「香音-KANON-」などを収録した本作には、エモーショナルかつ多彩な表現を備えた“シンガー・桐谷健太”の魅力がたっぷりと詰まっている。アルバムの制作について語ってもらったこのインタビューからも、彼のなかにある音楽愛、歌への想いを感じてもらえるはずだ。

取材・文/森 朋之 撮影/荻原大志


“桐谷健太”としての初めてのアルバム『香音-KANON-』が発表されました。ここから本格的にアーティスト活動が始まりますね。

そこは意外と何も考えてないんですよ、じつは(笑)。もともと音楽も歌も好きなので、お仕事として音楽活動をやらせてもらえるのはすごく嬉しいですし、機会を与えていただければ「ぜひ歌わせてください」という気持ちになりますけど、アーティスト活動を何がなんでも掴んでおきたいという感じではなくて。特にこういうアルバムの場合、自分で生み出したり、みんなで一緒に作り上げるという部分が出てきますからね。それを「やらないといけない」ではなく、僕自身が楽しみながらやれるのであれば、いつまでも続けていきたいことなんですけどね

なるほど。アルバムのタイトル曲「香音-KANON-」では初めて作詞を担当していますが、楽しみながら作ることは出来ましたか?

そうですね、高校の同級生と一緒に作ったので(作曲の“Marihiko Hara&Polar M”のメンバー””Polar Mは桐谷の高校時代の友人)。僕は感覚的なことしか言えないから(楽曲のイメージについて)「木漏れ日の光の…」とか「夕方の帰り道に聞いたらいい感じの曲」みたいなことを伝えてたんですけど――何もかも初めてだから、それしか出来なかったんですよね――見事に自分のイメージにハマる楽曲を作ってくれて。すごくいいなと思ったし、同時に「この曲の世界観と共に生きる歌詞を書かないといけない」という気持ちにもなって。

kiritani_kanon_1382

大切な人が自然と思い浮かぶような、大らかで優しい歌ですよね。

サビ(「忘れないで 忘れないで/君の心に花がある」)は曲を聴いたと同時に浮かんできたんですけど、あとの部分はなかなか出てこなかった。考えて作ったり、狙って作ることが出来る方はすごいと思いますけど、俺にはそれは出来ない。だから「時間はかかるけど、生まれて来るまで待とう」思ったんです。“作る”というよりも“生む”という感覚を大事にしたいな、と。そしたら、見事になかなか生まれてこなくて(笑)、時間ばかりが迫ってきて。Aメロ、Bメロの歌詞が出て来たのは、本番ちょっと前のプリプロのときだったんです。転調する部分の「生まれたその理由(わけ)を 僕は今気付いたよ」の歌詞は、本番のレコーディングの前日の深夜に散歩しているときにフッと出てきて。1曲の歌詞にそこまで集中させてもらったのは、すごく贅沢な時間でしたね。

まさに“生み出す”という感覚を味わえたわけですね。

そうですね。役者というのは“1”を広げていく作業なんですよ。セリフだったり、自分が演じるキャラクターがあって、それを自分なりに広げていくっていう。今回の場合は“0”を“1”していくという、まったく違うアプローチだったんです。それはすごく刺激的だし、楽しかったですね。でも、難しいですよね、歌詞は。だって、自分でいかようにも出来るわけじゃないですか。自分の趣味のことをバーッと書いてもいいわけだし…。まあ、「知らんがな」って言われるでしょうけど(笑)。

そうかも(笑)。

最初にこの曲を聴いたとき、空がめっちゃ綺麗だったんですよね。だから「この情景に合うような歌詞にしたい」という気持ちもあって。そのときの光の具合だったり、切ない感じだったり、そういうビジュアルは頭のなかにありました。母音が大事なんだなということにも気づきましたね。言葉としては良くても、歌ってみたときに「この音じゃないな」と感じることもあったので。出来上がった曲にはすごく満足してるんですけど、最近、歌番組などで歌わせもらって「難しいな」ということにも気付いて。

kiritani_kanon_1388

表現力が求められる楽曲ですよね。

すごく繊細なんですよね。「海の声」は気持ちでガツン!といけるんですよ。♪ 空の声が ♪というところでガーン!と気持ちを上げられるし、緊張も飛ばせるので。「香音-KANON-」はそうじゃなくて、もっと慎重に慎重に歌わないとブレてしまうので。自分でも「何ちゅう難しい曲を作ったんだろう」って思います(笑)。ただ、いちばん大事なのは気持ちで歌うことですからね。もちろん、すごく思い入れがある曲だし。

「海の声」という曲は、聴いてくれている、そして歌ってくれている、ひとりひとり、みなさんのものなんだなって。

アルバムには「海の声」も収録されています。2016年前半の最大のヒット曲のひとつだし、桐谷さんの歌声をたくさんの人に届けた曲だと思うのですが、桐谷さん自身はこの楽曲をどう捉えていますか?

すごい曲に出会ったんだなと、まず思いますね。もともとは、僕がバラエティ番組で三線を弾いていたのをCMプランナーの方が観てくださったのがきっかけなんです。その方は前に出した「喜びの歌」も聴いてくれていて、auのCMで「浦島太郎として、浜辺で歌ってほしい」と言ってくれて。しかも三線も弾かせてもらえて、めっちゃ嬉しかったんですよね。三線は好きで始めたんですけど、それがつながってくれたんだなって。楽曲はレコーディングの3日前に聴かせてもらって、すぐに「めっちゃいい!」と思って。レコーディングの経験もほとんどなかったし、自分が歌ったらどういう感じになるのかぜんぜんわからなかったけど、とにかくCMでたくさんの人に聴いてもらえることが嬉しくて。あとはただ気持ちを込めて歌わせてもらって…。そしたらこういうことになるなんて、考えてもなかったですね。

kiritani_kanon_1410

歌の力、曲の力ですよね。

音楽の凄さだと思います。CMでは15秒とか30秒ですが、それだけで人の気持ちを惹きつけたり、もっと言えば世界を変える力があるんだなって。自分自身も音楽に支えられた経験がすごくありますし。役者の場合、2時間の映画だったり、ドラマを続けて観て、異世界に連れてって感動してもらえる素晴らしさがある。でも音楽は、いきなりボン!って伝わる。それも本当に凄いことですよね。散歩してたら、子供たちが一列に並んで「“海の~声が~”って歌ってる浦ちゃんですか?」って声をかけてきたり、70代、80代の方からお手紙をもらうこともあって。大切な人が天国に行ってしまった方から「こんなにも救われると思いませんでした」みたいなことを言ってもらえると「これはもう俺の歌ではないな」と思うんですよね。俺は代表で歌わせてもらってるだけやなと。「海の声」という曲は、大切な人を想って聴いてくれている、そして歌ってくれている、ひとりひとり、みなさんのものなんだなって。そうやって世の中をちょっとでも明るくするお手伝いが出来たことは、すごく嬉しいですね。

3曲目に収録されている「何か」も素晴らしいですね。クールなグルーヴがすごく印象的でした。

デジタルロックのテイストもあるし、ちょっと色気のある曲ですよね。この曲の作詞家は僕のマネージャーなんです。もう15年くらい一緒に仕事をしているんですけど、この歌詞を読んだときは「すごくいいな」と思いましたね。

「今日も大切な何かが生まれ/大切な何かが消えてゆく世界で」というフレーズが軸になっていて。

そうですね。この曲は詞先なんですが、「ぜひこの歌詞の世界観を表現したい」と思ったし、自分が得意な声の表情が出せる曲になったと思います。

kiritani_kanon_1420

さらに“河野勇作(桐谷健太)×THE イナズマ戦隊”名義でリリースされた「喜びの歌」「君の旅路に桜が笑う」も収録。こちらは生々しいロックサウンドの曲になっていて、アルバム全体の音楽性の幅はすごく広いですよね。桐谷さん自身は普段どんな音楽が好きなんですか?

何でも聴くほうですね。子供の頃は母親にモーツァルトとシンセサイザーの喜多郎さんを聴かせてもらっていて。自分で初めて買ったのは「ドラゴンクエスト3」のサントラなんですよ。中学くらいになると当時流行っていたJ-POPを聴いたり、高校生のときにニルヴァーナと出会って。ほんで邦楽のバンドですね。エレファントカシマシ、THE BOOM、ザ・ブルーハーツ、ユニコーン、くるりとか。最近はジャズも素敵だなって思うし、ブルースも好きだし。

ジャンルレスですね! これから歌ってみたい楽曲もいろいろあるのでは?

うん、ありますね。役者の場合は、想像もしていなかった役をやらせてもらえるのがおもしろかったりするんですよ。まさか浦島太郎をやるとは思ってなかったし(笑)。音楽の場合、さっきも言ったように自分で“0”から“1”を作るアプローチがあるっていうのがいいところだと思うんです。ラップもやってみたいし、打ち込みのトラックに言葉を乗せるポエトリー・リーディング的なこともおもしろいだろうし。ファミコンみたいなデジタルな音にも声を乗せてみたいし、シンプルなギターの弾き語りもいいし――やりたいことはいろいろありますね、ホントに。

音楽活動が広がることで、いろいろな変化も生まれそうですね。

そうですね。7月、8月はプロモーションやアルバムの作業が多かったんですけど、久々にお芝居をやらせてもらったら、以前とはちょっと感覚が違っていたんです。それがおもしろかったし、すごく嬉しかったんですよね。ずっと同じところにいるだけではなくて、新鮮な経験をすることで風通しが良くなったというか。今回は音楽でしたけど、次はプライベートな出来事かもしれないし、もしかしたら、お笑いかもしれないし。いろんな経験を通して、身体と脳の風通しを常に良くしておきたいですね。

kiritani_kanon_1385

プロフィール

桐谷健太(きりたに けんた)

1980年2月4日 大阪府出身
血液型:O型
身長:181cm

1趣味:旅 特技:ドラム・三線

12002年、テレビドラマ『九龍で会いましょう』の山崎ケン役で俳優としてデビュー。
以降多岐にわたる映画・ドラマ等に出演、野性味と繊細さを兼ね備えた演技で独自のスタイルを築き、オリジナリティ溢れる役者として高い評価を得ている。
高校時代は軽音楽部に所属、表現力溢れるヴォーカリストであると共に、ミュージシャンとしての豊かな音楽感性を持ち合わせ、ドラム・ギター・三線を弾きこなす。 映画『BECK』でのラップ・ボーカルパフォーマンス、映画『ソラニン』でのドラム・プレイ、“au三太郎シリーズTVCMオリジナルソング”としてオンエアされ70万DL突破を記録している『海の声』での三線など数々の映像の中でその多才さを発揮している。
今後の活動としては、2016年6月25日公開の映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」に「地獄図(ヘルズ)」のドラマー・COZY役として出演、また2016年6月17日からスタートするNHKドラマ10「水族館ガール」では飼育員役、さらに2017年2月25日公開の映画「彼らが本気で編むときは、」ではトランスジェンダーの女性と交際する男性という新機軸の役にもトライ、さらなる演技の可能性を広げている。
公式サイトhttp://hot-road.jp/