Interview

特撮好きな土屋太鳳&志尊 淳が「トランスフォーマー」シリーズ最新作『バンブルビー』の魅力を語る。「特撮ものには夢がある!」

特撮好きな土屋太鳳&志尊 淳が「トランスフォーマー」シリーズ最新作『バンブルビー』の魅力を語る。「特撮ものには夢がある!」

もともとは日本の玩具として生まれ、ハリウッドでメガヒットの映画シリーズとなったSFアクション『トランスフォーマー』。その中のキャラクターであるバンブルビーにスポットを当て、シリーズ第1作より以前の物語を描く『バンブルビー』が3月22日についに公開された。

エンタメステーションでは、日本語版でバンブルビーと絆を深めていく心に傷を負った少女チャーリー(ヘイリー・スタインフェルド)の声を担当した土屋太鳳と、チャーリーに思いを寄せ、バンブルビーやチャーリーを助けようとする少年メモ(ジョージ・レンデボーグ・Jr)の声を担当した志尊 淳の2人を直撃。特撮好きだと話す2人に、本作の魅力はもちろん、特撮の魅力についても聞いた。

取材・文 / 望月ふみ
撮影 / 冨田 望


ふたりとも、声をあてたキャラクターにぴったり!

映画を拝見しましたが、お二人が声を当てていることを忘れてしまうくらい自然でした。チャーリーと土屋さん、メモと志尊さん、それぞれ雰囲気的にも似ている感がしました。

志尊 すごく分かます! 「太鳳ちゃん?」って思いました(笑)。

土屋 そんな、恥ずかしいです!

メモと志尊さんも眉毛の感じとか。控えめな感じの演技をするときの志尊さんに似ているかなと。

志尊 似てましたか!? 嬉しいな。

お二人が演じられた役の印象、また、お互いの役の印象を教えてください。

土屋 チャーリーは弱さや心の傷の痛みを知っているからこそ、相手の傷に気づける子なんです。弱さが分かるから強さも分かるし、大切なものに対してちゃんと愛情を注げる人だなと思いました。チャーリーはメモにすごく救われたと思うんです。人と人が紡ぐ時間というのは割と時間がかかると思うんですけど、この人となら紡げるかもしれないと思う瞬間って意外と一瞬なのかなって。チャーリーは、それをメモに感じたのかなと思います。

志尊さんのメモの声は聞きましたか?

土屋 はい。私が少し前に録り始めていたので、最初は想像しながら吹き替えをしていたんですけど、3日目くらいから志尊さんのメモの声が入ってきて。あ、メモだ!って(笑)。「うっ」とか不思議な声が入ってたりするんですけど、ころころ声色が変わる感じがすごくしっくりきましたし、実際志尊さんにお会いしてみて、いい声だなと思いました。

志尊 ありがとうございます。…えっと、なんでしたっけ。褒められて(質問を)忘れてしまいました(笑)。

メモの印象と、土屋さんが演じたチャーリーの印象はいかがでしたか。

志尊 メモはオクテで不器用な感じが可愛らしい人です。自分を無理に飾ろうとしていないというか。不器用さが見えちゃうくらい不器用なのでそこはすごく愛らしいなと思いますし、最後のほうも格好つけようと思って頑張っても空回りしたり。そうしたチャーミングさがすごく好きです。

メモは人の評価を気にしない人ですね。

志尊 そうですね。それはチャーリーにも感じました。あまり繕っていないというか。人に好かれるために何かをする人ではない。それにチャーリーは外では強いけど、中では内気で、そこがすごく可愛いというか、守りたくなるような感じがありましたね。そのなかに凛々しさもあったりして。僕はアフレコする前に映像を見せてもらったときから、チャーリーが土屋さんそっくりだと思いました。凛々しさ、真っ直ぐさとか、儚さとか。土屋さんの声が入ったものを聞いたときは、はい、これだと。ぴったりでしたね。

土屋 ありがとうございます(照)。

1 2 >