Interview

廣瀬智紀があなたの“ヒーロー”になる。舞台「HERO~2019夏~」から見えてくる、誰かを大切に想う気持ち

廣瀬智紀があなたの“ヒーロー”になる。舞台「HERO~2019夏~」から見えてくる、誰かを大切に想う気持ち

自分の表現で人の心を動かしたい。人のために何ができるのか

そんな廣瀬さんが役者を続けられるモチベーションはなんでしょう。

初舞台のときに、どうしていいのかまったくわからないなかで、がむしゃらにお芝居をして千秋楽まで続けられたのは、最後まで諦めずに演出してくれた演出家や稽古にずっと付き合ってくれた役者仲間がいたからこそで。もちろん、舞台が終わったあとにいただく拍手も嬉しいものですし。でも、ひとつの舞台が終わるだけではお芝居のことがわからず。結局どの作品もそうなのですが、「お芝居をすることは楽しい」と考えているうちに終わってしまうので、「もうちょっとやってみよう」とずっと思いながら役者を続けています。

それでは役者としての成長にご自身で気づくことはあるのですか。

いろいろな作品に出演して、とある作品がきっかけで自分の中で新しい世界が広がったことはありますが、自分の表現で人の心を動かしたい気持ちがまずあって、人のために何ができるのかを最も大事にしているので、お芝居だけでなくて、ファンクラブのイベントでも、ファンの方たちが元気になって明日への糧になれば、仕事をする意味があると思っているんです。

多くの方のサポートで、僕の表現に繋がっている

役者という以上に“廣瀬智紀”という“表現者”なんですね。

それでも、昔の自分から見ればよくやっているかなと自分で思います(笑)。やはり陰にあるものは、周りの方の力添えですよね。両親もそうですし、マネージメントしてくださる方、一緒にお仕事をしてくださる方、こうやって取材を受けて記事を書いてくださる方。そういった多くの方のサポートがすべて、僕の表現に繋がっていると思います。ただ、大切なのは、自分だけの力ではないと理解したうえで、僕ができることを僕自身が見つけなくてはいけない。周りに支えてもらいながら、自分がどう発信していくのかを考えることは永遠の課題です。

廣瀬さんという役者は今後どのようになっていくと思いますか。

いつまでも終わりがないのですが、僕だけではなくて、仕事に携わっているみんなの人生を変えることのできる意識の高い現場をつねにつくることです。今作が“HERO”というタイトルだからというわけではないのですが、僕は誰かの“ヒーロー”になるべく役者という仕事を選んだからこそ、“ヒーロー”のように確固たる自分を見つける冒険をしているとも言えます。僕はスリルが大好きなので、ドキドキしながら前を向いて、ステップアップしていきたい。やはり、つねに満足はできないし、何が正解かわからないからこそ前に進めると思うんです。

誰でも誰かの“ヒーロー”になれる

あらためて本作のテーマをうかがわせていただければと思います。

人それぞれに幸せがあると思うのですが、僕の場合は、小さな幸せが大切で、一日の仕事を頑張ったご褒美に夜遅くにアイスを食べる。それだけでも喜び(笑)。そこから、個人の幸せが他人の幸せに繋がったときが嬉しいです。今作には、誰かに優しくすることができたら、自分も、その誰かも優しくなれるというテーマがあると思います。つまり、誰でも誰かの“ヒーロー”になれるというメッセージが込められているんです。

それでは、見どころをお願いいたします。

初演とは違った役で、尊敬している西条さんの作品に出演できるので、僕なりの新しいヒーロー像を見つけられたら嬉しいですし、個性豊かなキャストの会話劇を楽しんでいただければ、次の日の活力になると思うので、ぜひ劇場に来ていただけたら嬉しいです。

廣瀬さんにとって“ヒーロー”とはどんな象徴でしょう。

つねに誰かに寄り添ってくれる存在ですね。


【募集終了】抽選で3名様に廣瀬智紀さんの直筆サイン入りチェキをプレゼント!

※賞品はお選びいただけませんので予めご了承ください

応募期間

※募集期間は終了致しました。

3月21日(木・祝)~3月28日(木)23:59


【応募に関する注意事項】
・厳正なる抽選の結果当選された方には、エンタメステーションTwitterアカウントのダイレクトメールにて後日ご連絡をさせていただきます。エンタメステーションTwitter公式アカウント(@essite_official)のフォローをお願いします。
・プレゼントキャンペーンは予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。
・応募期間中にフォローを取り消された場合は、応募が無効となります。
・複数のアカウントで応募された場合は、1アカウントのみ有効となります。
・Twitterアカウントを非公開にしている場合は、応募対象外となります。
・落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。


舞台『HERO~2019夏~』

2019年7月31日(水)~8月4日(日) ヒューリックホール東京

STORY
人はHEROに憧れる。
超人的な能力でどんな困難にも立ち向かい、弱きものを助け、
華々しく活躍するHERO。
ただ、多くの人は思い描いたHEROには成れず、あきらめたり
時には必要以上に自分を貶めてしまったり……。
HEROに必要なものってなんだろう?
それは勇気。はじまりは勇気をもって一歩前にでること。
この物語は、誰かのささやかな一歩が誰かに大きな幸せをもたらす
ハートフルコメディ。

作・演出:西条みつとし

出演:
廣瀬智紀
北原里英
小松準弥
前島亜美
小早川俊輔
小築舞衣
中村涼子
米 千晴(TAIYO MAGIC FILM)
小槙まこ
加藤玲大
後藤拓斗
咲良七海
飛鳥凛
伊藤裕一
根本正勝
今立 進(エレキコミック)

オフィシャルサイト
Twitter(@HERO2019summers)

廣瀬智紀(ひろせ・ともき)

1987年2月14日生まれ、埼玉県出身。舞台『弱虫ペダル』(巻島裕介 役)、舞台『私のホストちゃん』(夕妃 役)など人気シリーズに数多く出演しているほか、近年の主な出演作品には【舞台】『カレフォン』、『髑髏城の七人 Season月』下弦の月、『ダイヤのA The LIVE V』、舞台『男水!』、ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』、朗読劇 恋を読む『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』【映画】『映画 刀剣乱舞』、『DTC -湯けむり純情篇- from HiGH&LOW』、『ラブ×ドック』、『逃げた魚はおよいでる。』などがある。また、主演映画『探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。2』(夏公開予定)、映画『鹿沼』の公開を控えている。

Profile
Instagram
Blog

フォトギャラリー
< 1 2