Interview

森山直太朗が『大傑作撰』をリリース!15周年記念オールタイムベスト

森山直太朗が『大傑作撰』をリリース!15周年記念オールタイムベスト
15周年記念オールタイムベスト『大傑作撰』をリリースした森山直太朗。初回限定盤には、15年の軌跡を彩る名曲を収録した『花盤』と、直太朗の活動を土台となって支えてきた人気曲を収録した『土盤』(ボーナスディスク)のCD2枚と、この作品のために新たに収録したスタジオライブ映像などの特典DVD付の超豪華内容。選曲にもこだわりがある納得のベストとなった。

インタビュー ・文 / 井桁 学


オールタイムベスト『大傑作撰』の初回限定盤として『花盤』と『土盤』、特典DVDと豪華です。

森山:15年やっていると曲数もいっぱいありますので、最初はベストだからシンプルに2枚組にすればいいかなという認識だったのですが、レコード会社の担当が「直太朗さん、時代が違います」と(笑)。「1枚目をできるだけ有名な曲を収録して通常盤にして、それを軸に初回限定盤は2枚組にして。さらにDVD特典が今ないと」って言われて…。「そうなの今? あっそう…」って(笑)、まるで田舎の親戚のおじさんみたいな、時代の移り変わりについていけていないみたいな(笑)。

『花盤』には、その季節季節の顔となる曲を選曲しました。

選曲は大変だったのではないですか?

森山:選曲に関しては骨格がしっかりしていれば、あとはもう何がきても面白いものになるだろうと。その軸を作るのにものすごく時間がかかりましたね。自分で選曲すると自分かわいさが勝っちゃうので、客観的に選曲できるように、曲も一緒に作っていてライブ演出もしている御徒町凧にレコード会社との間に入って選曲してもらって。幸運なことに僕が入れたいという曲が入っていたので、結果、意外と私情が入っていない、どちらかというと関わってくれたすべての人が納得してくれるものになりましたね。その分ライブDVDに関しては自分達になりに楽しみや意義を見つけるまで選曲はじっくり話し合いましたね。

『花盤』には代表曲でもある「さくら」と「夏の終わり」などの大ヒット曲も収録されています。

森山:『花盤』にはヒットした曲プラス、アルバムのリード曲やシングルとして発売していた曲、その季節季節の顔となる曲を選曲しました。

一方、『土盤』は直太朗ファンには人気の名曲揃いですが、一般的にはある種マニアックなテイストの楽曲が収録されています。

森山:『花盤』とは真逆ですよね。逆に誰も知らないだろう、誰が知っているこの曲っていう(笑)。『土盤』という言葉が表しているようにこれらの曲は自分の大きな根っこの部分や土台となる楽曲、割と自分のアイデンティティが詰まった曲が選曲されましたね。一緒に作った御徒町との関係性が顕著に出た曲の「うんこ」も収録されましたしね。

その曲は森山直太朗カラオケベスト3に入るという隠れた名曲ですね。曲順は悩まれましたか?

森山:『土盤』は時系列で並んでいるんですけど、『花盤』は時系列で並べてみたら、活動初期から中期にかけての表現が、すごく神経質で筋肉質な表現になっていて、並べたときに前半が非常に重たかったんです。急にTボーンステーキが出てくるような(笑)。なので、入り口として「夏の終わり」からスタートして1つのライブとして臨場感のあるような並べ方をしました。

%e3%82%b5%e3%83%96img6695_0810_2_s

『花盤』でどうしても入れたかった曲は?

森山:「どこもかしこも駐車場」ですね。これはアルバム『自由の限界』(2013年)のリード曲になっていた曲なんですが、この曲は絶対でした。僕個人の意見としては、この曲を聴いていただくためにこのアルバムができたのかなと言うぐらい、思い入れの強い曲ですね。あとは「フォークは僕に優しく語りかけてくる友達」とかもアルバム『素敵なサムシング』(2012年)のリード曲だったんですけど、これも自分達が活動を続けてきて、曲作りの原点みたいな感覚があるし、今でも変わらない懐かしさがこの曲にはあるので、近年自分が作った曲の中でもエポックメイキングでした。それに、この曲のフレーズが2010年のツアータイトル “真っ白な鳩を九十九羽飼っていて” になったくらい、当時、中期から後期にかけて影響力のある曲だったので、この2曲は外せない曲ですね。

新録やミックスし直したりした楽曲もありましたが、あえて「さくら」は歌い直さなかった?

森山:変えようがないっていうのがあって。当時のボーカルテイクを含めて、レコーディングって、当時携わってくださったスタッフのみんなと一緒に作っているもので、やっぱりそこをいじるというのはよっぽどの理由がないと。それにやり直しをしたら臨場感が失われやすいので。ただこの15年の中でどうしても気になっているところとか、やれば確実に曲が良くなるという部分だけやっています。それが新しいミックスの「風花」や「太陽」、新録の「虹(2016 ver)」です。

『土盤』では「さなぎの時代」と「僕らは死んでいくのだけれど」の2曲の未発表音源や新録「12月(2016 ver.)」が収録されています。

森山:「さなぎの時代」というのは当時劇場公演の頃にできあがった曲で、舞台で歌った曲だったので後のアルバムにラインナップされなくて。「12月(2016 ver.)」に関しては、当時のリリースが配信だけで、さらに当時はピアノだけだったんですが、今回改めて河野圭さんのアレンジにしてもらって録り直しました。「12月(2016 ver.)」と「僕らは死んでいくのだけれど」は、アルバム制作の度に議題には上がるんですけど、キャラクターが強い曲なので、録ったはいいけどなかなかCDに収録されなかったですね。

この「僕らは死んで〜」もそうですが、「夕暮れの代弁者」もビックバンドのジャズアプローチ、珍しいテイストの曲調です。

森山:そうですね。ウチの祖父がジャズミュージシャンで、デューク・エリントンやフランク・シナトラとか、50〜60年代のあの古き良きアメリカの音楽がわりと物心つく前から記憶にあって、ボビーダーリンとか、そういうのが自分の引き出しの中にあったのかもしれないですね。

『土盤』でどうしても入れたかった曲は?

森山:今言われた2曲「僕らは死んで〜」と「夕暮れの代弁者」ですね。あとは「12月(2016 ver.)」は、このタイミングを逃すともうないんじゃないかなと。あとは「君は五番目の季節」もそうですし。

フォークロック調のバックトラックのなか、ポエトリーリーディングのような「坂の途中の病院」は斬新です。

森山:「坂の途中の病院」とかは詞先の中でも縦書きのポエムだったものなんです。詩として成立しているものだから、あえて曲にする必要もなかったんだけど、でも彼のポエムを詠んでいると奥の方から音楽が聞こえてくることがあって、「坂の途中の病院」はこういう形になりました。

詞先の楽曲も多いんでしょうか?

森山:詞先と曲先、半々ぐらいですね。詞先は「僕らが死んで〜」や「夕暮れの代弁者」、「優しさ」、「よく虫が死んでいる」、「嗚呼」、「どこもかしこも駐車場」、「コンビニの趙さん」です。あと「うんこ」も4〜5行の縦書きの詩でしたし、「生きてることが辛いなら」とかも縦書きでした。

今の「どこもかしこも駐車場」を聴いてもらいたかったんです

御徒町凧さんとの共同作業での分担はどうされているのですか?

森山:基本的には共作という形で、おおよそ言葉の責任は彼で、僕がゼロから歌詞を作ったとしてもそこの検閲は彼で、メロディや作曲は全部自分という、そういう関係ですね。

初回盤特典のDVD「Studio Session 2016」のライブ映像。こちらの8曲はどんな選曲でしたか?

森山:『花盤』、『土盤』でどうしても選びきれなかった曲、さらに新録と同じ考え方でアップデートされた今の「夏の終わり」と、今の「どこもかしこも駐車場」を聴いてもらいたかったんです。それは自分に対する印象が「夏の終わり」や「さくら」で記憶が止まっているようなところもどこかで感じていて。今、自分の表現はここにあるんですと、こういった解釈でやっているんですってことが、この映像を通して表現したかったんです。たぶん5年前だったら出来なかったことだと思うんです。映像作品はすごく少ない方なので、今アップデートされたライブ感のある演奏を聴いてもらえるなら有意義だなと思っています。

ところで、『花盤』には“生きる”や“花”という曲名が多く、『土盤』は“死んで”や“うんこ”など土に還るような曲名が多く、それぞれの盤の名前と選曲がマッチングしていると感じたのですが、意図していたのですか?

森山:それは意図してませんでした。今言われて俺…、「ホントだ!」って思っています(笑)。ただ、1つ補足させていただくのであれば、ある種の疑いと細心の注意を払って、歌詞はどこか意識的にきわめて感覚的に言葉をチョイスしているので、後からこういういろんなことを引き寄せたり、こじつけられたりできることは感覚として、何度もあります。だから、納得できる今の発言…、僕が言ったことにしてもらってもいいですか?(笑)

(一同爆笑)。無意識でも選曲とタイトルの整合性がとれたのが見事です。来年から15周年アニバーサリーツアーが始まります。

森山:このリリースを皮切りに15周年が始まるので、アニバーサリーツアーは、6月に出したオリジナルアルバム『嗚呼』を織り交ぜつつ、このベストアルバム『大傑作撰』との2つのエネルギーで構築されていくのではないのかなと思います。

%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3img6836_0810_2_s

ツアータイトル「絶対、大丈夫」という意味は?

森山: “絶対”と“大丈夫”の言葉はポジティブな意味があるんですけど、この2つが組み合うと何ともいえない不安感を感じるかもしれないですが、 “安心してください”という力強い言葉のかわりのタイトルなんです。

最後に今回のベストアルバムの聴きどころを。

森山:個人的にはこのアルバムをリリースすることによって全部を出し切ったなという感覚があるんです。それってここ何年かでなかった感覚なんです。僕の中では『花盤』『土盤』CDの 2枚とライブDVDの3つのアイテムが、自分がやってきた活動の1つの図鑑になっていると思うので、すべてまとめて聴いていただきたいですね。

リリース情報

大傑作撰

15周年記念オールタイムベストアルバム
「大傑作撰」

2016 年9月21日発売

■初回限定盤(2CD【花盤】+【土盤】+DVD) UPCH-29225 ¥4,200+税
■通常盤(CD) UPCH-20426 ¥2,800+税

【収録曲】
Disc-1(花盤)
01. 夏の終わり
02.生きてることが辛いなら
03.どこもかしこも駐車場
04.花 
05.若者たち
06.風花
07.愛し君へ
08.フォークは僕に優しく語りかけてくる友達
09.嗚呼
10.小さな恋の夕間暮れ
11.太陽
12.さくら(独唱)
13.日々
14.生きとし生ける物へ
15.虹(2016 ver.) ※新録

Disc-2(土盤)※初回限定盤のみ
01.レスター
02.さなぎの時代 ※(未発表音源)初CD化
03.今が人生~飛翔編~
04.君は五番目の季節
05.シルビア
06.坂の途中の病院
07.夕暮れの代弁者
08.僕らは死んでゆくのだけれど ※(未発表音源)初CD化
09.優しさ
10.うんこ
11.よく虫が死んでいる
12.コンビニの趙さん
13.魂、それはあいつからの贈り物
14.12月(2016 ver.) ※新録

Disc-3(DVD)※初回限定盤のみ
<Studio Session 2016~直太朗的録音箱集友楽~>
01. 夏の終わり
02. ラクダのラッパ
03. どうしてそのシャツ選んだの
04. 明けない夜はないってことを明けない夜に考えていた
05. 涙
06. どこもかしこも駐車場
07. 未来 ~風の強い午後に生まれたソネット~
08. 声
<Interview>「森山直太朗ってなんだろう」
~15年をめぐる、あるひとつの考察~

「大傑作撰」ハイレゾ配信はこちら(mora)

ライブ情報

森山直太朗 15thアニバーサリーツアー『絶対、大丈夫』

2017年01月27日(金) 埼玉・川口総合文化センター リリア メインホール
2017年01月28日(土) 埼玉・川口総合文化センター リリアメインホール
2017年02月04日(土) 山梨・コラニー文化ホール(山梨県立県民文化ホール)
2017年02月05日(日) 群馬・ベイシア文化ホール 大ホール
2017年02月15日(水) 山形・酒田市民会館 希望ホール
2017年02月19日(日) 和歌山・和歌山市民会館 大ホール
2017年02月25日(土) 千葉・市原市市民会館
2017年02月26日(日) 栃木・佐野市文化会館 大ホール
2017年03月04日(土) 神奈川・神奈川県民ホール大ホール
2017年03月10日(金) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
2017年03月12日(日) 山口・防府市公会堂 大ホール
2017年03月19日(日) 大阪・フェスティバルホール
2017年03月20日(月・祝) 大阪・フェスティバルホール
2017年03月25日(土) 福岡・福岡サンパレス
2017年03月26日(日) 大分・日田市民文化会館 パトリア日田
2017年04月01日(土) 高知・高知県立県民文化ホール オレンジホール
2017年04月02日(日) 岡山・倉敷市民会館
2017年04月08日(土) 石川・ 北陸電力会館 本多の森ホール
2017年04月09日(日) 福井・越前市文化センター
2017年04月15日(土) 秋田・秋田市文化会館
2017年04月16日(日) 岩手・盛岡市民文化ホール
2017年04月20日(木) 北海道・だて歴史の杜カルチャーセンター 大ホール
2017年04月21日(金) 北海道・札幌市教育文化会館 大ホール
2017年04月23日(日) 北海道・函館市民会館
2017年04月27日(木) 東京・中野サンプラザ
2017年04月28日(金) 東京・中野サンプラザ
and more・・・

プロフィール

1976年4月23日東京都生まれ。
少年時代より一貫してサッカーに情熱を傾ける日々を送るが、大学時代より本格的にギターを持ち、楽曲作りを開始。その後、ストリート・パフォーマンス及びライブ・ハウスでのライブ活動を展開。
2001年3月インディーズ・レーベルより“直太朗”名義で、アルバム『直太朗』を発表。
2002年10月ミニ・アルバム『乾いた唄は魚の餌にちょうどいい』でメジャーデビューを果たし、翌2003年『さくら(独唱)』の大ヒットで一躍注目を集めた。
その後もコンスタントにリリースとライブ活動を展開。独自の世界観を持つ楽曲と、唯一無二の歌声が幅広い世代から支持されている。
また、2005年には、従来のコンサートでも垣間見せたシアトリカルな要素を高めた音楽劇での劇場公演『森の人』を成功させ、2006年には楽曲の共作者でもある詩人、御徒町凧の作・演出による演劇舞台『なにげないもの』に役者として出演。メジャーデビュー10周年を迎えた2010年にも7年ぶりとなる劇場公演『とある物語』を開催し好評を博すなど、音楽だけにとどまらない表現力には定評がある。
2014年にはフジテレビ55周年ドラマ『若者たち』の主題歌を担当。同年11月には、アルバム『黄金の心』をリリース。このアルバムを携え、翌年2015年1月から半年に渡り実施されたツアー『西へ』では、北は北海道、南は九州・沖縄と全国各地を訪れ、大盛況を博した。また、このツアーを経て生まれた楽曲『生きる(って言い切る)』を2015年9月にリリースした。
2016年6月1日には、約半年の”活動小休止”を経て生まれたニューアルバム『嗚呼』をリリース。9月21日、デビュー15周年記念オールタイムベストアルバム『大傑作撰』をリリースし、年明け2017年1月からはツアースタート。
公式サイト:http://naotaro.com/