Interview

仲井戸麗市と土屋公平が語る、音楽知性を育んだ「麗蘭」25周年 Vol.1

仲井戸麗市と土屋公平が語る、音楽知性を育んだ「麗蘭」25周年 Vol.1

そうすると、ライブ・パフォーマンスとスタジオ・レコーディングは、CHABOさんの中で境界線があるんですか?

仲井戸 それは作業としては具体的にあると思うけど、やっぱり公平も俺もスタジオ作業の難しさも知ってるしね。もちろんクリエイティブの楽しさとかそういうことも知ってるけど、スタジオは何か歯車が少しでも狂ったらブチ壊れるという体験もしてるわけじゃん。だから麗蘭はファーストでもセカンドでも、もちろん公平の力がとても大きいけど、メンタルとしてもとてもいいレコーディングをやれてるからね。それと通常だったらやっぱこれだけ年月やってりゃアルバムももう少し短い周期でやるんだろうけど(笑)……。

「そろそろ締切が!」とかね。

仲井戸 って言われたって「うるせえな」って言うけどさ(笑)。

土屋 契約とかね。

仲井戸 そういうことではないところに、まあいられるとかね、いさせてくれてるのかもしれないけど……。で、まあ、「じゃあどうして(今)ここでなんですか?」っていうきっかけで言っちゃえば、「ここらでやっとかないと、もう出来ねえんじゃねえかな」って個人的には思った。「ああ、やっぱり、公平とスタジオにこれは入るべきかな」とか、そういうことに繋がってるかな。

土屋 「25年になりますよ」っていうことでね、その辺の気持ちがグッと固まったところもあるしね。

仲井戸 そうだね。25っていうちょうどいい数字がきっかけなのかもしれないね。

ギターバンドとしてリズム&ブルースをやるっていうところは避けようって

ライブだと、ギターリストとしての2人の、ある種、対になる立ち位置みたいなものが今やあると思うんですけど、レコーディングだと2人の役割というのはあるんですか?

仲井戸 俺はそういった意味ではボーカリストでもないし、自分のレベルで歌って自分のレベルでギター弾いてっていう自分のスタイルがあるよね。で、麗蘭は始まった頃って、もうちょっと明確で、俺はアコギを持って歌うっていう明確なビジョンもあったから。

ああ、ありましたね!

仲井戸 それは明確だったんだけど。あとパーカッションだったりとかね。けど、ある時期から俺もエレキを弾いたりすることがまた少し、自分でも希望も含めて出てきたんだけど、やっぱり俺が歌ってサウンドを公平が描いていくとか、そういうことからすると、ものすごく明確なものがさらに出てきた。「じゃあ最初の間奏はCHABOさん行きましょう」「オッケー」とかさ、そういうことは相談するまでもなく……。そういうのはきっと磔磔のライブが大っきいんだろうけど、自分の立ち位置は明確に――

定まって。

仲井戸 だね。それはなんかあるよな。

土屋さんはいかがですか?

reiranvol1_2

土屋 ある時期からCHABOさんがエレキを持つ頻度が大きくなったっていうのは、ひとつは麗蘭のリズムの表現の仕方がパーカッションからドラムに移ったっていうのもあるんです。

仲井戸 そうなんだよ。最初はね、鈴木ひろぶみくんのパーカッションと、早川(岳晴)のベースとっていう。でもそこは明確な2人の狙いだったんだよね、麗蘭は。「ドラムじゃないな」っていう。

土屋 いわゆる初期のリズム&ブルースのイギリスのバンドみたいな、ギターバンドとしてリズム&ブルースをやるっていうところは避けようっていうのが。

仲井戸 一番好きなところなんだけど(笑)。

土屋 それを避けて組み立てたのが、最初の麗蘭なのでね。

リリース情報

2016年10月5日発売
アルバム「25」

25_small2

CD+DVD (デジパック2枚組)
LNZM-1151/2 ¥3,703+税
Mastard Records(ローソンHMVエンタテイメント)

【収録曲】
1. マニフェスト(we are the Lay-Run)
2. 何はなくてもR&R
3. しり切れトンボのブルース
4. Mr.Blues Man(B.B.KINGに捧ぐ)
5. 清掃の唄
6. SONG for J.J.cale
7. 太陽のシェリー
8. Go Johnny Go(J.Winterに捧ぐ)
9. 夜風
10. 今 Yes We Can
11. 紅く・れ・な・い
12. サフラン

【Bonus Track DVD収録曲】
1. マニフェスト(we are the Lay-Run) -Music Video-
2. Blues イン 回転木馬 -Live@京都・磔磔2013年12月30日-
3. 真冬の熱帯夜 -Live@京都・磔磔2013年12月30日-

イベント情報

麗蘭 インストアイベント(サイン会)

10月22日(土)12:00スタート / タワーレコード新潟店
10月26日(水)19:00スタート / HMV栄
10月28日(金)19:00スタート / タワーレコード梅田大阪マルビル店

対象店舗にて、10月5日発売の麗蘭ニューアルバム『25』をお買上げの方にイベント参加券を配布いたします。
参加券をお持ちのお客様はサイン会にご参加いただけます。
対象店舗にてご予約をいただいたお客様には、商品購入時に優先的に参加券を差し上げます。
サインは「25」ジャケットのみとなりますので、イベント当日、必ずCDをお持ちください。
※詳しくは、それぞれの店舗の情報をご確認下さい。

Lay-Run 25th Anniversary Year「愛があれば歳の差なんて」
麗蘭are…仲井戸麗市(Vo.G)土屋公平(G.Vo)早川岳晴(B)JAH-RAH(Dr)

10月9日(日)東京 赤坂 BLITZ
10月21日(金)新潟 LOTS
10月27日(木)名古屋 DIAMOND HALL

麗蘭

RCサクセションのギタリストとして日本のロック・シーンに偉大な足跡を残した仲井戸“CHABO”麗市と、同じく伝説となったロック・バンド、ザ・ストリート・スライダーズのギタリスト、土屋公平が、双方のバンドが活動休止期間に入っていた1991年に結成。
同年、まずはツアーを行い、その模様を収めたビデオ作品『Welcome Home!!』を発表。そして10月に1stシングル「ミュージック」と、1stアルバム『麗蘭』をリリースして大きな話題を巻き起こした。
翌年4月には新宿・日清パワーステーションにて結成1周年ライブを開催。
’93年には再び全国ツアーを行い、2ndシングル「マンボのボーイフレンド」と限定生産ライブ盤『宴』を発表。
’94年から始まった京都・磔磔での年末ライブは、今でも恒例となっている。
2004年には2ndアルバム『SOSが鳴ってる』を発表。
その後も互いの活動の合間を縫ってライブ活動を続けてきた彼らは、2016年、結成25周年を迎えた。

オフィシャルウェブサイトhttp://www.up-down.com/040reiran/

< 1 2