Review

彼のハートを鷲掴み(物理)な『シンゾウアプリ』で体感する6つの恋

彼のハートを鷲掴み(物理)な『シンゾウアプリ』で体感する6つの恋

ぬるり、と変わる6人の彼に驚愕

彼との会話で端々に出るのが「俺の心臓、大切に扱えよな」という念押し。心を開いてきた今では照れ隠しにも聞こえますが、「これはもしや押すなよ、押すなよ的な振りかもしれない」と思い、かなり乱暴にダダダダッと連打してみました。
すると「痛い! 痛い!」と、弱々しく許しを請うではありませんか。同じ声ではあるのに、その調子は先ほどと変わって内気な男の子のよう。でも彼が言うにはこちらが素で、虚勢を張っていただけということですが……。やさしく接してくれるものの、先ほどの豹変ぶりがあまりに衝撃だったので、「まだ裏がありそう」と、彼の言葉を素直に受け止められなくなりました。彼を疑いながらも会話を重ねていくというのは、サスペンスドラマのようで刺激的でした。

▲これまでと考えかたや言っていることも異なっていたり。どっちが本当なの……?

本作には、先ほどのふたりを含めた6人のキャラクターが登場します。彼という人間はひとりなので、キャラクターというより、彼の別人格と呼ぶべきでしょうか。話の途中で別の人格のルートへと分岐していくのですが、おもな分岐のポイントはイエス・ノーの選択肢。時折、太陽と月のマークが表示されている選択肢が登場するのですが、ここで月のマークが付いたほうを選ぶと……?

▲月マークが左右に付いていたら、横になぞって“ノー”を選択! 上下なら縦にスワイプして“イエス”と答えましょう

またもや話の流れが変わって、別の人格にシフト。今度はお兄ちゃんタイプのようで、ざっくばらんとした爽やかな青年が浮かびます。ベースは先ほどの内気な彼と同じでやさしげな口調なのですが、声のトーンが少し変わったことで年齢が上がっているようにも感じました。キャストの技量、そして演じ分けの妙ですね。それにしても、声によって頭でイメージする彼の容姿がこうも変わってこようとは。内気クンは伸びかけの黒髪のイメージだったのに、お兄ちゃんは茶髪のふんわりヘア……と、いつの間にかすり替わっていたんです。自由にキャラクターが思い描けるのは、音声のみのゲームならではですね。

▲明るいお兄ちゃんの言葉に、それまで感じていた不安も薄れていきましたが……

6つの人格は口調や性格がそれぞれ違いますが、突如として別人にすげ代わるのではなくて、同じ人間のなかで変化が起きている、と感じられる推移もポイントだと思います。少しの変化で差異をつけられるキャストの力量によるところも大きいと思いますが、ひとつの言葉をきっかけに素が出たり……と会話の流れに沿っているので、ルートの移行も自然かつ滑らかなのです。

▲分岐したときは画面が赤くなる演出が入りますが、口調が変わることでもルート変化がよくわかります

ルートによっては、プレイヤーの立ち位置が変わることもあります。例えば彼がチャラ男になれば、プレイヤーは元カノに。お兄ちゃんであれば妹に。これも「もしかして元カノなんじゃない?」などと彼から尋ねられ、そうだと返答することがきっかけで関係性が変化するのですが、プレイヤーが自分を投影するスタイルのゲームとしては、珍しい展開とも言えますね。見知った仲ゆえに彼がさらけ出す部分も多く、グッと距離感が縮まるのも見どころです。

▲合コンのノリでしゃべり出す元カレ。浮わついた発言が多く、いわゆる女の敵タイプ

彼の行く末を握るのはアナタ

彼の人格には、かなりクセのあるタイプも存在します。ヤンデレタイプ、詐欺師タイプなどは、先ほどのチャラ男がまだ可愛らしく思えるかもしれません。彼らは煽るだけ煽ってきますが、対するプレイヤーの強みとしてはやはり彼の心臓を握っていることでしょう。そう、彼にお仕置きすることだってできるのです。おもなルートは彼の運命が定められていますが、一部ではプレイヤーの操作が彼の生死を左右する場面も。改めて彼の心臓を手にしていることの重大さ、緊張感が蘇ってきます。すべてを乗り越えたプレイヤーを待つものとは……?

▲ヤンデレタイプは「ヒエッ……」と息をのむほどの粘着質。プレイヤーを小馬鹿にするのは愛情の裏返しか!?

▲詐欺師タイプはクズ・オブ・クズですが、脳内で超絶イケメンを構築できればイケる!?

▲ミニゲームが発生! 動くカーソルをタイミングよく枠内に収め、ハートを完成させれば……

▲各エンドでは著名人の名言や箴言が。ここで流れる弦楽四重奏も素敵で、心が洗われるようです

6人のルートをクリアーしてみて、率直に「もっといろいろなキャラクターのシナリオもプレイしてみたい!」と感じました。新たなキャラクターの人となりや物語の結末が知りたいのはもちろんですが、特に人格が切り替わる瞬間をまた体験してみたいのです。今回のプレイ中、明らかに人が変わったとわかるけれど、変化の過程が限りなく滑らかであることに驚きと興奮を覚えました。そのたびに、自分のなかの彼のイメージがどんどん形を変えていくのも面白い経験でした。プレイした友人どうしで、それぞれの人格の姿を語り合うのも楽しそうです。
各ルートは15分前後と手軽に遊べる長さで、集中して音声を聴くにはちょうどいいボリュームでした。そのなかで彼に翻弄されまくるのもまた楽しかったですね。彼と仲よくなってきたところで、また新しい彼に出会ったり……。個人的な希望としては彼らとじっくり向き合う長編もプレイしてみたいものです。また、本作のエンディングは人格ごとに異なりますが、悲劇あり、希望あり、奇跡の展開ありとさまざま。スカッとできる結末もなかなかでした。ちなみに既読率100%になるまでの、私の総プレイ時間は2時間ほどでした。
プレイヤーにとってはキャストさんの名演技が堪能でき、また、ひとり6役とキャストさんにとっても演じがいがあるであろう本作。ぜひシリーズ化して広がっていってほしいですね。

フォトギャラリー

【募集終了】抽選で3名様に『シンゾウアプリ』シナリオブックダウンロードコード&Tシャツ(赤、黒)セットをプレゼント!

シナリオブック ※画像はイメージです。

Tシャツ ※画像はイメージです。

プレゼント内容
  • Apple Books用『シンゾウアプリ』シナリオブックダウンロードコード 1部
  • Tシャツ(赤)1枚
  • Tシャツ(黒)1枚

を1セットで計3名様にプレゼント!

※ダウンロードコードには有効期限(4月20日まで)がございます。ご注意ください。

応募期間

※募集期間は終了致しました。

3月26日(火)~4月2日(火)消印有効

・応募は日本国内にお住まいの方に限らせていただきます。
・当選の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。落選者へのご連絡はございませんのでご了承ください。
・ご住所や転居先が不明などの理由で賞品のお届けが出来ない場合は、ご当選を無効とさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。
・賞品および当選の権利は当選者本人のものとし、第三者へ譲渡・転売することは一切禁止させていただきます。譲渡・転売が発覚した場合、当選を取り消し賞品をお返しいただく場合があります。

※個人情報の取扱いについて
・お客様からいただいた個人情報は、当キャンペーン当選者様へのお問い合わせのために利用いたします。なお、個人情報を当該業務の委託に必要な委託先に提供する場合や関係法令により求められた場合を除き、お客様の事前の承諾なく第三者に提供することはありません。上記をご承諾くださる方のみご応募ください。

※Apple Books用コードの取り扱いについて
・Apple Books用コードの有効期限は4月20日(土)までとなります。
・Apple Books用コードのご利用は利用先コンテンツの利用規約に同意の上、規約を遵守していただくようお願い致します。
・Apple Books用コードの紛失、盗難、または漏洩等について、エンタメステーションでは再発行対応、サポート等の責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。



■タイトル:シンゾウアプリ
■メーカー:125Inc.
■対応ハード:iOS/Android
■ジャンル:インタラクティブノベル
■対象年齢:12歳以上
■発売日:配信中
■価格:ダウンロード・冒頭5分間 無料、ストーリーフルアンロック 1,800円、ブックマークフルアンロック 600円

App Store –itunes-でダウンロード

Google Playでダウンロード


『シンゾウアプリ』Twitter(@125Inc)

『シンゾウアプリ』公式グッズサイト「SHINZO STORE」

©125 Inc.

< 1 2