Column

令和時代にいろんな意味で期待の“美しき”女子アスリートたち

令和時代にいろんな意味で期待の“美しき”女子アスリートたち

多くの若いアスリートが活躍した平成時代。10代から世界で活躍することも珍しくなくなった。中でも、女性アスリートの活躍ぶりは目覚ましいものがある。来年に迫った東京オリンピックでも、数々のヤングアスリートたちの代表選出が期待される。当コラムでは、実力もさることながら、その美貌にも目がいってしまう女性アスリートに注目。令和という新時代にふさわしい、強くて美しい女性を紹介していこう。

文 / 山下貴將

紀平梨花(フィギュアスケート)

10代ながら、世界を驚かせる活躍ぶりをみせている女子フィギュアスケートの紀平梨花。GPファイナル、四大陸選手権と女王の座に輝いた彼女は、今や世界から追われる立場。持ち味であるジャンプ(トリプルアクセル)の成功率を高め、令和のフィギュア女王にふさわしい圧倒的な地位を築いてほしい。

長野風花(サッカー)

U-20女子W杯決勝ではゴールを決めるなど、日本の初優勝に大きく貢献した長野風花。昨年末の国際親善試合で、なでしこジャパンのデビューを飾ると、今年1月韓国リーグから、日本リーグに復帰。10代で世界レベルのサッカーを体感した彼女の経験は、必ずやフル代表でも活かされるだろう。

スタンボー華(サッカー)

ヤングなでしこの守護神・スタンボー華も、令和に期待が掛かる美女アスリートの一人だ。昨年初優勝に輝いたU-20女子W杯でも活躍、所属チームのINAC神戸レオネッサでは1部リーグデビューを果たすなど平成最後の1年に大きな躍進をみせた彼女。次世代なでしこの中心選手として、令和時代のヒロインになってほしい。

原英莉花(ゴルフ)

View this post on Instagram

ステップアップ日医工女子オープン 優勝することができました!! ✴︎ バックナインで5つ伸ばすことができて 今は達成感に包まれています☺️ ✴︎ ですが、まだまだ。 自分の課題に日々向き合って 強くなれるよう取り組み 結果に繋げたい🌈 ✴︎ 良い時も、上手くいかない時も ベストを尽くし続けます👊🏼 ✴︎ 皆さんいつもたくさんの応援 ありがとうございます!! これからも宜しくお願い致します☺️ ✴︎ #ステップアップ #日医工女子オープン #八尾カントリークラブ #今日のメイクはデビル👿 #最後笑えて良かった #また新たな気持ちで頑張る #👊🏼

A post shared by 原英莉花 (@warriorsmilerika_9) on

ジャンボ尾崎の弟子として、昨年大きな注目を集めた大型ルーキー原英莉花。師匠譲りの豪快なショットに加え、173cmというモデル並みのスタイルと美しい顔立ちからSNS投稿も話題となっている。トッププレーヤーの登竜門とも言われている「LPGA新人戦 加賀電子カップ」で見事優勝を果たすなど、これからの日本を牽引するプロゴルファーとしての期待が高まる

伊藤美誠(卓球)

独特のフォアハンドスマッシュ「みまパンチ」で、海外の世界ランカー達を続々と倒す伊藤美誠。平野美宇や早田ひなと共に、“卓球黄金世代”と呼ばれるほどの活躍をみせている。平成では中国選手に独占されていた表彰台を、令和では日本の“卓球黄金世代”が独占してほしいものだ。

松井優茄(テコンドー)

競技に加えファッションやメイクにも注目が集まる、テコンドーの松井優茄。格闘家とは思えないほどの美貌や、可愛らしい私生活を収めたSNS投稿も話題となっている24歳の彼女。大学時代は全日本学生テコンドー選手権大会で優勝を果たすなど実力も十分。次世代アスリートとして、東京オリンピックの代表入りを目指す。

佐藤彩香(一輪車)

View this post on Instagram

はい!ひょっこりはん!!

A post shared by 佐藤彩香(Ayaka Sato) (@ayaka_01_sato) on

日本ではあまり馴染みのない一輪車競技だが、国際大会では毎回のように日本人選手が優勝争いに加わっているという。佐藤彩香は、世界チャンピオンにも輝いた経験のある、一輪車界のパイオニア的存在。競技に加え、タレント活動も行う“才色兼備”の美女アスリートとして、令和では人気が一気に爆発するかもしれない。

才藤歩夢(近代5種、フェンシング)

168cmのスリムな体型で、モデル級美女アスリートとし話題の才藤歩夢。近代5種とフェンシングを両立する彼女。父親も近代5種元オリンピック代表という、サラブレットだ。先日、早稲田大学を卒業し、社会人として競技を続けることを表明した。東京オリンピック代表入りに期待がかかる。