Interview

go!go!vanillas が“最新最高”を更新。『THE WORLD』に込められた、前進し続ける彼らのハンパない熱量

go!go!vanillas が“最新最高”を更新。『THE WORLD』に込められた、前進し続ける彼らのハンパない熱量

バンドの一体感が高まったアルバム

そして、「雑食」と「Do You Wanna」の2曲では洗練されたメロウなグルーヴを土台に、「雑食」はラップのような歌い回しを織り込んだり、「Do You Wanna」はロック的な抑揚を付けたり、音のミックス感が絶妙なさじ加減だな、と。

 僕らはミクスチャーバンドではないし、ラップをやっているわけでもないので、そのバランスはかなり意識しましたね。ただ、新しい要素を取って付けたように借りてきてもしょうがないというか、きっちり自分たちの中で消化して、自分たちなりのさじ加減で提示することがgo!go!vanillasのオリジナリティに繋がるはずなので。

進太郎 それと同時に、プリティさんが事故に遭ったことで、バンドがひと塊でいる必要性を再認識したんですけど、今回のアルバムを事故に遭う前のプリティさんと作ったことで、今は3人でライヴをやってはいても、4人で音を出している手応えは変わらずにあるし、形にこだわらず新しいことに挑戦しつつ、バンドの一体感が高まったアルバムでもあるんじゃないかな、と思います。

“一体感”という意味では、スウィンギンなロックンロール「スタンドバイミー」やカントリーテイストの「Hey My Bro.」であったり、go!go!vanillasらしいフレイバーも散りばめつつ、バリエーション豊かな楽曲がアルバムを通して、うまくまとまっていますよね。

 その点、今回はアルバムを通じて、ひとりのエンジニアさんにお願いしたことが大きかったんです。僕らのように楽曲の幅が広いバンドはエンジニアさんを統一しないとどうしてもバラバラになってしまうんですよね。逆に音の質感やバランスが統一されていると、どんなジャンルであろうが作品としてひとつの塊になるし、そういう安心感があると曲を作る側としては鎖から解き放たれて、どこまでも歩けるんですよ。そして、自由に作った曲を最終的に鎖で繋いでまとめてくれたのが、エンジニアの菅井(正剛)さんだったんですけど、菅井さんはアルバムをうまくまとめることを計算して、一曲一曲作業してくれたと思うんですよ。だから、こちらとしては気持ち良く完成に向かうことができました。

完成した今回のアルバムに対して、3人は今どんな手応えを感じていますか?

セイヤ リード曲やシングル曲が固まっているアルバムの前半から5曲目以降はだんだん服を脱いでいく感じかな(笑)。

 こういう曲が聴きたかったと思っていた曲を、自分で形にできたことがデカくて。たとえばシングルだったら、キャッチーさを盛り込むことは多かれ少なかれ考えるじゃないですか。でも、アルバム5曲目以降の曲は、“他人の意見はいいです”というスタンスだったというか、いい意味でリスナーのことを考えなかったんですよ。

今後もさらなる高みを目指すgo!go!vanillasに期待して

シングル「No.999」のインタビューでは、今回のアルバムは、これを世に残して、地球が滅亡しても悔いはないと言ってましたもんね。

 そう! 隕石が落ちてきても、「うわー、マジか!?」と思いつつも「まぁ、いいでしょう!」って思えるというか(笑)。毎回そんなことを言ってるんですけど、そのときの“サイシンサイコウ(最新最高)”を更新しているとは思うので、バンドをやってて楽しいです。

進太郎 2ndアルバム『Kameleon Lights』のときに“最高傑作!”っていうコメントを書いたんですけど、そのときに「俺、この先、同じコメントを毎回書くことになるんじゃないかな?」って思ってたら、そのとおりになってて(笑)、我ながら素晴らしいと思います!

 でも、自画自賛しつつ、アルバムを作るたびに「次はこのアルバムを超えられるのか?」って焦るんですよね。でも、僕らは超えちゃうんですよ。これからどこかのタイミングでプリティも戻るはずですし、今後もさらなる高みを目指すgo!go!vanillasに期待していただければと思います!

THE WORLD TOUR 2019

5月30日(木)大分 DRUM Be-0
6月1日(土) 熊本 B.9 V1
6月2日(日) 長崎 DRUM Be-7
6月6日(木) 浜松 窓枠
6月8日(土) 三重 M’AXA
6月9日(日) 岐阜 CLUB-G
6月20日(木)周南 RISING HALL
6月22日(土)岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
6月23日(日)米子 laughs
6月27日(木)長野 CLUB JUNK BOX
6月29日(土)福井 響のホール
6月30日(日)金沢 EIGHT HALL
7月18日(木)郡山 Hip Shot Japan
7月20日(土)盛岡 CLUB CHANGE WAVE
7月21日(日)秋田 Club SWINDLE
10月11日(金)名古屋 Zepp Nagoya
10月12日(土)大阪 Zepp Osaka Bayside
10月14日(月・祝)福岡 Zepp Fukuoka
10月19日(土)BLUE LIVE 広島
10月20日(日)高松 festhalle
10月26日(土)札幌 Zepp Sapporo
11月09日(土)新潟 LOTS
11月10日(日)仙台 PIT
11月15日(金)東京 Zepp Tokyo
11月16日(土)東京 Zepp Tokyo

go!go!vanillas(ゴーゴーバニラズ)

牧 達弥(vocal, guitar)、長谷川プリティ敬祐(bass)、ジェットセイヤ(drums)、柳沢 進太郎(guitar)。2014年11月にアルバム『Magic Number』でメジャーデビュー。2019年1月にシングル「No.999」をリリース。本作リリース後に〈THE WORLD TOUR 2019〉を敢行する。

オフィシャルサイト

フォトギャラリー
< 1 2