Interview

愛美(Poppin'Party)×すぅ(SILENT SIREN)対談。メットライフドームでの対バンライブで目指すものとは?

愛美(Poppin'Party)×すぅ(SILENT SIREN)対談。メットライフドームでの対バンライブで目指すものとは?

私は地声がけっこう低いので、ライブになると香澄の声との塩梅が難しくなったりするんですよね(愛美)

Poppin'Party 愛美 エンタメステーションインタビュー

すぅさんと愛美さんはともにギターボーカルを担当されていますよね。バンドのフロントマンとして大事にしているこだわりって何かありますか?

愛美 ポピパの場合は元になるキャラクターがいるので、そこにのっとった見せ方をしようっていうのは大事にしてますね。私が演じてる(戸山)香澄はすごく元気な子だから、ライブなんかではたくさん動いたほうがいいかな、手に動きをつけたほうがいいかな、みたいな感じで。ギターを弾きながら歌うのは大変な部分もあるんだけど、できるだけ余裕のある表情を心掛けるようにもしていますね。結成当初よりもギターボーカルとしての表現はいろいろできるようになってきた気がします。

すぅ 私は、ライブしてるときってけっこう別人になっちゃうんですよ。普段の自分とはまったく違う。日常ではライブで見せるほどテンションは高くないし、「いくぜ!」なんて言わないですからね(笑)。特に意識して演じてるわけではないんだけど、そういう違った自分が出てくるのが私らしさなのかなとは思います。愛美ちゃんはライブをしてるとき、思わず自分自身が出てきちゃうことってない?

愛美 慣れないうちは大変でした! テンション上がると愛美が出ちゃう(笑)。私は地声がけっこう低いので、ライブになると香澄の声との塩梅が難しくなったりするんですよね。

すぅ あははは。「ヤバイヤバイ、愛美出てる!」みたいな(笑)。

愛美 MCでもそうですね。後で見返すとけっこう愛美の地声が出てしまっていて、これ香澄からポピパに入ってくれた人はちょっと引いちゃうんじゃないかな、みたいな。最近は自然といいバランスでできるようにはなりましたけど、そこに至るまでにはけっこう試行錯誤はしましたね。

フロントマンとして発する言葉の重みみたいな部分はここ数年、すごく大事にするようになったんです(すぅ)

SILENT SIREN すぅ エンタメステーションインタビュー

すぅ すごいなー。私の場合は、他のメンバーが「すぅはすぅの自由にやっていいよ」って言ってくれてるから、ほんとに自由にやってるって感じですね。あ、でもフロントマンとして発する言葉の重みみたいな部分はここ数年、すごく大事にするようになったんですよ。一言に対する説得力っていうのかな。MCでの私の発言によって「前を向いてちゃんと進めるようになりました」って言ってくれるファンがけっこう多いので、そこはちゃんと意識して発言するようになったというか。私もファンのみんなと同じで、悩んだり泣いたり怒ったり、それこそ恋をしたりもするから、みんなと同じ目線に立って言葉を投げかけるようにはしてますね。全員の心にちゃんと響くように。

ポピパはMCに何かこだわりはあります?

愛美 以前は誰が何を言うかっていうところまでカッチリ決めていたんですよ。ただ、最近はみんな肩肘張らずにしゃべれるようになってきたので、けっこうフリートークするようになってますね。ただそうなると、「なんで私、あんなこと言っちゃったんだろう?」みたいなこともよくあるんですけど(笑)。

すぅ それ、めちゃめちゃある(笑)!

愛美 ライブの流れ的にはいい話をするシーンじゃなかったはずなのに、私の発言でなんかエモい空気になってしまったりとか。その逆もありますしね。私の場合、決めたことをしゃべるところでもトチったりするんで、けっこうやっかいなタイプかもしれないですね(笑)。でも、そういうときは他のメンバーたちがちゃんとフォローしてくれるので、そこはすごく頼もしいし、うれしいなって思います。

ポピパは自分たちらしさを詰め込んで、全力でキラキラした感じに仕上げましたね(愛美)

Poppin'Party 愛美 SILENT SIREN すぅ エンタメステーションインタビュー

お話を聞いているとドーム公演への期待がどんどん高まってくるわけですが、その対バンライブのために書き下ろしされた新曲「NO GIRL NO CRY」が届けられました。今回は“Poppin’Party Ver.”と“SILENT SIREN Ver.”が用意され、すでに配信がスタートしています。

愛美 サイサイさんバージョンとポピパバージョン、同じ曲だけど全然違った雰囲気になっているのがすごくいいんですよ! ポピパは自分たちらしさを詰め込んで、全力でキラキラした感じに仕上げましたね。歌詞もすごく素敵で、<バチバチのOver Friends!>っていうフレーズがすごく印象的でした。いつか私たちもサイサイさんと<バチバチのOver Friends>になれるかな、なりたいなと思いながら歌ってましたね。

すぅ あはは。この曲、めっちゃいいんですよ。私たちはポピパちゃんたちのことを思い浮かべて感情移入しながらレコーディングしましたけど、たぶん聴いてくれるすべての人にも当てはまる歌詞なんじゃないかなと思っていて。ライバル的な存在がいてくれることで自分自身を高められるっていうメッセージは絶対響くと思う。2番には<舞台袖でスタンバイ>っていうフレーズもあったりするので、ガールズバンドをやってる子は特にグッと来ちゃうんじゃないかな。

いつものサイサイとは違った雰囲気で聴いてもらえるような録り方をしたんです。ちょっとせつなげな方向性に持っていきましたね(すぅ)

“SILENT SIREN Ver.”のアレンジはクボナオキさんによるものですね。

すぅ はい。ポピパちゃんバージョンを聴いた上で自分たちなりにアレンジをするっていうのはほぼほぼ初めての経験だったので、けっこう難しかったです。大本はなおきゃん(クボナオキ)が作って、ソロの部分は各メンバーが考えていった感じです。結果的に、上モノに対してのリズム隊のどっしり感みたいな部分でのサイサイの良さはしっかり出せたんじゃないかなって思ってます。ただ歌に関してはキーがかなり高いのでけっこう苦戦しましたけどね。

愛美 うん、私もサビの<NO GIRL NO CRY>のところはけっこう苦戦しました。苦手な音域がハマってるっていうのもあって。でも、すぅさんの歌を聴いたらサラリと歌いこなしていたので、「さすが、やっぱちげぇな!」って思いました!

すぅ えー! 全然サラッと歌ってないよ! レコーディングに対しての緊張感もハンパなかったんですよ。やっぱり普段の自分たちの曲とは構成も展開も全然違って、ポピパちゃんを連想させる曲になってると思うから。なので今回はあえていつもの自分のクセみたいな部分は抑え気味にして、いつものサイサイとは違った雰囲気で聴いてもらえるような録り方をしたんです。ちょっとせつなげな方向性に持っていきましたね。

愛美 うんうん。ポピパはけっこう明るく引っ張っていく感じの仕上がりにしたんですよ。「泣くこともあるけど前を向いて頑張っていこうね!」みたいなテンションで歌いましたし。でも、サイサイさんバージョンには確かにせつなさとかはかなさがあって。より寄り添ってくれてる感じが出ているなって思いました。やっぱり同じ曲に対してもその解釈の仕方はそれぞれなんだなと思って、すごくおもしろかったです。

タイトルの「NO GIRL NO CRY」は“泣かない女子はいない”といった意味かと思いますが、お二人もやっぱり涙をこらえられないときもありますか?

愛美 ありますよぉ。泣きますよね(笑)。最近はだいぶ平気になりましたけど、バンドリ!が始まった当初はバンド自体が未知数だったし、求められること、お客さんからの期待もどんどん大きくなっていってたので、それに追いつけない自分がとにかく悔しすぎて。ほんとに泣いてばかりいましたから。

すぅ 私も悔し泣きはよくするかな。メンバーのあいにゃんも一緒。感動モノの映画とかでは一切泣かないけど、悔しいときだけめっちゃ泣くタイプだし。

愛美 みんなそうやって涙を流す瞬間はありますよね。この曲が響いてくれるといいな。

ポピパはバンドとしてMV撮るのが初めてだったので。サイサイさんの姿を見ながら学んでいった感じでしたね(愛美)

サイサイとポピパが共演しているMVにも注目ですよね。

すぅ はい。2日間かけて撮ったんですよ。ビックリするくらい迫力のあるセットだったんで、さすがブシロード様だなって思いました(笑)。

愛美 あはははは。ポピパはバンドとしてMV撮るのが初めてだったので。サイサイさんの姿を見ながら学んでいった感じでしたね。

すぅ 全然初めてに思えなかったけどね。「初めてでこの出来? プロだわ!」ってめっちゃ思った。

MVの中で愛美ちゃんと歌の振り分けをしたのは楽しかったです(すぅ)

Poppin'Party 愛美 SILENT SIREN すぅ エンタメステーションインタビュー

倒れた愛美さんに、すぅさんが優しく手を差し伸べてあげるシーンもありましたね。

愛美 パイセンに手を差し伸べていただきました(笑)。

すぅ いや! もうほんとに私は演技がマジでできなすぎるんで、「見てて恥ずかしくなる」ってマネージャーに言われましたよ(笑)! 他の3人のメンバーに関しても、1人ひとり思わず爆笑しちゃうシーンがあるんですよね。動きがめっちゃぎこちないから(笑)。

愛美 えー、全然そんなことなかったですけどね。

すぅ でも、MVの中で愛美ちゃんと歌の振り分けをしたのは楽しかったです。そういうことをしたのは初めてだったから、思わず愛美ちゃんのパートを歌っちゃうこともあったりしたけど(笑)。MVでガッツリ絡むシーンが多かったから、バンド同士の距離が縮められたのも良かったなって思いますね。

愛美 ほんとに楽しくやらせてもらいました。すぅさんと2人のシーンを撮るときにはけっこうカラダに触れてくれたりもして。「あ、触れてもいい人なんだ!」って嬉しくなりました(笑)。「触れたら各所から怒られるかも」って勝手に思ってたから。

すぅ なんでよ(笑)!

愛美 サイサイさんはすごくナチュラルに接してくださったので、ポピパのメンバーもリラックスして撮影に臨めたんだと思いますね。ほんとに優しいパイセンです!

すぅ やめてくださいよ(笑)。

この2日間でしか見ることのできないライブにきっとなると思います(すぅ)

Poppin'Party 愛美 SILENT SIREN すぅ エンタメステーションインタビュー

で、いよいよメットライフドームでの対バンライブ2デイズが近づいてきました。

すぅ スタッフも含め、サイサイチームはみんなざわついてますね(笑)。ドームだからこそできる演出もたくさんあるし、それに合わせてセトリを組んだり、衣装を選んだりしているので、この2日間でしか見ることのできないライブにきっとなると思います。今までサイサイのライブを観たことがある人でも、「あ、いつもと違うな」って感じてもらえると思いますよ。

愛美 ポピパに関しては、アツいセトリなので、バンドリーマーの皆さんは見逃せないないです! サイファミ(サイサイファンの呼称)のみなさんにも楽しんでいただけると思います!

大きい会場に対しての気負いはないと。

すぅ (小声で)いつも大きいんですよ。いつも会場が大きいんですよ(笑)。

愛美 いやいやいや(笑)。今回は初めてのドーム、初めての対バンなので、気負ったら何もできなくなっちゃうってことがメンバーみんなわかってますからね。ポピパらしく、全力で頑張ります!

元号も変わりましたからね、この対バンライブでも新しい時代の幕開けを感じてもらいたいなと思ってます(愛美)

MVで見せてくれたような絡みにも期待したいところですが。

すう そこはね! やってるうちらはもちろん、お客さんもきっと高まるポイントになると思うので、期待してもらって大丈夫だと思いますよ。

愛美 うん。楽しみにしててください! 元号も変わりましたからね、この対バンライブでも新しい時代の幕開けを感じてもらいたいなと思ってます。

すぅ うん。ポピサイがしっかり魅せますので! ぜひ遊びに来てください!

フォトギャラリー

その他のPoppin’ Partyのの作品はこちらへ。

その他のSILENT SIRENの作品はこちらへ。

ライブ情報

「NO GIRL NO CRY」

5月18日(土) メットライフドーム 開場15:00/開演17:00 予定
Poppin’Party、SILENT SIREN
ゲストアクト:Roselia

5月19日(日) メットライフドーム 開場15:00/開演17:00 予定
Poppin’Party、SILENT SIREN
ゲストアクト:RAISE A SUILEN

*詳細はhttps://bang-dream.com/popi_sp

Poppin’ Party

アニメ、ゲーム、コミック、声優によるリアルライブなど様々なメディアミックスを展開する次世代プロジェクト『BanGDream!(バンドリ!)』の作中に登場する5人組ガールズバンド。バンドメンバーは、愛美(戸山香澄役)、大塚紗英(花園たえ役)、西本りみ(牛込りみ役)、大橋彩香(山吹沙綾役)、伊藤彩沙(市ヶ谷有咲役)。作中だけでなく、キャラクターを演じるキャストたち自身も「Poppin’Party(ポッピンパーティ)」として生演奏のライブを中心に精力的に活動中。2019年2月には日本武道館にて「BanG Dream! 7th☆LIVE」3DAYSライブを開催。

オフィシャルサイト
https://bang-dream.com/
https://bushiroad-music.com/artists/poppinparty

SILENT SIREN

Vo&G.すぅ(吉田菫)、Dr.ひなんちゅ(梅村妃奈子)、Ba.あいにゃん(山内あいな)、Key.ゆかるん(黒坂優香子)の4名からなるガールズバンド。2012年11月、シングル「Sweet Pop!」でメジャーデビュー。通称”サイサイ”。2015年には、ガールズバンド史上最短で武道館単独公演を行い、翌年には横浜アリーナ公演、2016年からはアジア・アメリカを周るワールドツアーも開催している。2018年からは全国ラーメンチェーン「天下一品」のイメージキャラクターも務め、テーマソングも提供し同CMに出演中。結成10年目も勢いの止まらない唯一無二の存在となっている。

オフィシャルサイト
http://silent-siren.com

< 1 2