Column

山﨑賢人、窪田正孝、岡田准一“動けるイケメン”が大活躍! 2019年必見マンガ実写映画3選

山﨑賢人、窪田正孝、岡田准一“動けるイケメン”が大活躍! 2019年必見マンガ実写映画3選

新元号も発表され、例年以上に盛り上がりを見せる2019年。映画業界でも大作揃いで、どれを観ようか迷っているあなたのために、絶対に見逃せない邦画3作を厳選。今回は特に、春から夏にかけて話題の漫画の実写作品が連続公開されることから漫画実写映画に絞って紹介する。

下僕から将軍へ! 山﨑賢人が中華統一を目指す主人公を熱演! 映画『キングダム』(4月19日公開)

累計発行部数3,800万部超えの超人気同名コミックの映画化である本作。中国春秋時代を舞台に、激動の時代を生き抜く若者たちの姿を壮大なスケールで、幅広い層から絶大な人気を集めている。映画で主演を務めるのは、話題作にひっぱりだこの若手俳優・山﨑賢人。『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(17)や『斉木楠雄のΨ難』(17)など、近年も人気漫画の実写化で主演を務めてきた彼が、本作では戦災孤児ながら武勲を挙げて天下の大将軍、果ては中華全土の統一を目指すという“成り上がり”系主人公・信を熱演している。

共演には吉沢 亮、長澤まさみ、橋本環奈、大沢たかおなど豪華俳優陣がずらり。20日間にもおよぶ本場中国でのロケや、当時の王宮を再現した広大なオープンセット、荒野で馬群など、作品の世界観にぴったりな圧巻のスケールも話題となっている。

また、クランクイン前からトレーニングにいそしんだという、山﨑のアクションシーンも見どころのひとつ。妥協を見せない監督の演出に見事に応え、躍動感あふれるアクションをたっぷり披露している。夢を勝ち取るためなら手段を選ばない、時に野性味に溢れた役柄もあいまって、これまでに見られなかった山﨑の姿を堪能することができるはずだ。

目指せ“普通の生活”!? 岡田准一、休業中の殺し屋役で新境地!『ザ・ファブル』(6月21日公開)

2017年度講談社漫画賞<一般部門>を受賞し、いま一番面白い作品と呼び声が高いコミック『ザ・ファブル』。「1年間殺し屋を休業し、一般人として普通の生活を送る」というミッションを受けた最強の殺し屋・通称“ファブル”は、果たして “普通”に過ごすことができるのか!? 独特の設定やストーリーで人気を集める本作が、アクションあり笑いありの新感覚エンターテインメント映画として完成、公開前から早くも話題を集めている。

主人公のファブル/佐藤アキラを演じるのは、今や日本を代表する俳優としてあらゆる層から支持される岡田准一。意外にもマンガ実写映画への出演は初めて。近年は『関ケ原』(17)『散り椿』(18)『来る』(18)などシリアスな役柄が続いた岡田だが、本作では弱いフリしてケンカにわざと負け殴られる時の“変顔”から思わず笑ってしまうコミカルなシーンも多い。

さらに劇中では、今や岡田の代名詞となった超絶アクションもたっぷり披露。あのハリウッド大作『ボーン・アイデンティティー』や「96時間」シリーズなどを手掛けた世界的アクション監督アラン・フィグラルズも指導のもと、かっこよさと「殺してはいけない殺し屋」ならではのユニークさをあわせ持つ、ファブルならではのアクションを展開。独特すぎるキャラクターとド肝を抜くアクションで、さらなる新境地に達した岡田の魅力全開だ。

もちろん、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井 理、佐藤浩市といった超豪華キャストとの共演も見逃せない!

人間と喰種、二つの世界の架け橋に! 窪田正孝が人気キャラを続投!『東京喰種2(仮)』(7月19日公開)

全世界累計発行部数4,400万部を誇る超人気コミックスにして、アニメ、映画、舞台、ゲームなどさまざまなメディアミックスがいずれも大ヒット。2017年には実写映画『東京喰種 トーキョーグール』が世界29ヶ国で公開され、今や世界的人気コンテンツとなった『東京喰種』が、今年さらにパワーアップした続編映画『東京喰種 トーキョーグール2(仮)』として登場する。

不慮の事故により、人を喰らわないと生きられない【喰種】と人間のハーフになってしまった金木 研が、悩み葛藤しながらも人間と喰種の「共存」に向けて闘う姿を描いた本作。主人公のカネキを演じるのは、前作でもその複雑なキャラクターを繊細に大胆に演じ切り、目の肥えた原作ファンからも大好評を博した窪田正孝。待望の続編となる本作では、カネキに異常な執着を持つ「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山 習という新たな宿敵との熾烈な闘いや、謎に満ちた「喰種レストラン」の存在、人間と喰種のロマンスなど、さらに進化した『東京喰種』の世界が描き出される。前作に続き、喰種たちの迫力あるバトルシーンも登場! 「HiGH&LOW THE MOVIE」シリーズや『銀魂2 掟は破るためにこそある』(18)などでも絶賛された、抜群の身体能力を生かした窪田のアクションにも期待が高まる。

キャストは、西尾 錦役の白石隼也、永近英良役の「超特急」小笠原 海、亜門鋼太朗役の鈴木伸之など前作からの続投も多数。さらに、月山役に松田翔太、ヒロインの霧嶋董香役に山本舞香と新キャストも加わり、主演・窪田との化学反応も楽しみだ。


映画『キングダム』

4月19日(金)全国公開

【STORY】
紀元前 245年、春秋戦国時代、中華・西方の国「秦」。
戦災孤児の少年の信(山﨑賢人)と漂(吉沢亮)は、いつか天下の大将軍になることを夢見て日々剣術の鍛練を積んでいた。
ある日、漂は王都の大臣である昌文君(高嶋政宏)によって召し上げられ王宮へ。
信と漂の二人は別の道を歩むことになる……。
王宮では王弟・成蟜(本郷奏多)によるクーデターが勃発。
戦いの最中、漂は致命傷を負いながらも、信のいる納屋にたどり着く。
「今すぐそこに行け…」血まみれの手で握りしめていた地図を信に託し、漂は息絶える。
信は漂が携えていた剣とその地図とともに走り出した。
地図が示す小屋にたどり着いた信の目に飛び込んできたのは、静かにたたずむ漂の姿だった!?
死んだはずの漂がなぜ――

監督:佐藤信介
脚本:黒岩勉 佐藤信介 原泰久
出演:山﨑賢人 吉沢 亮 長澤まさみ 橋本環奈 本郷奏多 満島真之介 阿部進之介 深水元基 六平直政 髙嶋政宏 要 潤 橋本じゅん 坂口 拓 宇梶剛士 加藤雅也 石橋蓮司 大沢たかお
製作:映画「キングダム」製作委員会
配給:東宝&ソニーピクチャーズ(共同配給)
©原泰久/集英社 ©2019 映画「キングダム」製作委員会

オフィシャルサイト
kingdom-the-movie.jp

原作コミック

映画『ザ・ファブル』

6月21日(金)全国公開

【STORY】 
どんな相手も6秒以内に殺す――。
“ファブル(寓話)”と呼ばれるその謎の殺し屋(岡田准一)は、裏社会で誰もが「伝説」と恐れる存在だった。しかし、ちょっと仕事をし過ぎた彼に、ボス(佐藤浩市)はある指令を与える。
「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」
ファブルは、佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と共に生まれて初めて一般人として街に溶け込む生活を始める。インコを飼ったり、バイトしたり…。殺しを封じ、《普通》を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う裏社会の組織や、ファブルに助けを求める者たちが次々に現れ、事態は思わぬ方向へ急発進する!
【絶対に殺してはいけない】指令のもと、絶体絶命のピンチを切り抜け平和に暮らせるのか―?!

出演:岡田准一 木村文乃 山本美月 福士蒼汰 柳楽優弥 向井 理 木村 了 井之脇 海 藤森慎吾(オリエンタルラジオ) 宮川大輔 佐藤二朗 光石 研 / 安田 顕 / 佐藤浩市
原作:南勝久『ザ・ファブル』(講談社「ヤングマガジン」連載)
監督:江口カン
脚本:渡辺雄介
配給:松竹
松竹・日本テレビ共同幹事作品
©2019「ザ・ファブル」製作委員会

オフィシャルサイト
http://the-fable-movie.jp/

『ザ・ファブル』原作

映画『東京喰種トーキョーグール2(仮)』

7月19日(金)全国ロードショー

【STORY】
食物連鎖の頂点とされる人間を食らう種族・喰種(グール)が潜む街・東京。
大学生のカネキは、ある事件をきっかけに人間と喰種のハーフとなり、2つの世界の狭間で葛藤しながらも、いまは喰種たちの駆け込み寺でもある喫茶店「あんていく」に身を寄せており、トーカらとともに生活をしている。
そんな最中、「美食家(グルメ)」と呼ばれる喰種・月山が「あんていく」を訪れる。
月山を厄介者だと言い露骨に嫌な顔をするトーカは、カネキに「あいつとは関わらない方がいい」と釘を刺す。
だが、月山は人間と喰種のハーフであるカネキの特殊な「におい」に目をつけ、カネキを「グールレストラン」へ招き入れる。
カネキVS月山…それぞれの【正義】がぶつかり合い、人間と喰種の共存を賭けた闘いがいま始まる―。

原作:石田スイ 「東京喰種 トーキョーグール」 集英社「ヤングジャンプコミックス」全14巻
出演:窪田正孝、松田翔太、山本舞香、白石隼也、小笠原 海 ほか
配給:松竹
制作スケジュール:2018年10月クランクイン
©石田スイ/集英社   ©「東京喰種」製作委員会

オフィシャルサイト
http://tokyoghoul.jp/

原作コミック