Interview

BIGMAMA 「2周目の第2歩」と位置づけられたニュー・シングルはどんな意識で構成されたのか?

BIGMAMA 「2周目の第2歩」と位置づけられたニュー・シングルはどんな意識で構成されたのか?

BIGMAMAの2018年は、メジャーというより広いフィールドでロック・バンドとしての確かな地力と揺るぎない個性をアピールした1年だったが、メジャー2年目最初のリリースは昨年発表したアルバム『-11℃』に配信のみでリリースされていたナンバー「Foxtail」を加えたComplete Versionと、話題のドラム「賭ケグルイ-season2-」の主題歌「mummy mummy」をフィーチャーした3曲入りシングルだ。これまでも、リリース・アイテムには明確なコンセプトとストーリーを持たせていた彼らだが、今回の同時リリースにはどんな思いを込めたのか? 金井政人と東出真緒に聞いた。

取材・文 / 兼田達矢 撮影 / 高木博史

『-11℃』のComplete Versionは、尻尾という、人間にはない部分をタイトルにした曲が加わるというのが面白いかなあと思って。

まず、シングルと同時リリースされる『-11℃』のComplete Versionについて聞かせてください。ここに新たに加えられる「Foxtail」という曲は、どんな時期に、どういうふうに生まれた曲ですか。

金井 アルバムを作る時には、例えば12曲入りだとすると、一つの大きな絵を12分割するような意識で曲作りを進めていくことがあるんですが、『—11℃』については作ったけど入れていないという曲も多くあるんです。あのアルバムを作った時は、ユニバーサルと組んで僕らのチームが大きくなって、その体制で作品を作ることになったから、「BIGMAMAはこういう曲が得意だ」というところを、すごく簡潔に言えば「ロック・バンドにヴァイオリニストがいます」というところを強く主張する楽曲を揃えるべきだなという意識がありました。だから、あの時点でお蔵入りした曲のなかにはもう少しいろんなバリエーションがあったと思います。

「Foxtail」もそのなかの1曲なんですね。

金井 そうですね。それと、ツアーまで含めた過程のなかではリリースというのはあくまでもスタートであるべきだなあと思うんだけど、そこがゴールになってしまうところがあるんです。でも、『-11℃』のモードをできるだけ長く楽しみたいと思っていたから、そのために追加要素が加わっていくという形は、なんとなく思っていたことでもあるし、アイデアをもらったところもあるんです。やっぱり、ツアーが終わって新しいシングルが出たら前のアルバムの出来事が終わってしまうというような感じはちょっと悲しいんですよ。

『-11℃』のモードはまだ続いてますよ、という感じですか。

金井 「Foxtail」はオマケというか…。僕が身体をテーマに曲を書いて『-11℃』を完成させた時に、柿沼(広也)が持ってきてくれたメロディーがあって、そのメロディーに僕はなんとなくだけど尻尾のタイトルをつけたんです。その曲が最後に加わるというのは面白いかなあと思って。尻尾という、人間にはない部分をタイトルにした曲が加わるというのが。ただ、『-11℃』のもう一つの完成像として提案をもらって、それでお客さんに2枚も3枚も同じもの買わせるのはすごく抵抗があるし望んではいないことなので、きちんと楽しんでもらえるものにしたいなという思いが巡って、こういう形になりました。

今のお話の前半に「ロック・バンドにヴァイオリニストがいる」ことがいちばんの個性という話がありましたが、そのヴァイオリニストである東出さんは、『-11℃』の制作で自身の立ち位置や役割について、どんなことを意識していましたか。

東出 BIGMAMAは、正解も間違いもいろいろ積み重ねながら、この10年間のなかでいろんなことをやってきたバンドだと思うんです。その上で、もっと広く自分たちの音楽をお届けするということを考えた時に、原点に帰るというか、そういう意識で今やってみようというアルバムだったんですよね。10年前と同じことをやっても絶対に10年前のものにはならないですから。そういう自信もありつつ、より洗練されて、しかもキャッチーな、存在感のあるヴァイオリンをどう表現しようかなということをずっと考えていました。

10年前との違いを言葉にすれば、例えば“洗練”という言い方になりますか。

東出 例えば「Foxtail」のヴァイオリンはめちゃくちゃシンプルじゃないですか。4小節のリフをひたすら繰り返しているんですよ。あれほどシンプルでストロークの長いリフをオケに乗せるということは、昔はできなかったと思います。

金井 洗練してる/してないというのは良くも悪くもというところがあって、洗練されているものになった時にそれがシンプル・イズ・ベストの良さを持ってる場合もあるだろうし、逆に洗練されていなくてガチャガチャしてるのがかっこよく感じられるということもあったりするから。いずれにしても、大事なのはその時々でちゃんと意図を持って作るということだと思うんです。そうじゃないと魂が薄くなるというか、エネルギーが少ないものになってしまうから。で、あのアルバムをどういう意図で作ったかと言えば、「ヴァイオリニストがいるロック・バンドBIGMAMA、いいね」っていう。そういうシンプルな感想をもらえるような作品を目指すべきだと思ってました。

そういう作品を作って、ツアーも回ってみて、どういう感触を持ちましたか。

金井 流行り廃りはあるにしても、いろんなロック・バンドがあるにしても、僕らはすごく価値があることをやれるっていうジャッジはできたと思います。それを、2周目の1歩目とした時に、そこから始まる2周目の山の登り方はどうする?っていう。それを、次のタームで自分が考える時間というか猶予ももらったんだと思っています。

“次は演奏したい作品じゃなくて聴きたい作品を作りたい”というほうへ振り切った意識がこのシングルのアウトラインですね。

2周目の第1歩の感触は、2歩目となる今回のシングルに何か影響しましたか。

金井 影響があるとすれば、アルバムとはすごく違うものを作ろうと思ったということですね。すごく端的に説明すると、5人の音を意識した絵が前作だったとしたら、それにこだわらない作り方をするということです。

東出さんは、表題曲「mummy mummy」を最初に聴いた時の印象はどんな感じでしたか。

東出 一聴して、“なるほどね。「賭ケグルイ」だし、こういうキャラの曲だね”と思って、私としてはそこに例えばちょっと引き攣るような感じとか、そういうニュアンスを織り込んでいくことを考えました。それでいろんなフレーズを充ててみたんですけど、やればやるほど邪魔してるなと思って。結果、ギターとユニゾンにしたっていう(笑)。つまり、この曲はギター・ロックというか、ギターの音ありきの曲で、私以外の4人だけでも成立するような骨太なロック・サウンドだと思うんです。その中で自分の立ち位置を考えると、“その余韻をいかに広げるか?”とか、そういうことかなって。だから、「Foxtail」がヴァイオリンのリフ推しの曲だったのに対して、これはギター・リフの曲だと聴いた瞬間にわかったので、ヴァイオリンが入ることでとっ散らかってしまうようなことがないように、ということを考えていました。

2曲目と3曲目は、「mummy mummy」を受けて生まれた曲ですか。

金井 そうですね。「mummy mummy」をいい差し出し方で出したいなと思った時に、この曲を単品でドンと置くよりも一緒に味わってもらうとより楽しんでもらえる仕掛けが音楽はできるから。それに、リリースというのは基本的にすごくめでたいことだから、それをいかにお祝いするかということは自分なりに考えるんです。そういう意味で、今回は同じ湿度、同じ手触りの曲を2曲揃えました。

「同じ湿度、同じ手触り」というのは?

金井 演奏することと聴くことのバランスが、この3曲は僕のなかでは同じ感じなんです。アルバムは、ほぼ100%演奏することが前提の作り方をしたんですけど、聴く音楽はそれとは少しズレる部分があるなというのが、あのアルバムをリリースしたことで感じたことのひとつでした。そこで、自分のなかでバランスを取りに行くのは良くないと思ったから、“次は演奏したい作品じゃなくて聴きたい作品を作りたい”というほうへ振り切った意識がこのシングルのアウトラインですね。

演奏しているバンドの熱量やかっこよさを押し出す作品ではなくて、出来上がりの完成度や聴き心地の良さを追求してみよう、ということですか。

金井 “今、一度ライブを忘れて作ることを楽しんでみる”ということのなかで新しく生まれる何かがあればいいなということですね。だから、「mummy mummy」では、出来上がってから“俺、ギターどこ弾こうかな?”みたいなことが起こるんですけど、今はそういう流れが正しいと思っているんです。5人で演奏して、「これ、かっこいいでしょ」という作品を作ったことは間違いではなかったと思っていますが、でも曲を作ってる時に必ずそのことを意識しなければいけないか?と言えば、そうではないだろう、と。そのことを試してみたくなったということですね。それに、“聴くということを重点的に考えてやってみた時に違う作り方が始まるんじゃないか?”ということを「mummy mummy」のなかで答え合わせをしてみた感じもあって、それは“感情的なものといかに決別するか?”みたいなことでもあるかもしれないし、あるいは僕の中に今漠然とある“聴きやすいものを作ってみたいな”という気持ちはどういうことなんだろう?ということが見え始めた感触もあります。

1 2 >