Review

最強に可愛い女の子たちと『DOAX3 Scarlet』でバカンスを楽しもう!

最強に可愛い女の子たちと『DOAX3 Scarlet』でバカンスを楽しもう!

シリーズ最新作である『DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Scarlet』が発売された。本作は、格闘ゲーム『DEAD OR ALIVE』シリーズのスピンアウト作品で、以前の各記事でもお伝えしたが女の子たちとのバカンスを楽しむという、なんともゆるいゲームである。格闘ゲームのストーリーのほうはシリアスな展開が多いが、こちらはバカンスということでみんなが素晴らしい笑顔を見せてくれる。2月に発売された『DEAD OR ALIVE 6』を遊んだ人であれば、作品間の女の子のギャップに驚くはず。戦っているときは凛々しい女の子たちも、オフのバカンスともなれば愛らしい姿を見せてくれるのだ。
ジャンル名が“バカンス”と名付けられたように、本作はのんびりと時間を忘れて遊ぶ作品。今回の記事でも同シリーズをこよなく愛し、数多くの記事を手がけてきたライターの浅葉たいがが本作をたっぷり楽しんだ魅力を語る。

文 / 浅葉たいが


プレイヤーと女の子を切り替えて楽しむバカンス

まず、本作が何をするゲームか説明しておこう。ゲームを始めると唐突に、プレイヤーは南の島・ニューザック島のオーナー代理として任命される。そして、島に遊びに来た美しい女の子たちと14日間のバカンスをともにすることになる。バカンスでできることはさまざまで、プレイヤー視点の”オーナーモード”では女の子たちがつなひき、どんけつゲーム、ビーチバレー、ロッククライミング、ビーチフラッグなどを楽しんでいる様を眺めたり、撮影したりすることが可能だ。撮影についてはカメラをさまざまに動かせるうえ現実のカメラのように露出調整ができるので、バリエーション豊かな写真が生まれる。

▲オーナーモードでは、女の子たちがアクティビティを楽しんでいるのを眺められる。こちらはロッククライミング。こんなのを見て何が楽しいのか、と思う方がいるかもしれないが……

▲カメラをぐりぐりと動かし、正面から見ることが可能なのだ。岩の壁を半透明にせず、完全になくしてしまうコーエーテクモゲームスの決断に感謝! ※コスチュームは、コレクターズエディション同梱”エクストリームセクシーコスチューム”

オーナーモードと別に用意されている”女の子モード”は、ボタンひとつで切り替え可能。女の子モードは先に挙げたつなひきなどのアクティビティを鑑賞するのではなく、女の子を操作してプレイするという流れになる。これらのアクティビティはどれもなかなか歯ごたえがあり、難度が上がってくると安定してクリアするのが難しくなってくる。どんけつゲーム、ビーチバレー、ビーチフラッグなどは、相手のCPUがかなり手ごわいのだ。しかし、アクティビティで好成績を収めるとザックマネーというゲーム内通貨を得られるのだから、頑張って勝ちを拾いたいところ。以下にアクティビティの動画を掲載する。操作は簡単なのでハードルが低く、手ごわさを克服すれば上達を感じやすいものばかり。個人的には次回作などの機会があれば、ぜひとも対人戦を実装してほしいと願っている。

▲こちらはアクティビティの”どんけつゲーム”。どんどん押して相手を押し出すか、引いてかわしてバランスを崩させたところにトドメをさすか。CPU相手とはいえ、熱い駆け引きが楽しめる ※コスチュームは、初回特典”禁断の水着♥星屑と朱雀”

▲躍動的な対決シーンは純粋に見ごたえがある

女の子とオーナーのザックマネーは別に管理されている。ザックマネーは、主に女の子に渡せるプレゼントや水着などを購入する際に使用する。女の子はアクティビティをプレイすることでザックマネーが増えていくが、オーナーの場合はゲーム内”ミッション”をクリアーした報酬やカジノで増やしていく必要がある。ミッションの内容はさまざまで、プレゼントを受け取ってもらうといったもの、やや難度の高いものでは女の子モードのアクティビティで好成績を収めるといったものが用意されている。

これらを達成し、オーナーはザックマネーを貯めて女の子の好感度を高めるためのプレゼントを買い、渡すというのも本作では重要な過程となる。好感度を最大まで上げると、14日経過後のエンディングはイベントムービーを伴う特別なものになる。ゲームを始めたばかりの段階では、この個別エンディングを迎えるのが主な目的になるが、本作はまだここで終わりではない。

▲エンディングを手っ取り早く見たい場合は、女の子にプレゼントを贈り続けるのも方法のひとつ

エンディングはゴールではない。エンディングを迎えたあとも、まだまだできることはたくさんある。たとえば、ミッションをさらにこなしたり、クリア回数を積み重ねることによって上昇していくゲーム内の”オーナーレベル”を上げていくと、女の子を撮影する際に使えるおまけ要素や販売している水着の種類が増えていく。撮影時につかえるおまけ要素では、”プレイヤー以外の時間を止める”というものが非常に有用。この要素を解放すると女の子が静止状態となり、好きなだけ眺めて写真を撮ることができる。水着の数は膨大で、ひとりの女の子ぶんを全てコンプリートするのもなかなか大変だ。

さまざまな要素を突き詰めようとするといわゆる作業ゲーライクな部分が顔を出すのだが、筆者の場合は今回、ゆっくりとバカンスを楽しむような気持ちで遊んでいる。そもそも水着やおまけ要素をコンプリートしたところで、撮影には無限に近いバリエーションがあるので、そういう意味では終わりがない。飽きるまで遊べるというわけだ。以下の動画はゲーム内のワンシーンだが、撮影モードにすればズームしたり角度を変えたりして、いろいろな撮影を楽しめるのだ。

1 2 >