プレイバック・平成アニメの31年  vol. 4

Column

『ドラゴンボールZ』驚きの新展開、『ガンダム』TVシリーズが7年ぶり始動…平成5年(1993年)のアニメを振り返る

『ドラゴンボールZ』驚きの新展開、『ガンダム』TVシリーズが7年ぶり始動…平成5年(1993年)のアニメを振り返る

【シリーズ:平成アニメ“忘れられないあの年”】
終わりを迎える平成、そのアニメの31年間の中でも、本誌執筆陣にとって特に思い出深い1年を取り上げるコラム。今回は、サッカーJリーグが開幕し大ブームとなった平成5年(1993年)の作品とアニメ事情を当時の思い入れたっぷりに振り返ります。

文 / 柳 雄大

『ドラゴンボールZ』に訪れた世代交代

現代につながる国民的ヒット作品がいくつも生まれた平成初期のTVアニメ。平成5年(1993年)は、『クレヨンしんちゃん』『美少女戦士セーラームーン』がシリーズ2年目に突入した年であり、その後の長期的人気を決定づけたタイミングだった。現代まで継続しているTVアニメとしては、『忍たま乱太郎』(平成5年4月~)がスタートした年でもある。

そして国民的ヒットという意味では、「週刊少年ジャンプ」原作のTVアニメの存在も大きかった。「週刊少年ジャンプ」が歴代最高の発行部数(653万部)を記録したのが1994年末のことなので、人気としては最高の上り坂の時期だ。当時を象徴する作品としては『幽☆遊☆白書』(原作:冨樫義博)の大ブレイクがあり、平成4年10月よりTVアニメシリーズが放送開始。平成5年は、作品の中でも“戸愚呂(とぐろ)兄弟”が登場することで特に有名な「暗黒武術会編」が放送された時期とほぼ一致する。さらに「ジャンプ」原作ものとしては同年10月から『SLAM DUNK』『ジャングルの王者ターちゃん』のTVアニメがスタートし、いずれも大人気となった。

そのうえで、平成5年にとりわけ印象に残った「ジャンプ」作品といえば『ドラゴンボールZ』の存在が欠かせない。鳥山明原作の『ドラゴンボール』は昭和61年(1986年)からTVアニメ化、平成元年(1989年)からは『ドラゴンボールZ』へとリニューアルし、以後の超人気は誰もが知るところだが……この平成5年は本作の「人造人間(セル)編」が終わり、「魔人ブウ編」がスタートした区切りの年だった。

「魔人ブウ編」では作品の主人公がこれまでの孫悟空から孫悟飯へ世代交代し、当初の内容は成長した悟飯の日常をメインに描く言わばハイスクール編。アニメのオープニング映像も刷新され、影山ヒロノブによる主題歌もおなじみ「CHA-LA HEAD-CHA-LA」から「WE GOTTA POWER」へと変更に(同様にEDテーマも「僕達は天使だった」に変更されている)。作品タイトルこそ『ドラゴンボールZ』のままだったが、まったく新しいシリーズが幕を開けたのは事実だった。当時、本作に夢中だった小学4年生の筆者にとっては、毎週水曜日よる7時から必ずリアルタイムで観ていた作品が、約4年ぶりに大リニューアルされる事実と、ハイスクール編スタート(9月~)直後の新鮮なおもしろさは“事件”だったように思う。

なお、少年漫画誌原作ものとしては「週刊少年サンデー」作品も「ジャンプ」に次ぐ存在感があり、平成5年には『GS美神(ゴーストスイーパーみかみ)』(原作:椎名高志)、『剣勇伝説YAIBA』(原作:青山剛昌)がいずれも4月より4クール放送のTVアニメ化を実現している。

「SDガンダム」ブームの中で動き始めた新しいガンダムシリーズ

『機動戦士ガンダム』や『超時空要塞マクロス』がブームになった昭和後期(1980年代)と、『新世紀エヴァンゲリオン』が始まった平成7年(1995年)とのはざまで、取り沙汰されることが少ない平成初期のロボットアニメ。しかし、当時の視聴者からは25年以上経っても熱く支持され続けているものが多い。

平成5年には、『ガンダム』を生んだ制作会社のサンライズが『勇者特急マイトガイン』(1月スタート)、『熱血最強ゴウザウラー』(3月スタート)、『機動戦士Vガンダム』『疾風!アイアンリーガー』(ともに4月スタート)と、4クール放送のロボットものを4作品も送り出している。特に『機動戦士Vガンダム』は、7年のブランクがあった「ガンダム」久々のTVアニメ新作であり、以後4年続く「平成ガンダム」の始まりとなった重要な作品だ。

いっぽうで、平成初期に新しく始まったロボット作品「勇者シリーズ」「エルドランシリーズ」の流れにある『勇者特急マイトガイン』、『熱血最強ゴウザウラー』は、変形&合体ロボット玩具とともに魅力的なアニメーションでキッズのわくわく心をくすぐった。

『疾風!アイアンリーガー』は、当時のブームだったSD体型(=頭身が低め)の人型ロボットが活躍する熱血スポ根作品で、空前のJリーグブームの渦中という時勢も相まって人気を集めた。

ちなみに、一大ムーブメントを築いていたにもかかわらずTVアニメ化の機会に恵まれなかった「SDガンダム」についても、実はこの年に単体としては初めての劇場アニメ化を実現している。これまでは別の劇場作品(『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』や『機動警察パトレイバー the Movie』)との同時上映扱いだったが、SDガンダム人気が絶頂を迎えていた平成5年3月、春休み映画として『機動戦士SDガンダムまつり』が公開。「SDガンダム外伝」「SDコマンド戦記」「SD戦国伝」という異なるシリーズの作品を3本立てで上映しファンを喜ばせた(筆者も「コミックボンボン」片手に大喜びで観に行った)。

J-POPとの融合をより強めたアニメソング

平成5年(1993年)はTVアニメの主題歌にも変化が起きていた時期で、当時のいわゆるJ-POPとの垣根を越えたヒット曲が特にこの頃に増えていたことは触れておきたい。

その最たるものが『SLAM DUNK』の「君が好きだと叫びたい」(OPテーマ、歌:BAAD)、「あなただけ見つめてる」(EDテーマ、歌:大黒摩季)や、『幽☆遊☆白書』の「微笑みの爆弾」(OPテーマ、歌:馬渡松子)、「アンバランスなKissをして」(EDテーマ、歌:高橋ひろ)あたりで、そうであると言われなければアニメソングだとは気付かないような絶妙な仕上がりになっている。

J-POPアーティストが手がけた楽曲としては、このほかにもLINDBERGのベーシスト川添智久が歌う「STAND UP TO THE VICTORY」(『機動戦士Vガンダム』OPテーマ)、カブキロックス「勇気があれば」(『剣勇伝説YAIBA』OPテーマ)、アン・ルイス「VIRGIN LAND」(『ジャングルの王者ターちゃん』EDテーマ)などがあり、いずれも歌詞に作品名・キャラ名・必殺技名等々が登場しない楽曲という共通点がある。

あの『電光超人グリッドマン』も生まれた“はざま”の一年

TVアニメ周辺の話題としては、平成5年放送の特撮ヒーロー作品のことも振り返っておく必要がある。当時は「仮面ライダー」TVシリーズが長期休止中で(※劇場用としては新作を発表していた)、ラインナップがやや寂しい時期だったものの、スーパー戦隊シリーズの『五星戦隊ダイレンジャー』(2月放送スタート)を中心に各作品には強い存在感があった。毎週日曜日朝放送のいわゆる東映“ニチアサ”作品としては『特捜ロボ ジャンパーソン』『有言実行三姉妹シュシュトリアン』(いずれも1月スタート)が放送された時期。

ちなみに放送時間帯に関しては、当時のスーパー戦隊シリーズはテレビ朝日系の毎週金曜日17:30から、ガンダムシリーズ(先述の『機動戦士Vガンダム』など)がその前の17:00から放送されるというタイムテーブルになっていて、金曜日の夕方は絶対にテレビから目が離せなかった。

そして、この年の4月からは『電光超人グリッドマン』が放送されている。一般にまだ浸透する前のインターネットやコンピューターウイルスを題材にしていたことから“早すぎた”ヒーロー作品と言われることがあるが、平成30年(2018年)にTVアニメ『SSSS.GRIDMAN』として25年越しの新作がヒットしたことで再び注目を集めた作品。本作は当初、円谷プロダクションが平成初期に模索中だった「ウルトラマン」TVシリーズの新作として企画されていたというのもポイントだ。

TVシリーズ休止中の「仮面ライダー」や「ウルトラマン」が新たな方向性を探り、「ガンダム」が久々の新作をスタートさせた平成5年。さまざまなブームの“はざま”だった年であり、クローズアップされる機会は少ないが、リアルタイムの当事者としては確かに感じられた熱さを伝えたい年でもある。

当時のキッズが成長し“作り手”の世代になり、『グリッドマン』のように一巡して脚光を浴びる作品もある。単なる懐かしさだけではなく再注目するべきところが、平成5年のアニメとその周辺にはまだまだありそうだ。

おまけ:平成5年(1993年)当時…とある1週間のTVタイムテーブル

月曜日
19:00~(テレビ朝日)
クレヨンしんちゃん

火曜日
18:30~(テレビ東京)
疾風!アイアンリーガー

19:00~(フジテレビ)
まんが名作劇場 サザエさん(『サザエさん』の再放送)

水曜日
18:00~(テレビ東京)
熱血最強ゴウザウラー

18:30~(テレビ東京)
ミュータント・タートルズ

19:00~(フジテレビ)
ドラゴンボールZ

木曜日
18:00~(テレビ東京)
スーパーマリオスタジアム

19:00~(テレビ東京)
ジャングルの王者ターちゃん

19:30~(テレビ東京)
TVチャンピオン

金曜日
17:00~(テレビ朝日)
機動戦士Vガンダム

17:30~(テレビ朝日)
五星戦隊ダイレンジャー

18:00~(テレビ東京)
姫ちゃんのリボン

18:30~(テレビ東京)
剣勇伝説YAIBA

19:00~(テレビ朝日)
ドラえもん

19:30~(テレビ朝日)
はなきんデータランド

土曜日
17:00~(テレビ朝日)
勇者特急マイトガイン

17:30~(TBS)
電光超人グリッドマン

18:00~(TBS)
ムカムカパラダイス

18:30~(フジテレビ)
幽☆遊☆白書

19:00~(テレビ朝日)
美少女戦士セーラームーンR

19:30~(テレビ朝日)
SLAM DUNK

日曜日
8:00~(テレビ朝日)
特捜ロボ ジャンパーソン

8:30~(テレビ朝日)
GS美神

9:00~(フジテレビ)
有言実行三姉妹シュシュトリアン

18:00~(フジテレビ)
ツヨシしっかりしなさい

18:30~(フジテレビ)
サザエさん

vol.3
vol.4
vol.5