Interview

TAKAHIRO&登坂広臣と共演、吉本実憂が語る『HiGH&LOW』映画第2弾

TAKAHIRO&登坂広臣と共演、吉本実憂が語る『HiGH&LOW』映画第2弾

ドラマ、動画配信、コミック、SNS、音楽、そしてライブ・パフォーマンスと、あらゆるメディアを融合した壮大なスケールで展開している総合エンタテインメント・プロジェクト<HiGH&LOW>。その集大成として、製作・公開された映画『HiGH&LOW THE MOVIE』は興行収入20億円を突破する大ヒットを記録した。その公開直後に早くも発表され、大きな話題となった劇場映画第2弾が『HiGH&LOW THE RED RAIN』だ。雨宮雅貴(TAKAHIRO)、雨宮広斗(登坂広臣)に加え、謎に包まれていた長男・雨宮尊龍(斎藤工)が登場、雨宮三兄弟が揃い踏み、壮絶なアクションと激しくも切ない物語を披露する。この作品で、ヒロイン・成瀬愛華を演じた吉本実憂に、撮影の舞台裏や、女優としての役作りなど話を聞いた。

取材・文 / 大谷弦 撮影 / 三橋優美子

演じたというより、愛華として生きた、という気持ちが強かった

壮大な<HiGH&LOW>という世界に飛び込むことになりました。

<HiGH&LOW>というプロジェクトは知っていて、今回の映画の撮影前に改めて作品を観させていただいたんですけど、とにかくアクションがすごくて、スケールが大きい作品で、出演者の方も豪華で、人数も多くて。この流れを汲んだ映画のヒロインという大役を務めさせていただくというのは、とても光栄だと思いました。

hlrryoshimoto_0099

吉本さんが演じた成瀬愛華という役の印象は?

愛華は表面的には気が強い女の子。その陰に、昔から心の葛藤を積み重ねているっていう、とても繊細な女の子なんだなって思います。私は事前に演じる役のバックグラウンドを作るんですけど、台本を読んでるうちに「早く愛華になりたい」「撮影に行きたい」って思うようになって……。

感情移入できる役だったんですね。

感覚的に愛華の繊細な部分にすごく惹かれたというか……私、日頃から陰のある人が好きなんですよ(笑)。愛華は人として好きだなって思ったので、役に入りやすかったですね。特に今回は演じたというより、愛華として生きた、という気持ちが強かったです。

hlrryoshimoto_yoshi2

愛華は斎藤工さんが演じた、雨宮尊龍を追いかけていくという展開になります。

愛華は育ててくれた親が亡くなったり、本当に大変な想いをしているときに、尊龍さんに命も、心も助けていただいて。そんな尊龍さんが突然いなくなってしまうんですけど、会えない時間が本当につらいって思うぐらいの気持ちで演じました。

吉本さんとしては、尊龍、雅貴、広斗の雨宮三兄弟でいうと、どの方がタイプですか?

尊龍さん! もう愛華を演じてしまったので、役ではあるんですけど、もう尊龍さんへの想いが強くなっちゃいますよね。斎藤工さんのことも尊龍さんとしか思えないし、TAKAHIROさんは雅貴で、登坂さんは広斗にしか思えないです(笑)。

hlrryoshimoto_0719

現場はどのような雰囲気でしたか?

海外ロケで、すごく暑かったんですけど、現場の熱気もすごくて、スタッフさんたちもアツい心の持ち主で。1シーン、1シーンにかける情熱が本当に強かったです。雨を降らせて撮るシーンがあったんですけど、私が濡れながら演技をするのが初めての体験でちょっと緊張してたら、TAKAHIROさんがなごませてくれました。出番待ちの時間に、怖い話をしてくださったりとか。

怖い話でなごむんですか(笑)。

なごむというか、本当に怖くなりましたね(笑)。三兄弟の方々とは、役のうえでも実際にも同じような距離感で接していただきました。

hlrryoshimoto_6386

山口雄大監督の印象はいかがでしたか?

初めは無口な人かなって思ったんですけど、茶目っ気もあるし、お芝居のことはハッキリ言っていただけるのですごく頼れました。私が「もう1回やらせて欲しい」ってときは、納得いくまでやらせてくれましたね。ほかのスタッフさんもみんな熱意があったので私も頑張れたし、撮影は全部引っくるめて楽しかったです。

この作品を経験してみていかがでしたか?

まだ客観的に見れないんですよね。クランクアップしても終わった感じがしてなくて、尊龍さんの写真を見るだけでウワーって思っちゃうし、映像を観てても気持ちが甦ってきちゃいます。でも、こうした作品に関わることは目標のひとつでもあったので、こんなに早く挑戦できる機会があって良かったと思います。

hlrryoshimoto_0064

女優としての成長も感じていますか?

日を追うごとに演技が好きになってますし、映画に限らず、それがCMでも写真撮影でも、たくさんの方とひとつの作品を作っていくということが大好きになってますね。こうしてお仕事させていただけるのはとても光栄なことだと思いますし、誰かと競うというより、自分との戦いだと思うので、ずっと続けていきたいなって思ってます。

映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』

2016年10月8日公開

いつも無邪気に弟を笑わせる兄・雨宮雅貴、感情を顔に出すことのない弟・雨宮広斗、二人が尊敬する長兄・雨宮尊龍の三兄弟がいた。幼い頃に両親を亡くした彼らの絆は固く、尊龍は弟たちに「拳は、大事なもんを守るために使え」と言い聞かせていた。しかし1年前、尊龍が突如姿を消し、弟たちは兄の行方を探し続けていた。両親の命日。尊龍が現れることを期待し、雅貴と広斗は家族の墓を訪れる。だが、そこに現れたのは謎の少女・成瀬愛華だった……。

【企画プロデュース】EXILE HIRO
【監督】山口雄大
【脚本】松田祐子 牧野圭祐 平沼紀久 渡辺啓
【出演】
TAKAHIRO 登坂広臣/斎藤工
吉本実憂/岩田剛典 鈴木伸之 町田啓太 山下健二郎 佐藤寛太 佐藤大樹 藤井萩花 坂東希 濱田龍臣
小野寺晃良 吉澤太陽 中井ノエミ
石黒賢/中村達也 早乙女太一 渡邉紘平 三浦誠己 小木茂光 片岡礼子 矢野浩二 近江谷太朗 長谷川初範/飯島直子/岩城滉一
【配給】松竹

公式サイト
high-low.jp

(c)2016「HiGH&LOW」製作委員会

プロフィール

吉本実憂

1996年生まれ、福岡県出身。2012年に<第13回全日本国民的美少女コンテスト>にてグランプリを受賞。テレビ、雑誌、CMなどで活躍。ガールズ・ユニット“次世代ユニットX21”のリーダーも務める。2014年に映画『ゆめはるか』(14/五藤利弘 監督)で主演デビューを飾る。近年の主な出演作品には、【映画】『罪の余白』(15/大塚祐吉 監督)【テレビドラマ】『軍士官兵衛』(14/NHK)、『アイムホーム』(15/EX)、『表参道高校合唱部!』(15/TBS)、『5→9 ?私に恋したお坊さん?』(15/CX)、『時をかける少女』(16/NTV)、『とと姉ちゃん』(16/NHK)などがある。