Column

“サノス倒し”だけじゃ終われない! 史上最大のクライマックスを迎える『アベンジャーズ/エンドゲーム』につながる“3つの事件”

“サノス倒し”だけじゃ終われない! 史上最大のクライマックスを迎える『アベンジャーズ/エンドゲーム』につながる“3つの事件”

ついに全世界待望の超大作『アベンジャーズ/エンドゲーム』が4月26日に公開された。ヒーローが集結するアベンジャーズと最強の敵サノスの戦いだけでなく、約10年続いたマーベル映画のクライマックスが描かれる本作は一体、どんな内容なのかーー。

そこで今回は最後の最後に”飛び入り”で映画館に行っても大丈夫なようにこれまでのポイントをおさらいしつつ、最新作の注目ポイントを紹介する。

ひとりでは勝てない! チーム“アベンジャーズ”結成

マーベル映画は何らかの事情で驚異的なパワーを身につけたヒーローたちが主人公のドラマを描いてきたが、それぞれの作品の主人公がもし、最強のチームを組んだら? そんな夢を叶えたのが『アベンジャーズ』シリーズだ。天才発明家でもあるアイアンマン、チームのリーダーを務めるキャプテン・アメリカを筆頭に、神の子ソー、怒ると巨人化するハルクらが初期メンバーとしてチームを結成。新しいマーベル映画が登場するごとに新キャラクターが増えていき、アベンジャーズのメンバーも増員されてきた。

ポイントは、そもそも通常の映画では主人公”単独”で敵を倒していたということ。そこでアベンジャーズが登場する際にはひとりでは勝てないほど強大な敵が登場する。また、最初の『アベンジャーズ』の段階から物語の重要ポイントが”敵を倒す”ことにないことも押さえておきたい。彼らはチームを結成した当初、敵を倒すことよりも、個性豊かなメンバーがどうやってお互いを認め合い、ひとつのチームとしてまとまることができるか?に悩んでいた。強いだけでは勝利できないのだ。

つまり、アベンジャーズ映画は敵を倒すだけでは終わることができない。最大の壁はいつもチームの内部やキャラクターそれぞれの内面にある。だとすれば、『…エンドゲーム』ではどのような壁が描かれ、主人公たちはどのようにして問題を解決するのだろうか?

©Marvel Studios 2019

何が“正義”か? アベンジャーズ分裂の危機

先ほどアベンジャーズはヒーローのチームと書いたが、実は現在、アベンジャーズは分裂状態にある。2016年公開の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で巨大なパワーを持つアベンジャーズのメンバーが国際組織の管理下に入るべきか否かで意見が別れ、チームは分裂。アイアンマンを筆頭にしたチームとキャプテン・アメリカが率いるチームに分かれ、一時は共に戦ってきた仲間が拳を交える事態に発展した。

この戦いは結局、決着や解決を迎えないままひとまずの休戦状態になっていて、『アベンジャーズ/インフィニティウォー』で後述するサノスが登場したことで分裂の危機は”棚上げ”になっているが、彼らが和解したり、問題が進展したわけではない。

となると、『…エンドゲーム』では”正義”のあり方を巡って対立したり、意見が異なっていたメンバーが何らかの形で和解するか、再び手を組むか、完全に決裂するかのいずれかの展開が描かれることになるだろう。それはつまり、ヒーローは何のために戦い、誰を助け、最後はどこに帰っていくかについて”何らかの回答”が描かれることになるはずだ。

正義のため必要な“犠牲”とは? 最強の敵サノス登場

とは言え、アベンジャーズは最強のメンバーが揃った集団だ。普通の敵であれば、メンバー数人がいれば倒すことができるだろう。しかし、シリーズにメンバー全員が束になってかかってもピンチどころか完全に歯がたたない敵が登場する。

昨年公開された『アベンジャーズ/インフィニティウォー』では最強の敵サノスが出現し、この宇宙を正常な状態に保つために、全宇宙の生命の半分を消すことを計画する。そのためにサノスは驚異的なエネルギーと力をもつ”インフィニティ・ガントレット”を手中におさめるため、宇宙に散らばったインフィニティ・ストーンを収集。危機を察知したアベンジャーズはそれを阻止しようとするが、サノスのパワーはあまりにも大きく、アベンジャーズの抵抗は完全に徒労に終わってしまう。そしてついにサノスはすべてのストーンを手に入れ、全宇宙の生命の半分を消し去ることに成功。アベンジャーズのメンバーの多くもサノスによって消え去ってしまった。

『…エンドゲーム』の物語はここから始まるが、

① そもそも前作でまったく歯が立たない相手に新作で勝てるのか?

② 最終目的を果たしたサノスはアベンジャーズと再戦する必要がない

問題は新作に重くのしかかる。彼らがサノスに勝つには観客をアッと驚かせるような”秘策”があるはずだ。気になるのは『…インフィニティウォー』の中でメンバーのひとり、ドクター・ストレンジが「サノスに勝てる方法がひとつだけある」と宣言した後に、自身が持っていたタイム・ストーンを自らサノスに渡したこと。時間を自由自在に操ることのできるタイム・ストーンをなぜ、ストレンジはサノスに奪わせたのか? この辺りに大きなヒントがあるのかもしれない。

また、前作は重要なテーマとして”正義とその代償”が描かれていたのも気になるところだ。アベンジャーズはサノスに敗れ、多くの仲間を失ったが、サノスもまた、自身の正義を貫くために犠牲を強いられる展開が描かれた。自分の考える正義は誰かの正義と衝突することがある。そして自身の正義を貫くためには何らかの”犠牲”を支払わなければならない。であれば、アベンジャーズは再びサノスと戦う際にどんな犠牲を支払うのか?アクション山盛りになること間違いナシの新作だが、重厚なドラマも描かれることになりそうだ。

そして『…エンドゲーム』は約10年続いたマーベル映画の長い長い物語のひとまずの集大成。アイアンマンやソー、キャプテン・アメリカら主要メンバーの物語の”結末”も描かれる。これまでどんな時も戦うことをやめなかった彼らに一体、どんなクライマックスとエピローグが待っているのか? やはりただ単純に”サノスを倒した”だけでは終われない状況で、約10年の物語のフィナーレは、これまでのマーベル映画の集大成であるのと同時に、マーベル映画がこれまでに描いてこなかった展開やドラマも期待できる。何にせよ、ここまで長期間、圧倒的な成功を収めた映画シリーズは過去に例がなく、そのクライマックスも前人未到の領域。”史上最大のクライマックス”になることは間違いない。

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』

4月26日(金) 全国公開

監督:アンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ
出演:ロバート・ダウニーJr. ほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン 
©2019 MARVEL

オフィシャルサイト
https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame.html

リリース情報

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』MovieNEX

配信中
『MovieNEX』4,200円+税
『4K UHD MovieNEX』8,000円+税
『4K UHD MovieNEX プレミアムBOX(数量限定)』10,000円+税
『 4K UHD ムービー・コレクション(初回限定)』14,000円+税
©2018 MARVEL