Interview

期待値MAXの劇場アニメ『プロメア』をTRIGGER常連声優はどう見る? 新谷真弓が解説する「今石・中島コンビ」作のブレない強さ

期待値MAXの劇場アニメ『プロメア』をTRIGGER常連声優はどう見る? 新谷真弓が解説する「今石・中島コンビ」作のブレない強さ

『天元突破グレンラガン』や『キルラキル』を手掛けた今石洋之監督と脚本家・中島かずきがタッグを組んで挑む、完全オリジナル劇場アニメ『プロメア』。2019年5月24日(金)より公開がスタートする本作は、炎を操る突然変異種の集団「マッドバーニッシュ」と、それらに対抗するため組織された高機動救命消防隊「バーニングレスキュー」の熱き激突を描いた、SFアクション大作である。

アニメーションスタジオ・TRIGGERによるケレン味あふれる作画や演出に期待が集まる本作だが、その一方で主人公のガロ役を松山ケンイチ、ガロのライバルであるリオを早乙女太一、ガロの憧れの人物・クレイを堺 雅人が演じるなど、実力派俳優陣が主要キャストを務めていることにも注目が集まっている。本作は果たしてどんな作品として仕上がったのか? バーニングレスキューのメカニック担当・ルチアを演じる新谷真弓に、アフレコに臨んだ印象を聞いた。

取材・文 / 福西輝明


個性際立つバーニングレスキューの中で、「新谷真弓ならでは」を体現するルチア

まずは『プロメア』の物語に触れた率直な感想をお聞かせください。

新谷真弓 私も出演させていただいた、TVアニメ『キルラキル』(2013年)以来の今石洋之監督と中島かずきさんコンビの作品なんですが、おふたりの作品って、男性か女性どちらが物語の中心にいるかによって、少しテイストが変わるんですよ。

『キルラキル』のように女性が中心にくる作品は、全体的にかわいらしくも熱く、バカエロな要素も含んでいて、どちらかというと今石監督のテイストが強くなる気がします。一方、『天元突破グレンラガン』のように男性が中心に来る作品は、熱くて濃い少年マンガやチャンバラ活劇的な感じで、かずきさんのテイストに寄ったものになるんですね。

その点で言うと、男の子のガロとリオを中心に描かれる『プロメア』は、『グレンラガン』や、かずきさんが脚本を手掛けている「劇団☆新感線」のノリに近いと感じました。バカで熱くて一本気で、そしてどこかに少年っぽさを残した男たちが大立ち回りを演じる一方、しっかり者でかっこいい女性陣が男性陣を支えるという、かずきさんが得意とされる構図が如実に描かれていると思います。

その構図は、まさに『グレンラガン』そのものですよね。本作のアフレコに臨んだ印象はいかがだったでしょうか?

新谷 現場は『グレンラガン』に出演された小西克幸さんや檜山修之さん、『キルラキル』に出演された小清水亜美ちゃんや柚木涼香さん、稲田 徹さんなど、TRIGGER作品ではおなじみの方々ばかりで。「よろしくお願いします!」と肩ひじ張った感じでもなく、「それじゃ、いっちょやりますか」とリラックスしたムードで作品に入っていけましたね。

今回、新谷さんが演じられたルチアは、どんなキャラクターとして役作りされたのでしょうか。

新谷 ルチアは「バーニングレスキュー」のメカニック担当で、さまざまなメカを作ってチームを支える女の子です。台本上だと、後方でガロを支える「デキる女」のように感じたんですが、アフレコ時に使用する映像を見たら、想像していた以上にハジケた表情や動きを見せてくれるマスコットキャラでした。ビジュアル的には美少女なんだけど、系統的には誰彼かまわずシャーッと威嚇する小動物に近い……みたいな(笑)。それで、基本的には最前線に出る子ではないけれど、勢いのある楽しい感じでやっていいんだなと思えたので、台本で書かれている以上に演技に遊びを入れながらお芝居させていただきました。

ルチアのビジュアルとキャストが新谷さんという情報を見て、頭の中でイメージしたキャラクター像そのままのハジケた女の子でしたね。新谷さんならではのキャラクター付けだと思いました。

新谷 そう言っていただけてうれしいです。『キルラキル』で私が演じた蛇崩乃音のように自分自身で戦うキャラクターではなく、主人公をサポートする側だったので、最初はもう少し違う感じでキャラクターをとらえていたんですよ。でも、サポートする相手がハジケまくりのガロだし、絵面ではガロ以上にハジケていたので、これは私も負けてはいられないぞと。

ガロやルチア以外にも、「バーニングレスキュー」の面々はみんな個性が際立っていましたね。

新谷 そうですね。ガロやルチアがハチャメチャやっているところを、吉野裕行さん演じる参謀のレミーが冷静にツッコミを入れてくれて。その一方で、稲田徹さん演じる大男のバリスは、画面のどこかでつねに身体を鍛えている(笑)。そして、小山力也さん演じる隊長のイグニスが、落ち着いたリーダーシップを発揮してみんなを力強く統率する。キャラクター的にもお芝居的にも、非常にいいバランスがとれていたなと思います。

ケンドーコバヤシさん演じるネズミのビニーも、小さいながらも不思議な存在感を発揮していました。

新谷 ビニーの収録は一番最後だったので、じつはまだケンコバさんの演技を見られていないんです。ビニーはルチアといつも一緒に行動している相棒なので、不思議な愛着があるんですけどね。聞くところによると、最初は普段のケンコバさんそのままの低音ボイスで収録していたそうですが、ご本人が「僕自身の個性よりも、アニメっぽいかわいいネズミ感を出した方がいいのでは」とおっしゃって、パッと聴いただけではケンコバさんだとわからないような演技をしてくださったそうです。それも、ちゃんと作品のことを考えてくださった結果なんですよね。本当にありがたいことです。

1 2 >