原田ちあきの「やはり猫にはかなわない」  vol. 33

Column

猫と飼い主の真剣勝負の結果がひどいww 第33話「猫、じゃれる」原田ちあきのやばみ系猫マンガ!

猫と飼い主の真剣勝負の結果がひどいww  第33話「猫、じゃれる」原田ちあきのやばみ系猫マンガ!

原田家に暮らす猫“いっちゃん”との日々は、ほっこり癒し的なものとは程遠いもので――。
一度見たら絶対忘れない超話題の新鋭アーティスト・原田ちあきが、猫への愛と服従の日々を描く、中毒性高めのやばみ系猫マンガ。
ときどき泣きそうになるけど、おもしろいから、みんなで読もうズェェ。

そして、本日5月19日(日)はHMV&BOOKS HAKATAにて『音ガール』イベントに原田ちあき様が登場します~! ヒュー‼

前回はこちら
愛猫に決してやってはいけないこと。 第32話「猫、怒る」原田ちあきのやばみ系猫マンガ!

愛猫に決してやってはいけないこと。 第32話「猫、怒る」原田ちあきのやばみ系猫マンガ!

2019.05.12

第33話「猫、じゃれる」

第33話「猫、じゃれる」メモ:
いま私、猫じゃらしに虫っぽい動きさせるのめっちゃ上手いから。


頭におもちゃをのせた猫。……そんなに面白くないか?


原田ちあき作画『音ガール』グッズのお申込みは5月31日(金)まで。「最低ゴミ人間Tシャツ」で夏を乗り切るぞい! 
次回の更新は、5月26日(日)を予定しています。お楽しみに!

原田ちあき作画『音ガール』激ヤバなオリジナルグッズをZOZOTOWNで発売中!

GANG PARADE・月ノウサギが“最低ゴミ人間”に!?「これはむしろ欲しい…」原田ちあき作画のヤバTが発売開始‼

GANG PARADE・月ノウサギが“最低ゴミ人間”に!?「これはむしろ欲しい…」原田ちあき作画のヤバTが発売開始‼

2019.05.05

原田ちあき『音ガール』発売記念イベントのお知らせ

©原田ちあき

©原田ちあき

本日、5月19日(日)12時より、コミック『音ガール』発売記念イベント開催! イベント開催のHMV&BOOKSのカウンターにて対象書籍販売&イベント参加券の配券を行っています。ラストの博多! ぜひ「生」原田ちあきさんに会いに来てください!

【日程/会場】
■福岡・博多
日時:2019年5月19日(日)12:00~
会場:HMV&BOOKS HAKATA イベントスペース
https://www.hmv.co.jp/store/event/37694/

詳しくはこちらをご覧ください。

コミック『音ガール』発売記念イベント
盗んだリコーダーを口に含むとあそこから光が…!? 漫画家・原田ちあきの珍発言に会場からどよめき。5月4日夜には緊急生配信番組も!

盗んだリコーダーを口に含むとあそこから光が…!? 漫画家・原田ちあきの珍発言に会場からどよめき。5月4日夜には緊急生配信番組も!

2019.05.02

原田ちあき(はらだ・ちあき)

1990年、大阪府生まれ。イラストレーター、漫画家、キュレーター。Twitterフォロワー11万人。2014年「よいこのための悪口メーカー」を名乗り、悪口イラストを本格的に書き始める。自らの創作活動のかたわら、キュレーターとしても活動。著名アーティストとの「きみでおめかし」展などを開催。またアイドルやアーティストとのコラボも多数。ブログ「ハラダチ日記」をはじめ、WEB連載やテレビ番組出演など幅広く活躍している。著書に『原田ちあきの挙動不審日記』(祥伝社)、『誰にも見つからずに泣いてる君は優しい』(大和書房)がある。大和書房のWEBサイトでエッセイ「しぶとい女」を連載中。

オフィシャルサイト
http://cchhiiaakkii8.wixsite.com/chiaki

ブログ「ハラダチ日記」
http://cchhiiaakkii8.blog.jp/

Twitter
@cchhiiaakkii

Instagram
cchhiiaakkii9

大和書房WEBサイト・連載エッセイ「しぶとい女」
http://www.daiwashobo.co.jp/web/html/harada/backnumber.html

『誰にも見つからずに泣いてる君は優しい』

原田ちあき(著)
大和書房
「ゲスの極み乙女。」川谷絵音さんが「今一番飲みたい人」!  ツイッターフォロワー11万人。毒舌・超絶カラフルイラストなのに「心に刺さる」「染みる」「病みかわいい」とSNSで話題。描きおろし作品約50点を掲載。壮絶黒歴史を含めた初のエッセイ10本収録。クリープハイプ、でんぱ組.incなど、有名アーティストとのコラボ作品なども。
詳細はこちらhttp://www.daiwashobo.co.jp/book/b348510.html

vol.32
vol.33
vol.34