Interview

男と女の決定的な違いは…? 超人気ブロガー・DJあおい『ていうか、男は「好きだよ」と嘘をつき、女は「嫌い」と嘘をつくんです。』

男と女の決定的な違いは…? 超人気ブロガー・DJあおい『ていうか、男は「好きだよ」と嘘をつき、女は「嫌い」と嘘をつくんです。』

恋につまずき人生に悩む、そんな多くの老若男女に絶大な支持を得るDJあおい。ツイッターで36万人を超えるフォロワーを持つ。今や恋愛アドバイザーの枠を超え、自身のウェブサイトは人生相談の様相を呈しているほどだ。

DJあおいの恋愛理論は、そもそも男と女の違いを解するところから始まっている。今回ご紹介する新刊『ていうか、男は「好きだよ」と嘘をつき、女は「嫌い」と嘘をつくんです。』は、まさにその基本の“き”。男を解し、女を解し、常にその真ん中で両者を見ているからこそ見える真実を武器に、今回もDJあおいが、みんなの心のモヤモヤを痛快なほどにズバッと斬ってくれる。

また、本書には、女性たちを幸せな人生へと導く格言の数々もたっぷり収録されており、読めばたちまち“いい女”になれそうな即効性も。多くの人に、とりわけ女性に、ぜひ手にとってもらいたい一冊だ。

取材・文 / 斉藤ユカ

男と女の違いに関する考え方は、ほぼ実体験

『ていうか、男は「好きだよ」と嘘をつき、女は「嫌い」と嘘をつくんです。』(DJあおい/幻冬舎文庫)

今作『ていうか、男は「好きだよ」と嘘をつき、女は「嫌い」と嘘をつくんです。』は3年前に刊行された単行本を文庫化したものですが、まったく内容が色褪せていません。男と女の決して埋まらない距離というのは永遠ですね。

そうですね。あんまり難しいことを考えて書いたわけではないんですが、世の男と女は可愛いくらいに相変わらずですよね。ただ、この本に書いたことって、みんながわかっているだろう“あるある”ですから、半分ネタみたいなものですよ(笑)。

あおいさんが思う、男と女の決定的な違いは何ですか?

性別です!

そんな身も蓋もないことを(笑)。

いえいえ、そこが基本ですから(笑)。実は私の男と女の違いに関する考え方というのは、自分とパートナーの関係性に由来しているものがほとんどで、つまりほぼ実体験なんです。男の子と女の子の子どももいるので、男女の幼少期からの違いも実際に見ています。本当、まったく違う生き物ですよ。

面白いのが、幼稚園児を見てると、男の子に対する悪口って「バカ」なんです。女の子に対する悪口は「ブス」。あれだけ小さいのに、男は中身で、女は容姿を求められるということがわかっているんでしょうね。それがいいとか悪いとかではなく、潜在的に男と女はそういうものだということなんだと思います。そうやって私が感じたことを、DJあおいさんが吸い上げてネタにしてくれるんですよ。

DJあおいさんは一人歩きしている存在ですもんね。今作の「おわりに」と題したあとがきも、3年前にしてすでに“中の人”の立場から書かれています。

DJあおいは独立した生き物ですから。例えば恋愛相談に対する回答を書いているとき、スムーズに切り替わるときもあるし、なかなか降りてきてくれないこともあるので、まぁ気まぐれな人ですね。ただ、私個人ではみなさまの恋愛の悩みにお答えするなどおこがましいので、じっとあおいさんの降臨を待ちます(笑)。

最近では、恋愛以外の相談も多いと聞きました。

どうして私のところに来るんだろうっていう質問もありますよ。たとえば「投資するなら何がいいですか」とか「脱毛したほうがいいですか」とか。それはさすがに私にはお答えできません。サイトでは私は比較的、恋愛よりも人生のお悩みを意識的に選んでいるところがあって、そのせいだとも思うんですけどね。恋愛のお悩みは、正直言うと、出尽くした感がなきにしもあらずなんですよ。

前回のインタビューの際も、恋愛はバリエーションが限られているとおっしゃっていましたね。

そうなんです。それはもう相手の立場がどうであろうと、性別がどうであろうと、人を好きになる気持ちがベースにあると、悩みの幅はそう広くないですよね。

気づいているけど気づいていないふりができるのが“いい女”

今作は3章に分かれていて、合わせて71の格言とその解説が収められています。男女の違いから女性たちへの説教までが恋愛を軸に語られていますが、読むと人生を教えられたような気分になるんですよ。まずは自分が“いい女”になること。そうすれば、恋愛どころか人生がより良いものになるはず、と。

そう受け取ってもらえるなんて、すごく嬉しいです。そんな大層なことを言いたくて書いたつもりはないんですが、読者の方がそう感じてくれるのは意味のあることだと思います。だって、恋愛も大事ですけど、それを含めた人生がどうかということの方が重要ですもんね。

「男は、男であることをサボると女々しくなり、女は、女であることをサボるとおっさんになる」なんて耳が痛いです。深夜3時の飲み屋で、隣の席のおっさんより顔がテカってますからね、私。

それはヒドイ……(笑)。それを回避するには、オッサン化する前に帰って寝るのが一番です。健康的ですしね。

「悩んだとき放っておいてほしいのが、男。悩んでいたら話を聞いてほしいのが、女。」 これはもういつまでも噛み合わない。どうしたらいいんでしょうか。

女性の多くは、悩んでいるときに男性が声をかけてくれないことに憤るのでしょうけど、男性からすれば、余計なことを言って傷つけたくないっていう優しさから、多くを語らないんですよね。それをわかってあげてほしい。逆に女性は悩んでいる男性にはあまり構わないことです。男は自分のタイミングでちゃんと話してくれるので、それまで放っておいてあげたらいいです。

そう考えると、「敏感さが足りないのが、男。鈍感さが足りないのが、女。」というのは、なるほど言い得て妙です。

そうですね。世の中には、気づいているけど気づいていないふりができる女性がいます。そういうことが上手にならなくてはいけないと思います。逆に男性は細かく考えない人があまりに多いですね。楽観的すぎるんですよ。俺は大丈夫だ! みたいな、根拠のない自信と心中しちゃうのが男なんですよね。もうちょっと敏感になったほうがいいですね。

「男の話は、航海。女の話は、漂流。」というのも、まさに!

女性同士の会話には目的地がないですよね。男性の話は目指す港があるし、座礁したら戻る知恵もある。女性の話は現在地すらわからないですから、漂流以外の何ものでもないです。

なんならどこから出発したのかもわからなくなりますよ。あれ、何の話してたんだっけ?みたいな(笑)。しまいには大海原の真ん中で、突然「じゃあね!」と会話を終わらせることもできる。

だから何時間も喋り続けられるんですよ。男性からすると不思議でしょうがないでしょうね(笑)。男性同士だったら、お酒があれば少しはマシでしょうけど、シラフでファミレスにいたりすれば、1時間もたないんじゃないでしょうか。

いい恋愛は、相手を幸せにしたいと思うことから始まる。

「物を集めるのが、男。人を集めるのが、女。」というのも、男女の絶対的な違いを端的に表していますね。たとえばですが、男はどうして何年も前の雑誌を、読みもしないのに後生大事に取っておくのかと。

それは読みものではないからです(笑)。思い出を可視化したものです。

ああ、男性は上書きできないって言いますもんね。

そうですね。情がすっかり移ってしまって、物は思い出そのものになっている。そこはだから、スペースが許せば好きにさせてあげたらいいんじゃないでしょうか。好きなものに囲まれていると落ち着くというのは、少なからず女性にも言えることですから、歩み寄るといいと思います。

最近は男性でもミニマリストと呼ばれるような、必要最小限のものしか持たない人もいますけど、根っこは同じかもしれません。いずれにしろ、どうして程々にできないのだろうかと思いますよね。男は針の振れ方が極端なんです、おばかさんだから(笑)。

そして女性は、確かに人を集めますね。群れることが好きな人が多いのは確かだと思います。学生時代はとくに、ひとりで行動するのが好きな人が居場所を見つけづらいほどではないでしょうか。

最近ではひとり焼肉に行ける人も少なくないんですよね。いいことです。ひとりで行動できる女性は素敵だと思います。かと思えば、ファーストフード店にさえひとりで入れない人がいますね。それどころか、ひとりでランチを食べている姿を見られたくないからと、トイレで食べる学生さんがいるとも聞きます。

ひとりが寂しいのではなくて、ひとりになれない自分が寂しいのだと考えたほうがいいです。群れの中でしか生きられないのは、やっぱりあまりにも寂しい。

ひとりで行動できる強い女性が、相手に弱さを見せられるのが本当の恋愛かもしれません。「強い女を弱くするのが、いい男。弱い男を強くするのが、いい女。」とは、まさにおっしゃる通り。

私はみんなに強くなってもらいたいと思っています。強い女性じゃないと、ただベタベタするだけの恋愛依存症みたいな女になっちゃって、それは男性も辛いんじゃないでしょうか。いい恋愛は、相手を幸せにしたいと思うことから始まると思います。だから強い女性は時に男に譲るし、弱い男性も彼女を守ろうとする。そうじゃないと、ね。

あおいさんにズバッと言われたくて、みなさん悩みを寄せるのかもしれませんね。ズバッと斬られると、荒療治じゃないですが案外すっきりしますから。

でもね、それを求められると、裏切りたくなっちゃう、優しくしちゃう(笑)。私はずっと裏切り続けていたいなと思うんです。期待通りのことを言っても予定調和でしかないですから、期待を超えるか裏切るかしないな、と。みなさんと同様にDJあおいもまた成長しているので、受け答えにも変化が出てくるのは必然だと思うんですよね。それを含めてお楽しみいただければと思っています。ということで、どうぞ末長くお付きあいくださいね。

イラスト / つぼゆり

書籍情報

『ていうか、男は「好きだよ」と嘘をつき、女は「嫌い」と嘘をつくんです。』

DJあおい・著
幻冬舎文庫
男と女は異質な生き物。お互いがわからないから興味を抱き、それを知りたいという欲求が恋愛に発展する。「怠慢で浮気するのが、男。不満で浮気するのが、女」「強さを装ってしまうのが、男。弱さを装ってしまうのが、女」「敏感さが足りないのが、男。鈍感さが足りないのが、女」。人気ブロガーによる、男と女の違いを中心にした恋愛格言が満載!


『想いよ、逝きなさい』

DJあおい・著
幻冬舎
「別れはいつも突然だし、納得のいかないものなんです」依存、失恋、未練、執着、復縁……。日本一恋愛相談を受けている大人気ブロガー・DJあおいが、あなたの心を浄化します。失恋から立ち直れない人たちに送る、79のスパルタ格言。

DJあおい(ディージェイ・あおい)

恋愛アドバイザー。ツイッターで独自の恋愛観を綴り、一般人としては異例 のフォロワー約36万人(2アカウント 合計)。ブログ「DJあおいのお手をは いしゃく」は月間600万PVを誇る。 『想いよ、逝きなさい』『じゃあ言うけ ど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せになれないって ことよ。』など著書多数。

オフィシャルブログ「DJあおいのお手をはいしゃく」
http://djaoi.blog.jp/

Twitter
メインアカウント@djaoi
サブアカウント@DJ_aoi