Report

Plus Ultra!! 田村 心や小林亮太がヒーローを目指し熱く奮闘。「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stage ついに開幕

Plus Ultra!! 田村 心や小林亮太がヒーローを目指し熱く奮闘。「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stage ついに開幕

ついに「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stageが開幕した。
「僕のヒーローアカデミア」は、集英社『週刊少年ジャンプ』にて連載中の堀越耕平による大人気漫画。主人公の緑谷出久(みどりや・いずく)が最高のヒーローを目指して成長していく超ド級のヒーローアクションだ。2018年夏に公開されたアニメ映画は日本のみならずアメリカでも大ヒット、コミックスのシリーズ累計発行部数は2,100万部を突破している。
今回が初の舞台化作品。“ヒロステ”と呼称されるステージは、4月12日(金)に天王洲 銀河劇場にて開幕した途端、役者の熱演、バラエティに富んだ演出、そして耳に残る力強い楽曲で話題“Ultra”沸騰中だ。
初日公演に先立って行われた公開ゲネプロの模様と、会見コメントをレポートする。

取材・文・撮影 / 片桐ユウ

我々が我々であるために、自らが世界を鼓舞するような歌

初日会見に登壇したのは緑谷出久(みどりや・いずく)役の田村 心、爆豪勝己(ばくごう・かつき)役の小林亮太、麗日お茶子(うららか・おちゃこ)役の竹内 夢、飯田天哉(いいだ・てんや)役の猪野広樹、轟 焦凍(とどろき・しょうと)役の北村 諒、オールマイト(マッスルフォーム)役の岩永洋昭、演出の元吉庸泰の7名。

登壇者たちはフォトセッションでそれぞれのヒーローらしくガッツポーズをキメたあと、質疑応答に対応した。

初日を迎えた心境を聞かれた緑谷出久 役の田村 心が「いよいよ初日が始まるなと思っています。初演ということで、今日が“ヒロステ”にとって始まりの日であり、伝説の日になればいいなと思います。2.5次元作品はたくさんありますが、“ヒロステ”も2.5次元を代表する作品に……します!」と決意を語ると、会場からは拍手が起こった。また、見どころについては「原作が持つ独特な世界観や“個性”などを、生の舞台でどう表現するかだと思います。演出の元吉さんはじめ僕たちキャスト、スタッフみんな“ヒロアカ”が大好きなメンバーでつくってきました。ぜひ注目してください!」と語り、原作リスペクトとカンパニーの団結感を見せた。

続いて爆豪勝己 役の小林亮太が「約1ヵ月の稽古期間、全員で全力でつくってきたつもりです。お客様に笑顔で帰っていただける作品になっていると思います」と自信を覗かせ、「出演者が多いので、舞台上のいろいろなところに見どころがたくさんあります。個人的にはデクとかっちゃんの気持ちを、稽古中に心くんとたくさん話してつくってきたのでそこも注目していただきたいなと思います。ミュージカルともまた違った“ヒロステ”、「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stage になっていたらいいなと思います」とコメント。

ヒロイン・麗日お茶子 役を務める竹内 夢は「本当にたくさんの人に支えられて今日という日を迎えることができました。観てくださるお客様がどんな反応をしてくださるのか、今からドキドキしていてとても楽しみです。これから毎公演、命をそそいでお茶子を演じきりたいと思います」と意気込み。見どころについては“衣裳”を挙げ、「生地にもこだわって選んでいただきましたし、細かいところまで再現されているので、ぜひそこに注目してください!」と再現度の高さをアピールした。

飯田天哉 役の猪野広樹は「本当にやることがたくさん詰まった稽古期間でしたが、無事に初日を迎えることができました。カンパニーとして出せる最高の“ヒロステ”が出来上がったので、あとはお客様と一緒にもうひとつ上のステージを目指して、“Plus Ultra”の精神でやっていきたいと思います!」と宣言。「幕が開いた瞬間に皆さんは“ヒロステ”の虜になっていると思います」と断言して周囲からクスクス笑いを起こしながらも、「本当にド派手な作品ですが、その中でそれぞれの役者が繊細さを忘れず作品をつくってきました。この先はお客様も一緒に“ヒロステ”という作品をつくっていただけたらなと思います」と観客に呼びかけた。

轟 焦凍役の北村 諒は「最後までケガなく皆様にヒーローをお届けできたらなと思います。“ヒロアカ”はオールマイトから始まって、デクと爆豪を中心に周りが影響を受けたり、どんどん巻き込まれていきますが、“ヒロステ”でもそこが見どころになっているのかなと思います」と分析。「作中を通してデクと爆豪からみんなが影響を受けたりする瞬間が散りばめられていますので、ぜひそのあたりも見ていただきたいなと思います」と語りつつ、「あとは轟 焦凍くんがカッコいいと思います!」と自身の役をアピールして、会場から笑いを起こす。

オールマイト(マッスルフォーム)役の岩永洋昭は「早く皆様にこの作品をお届けしたくて仕方ありません。すべてにおいて“Plus Ultra”でいきたいと思います!」と述べたあと、オールマイトらしいとびきりのスマイルで「よろしくね!!」と茶目っ気たっぷり。「見どころではないところがないくらい、ふんだんに見どころがあります。間違いなく目を離すことなく、最後まで楽しんでいただける作品になっていると思います。“Plus Ultra”!」と、掛け声とともに見どころを語った。

演出の元吉庸泰は「1年以上の準備期間を経て、やっと皆様にご覧いただけると思うと本当に光栄です。一番の見どころは俳優だと強く思います。いろいろなアイデアを出し合いながら一緒に戦ってきた誇り高い俳優たちを見ていただきたいと思います」と、役者たちへの信頼を見せる。さらに「もうひとつ、今回、歌があります。我々が我々であるために、自らが世界を鼓舞するような歌になっています。全員で歌い上げるシーンで、それを感じ取っていただければと思います」と、“歌”の要素を初めて明かし、真摯な言葉で語りかけた。

普遍的な成長物語としての魅力がある

この後はゲネプロの模様をレポートする。

「僕のヒーローアカデミア」の世界は、世界総人口の約8割が超常能力=“個性”を持つに至った超人社会。主人公の緑谷出久は、幼い頃から平和の象徴と謳われるヒーロー・オールマイトに憧れていた。しかし、出久は超常能力が発現しない“無個性”。幼馴染みで強い“個性”を持つ爆豪勝己はじめ、周囲からバカにされる日々だったが、ヒーローになるという夢をどうしても諦めきれずにいた。

そんなとき、ある事件をキッカケに出久はオールマイトと出会い、オールマイトが持つ、 “個性”=「ワン・フォー・オール」の後継者に指名される。そして出久は、偉大なヒーローを多く輩出してきた雄英高校の難関、ヒーロー科への進学を目指す……。

開幕早々、迫力満点に飛び込んでくるのは“ヒロアカ”キャラクターたちのシルエットと、力強い歌声だ。

会見で初めて明かされた“歌唱”要素だが、楽曲がとにかくカッコいい。ノリの良いリズム、一緒に歌い出したくなるようなグルーヴ感。劇場全体のテンションが爆速で上がっていくのがわかる。
音楽を担当するのは和田俊輔。数々の舞台音楽を手がけ、近年ではハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」シリーズでその存在を強く印象付けている注目の音楽家だ。「ハイキュー!!」でもアップテンポでリズミカルな楽曲が作品を彩っていたが、この“ヒロステ”の音楽はとてもパワフル。クィーンの『We Will Rock You』やロッキーのテーマを彷彿とさせる躍動感に溢れている。

そしてその楽曲を歌い上げるキャストの姿は、使い古された言葉だが“2次元から飛び出してきた”かのような、ヒーローたちそのものの姿。ビジュアルや立ち振る舞いによる再現度はもちろん、「ここから“ヒロステ”を始めるんだ!」という初演ならではの勢いが加わり、一層に輝く“彼ら”がそこにいた。

気弱そうに肩を竦(すく)ませ、“無個性”である自分に絶望しながらも、とある事件から「ヒーローの資質」をオールマイトに認められる緑谷出久=通称・デクのエピソードは、スピーディーな展開ながらしっかりと心に届く。デク 役の田村 心は冒頭で心情を吐露するシーンから本気の涙を流し、熱演全開だ。

その彼のフルパワーを広い胸で受け止めるのが、オールマイト役のふたり。平和の象徴であり、ムキムキのTHE・ヒーロースタイルであるオールマイト(マッスルフォーム)を演じるのは岩永洋昭。そしてヒーローとしての活動限界がくると痩せ細った姿に戻ってしまう、その本来のオールマイト(トゥルーフォーム)を演じるのは林 剛史。ふたりで一役を演じている転換が実に効果的。芸達者の役者ふたりが、ヒーローモノならではの“制限付き”の面白さを体現することによって、様々な場面をよりドラマチックに盛り上げている。

デクはどうにか難関の雄英高校の入試試験を突破し、ヒーロー科の生徒として第一歩を踏み出す。そこには幼馴染みの爆豪勝己を始め、“個性”豊かなクラスメイトたちが待ち受けていた。

爆豪を演じる小林亮太は、鋭い眼差しと攻撃的な態度で爆豪の荒々しさを表現。歯牙にもかけなかったデクが頭角を現し、クラスメイトの中にも自分以上の実力を持った者がいることに衝撃を受け、焦りや挫折を感じる後ろ姿が共感を誘う。

デクが己の“個性”を得て、育てていくストーリーには普遍的な成長物語としての魅力がある。そして爆豪をはじめとする各クラスメイトにも成長エピソードがあり、“ヒロステ”もその感情表現を丁寧に拾っている。

方言混じりの素直な言動で周りを明るく癒やす麗日お茶子(竹内 夢)は、ヒーローになりたい理由として家族への想いを吐露。エリート一家に生まれ育った飯田天哉(猪野広樹)や、父親との確執を抱える轟 焦凍(北村 諒)などなど。“個性”という派手な要素だけではなく、登場人物たちの葛藤も大きな見どころだ。

身体を硬化させることができる切島鋭児郎(田中尚輝)、身体に帯電させられる上鳴電気(佐藤祐吾)、影のようなモンスターを操作できる常闇踏陰(松原 凛)らの“個性”発動方法、ヘソからレーザーを射出する青山優雅(橋本真一)、ボールのような物質を無限に生み出せる峰田 実(奥井那我人)たちの、性格の方の個性もユーモラスで見逃せない。

カエルの“個性”を持った蛙吹梅雨(野口真緒)、体から無生物を造り出すことができる八百万 百(山﨑紗彩)のキュートさ、普通科・サポート科に属する発目 明(馬場莉乃)や心操人使(松川大祐)の見せ場にも注目だ。

そして平和のために奔走する良きヒーローたちに対して、“個性”を使った悪事を働くのが敵<ヴィラン>。敵<ヴィラン>連合を率いる死柄木 弔(雷太)の不気味さは、学園モノとしての枠を越えたドラマを予期させる。

オールマイト同様、雄英高校の教師、イレイザー・ヘッド(瀬戸祐介)や狂言回し的な役割も担うプレゼント・マイク(岡本悠紀)、壁として立ちふさがる轟 焦凍の父親・エンデヴァー(上田悠介)など、大人チームの安定感も彼らの物語を支えていた。

ストーリーの面白さとメッセージ性を、生の迫力を存分に活かしてまっすぐにぶつけてきた“Ultra”なStage。鳥肌が立つような感動をぜひ体感して欲しい。

東京公演は4月21日(日)まで天王洲 銀河劇場にて上演。大阪公演は4月26日(金)~4月29日(月・祝)サンケイホールブリーゼにて上演される。また、4月29日(月・祝)大阪・サンケイホールブリーゼでの千秋楽公演が全国の映画館にて完全生中継されるほか、「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stage 後夜祭~平成最後を飾れ!~の開催も決定。4月29日に大阪で国内千秋楽を迎える“ヒロステ”。翌30日が“平成最後の日”であることにちなみ、キャストと一緒に“ヒロステ”を振り返るトークショー、「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stage 後夜祭が開催される。
そして6月には上海公演が決定! 上海虹橋芸術センターにて6月7日(金)~6月9日(日)に上演予定だ。9月18日(水)にはBlu-ray&DVDの発売も決定している。

『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage

東京公演:2019年4月12日(金)~4月21日(日)天王洲 銀河劇場
大阪公演:2019年4月26日(金)~4月29日(月・祝)サンケイホールブリーゼ
中国・上海公演:2019年6月7日(金)~6月9日(日)上海虹橋芸術センター

ライブビューイング:2019年4月29日(月・祝)17:00~の回
詳細はこちらにて

STORY:
総人口の約8割が何らかの超常能力“個性”を持って生まれる世界。事故や災害、そして“個性”を悪用する犯罪者・敵<ヴィラン>から人々と社会を守る職業・ヒーローになることを多くの若者が夢見るなかで、“個性”が何もない“無個性”で生まれてしまった主人公・緑谷出久(みどりや・いずく)が、ヒーロー排出の名門・雄英高校に入学し一人前のヒーローを目指して成長していく物語。

原作:堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
演出:元吉庸泰
脚本:西森英行
音楽:和田俊輔
振付:梅棒

出演:
緑谷出久 役:田村 心/

爆豪勝己 役:小林亮太
麗日お茶子 役:竹内 夢
飯田天哉 役:猪野広樹
轟 焦凍 役:北村 諒/

蛙吹梅雨 役:野口真緒
切島鋭児郎 役:田中尚輝
上鳴電気 役:佐藤祐吾
青山優雅 役:橋本真一
八百万 百 役:山﨑紗彩
峰田 実 役:奥井那我人
常闇踏陰 役:松原 凛
発目 明 役:馬場莉乃
心操人使 役:松川大祐/

死柄木 弔 役:雷太/

イレイザー・ヘッド 役:瀬戸祐介
プレゼント・マイク 役:岡本悠紀
エンデヴァー 役:上田悠介/

オールマイト(トゥルーフォーム)役:林 剛史
オールマイト(マッスルフォーム)役:岩永洋昭


オールラウンダー:竹廣隼人 遠藤 誠


東京・大阪公演主催:「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stage 製作委員会(ネルケプランニング/東宝/集英社/読売テレビ)
上海公演:ネルケチャイナ、永楽演芸

オフィシャルサイト
Twitter(@heroaca_stage)

©堀越耕平/集英社・「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stage 製作委員会


「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stage 後夜祭~平成最後を飾れ!~

開催日:2019年4月30日(火・休)大阪 森ノ宮ピロティホール
出演者:田村 心 小林亮太 北村 諒 佐藤祐吾 岩永洋昭

「僕のヒーローアカデミア」The “Ultra” Stage Blu-ray&DVD発売

発売日:2019年9月18日(水)
価格:Blu-ray ¥9,000(税別) DVD ¥8,000(税別)