Interview

緑黄色社会 彼女たちはなぜこのタイミングで情感豊かなラブソングをフィーチャーした4曲入りEPをリリースするのか?

緑黄色社会 彼女たちはなぜこのタイミングで情感豊かなラブソングをフィーチャーした4曲入りEPをリリースするのか?

上り調子にあるバンドは、自分たちを取り巻く状況がどんどん変わっていくし、そのなかであらためて自分というものについて再認識することも少なくない。そういうなかで生まれる音楽がいつにも増してその個性を鮮やかに表すことがしばしばあるけれど、緑黄色社会が届けてくれた4曲入りEP「幸せ」は、情感豊かな表題曲をはじめ、4曲4様のスタイルで彼女たちの音楽の魅力の核心を伝えている。
ここでは、この1年の間の自分たちの変化を確認することから始めて、そのなかで生まれた新作の聴きどころをメンバー4人で語ってもらった。

取材・文 / 兼田達矢 撮影 / 高木博史


周りの状況に気持ちが追いついていない感じは確かにありますね。

今回のEPの4曲目「にちようび」で♪何にもしたくない/ベッドの上で休んでたい/何にも見たくない♪と歌っていますが、この主人公の気持ちはみなさんの今の実感に近いですか。

長屋 私はめちゃくちゃ近いですね。

穴見 誰でもそうなんじゃないかなあ。

小林 そうだよねえ。

長屋 じつは、この曲を書いたのは3年前くらいなんですね。だから、こういうことを思う人格は私のなかにはだいぶ前からあったんだと思います。

毎日の生活のなかでの時間の過ごし方として“にちようび”というものが大事だったんでしょうね。

長屋 つまり、オフの時間ということですよね。まあ、大事にできてるかどうかはわからないですけど、でも何にもしない時間というのが本当に好きで…。でも、大事にはできてるかなあ…? 悪く言えば、すごくグータラしてるだけなんですけど(笑)。

(笑)。長屋さんは、現在の生活を振り返って、フリーな時間の生かし方はうまくいってると感じますか。

長屋 ウ〜ン…、有効活用できているかと言うと、それはできていないような気がするんですよね。どっちも中途半端になっちゃうんです。私たちの仕事って、ちゃんとしたオフがあるかというとそうではなくて、表に出ない間も家で曲作りをしたりするような作業があるんですよ。だから、私の今の使い方だとオンとオフを混在させてしまっている感じがして、それをちゃんと仕切れたらなあと思いますね。「この日は羽根を伸ばす日。この日はしっかり仕事する日」と決められたら、オフの時間を有効活用できるような気がするんですけど。

長屋晴子(Vo / Gt)

音楽をやりたくてバンドを始めて、その結果として今に至り、そのなかでは音楽だけやっていればいいというわけでもない状況があるということなんじゃないかと想像するんですが、だからオンとオフの仕切りということだけでなく、そういう状況をうまくまだ整理できないということではありませんか。

長屋 つねに状況は変わっていくし、自分の気持ちも変わるから、例えば昨日まで何も思っていなかったことが急に気になり出したりするんです。だから、周りの状況に気持ちが追いついていない感じは確かにありますね。

小林さん、peppeさん、穴見さんは、最近の自分の生活を振り返って何か思うことはありますか。

小林 最近気がついたのは、人と会わないと自分はどんどんダメになっていくなということで、家でじっとしてると何も手につかなくなるんですよ。だから、休みの日も外に出て、友達と会って話したりして、その他に出来た隙間の時間で曲を作るっていう。そういう気持ちでいると必然的に“この時間に曲を作らないと、他にやる時間がないな”というふうに自分のなかの時間割が出来上がっていくし、そのなかで少し無理もできるようになるんです。

peppe 私は自分のなかのルーティンが毎日あって、それをやらないと気が済まないので、それは何があってもやるんですが、それを別にすると私の毎日というのは意外と人と会わないんですよ。毎日会社に行って、そこで必ず誰かと会うという毎日ではないから、このバンドの活動がない日は意外と人に会わないなあと思って、だから休みの日はできるだけ誰かと会うようにしようと思っているところです。

穴見 僕は大学に通ってて、周りは就職活動してるんですよ。兄もこの春から就職して、そういうふうに周りが社会に飛び立っていってるのを見て初めて自分も社会を意識し始めたというか…。例えば新卒の人がどれくらい給料をもらえるのかとか、そういうことを自分で調べたりして、やっとこの歳なりのことを考えるようになった感じです。

(この1年の間に)自分たちを測るものさしを、いろいろ持てるようになった、という気がします。

そういう生活のなかで生まれた新曲「幸せ」は、♪少し前の私と話が出来るなら♪という歌詞で始まります。というわけで、もう一つみなさんに共通の質問です。約1年前、アルバム『緑黄色社会』のリリースを目前に控えた時期のインタビューで「1年後にはどうなっているか? あるいは、どうなっていたいか?」と聞いています。その質問に答えているご自身と話が出来るなら、どんなことを言うか考えてみてください。まず穴見さんは「まだメンバー一人ひとりが持ってるものを全部出せているわけじゃないと思うんです。もっとやれると思っているので、それを出しきって、“このバンド、ヤバイね”と思われるような存在になりたいですね」と話しています。

穴見 今と同じこと、考えてるなあ(笑)。

(笑)。ということは、1年前の自分に話すのは「君が考えていることは間違っていないよ」というようなことになりますか。

穴見 というか、「まだ、がんばってるよ」という感じですかね。「まだ」っていうか、一生そんな気持ちなのかもしれないですけど。

では、「1年でクリアできるようなことではないよ」という話になりますか。

穴見 そうですね。僕の、この1年の努力が足りてなかったのかもしれないですけど、でもずっと「まだまだ」という気持ちはあると思います。

穴見真吾(Ba / Cho)

なるほど。peppeさんは、「次のツアーのタイトルが“リョクシャ化”というタイトルなんですけど、自分たちで「リョクシャ化するんだ」と言い切ってスタートするわけなので、この1年はその範囲をもっと広げられるようにがんばりたいと思います」と、話しています。

peppe まだまだ、ですよね(笑)。その当時に思い描いていた理想にはまだ届いてないです。

ということは、当時、1年後の自分たちについてかなりはっきりしたイメージがあったんですか。

peppe ありました。ありましたけど、当時とはちょっと違う色になってきた感じもします。自分たちを測るものさしを、いろいろ持てるようになったというか。そんな気がします。

続いて、小林さんです。「ある程度“緑黄色社会”というレールは敷けたと思うので、その上で“そう来たか”と思ってもらえるようなことをやり続けたいですよね。自分たちも、そういうほうが楽しいと思うので」と話しています。

小林 確かに、1年前にはそう思ってたんですけど、今の今、この時点での僕としては“そう来たか”と思わせるのはまだ早い気がしています。緑黄色社会の今の状態をもうちょっとわかりやすく見せて、よく知ってもらってからじゃないと、“そう来たか”と驚いてくれる人の母数がまだまだ少ないような気がします。だから、1年前の自分と話をするとすれば、「“緑黄色社会”というレールはまだまだ敷けてねぇぞ」ということですね。

最後に長屋さんです。「今回のアルバムは、知ってもらいたいという気持ちが大きいアルバムなんですが、でも1年後には知ってもらえているからこそ出すCDというのも出したいなと思いますね。知ってもらってるからこそのライブというのもやりたいなと思うし。そのためにも、この1年はまた思い切り駆け抜けていく必要があるんだろうと思っています」と話しています。

長屋 その言ってる内容は“確かにな”と思うんですけど、壱誓も言ったように、驚いてくれる母数というか、緑黄色社会の音楽を楽しんでもらう基盤みたいなものをこの1年の間にもっと広げたかったなという気はします。それでも、音楽的にはやりたかったことはちゃんとやれていると思いますけど。

「もっと広げたかったな」という気がする現状について、それは自分たちに何かが足りなかったからだと考えれば、それは何が足りなかったと思いますか。

長屋 私たちって遠慮しがちなところが多くて…。それは音楽の話というよりも、人間性というか、普段の生活のなかでの話なんですけど。だから、そういう部分でもうちょっと攻めていっても良かったのかなという気はします。

(タイトル曲は)長屋にとっての“幸せ”がにじみ出てるなと思いました。

個人的には、今回のEP、特に表題曲は緑黄色社会の音楽のイメージが一定程度広がったからこそ届けられたものなんじゃないかなと思いましたが、実際のところはどんなふうに生まれた曲なんですか。

長屋 「幸せ」の原型ができたのはもう2年くらい前です。私はこういうバラードやミドルテンポの曲のほうが作りやすいので自分のなかで意外な感じはないんですけど、でもこれまでに発表してきた曲たちがそういうタイプがあまりないから多分意外な感じがするんだろうなということは自分たちでもわかったんです。自然にできるタイプの曲だからこそ自分の本音が出しやすいところもあって、だからそういう曲をこのタイミングで出せて良かったなということは感じています。

ということは、今回のリリースについては、これまでとはちょっとイメージの違うタイプの曲を出したいという気持ちがまずあって、それでこの曲をピックアップしたということですか。

長屋 そういう「ちょっと違う感じもやりたいね」という話と、この「幸せ」という曲を出したいという気持ちと、両方があって、今回のリリースになりました。

バンドとしては、「幸せ」は世に出すタイミングをうかがって、ずっと手の内で温めていた曲ということですか。

長屋 そうですね。ライブでは何回かやったことがあるんですけど…。自分たちのなかで作り上げた時点から時間が経っても、曲に対する気持ちが色あせなかったので、私たちのなかで“これは本物だ”を強く感じて、それで「リリースしよう」という話になったんです。

この曲を最初に聞かされた時の印象はどんなものでしたか。

小林 最初聴いた時には“この曲はサビがないのかな”と思ったんです。で、「ここがサビだよ」と言われたんですけど、でもサビという捉え方をしなくてもいいんじゃないかなということも思いました。曲として、というか全体の印象としてすごく素敵な曲だなっていう。これは長屋にしか書けないと思うし。長屋にとっての“幸せ”がにじみ出てるなと思いました。

peppe 私のなかでは、今まで聴いてこなかった恋愛の歌詞だなって思ったんです。今までなかった恋愛の捉え方というか。それが、曲の構成と相まって、すごく素敵な曲になってると思います。

peppe(Key / Cho)

穴見 最初に聴いたのがどこだったのかちょっと思い出せないんですけど、この曲を聴いて思うのは、僕が曲を書くといろいろ詰め込もうとするほうなので僕には絶対書けない曲だなということですね。それから、これまで長屋の目に映ってきた風景がすごく見える歌詞だなと思うんです。歌詞の中に書かれていること以外のこともどんどん見えてくるような気がするんですよね。

歌詞については、何か苦労はありましたか。

長屋 それまでは、ハッピー!ハッピー!な歌詞というのはあまりなかったんですね。けっこうネガティブな歌詞が多かったんですけど、この曲については私なりの幸せソングを作ろうと思って書きました。ただ、peppeが言ってくれた「今まで聴いたことがなかった」というような反応は、私としてはむしろ意外というか、そういう目新しい感じを狙ったわけではないんです。

長屋さんにとっての自然な幸せ感を描くとこうなります、ということですか。

長屋 そうですね。

長屋さん自身も言われたように、これまではあまりうまくいっていない恋愛についての曲が多かったわけですが、“幸せソングを書こう”と思ったらすぐに書けましたか。

長屋 最初は弾き語りで作るんですけど、この曲は割とスルッと出てきました。だからこそ、こういう構成になったんだと思うんです。

穴見 いい曲を作ろうとすると、必ずサビを盛り上げたくなるものなんですけど、この曲はそういう余計な匂いが一切ないんですよね。

小林 ある種、洋楽っぽい構成だよね。

「幸せ」という曲は人生の大事な時に聴いて、その聴いた時の記憶を蘇らせるためにまた聴くっていう。そういうふうになる曲だと思います。

その表題曲と印象的なコントラストを成しているのが2曲目の「逆転」ですが、これはどんなふうに生まれた曲ですか。

長屋 私自身がこういう女性の黒い部分というのは多分持ち合わせていて、そういう私の日々の鬱憤を一気に吐き出そうと思って作った曲ですね。それから、“カッコいい曲を作ろう!”という気持ちはあったと思います。

編曲のクレジットには名前がたくさん並んでいますが、セッション的にアレンジの作業を進めたということですか。

長屋 これは出来上がるまでに何段階もあって、まず私の弾き語りのバージョンがあって、それを真吾にアレンジしてもらったんです。それをアレンジャーさんにブラッシュアップしてもらい、さらにレコーディングの現場でまたちょっと変わって、というふうにどんどん変わっていったんですよね。

穴見さんがまずアレンジする際に、何か意識したことはありますか。

穴見 カッコよくするということは考えたし、それにテンポが速くてラウドな感じだから、楽器隊の3人が映える感じがいいと思ってやりました。

小林壱誓(Gt / Cho)

小林 僕は、ギターのフレーズでけっこう遊んだというか、ギタリストらしくないフレーズが弾けたなと思ってるんです。

peppe ピアノを付けたのがギターの前だったので、思うままにやろうと思ってフレーズを付けたんですけど…。ピアノをやってる人が“ここをちょっとマネしたいな”と思うようなフレーズが入ってると思います。

それぞれのパートのそういう“やっちゃった感”は「にちようび」にもありますよね。

長屋 そうですね。「にちようび」は、アレンジャーさんと一緒に進める前にざっくりしたアレンジを、みんなでスタジオに入ってやったんです。とにかく面白いことをしよう、みたいな意識で。しかも、そこに3年前の若さゆえの感じみたいなのも出てて、それが良かったんですよね。

3曲目の「ひとりごと」は作詞、作曲とも穴見さんですね。

穴見 クルマを運転してる時に最初の4行が出てきて、歌詞のノリもいいから、その続きを書こうと思って。みんなに聴かせた時には、その最初の4行しか歌詞はなかったんですけど、初めてフルで歌詞も書いてしまいました。

長屋 前に真吾が歌詞を書いたことがあったんですけど、その時とは違ってだいぶ大人びたというか、真吾のなかの変化が感じられる歌詞ですね。

穴見 このバンドで曲を作る時には女性ボーカルだということはいつも考えてて、だから自分の気持ちを書くのではなく頭の中に情景を浮かべて、そこから物語を汲み取っていくという作り方になるんです。僕自身は女性ボーカルの音楽をあまり聴いてきてなかったんですけど、やっぱり聴いてなかったら作れないから、よく聴くようになったし、映画を見たり小説を読んだりして女性の気持ちになってみるということをしたりして、それで長屋が言った昔の僕が書いた詞とは違う感じになったんだと思います。

この「幸せ」というEPは、緑黄色社会のディスコグラフィーのなかでどういう作品として位置づけられることになると思いますか。

小林 節目ごとに思い出して聴いてもらえる作品になってくれたら嬉しいなと思うんですけど、特に「幸せ」という曲は人生の大事な時に聴いて、その聴いた時の記憶を蘇らせるためにまた聴くっていう。そういうふうになる曲だと僕は思っています。

最後に、1年後には緑黄色社会はどうなっていたいですか。

長屋 自分が思っている認識と世間の認識というのはなかなか重ならないことが多いと思うんですけど、「これが緑黄色社会だよ」というものを、もっとしっかり私たちが作って、それをもっとうまく伝えたいし、しかもそれが本当に私たちのやりたいことであって、私たち自身は素でいられるというような、そういうものを作っていきたいなと思います。

期待しています。ありがとうございました。

その他の緑黄色社会の作品はこちらへ。

ライブ情報

“緑黄色夜祭vol.9”

6月7日(金) 愛知・名古屋ボトムライン
6月9日(日) 大阪・大阪BIG CAT
6月14日(金) 東京・恵比寿リキッドルーム

緑黄色社会

長屋晴子(Vo / Gt) 、peppe(Key / Cho)、穴見真吾(Ba / Cho) 、小林壱誓(Gt/ Cho)。
愛知県出身・在住4人組バンド。高校の同級生(長屋・小林・peppe)と小林と幼馴染の穴見によって2012年結成。2013年、10代ロックフェス「閃光ライオット」準優勝獲得。その後3枚の自主制作CDを販売するなど活動を本格化。2017年1月、初の全国流通盤「Nice To Meet You??」をタワーレコード限定でリリース、同作品がタワレコメンに選出され、この年に選ばれたタワレコメン作品の中で売上1位となる。2017年8月、2nd Mini Album「ADORE」リリース。収録曲「始まりの歌」がSPACE SHOWER TV「POWER PUSH!」を獲得。2018年3月、1st Full Album「緑黄色社会」をリリースし、オリコンインディーチャート2位。この頃から各地大型音楽フェスへの出演も果たし、2018年11月、Epic Records Japanより3rd Mini Album「溢れた水の行方」をリリース、各メディアにてその存在を取り上げられ、その後開催されたワンマンツアー「溢れた音の行方」は各地ソールドアウトとなる。長屋晴子の透明かつ力強い歌声と、個性・ルーツの異なるメンバー全員が作曲に携わることにより生まれる楽曲のカラーバリエーション、ポップセンスにより、同世代の支持を多く集める。

オフィシャルサイト
http://www.ryokushaka.com

フォトギャラリー